独逸より日々愛用しているお気に入りを・・・風の吹くままに、気の赴くままに。
by buckup
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
iittala Birds by Toikka -Scope Sieppo 2015#1
c0030570_18431997.jpg
2015年から1年以上かけてScopeからリリースされた、4度目の生産となるSieppoは驚異の15色にも及ぶ壮大なるカラーバリエーション。そのScope Sieppoの記念すべき第一弾。
c0030570_18504733.jpg
c0030570_18533869.jpg
クリアxクリア、イエローxアメジスト、クリアxセビリアオレンジの明るい3色が1年以上にも及んだ15色のシエッポズマラソンのはじまりの色。その中でも特に注目だったのが、復刻ではなく完全オリジナル配色となったイエローxアメジスト。
c0030570_18554814.jpg
前例の無い15色にも及ぶカラーバリエーションを誇るScope Sieppoは売り方も非常にユニークで、希望者に3色づつ5度に渡るリリースをナンバー固定。その恩恵として特別価格&嬉しい特製おまけが付くという前例の無い驚きの販売方法だった。
というわけで、自分のナンバーが固定される運命のトリオを見つけるために、夏の休暇旅行中の車中で妻から見たらどれも同じに見える見本写真を穴のあくほど見比べていて呆れられたのを今でもはっきり覚えている(汗)。
c0030570_19015350.jpg
僕的ナンバー選択の一番の要となったのがイエローのシエッポ。今までにない特別なカラー。そして見比べてみると今までのシエッポとはちょっと異なる独特なフォルム。そんなでこだわったのが、今までのシエッポとは異なる、写実的な小鳥のようなフォルム。
そんな個体をまず選び、あとはクリアxクリアとクリアxセビリアが良い感じの自分好みの個体の揃ったナンバーを厳選して決まったのがこの3羽のシエッポズ。
c0030570_19044061.jpg
光源によって紫色から青へと変化するアメジストのクチバシは見る方向、光の透過の仕方によっても様々な色を見せてくれる。
c0030570_07024920.jpg
シエッポの大きな魅力の一つが、光を透過すると宝石のように美しくキラキラと輝くクチバシ。
c0030570_07061022.jpg
15色のシエッポの中でも、どうしてももう一羽欲しかったのがクリアxクリアのシエッポ。写真右がナンバーズ。左のふっくら大柄なのが僕がチョイスして後から追加購入したクリアシエッポ。
c0030570_07074957.jpg
おそらく15色の中でも一番目立たない存在なのがクリアxクリア。なんだけど、僕的にはKivi同様、クリアならではの透明なガラス本来の美しさと輝きに惹かれ追加購入。無色透明なクリアは光の透過具合によってはクリスタルの七色の光の輝きが美しいのに加え、どんな場所でも、また如何なるバードとも自然に馴染むのがgood。
c0030570_07121098.jpg
実はクリアを追加購入したのはクリア3体で飾りたかったってのが一番の大きな理由。わが家ではクリアはこんな感じにゴチャッとまとまって居ることが多い。
c0030570_07132785.jpg
ではイエローは?というと、イエローは単独、もしくは上の写真のようにキューヒューと一緒に居ることが多い。僕的にキューヒューとイエローのシエッポのコンビネーションは結構ツボで、密かにキューヒューの最高パートナーはイエローシエッポだと思っている(笑)。
c0030570_07424342.jpg
ボディーの底には手彫りで"O.Toikka IITTALA 2015 SCOPE xxx/1000"の刻印。限定モデルもそのほとんどがサンドブラストによる刻印となってしまった今となっては非常に貴重な手彫りの刻印。
残念なことに日本にも出回り始めている偽造シエッポの刻印なんかを見ると、誰でも削る事の出来る手彫りよりもサンドブラストの方が安全&確実かもとか思ったり。まぁ偽造シエッポの刻印って本物を真似てはいるものの、本物の刻印を知っている人なら一発で見分けがつく非常に稚拙なレベルなんだけど。
c0030570_07494640.jpg
最後に第一弾のシエッポと同じカラーのクリア、レモン、セビリアオレンジのKiviと。15色にも及ぶカラーバリエーションの殆どがKiviのカラーと同調。そんなでKiviと一緒に色を合わせて飾るなんて事も出来るのがスコープシエッポズ。たまにはこんな感じでKiviと一緒に飾るのも悪くない。
c0030570_07523745.jpg
一年以上かけて、ゆっくりとリリースされたスコープシエッポ。その第一弾となった3色。ナンバー登録した時は「やっちまったか?15羽ものシエッポ、要るのか???」と懐疑的だったんだけど、結果15色が全て揃うと後悔は一切無く、寧ろ全色コンプしておいて良かったという気持ちの方が強く。今では僕のトイッカバーズコレクションに無くてはならない存在となっている。
次回は第二弾のグリーンxイエロー、ブラウンxクリア、コバルトxグリーンの渋系シエッポズのレビューを書こうと思っている。
c0030570_08004422.jpg
Sieppo : ClxCl, ClxSo, LmxAt
Scope 2015
Numbered 239/1000
-ca.100x65mm


[PR]
# by buckup | 2018-01-19 08:15 | Favorite。(289) | Trackback | Comments(1)
iittala Kastehelmi -tumbler 30cl & vase 154mm aqua
c0030570_18312152.jpg
2018年のイッタラのニューカラー。復刻のアクア。限りなくクリアに近い薄いブルーのアクア色のガラスでつくられたカステヘルミのタンブラー30clと完全新作のvase 154mm。
c0030570_18333740.jpg
ガラスの厚い底とふちが薄い透明感のあるブルーに色付くアクアのカステヘルミタンブラー。
c0030570_18343460.jpg
底にはお馴染みのイッタラのロゴと大小様々な朝露の粒々。
c0030570_18353646.jpg
今年アクアとして復刻した旧名アクアブルー(ウォーターブルー)。ガラスの厚い底やふち以外は殆どクリアに見える上品なカラーで、バリエーション豊富なイッタラのガラスの色の中でも実は僕が一番好きなカラー。
そんなアクアブルーが今年復刻。そして今までに無い様々なアイテムにもこの色が使われるとあっては買わないわけにはいられない(苦笑)。ということで一番気になっていたカステヘルミのタンブラーと完全新作の花瓶を早速購入。
c0030570_18391672.jpg
c0030570_18392410.jpg
アクアのカステヘルミタンブラーに水を入れてみると、殆どクリアな水に見えるんだけど、上から覗いた時にだけ薄っすらとちょっとメタリックな美しいアクアのガラス色に水が染まるのはカルティオ同様。
c0030570_18411905.jpg
c0030570_18412621.jpg
ちなみに復刻じゃない古いカルティオのアクアブルーと今年のアクアのカステヘルミを並べても色的違いは僕的には確認出来ず。復刻すると微妙に色のニュアンスが異なるイッタラにしては珍しく色のバラつきは少ないよう。アクアというカラーはもしかしたら安定した発色の色なのかもしれない。
c0030570_18435477.jpg
わが家のブルー系カステヘルミタンブラー揃い踏み。写真向かって左から、アクア、ライトブルー、ウルトラマリンブルー、レイン。こうして並べてみると、色の薄さ(クリアさ)的にはアクアの方がライトブルーよりも薄いのに、色的にはライトブルーの方が明るい。そしてレインの方が色は暗いのにウルトラマリンブルーの方が透明度が低く濃く見えるのが興味深い。
c0030570_18462539.jpg
c0030570_18463027.jpg
ライトブルーとアクアの比較。どちらも明るい発色の薄めの色なんだけど、アクアの方がより水が美味しく見えるのは僕がアクアを好きだからかもしれない(笑)。どちらのカラーも似た方向性の色なんだけど、アクアかライトブルーどちらを選ぶ?と聞かれれば断然アクア。
ちなみにアクアは結構新しめの色のように思うかもしれないけど、実はイッタラ的には結構昔からある色で、アクアよりも若干暗めの発色のアズールブルーというカラーは初期の木製モールド製のアアルトベースに使われていた程古い。
c0030570_18510308.jpg
今年アクアのカステヘルミのタンブラーと同時にリリースされたのが、タンブラーをそのままスケールアップしたようなフォルムのvase 154mm。
タンブラーに比べると大きい分、三分割された型のつなぎ目の線が目立つけど、カステヘルミ特有の粒々模様のおかげで、実際にはそれほど気にならない。
c0030570_18523032.jpg
マウスブローのカルティオのシャープなフォルムを受け継ぐカステヘルミのタンブラーをそのままスケールアップした感じのvase 154mm。カステヘルミの特徴である朝露を模した粒々模様はスケールアップされておらず、タンブラーと同様の大きさなのでかなり細かい粒々な印象を受ける。その為光を透過すると美しく粒々が輝き、また実際に花を飾っても中が丁度良い具合に透けるのではないかと推測。実際にこの花瓶に花を飾るのが楽しみ。
c0030570_18584126.jpg
また花瓶としてではなく、夏の大容量コップとしてももちろん使用可能だとは思うけど、この花瓶に水をいっぱいに入れるとかなりの重さになるので片手飲みは厳しそう。
c0030570_18591694.jpg
大好きなアクアの復刻とあってとりあえず入手してみたカルティオのタンブラーとベース。その美しさは予想通り。

カステヘルミのアクアはタンブラー&ベースの他に、plate170mm、bowl23clに加え、キャンドルホルダーも同時リリース。

限定カラーでは無く、定番カラーとしての登場なので、即購入しなきゃ入手困難になるってわけでも無いので、他のアクアの商品も後々入手したいと思っている(アクア好きとしては外せない!苦笑)。


[PR]
# by buckup | 2018-01-12 19:12 | Favorite。(289) | Trackback | Comments(2)
Holmegaard -DESIGN WITH LIGHT oil lantern
c0030570_21185421.jpg
Maria BerntsenデザインのHolmegarrd・DESIGN WITH LIGHT(DWL)のオイルランタン。
c0030570_21235261.jpg
独特なフォルムのガラスシェードと牛革ハンドルが特徴的なDWLシリーズ。日本ではキャンドルホルダーが有名だけど、僕がずーっと狙っていたのがこのオイルランタン。
c0030570_21274505.jpg
円錐形のオイルタンク、ガラス製のシェード、スティール製の蓋に牛革ハンドルの4つの部品で構成されるオイルランタン。
c0030570_21312846.jpg
既に使用しているのでちょっと焦げちゃってる円形の部分を回すとオイルを注入する事ができる。タンクの容量が大きいのか燃焼効率が良いのか、タンクを満タンにすると24時間以上連続燃焼もノープロブレム。ちゃんと実測はしていないんだけど、冬の屋外(気温5℃前後)で1日半は燃え続けていた驚異の低燃費(驚)。
ちなみに火を灯す『芯』の長さには注意が必要で、購入した時のままだと長すぎて、火を灯して1時間もすると本体全てが素手では触れない程熱くなり大変なことになってしまう(経験済み)。
使うオイルのメーカーや種類によって異なるのかもしれないけど、僕的芯の長さの推奨は1mm。上の写真のように極々僅かな長さでも十分美しい炎が灯る。
c0030570_21384610.jpg
スティール製の蓋を載せる台座(リング)と革のハンドルを固定する金具が付いたガラス製のシェード。火を灯すとこの金具もガラスシェードも素手では触れない程熱くなるので注意。
耐熱ガラス故なのか、ガラスの手触りと質感は通常のHolmegaardとは若干異なる(ガラスというよりはプラスチックっぽい質感)んだけど、遠目には全然問題無い。牛革製のハンドルを固定する金具はグラグラと緩くなるので、回転させて締める必要がある。
c0030570_21425286.jpg
美しく赤黄金色に焼けたスティール製の蓋。この蓋のおかげでかなり激しく降る雨の日でも問題なく屋外でランタンの炎を楽しむ事が出来る。先にも書いたけど、火を灯ししばらくすると、この蓋は素手では触れない程熱くなるので注意が必要。火を消す際はロウソク専用の長い火消し器推奨。
ちなみにオイルランプ特有の黒煙は芯を短くして灯すと殆ど出ることはない(購入時のままの芯の長さだと炎が大き過ぎで黒煙がモクモクと上がり、この蓋にも真っ黒なススが付着してしまうけど、通常の使用ではススが付いたり黒煙があがる事は無い)。
c0030570_21490555.jpg
DWLの一番の特徴とも言える牛革製のハンドル。この写真では濡れているので、中々良い感じの色に写っているけど、新品のハンドルはかなり明るめ。この先使用と共にこの牛革ハンドルがどんな風に成長(変化)していくのかとても楽しみ。
ちなみにこのハンドルはグルッとランタンを包む感じに装着。オイルタンクの底には溝があるのでそこに合わせてハンドルを装着する(初めて使った時にはその溝に気づかず、グラグラと安定しなくて結構危ないかもとか思ってしまった)。
c0030570_21545431.jpg
本体にガラスシェードを載せ、牛革ハンドルを固定した状態で火を灯す。
c0030570_21560508.jpg
そして蓋を閉めれば準備完了。
c0030570_21565865.jpg
シエッポと並べるとこんな感じの大きさ。大きさ的にはDWLのLサイズよりも若干小さく、ランタンの名の通り、これを灯りにぶら下げて夜中に散歩に行く際にも程良い大きさと重さ。
c0030570_22070367.jpg
屋外の気温が0℃以下になるとシェード内の気温と外気温の差によりガラスが曇り、まるでフロスト仕上げのように見えるのもまた乙。
c0030570_22003895.jpg
現在の定位置はバルコニーの扉の真ん中。ガラス窓越しの本物の炎とバルコニーの奥に置かれた揺れるLEDキャンドルの炎の対比がとても美しい。
c0030570_22023264.jpg
美しい炎のDWLのランタンを左手に、正面にはお気に入りのバードとiittalaのLantern。
c0030570_22035197.jpg
右手にはStool60の上に用意された紅茶とティーライトの灯り。
c0030570_22044629.jpg
左右前後をお気に入りの揺れる炎の灯火に囲まれたこの位置でのんびりと読書するのが最近のお気に入り。
c0030570_22100215.jpg
結構長い間、欲しいなぁと思いつつも中々入手に至らなかったDWLのオイルランタン。実際に使ってみるととても良い雰囲気のランタンで今では卓上暖炉のKaasaと並ぶお気に入りの一つに。
幸い黒煙は派手に上がらないものの、オイルランプ特有の匂いがあるのでうちでは屋外で使用(あの匂いが非常に苦手な妻)。構造上、横殴りの雨が吹き荒れる嵐の日でも炎は消えることなく安定。火を灯すと本体は素手では触れない程熱くなるので注意は必要だけど、年間通して屋外で常用愛用間違い無しの、安定した炎がとても美しいわが家のお気に入りの新入りランタン。

[PR]
# by buckup | 2018-01-06 06:40 | Favorite。(289) | Trackback | Comments(0)
新年のバードたち*2018
c0030570_07330710.jpg
FROHES NEUES JAHR 2018!!
 
あけましておめでとうございます

今年もどうぞ宜しくお願い致します
皆様にとって健やかで実り多き平和な一年となりますよーに

buck
c0030570_07365242.jpg
2017年大晦日。妻の家族との年越し夕食会は20時集合。が、17時過ぎに腹が減ったので年越し蕎麦をつくり妻と半分づつ食す。勿論ドイツでは年越し蕎麦を食す風習なんてないんだけど、僕なりのせめてもの懐かしい日本の大晦日的行事の一つ。
c0030570_07401609.jpg
予定通りに20時過ぎに妻の実家に家族全員集合。夜はクリスマスに引き続きまたもオイルフォンデュ。熱々に熱したオイルに豚、牛、鳥の肉をくぐらせ食す、ドイツにおける日本の鍋的料理。大いに食し大いに喋り大いに飲んで迎える新年。
新年のカウントダウンで乾杯し、一同外へ出て花火。特に義父のシルベスターの花火にかける熱意は毎年凄いもので、なんでも2017年は仕事がかなり上手くいったそうで、この夜のためにおよそバード一羽分相当の花火を購入(驚)。そんなで今年の花火はかなり豪勢なものとなる。
c0030570_07462361.jpg
元日。日本同様ドイツも祝日だけど、日本のような厳かさは無い。シルベスターの夜通しパーティーに疲れ、昼近くまでベッドでまったり過ごすのがドイツ的元日。
わが家は僕が御節料理は作れないので、極々普通の休日(駐在さんの家庭や日本人を奥さんに持つ家庭などでは気合いの入った手作り御節をよく目にした)。朝起きて愛犬と散歩に行き、普通に朝食をし、午後にまた愛犬と散歩に行く。そんないつもの日曜日と代わり映えのしない1月1日を過ごす。今年は例年よりもかなり暖かい年の始まり。
c0030570_07515522.jpg
1月6日の三賢者の祝日まではツリーもそのままでまだまだクリスマスの雰囲気漂うわが家のリビングだけど、リビングの正面とテーブルの上のクリスマスデコは片付け、気持ちスッキリ日本の正月風にアレンジ。
c0030570_07533418.jpg
今年の正月のメインは昨年同様カイ・フランク作のサルガッソのガラスバスケットに妻のお気に入りの花屋で活けてもらった紅白の花。
c0030570_07552855.jpg
c0030570_07552167.jpg
白のアマリリスと真紅のカーネーション(?)。まるで流れる川のように結われた青緑のグリーンの草のアレンジがとても良い雰囲気。
特徴的なガラスの取っ手のついたサルガッソのバスケットはこんな感じに和風に花を活けるのにはピッタリのガラス器。
c0030570_07575897.jpg
合わせたバードは大きな白いアマリリスとのバランスを考え、今年は真紅のRed ibis&白いMibis。今年は他の赤いバードも合わせてみたんだけど、何だかしっくりこない。やはり正月には縁起物の鶴に見た目の近いIbis(トキだけど)が良い感じ。
c0030570_08042176.jpg
クリスマスの雰囲気たっぷりだったリビング正面もすーっきり和風に。正月風と言われれば「否」だけど、なんとなく今年はこんな感じに和の雰囲気漂う感じにまとまる。
c0030570_08060110.jpg
落ち着いた気品溢れる美しさのCurlew(ダイシャクシギ)は僕のコレクションの中でもトップクラスの美しさの超お気に入りのバードの一つ。合わせた新作のアアルトベース220mmレインをメインに同じくレインのbowl 75mmをキャンドルホルダーとして使用。クリアのUltima Thuleが和の雰囲気を際立たせる。
新作のアアルトのBowl 75mmはボウルとしての使い勝手は勿論、キャンドルホルダーとしてもかなり美しく、アアルト特有の複雑なカーブにティーライトの炎が反射してとても美しい。
c0030570_08134961.jpg
アドヴェント〜クリスマス期間はゴチャッと賑やかだったテーブルもスッキリいつもの日常使用に。
c0030570_08150537.jpg
昨年末からハマっている(?)HolmegaardのCocoonのキャンドルホルダー。そして同じくCocoonの紫のミニ花瓶には純白のクリスマスローズ。
c0030570_08183459.jpg
そして真紅のパフ。コロンと可愛いパフボールは、ファンタジー系のフォルムのシエッポと異なる写実系のフォルム。そのフォルムのおかげでどんな場所にでも合うし一羽でも独特の雰囲気をつくり出してくれる使い易い(飾り易い)バード。特にわが家のレッドはパフズの中でも一番の容姿とバランスの良さで非常に使用頻度の高いバードでもある。
c0030570_08223261.jpg
とまぁこんな感じの新年を迎えているわが家のリビング。クリスマス後のスッキリ感が結構気持ちよかったりする反面、あと数日で温かな雰囲気に包まれたクリスマスのリビングともお別れで、本格的な長い冬がやってくるかと思うと結構憂鬱。
どんなに寒くても絶望的にドンヨリしても街中が賑やかな雰囲気に包まれるクリスマスの時期はそれ程気分的に落ち込むことはないんだけど、クリスマスが終わり街中の照明が取り払われる1月から明るい本格的な春がやってくる5月迄のこれからの4ヶ月間が一年の中で一番精神的ダメージが大きく、この鬱々な時期を乗り越えるためにはロウソクの灯火と居心地の良いリビングは必須となる。
c0030570_08261707.jpg
でも長い冬が終われば美しい春が来て、また上の写真(2017年の夏の休暇旅行での一枚)のような気持ちの良い夏がやってくる。

というわけで何だか例年以上に新年感の無い年初めだけど(しかもこの記事をUPした3日は強風&大雨の荒れ荒れの嵐の朝)ぼちぼちゆっくり気合いを入れ始め、のんびり気ままに自分のペースを守り今年もまた平穏な一年にしたいと思っている(写真の愛犬のようにカッコよくバシッと飛躍できればより良いんだけど。夢)。


[PR]
# by buckup | 2018-01-03 17:05 | 雑記。 (189) | Trackback | Comments(2)
iittala 2018
c0030570_08123584.jpg
今年も年末恒例、気になるiittalaの2018年新作情報。

※最近、掲示板やブログでの新作ネタバレに苦言を呈する方々が多いように見受けられるようなので、ネタバレされたくない、見たくない人はくれぐれも"More"をクリックされませんよーに(こんな注意書きを書かなければいけないなんて何だかとても悲しい)


More
[PR]
# by buckup | 2017-12-31 09:55 | 雑記。 (189) | Trackback | Comments(4)
Marimekko -Hortensie table cloth & Spaljé runner
c0030570_08544294.jpg
マリメッコの2017年のウインターコレクション。2015年にCarina Seth-AnderssonがデザインしたHortensieのテーブルクロスとSpalijéのテーブルランナー。
c0030570_08575698.jpg
毎年一度だけ。クリスマスの時期にキッチンの食卓を覆うテーブルクロス。今年はたまたま目に留まったマリメッコの真っ赤なテーブルクロスに一目惚れして新調。
c0030570_09000579.jpg
まるで日本の伝統的な赤。ヨーロッパの明るくハッキリした赤とはちょっと色味の異なるとても和な雰囲気の落ち着いた赤に一目惚れ。柄はクリスマスの時期にありがちなベリー柄かな?と思ったら紫陽花だったのにちょっとビックリ。
c0030570_09025883.jpg
c0030570_09030522.jpg
普段使用しないテーブルクロスの上でバードその他を撮影してみると、いつもとは異なる雰囲気の写真が撮れる。なんだかカタログ写真みたいだと自画自賛して妻に呆れられる愚かな僕(汗)。
c0030570_09045737.jpg
クリスマス当日まではテーブルクロス&ランナーを汚さないように(苦笑)普段愛用している妻の大のお気に入り・KlippanのBengt&Lottaのテーブルランナーを合わせたり。
c0030570_09080257.jpg
テーブルの一角でカフェタイムしたり。いつもとは異なる雰囲気の赤いテーブルクロスの敷かれた食卓を楽しむ。
c0030570_09094286.jpg
そしてクリスマス当日。真っ赤なHoltensieのテーブルクロスにさらに深い赤のSpaljéのランナーを合わせる。今年のマリメッコの広告写真で見たまんま。テーブルクロスにランナーを合わせるのが新鮮で、こんな使い方もあるんだと目から鱗。
c0030570_09165757.jpg
クリスマスディナー準備中の25日の食卓。テーブルのセンターには僕のお気に入りの花瓶・HolmegaardのSimplicity vaseに飾られたクリスマスらしい赤い実のなる枝。
c0030570_09211173.jpg
白い大皿に26cmのTeemaのドッテドグレー&ブルーのボウル21cmのコンビーネーション。
c0030570_09240982.jpg
食前酒のポルトワインにはトイッカ氏デザインのヴィンテージグラス・Iglu。
c0030570_09260272.jpg
白ワイン用のグラスはHolmegaardのPerfection。水用グラスにマリメッコのSukatサンド。
c0030570_09315584.jpg
前菜にブルーのTeemaのボウルに盛り付けたサラダ。
c0030570_09323432.jpg
c0030570_09324556.jpg
メインには鴨のオレンジソース&茹でジャガイモと人参、いんげんのバター炒め&赤キャベツ添え。妻が初挑戦したオレンジソースが絶妙に鴨に合いとても美味しかったクリスマスディナー。
c0030570_09371533.jpg
日本の友人、似非子さんがクリスマスプレゼントに贈ってくれたArabiaのキャンドルホルダー・Fireや
c0030570_09382792.jpg
iittalaのキャンドルホルダー・BalloやKastehelmiに彩られたいつものわが家の食卓とは異なるゴージャスな雰囲気(!?)のクリスマスディナーを堪能。
c0030570_09432242.jpg
クリスマスの前にたまたま目に止まり一目惚れしたHortensieのテーブルクロスとSpaljéのランナーは今年のクリスマスの食卓をとても良い雰囲気に盛り上げてくれる。

ちなみに真っ赤なHortensie。何だかとても気に入ってしまい、クリスマス後のウインターセールで値引きされていたベッドカバーも追加注文。Hortensieの落ち着いた深い赤色に恋した2017年のクリスマスとなる。


[PR]
# by buckup | 2017-12-30 09:56 | Favorite。(289) | Trackback | Comments(2)
クリスマスなリビング*2017
c0030570_01251830.jpg
毎年恒例。来年のクリスマスシーズンのための備忘録的2017年のわが家のクリスマスなリビングの記録。と書きはじめつつも、今年もまた一枚目の写真はリビングじゃなくて廊下に飾られた真紅のバードは2009年のクリスマスバード・Jouliana。壁に掛けられたクリムトの絵と相成って何だか和の雰囲気。
c0030570_01305879.jpg
リビング正面のAVラックの上にはクリスマス定番の赤い卓上暖炉・Kaasa。今年は当初クリスマスツリーの足元に飾っていたもののイマイチ合わなかった3羽のBullfinchを一緒に飾る。
c0030570_01335302.jpg
Bullfinchの後方には60mmと80mmのレッドのKivi。現在はクランベリーに置き換わり廃盤となってしまった鮮やかな発色のレッド。僕的にはiittalaならではのガラスの透明感と発色の良さが素晴らしいお気に入りの色。
c0030570_01362336.jpg
リビング正面向かって左のコーナーにはわが家的今年のクリスマスバードのPolar night owl夫妻。合わせたのはクランベリーのKiviとマッシブな雰囲気のMenuのキャンドルホルダー・Weight Here。
濃いめの発色のクランベリーのKiviに火を灯すと、中心にポッとルビーのような小さな赤い炎が輝くのが美しい。
c0030570_01434546.jpg
リビングの窓辺にはクリスマス直前のアドヴェント期間中は色とりどりのScopeシエッポとRooster2017が飾られていたんだけど・・・
c0030570_01461160.jpg
第4アドヴェントでクリスマスイヴだった日曜日に、わが家のクリスマスに欠かせない木製サンタ降臨(!?)。これでようやくわが家にもクリスマスがやってくるってな雰囲気になる(笑)。
c0030570_01482192.jpg
今年もクリスマスに合わせてアマリリス。だったんだけど、今年はリビングに飾る時期が遅かったためクリスマスには全然間に合わず。運が良ければ新年に開花かもってな雰囲気。
c0030570_01494862.jpg
今年のクリスマスなリビングの主役はリビングのテーブルの真ん中に鎮座する全長42cmの巨大な煙吐き人形(Räuchermänchen)。
ロウソクの熱でプロペラが回るクリスマスピラミッドと並び、僕が大好きなドイツのクリスマスの伝統的木工民芸玩具。お腹に火の着いたお香を入れるとその煙が口からゆらゆらと吐き出される独特な雰囲気を持つ煙吐き人形。仕掛け的には何の事はない非常にシンプルな玩具なんだけど、口からゆっくりと吐き出されるゆらゆらと揺れる煙とお香の独特な匂いにクリスマスならではのゆっくりと流れる時間の癒しと幸福感が感じられる。
c0030570_02004489.jpg
リビングの一番奥まった場所に飾られるAnna&Mariもピッカピカに磨き上げちょっとだけクリスマスな装い。
c0030570_02022525.jpg
例年よりも暖かな雰囲気に仕上がった今年のクリスマスなリビング。クリスマスが過ぎると新年の用意をしなくてはいけない日本と異なり、ドイツでは年明けの6日の三賢者の休日までクリスマスの飾りをそのままにするのが慣習。そんなで居心地の良い暖かな雰囲気に包まれた今年のクリスマスなリビングをわが家ではもう少しだけ長く楽しむことができる。


最後に日本では既にクリスマスは終わってしまったけど・・・


...Wir wünschen Euch schöne Weihnachten 2016!!


今年も皆さんがとてもステキで健やかなクリスマスを過ごされますよーに!!






[PR]
# by buckup | 2017-12-26 02:13 | Trackback | Comments(4)


タグ
カテゴリ
最新の記事
iittala Birds ..
at 2018-01-19 08:15
iittala Kasteh..
at 2018-01-12 19:12
Holmegaard -DE..
at 2018-01-06 06:40
新年のバードたち*2018
at 2018-01-03 17:05
iittala 2018
at 2017-12-31 09:55
Marimekko -Hor..
at 2017-12-30 09:56
クリスマスなリビング*2017
at 2017-12-26 02:13
以前の記事
最新のコメント
検索
記事ランキング
最新のトラックバック
Flowers in a..
from colonne sun
タッツァ・ドーロ(TAZ..
from ◆イタリア料理紀行◆ dal..
Sad song, sa..
from !!!!! 大佐日報 !!!!!
Loop nano (i..
from いいタイトルが決まらない(;..
DMTECH ホームシア..
from ホームシアター
ラヴェルのボレロ考
from 鎌倉スイス日記
ハリー・グレッグソン・ウ..
from - Harry Gregso..
最近のお気に入り♪
from SとMoとLiの関係
Dianne Reeves
from 今日のアルバム(JetCast)
ROMA---コーヒー(..
from たにしの江戸参り
お気に入りブログ
このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。