「ほっ」と。キャンペーン

独逸より日々愛用しているお気に入りを・・・風の吹くままに、気の赴くままに。
by buckup
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
わが家のiittalaな週末の朝食#26
c0030570_165424.jpg
ブルーとグレイ。とても落ち着いた2017年の新作カラーを多用したわが家のiittalaな週末の朝食。
c0030570_16551552.jpg
日本でももうじき発売とらるらしい2017年のイッタラの新作。今年はフィンランド建国100周年の記念の年ということもあって、フィンランドのイメージカラーのブルーをメインとした新作が目白押し。
その中でも特に気に入っているのがTeemaの新色・dotted blue。残念なことに昨年暮に廃盤となってしまったTeemaを代表するカラーと言っても過言は無いブルーを下地に粉砂糖のような非常に細かな白いドットがランダムに散りばめられた、昔のホーローの食器のような雰囲気のdotted blue。Teemaのシンプルさをより際立たせ、新しいのにレトロな雰囲気がとても気に入って今ではTeemaの中で一番のお気に入りのカラーに。
c0030570_172894.jpg
そしてもう一つの目玉とも言える復刻カラーのウルトラマリンブルーのカステヘルミ。カステヘルミにこんなにもウルトラマリンブルーが合うとは正直思っていなかったんだけど、とても使い易い。ガラス単体ではとても目立つ鮮やかなウルトラマリンブルーなんだけど、プレートとして食卓に並べると良い感じに色が沈み食材を良い感じに見せてくれる。
そして、何よりも昨日の朝食時に驚いたのが写真のオリーブを入れたウルトラマリンブルーのジャー。オリーブグリーンとブルーの組み合わせがこんなにも美しく映えるとは本当に予想外で、正直このコンビネーションを昨日の朝食で発見できなかったらこの記事&この日の朝食は撮影しなかった。それほど僕的にハッとする完璧とも入れるコンビネーションだったのがウルトラマリンブルーのジャーとオリーブ。
c0030570_1775038.jpg
勿論ジャーだから蓋もある。機密性はそれ程優れているわけでは無く、気休め程度の蓋だけど、週末土日に食べる食材を入れておく程度にはとても重宝するのがこの蓋。カステヘルミのジャーも愛用のガラスのJars(廃盤)もプルヌッカ(廃盤)も蓋付き容器だけど、蓋を取ってそのまま食卓に並べても食器として美しいのが愛用&好きな理由。
c0030570_17113343.jpg
c0030570_17114380.jpg
c0030570_17115391.jpg
c0030570_1712191.jpg
c0030570_17122911.jpg
c0030570_17123756.jpg
c0030570_1712451.jpg
c0030570_17134081.jpg
c0030570_17135926.jpg
c0030570_17132720.jpg
c0030570_1713508.jpg
・villeroy & boch weinglas grün
・Verna Wine glass 22 cl clear
・Kartio Glass 21cl clear
・Teema Cup 0,15 l / plate 12 cm green
・Teema Plate ø 21 cm dotted bluex2
・Teema Plate ø 15 cm white
・Kastehelmi Plate 248 mm grey
・Kastehelmi Bowl 23 cl grey
・Kastehelmi Votive 64 mm seville orange&forest green
・Kastehelmi Jar116x114 mm ultramarine blue
・Satumetsä Bowl 0,6l
・Purnukka Jar 60 mm white&black
・Stelton Theo "Slow brew" coffee brewer

[PR]
# by buckup | 2017-02-12 17:25 | Essen&Trinken。(174) | Trackback | Comments(1)
to be continued
c0030570_16323322.jpg
一つ前のブログ更新モチベーション低下のグチグチ記事に頂いたコメントの数々。正直とても嬉しかったし、まだこんなにも僕の拙いブログを気にかけて楽しみにしてくれている方々がいる事に正直驚き。

最近のイッタラの営業方針と価格爆上げには不満一杯で嫌気もさしているけど、今までコレクションしてきたガラスや愛用の食器を嫌いになったわけでも飽きたわけでもないのでこの先も細々とブログの更新をしていく事を決意。この先も続くであろうイッタラの価格爆上げにメゲそうになる時も多々あると思うけど、もう少し更新頑張ってみようと思います。

最後になりましたが一つ前の記事にコメントつけて下さった皆様方、本当にありがとうございました!
皆さんのコメントにはとても勇気付けられたし救われたし嬉しかったし、本当に本当に皆様の温かいコメント無しにはブログ更新しなきゃという気分には決してなれませんでした。

というわけでこれからもしばらく大好きなコレクションや愛用の品々について記事を書いていきたいと思いますのでどうぞ変わらずお付き合いくださいませ。

12 Feb 2017, buck

[PR]
# by buckup | 2017-02-12 16:51 | 雑記。 (182) | Trackback | Comments(1)
lost motivation...
c0030570_17113469.jpg
最近まったくブログの記事を書く気が起きない一番の原因。それは以前から嘆いていたイッタラの価格急騰。今日はグチグチとその辺を書き連ねていきたいと思う(完全に愚痴なので興味のない方はスルーでお願いします)。

More(つづきはコチラ)
[PR]
# by buckup | 2017-02-07 19:28 | 雑記。 (182) | Trackback | Comments(11)
iittala Birds by Toikka -Blue stint
c0030570_16171595.jpg
親鳥譲りの優雅な流線型のボディーが美しい、青くて小さなベイビーバード・Blue stint。
c0030570_16195828.jpg
c0030570_162061.jpg
芯(?)となるオパールホワイトのガラスに鮮やかなウルトラマリンブルーのガラスを被せたBlue stint。ちょこんと可愛らしい丸い頭はクリア。基本のデザイン&色使いは親鳥のSummer stintに準じたもの。
c0030570_16231551.jpg
Blue stintの印象を一番大きく左右するのが、クリアガラスで成形された頭部。ぷっくり丸い頭部から短く突き出たクチバシ。その奥に顔を覗かせる本体のオパールホワイトのガラスの丸みのあるやわらかなフォルムと色が良いアクセントとなっている。
c0030570_1626599.jpg
c0030570_1627554.jpg
見る角度や光の加減によって色の陰影が変化するのも魅力。
c0030570_16283980.jpg
基本となるボディーのデザインは親鳥のSummer stintそのまんま。
c0030570_16292463.jpg
頭部の形状は異なるものの、基本Summer stintの脚無し&一回りスケールダウンバージョンってのが子鳥のBlue stintのイメージ。
c0030570_16312062.jpg
ある一定の光のあたり加減によって確認することのできるボディー表面のガラスの揺らぎ。ボディーをぐるりと回り込むような横線のガラス表面の揺らぎ。このラインを見ると、芯となるホワイトのガラスの上に表面の青い色ガラスを「巻いた」のがよくわかる。
以前はガラスを巻くっていう表現がよくわからなかったんだけど、バードのこういう表面の揺らぎを見つける事が出来ると、昔は想像出来なかったガラスを巻きつけるっていう言葉と作業のイメージがより明確になる。
c0030570_16374096.jpg
キュッと短く跳ね上がるキュートなBlue stintの尾。この尾も勿論親譲りなんだけど、基本のデザインとなったのはおそらく1999〜2003年までつくられていたRingedplover/Tylli。この流線型のキュッと短いキュートな特徴的な尾はStint親子を経て、日本のイッタラショップで未だに購入可能のDynniaへと受け継がれる。
c0030570_16434783.jpg
光を殆ど透過しないボディの良いアクセントにもなっている跳ね上がったキュートな短い透明な尾。光の加減によってとても美しいブルーに輝く。
c0030570_16451316.jpg
ちょっと雑な仕上げの底部にはお馴染みのイッタラのロゴシールとサンドブラストによる"O.Toikka Nuutajärvi"の刻印が所狭しと刻まれている。
c0030570_164712100.jpg
全長12,5cm、全高6cmと小ぶりなBlue stint。大きさ的にはSieppoとそれほど変わらないんだけど、ぷっくり丸い太っちょなボディーとあわせガラスの影響か、手にするとまるで吹きガラスのバードじゃないみたいにずっしり重い。
c0030570_1650306.jpg
親鳥のSummer stintが生まれたのは今から丁度10年前。フィンランド建国90周年を記念する特別なバードとして、現在も毎年アメリカで開催されアニュアルバードが作られているFinnFest用のバードとして誕生。
当時かなりの人気バードだったようで、その後一般用にFinnFest 2007の刻印の無いバードが追加でつくられる(わが家のSummer stintはその追加作成の一般刻印のもの)。
c0030570_16534668.jpg
その翌年、2008年に登場したのがSummer stintの脚無しバージョンの子鳥・Blue stint。以前は結構多くのバードのベイビーバードが作られたんだけど、このBlue stintもその流れでつくられた一つ。
そして他のベイビーバード同様、つくられた期間は短く(通常一年)また数量限定では無いんだけどつくられた数はそれほど多く無いのも他のベイビーバード同様。
c0030570_16593792.jpg
そんな理由からBlue stintはSummer stintに比べると中々見つからない。
僕のバードコレクションの中でもかなり初期にわが家にやって来たSummer stintの相棒となるBlue stintが現れるまで結構な月日を要した&フォルム的には気に入っているけど、Summer stintに比べるとかなり発色の濃い個体だけど、中々出て来ないBlue stintの中からパーフェクトマッチングする個体を選ぶのはかなりの至難の技。
そんなでボディーの色は若干濃いけど、フォルム的には相性の良いこのコロッと可愛いBlue stintは結構良いSummer stintの相棒なんじゃないかと思っている。
c0030570_17143251.jpg
そんなで僕的にはBlue stintは子バードというよりは、生涯を共にするSummer stintのパートナー的夫婦バードな位置付け(←そんな事は他の人にとってはきっと知ったこっちゃ無いどうでも良い案件。汗)。
c0030570_17152034.jpg
Blue stint/Sinisirri
2008
-60x125mm

[PR]
# by buckup | 2017-01-22 17:28 | Favorite。(280) | Trackback | Comments(0)
わが家の水栽培*2016-2017
c0030570_16405993.jpg
2016-2017。わが家のヒヤシンスとアマリリスの水栽培の記録。
c0030570_16421260.jpg
2016.Nov28 11月の終わりに開始したヒヤシンスの水栽培。今年は室内用と書かれたピンクとホワイトのヒヤシンスの球根をチョイス。まずはグリーンのヒヤシンスベースにピンクx2、ホワイトx1で開始。
c0030570_1642380.jpg
ここ2年程、毎年根に黒カビが発生して開花に失敗していたヒヤシンス。今年こそ開花を目標に週一ペースで水換え。
c0030570_16474976.jpg
2016.Dec23 クリスマスイヴ前日。12月のはじめに購入したKINTOのヒヤシンスベースにクリアが加わる。分割式で水換えが簡単なKINTOのヒヤシンスベースは根が伸びるスペースも十分&水換えが簡単&見た目もgoodで一番のお気に入りのヒヤシンスベースに。
c0030570_16512884.jpg
チューリップの本場・オランダ直輸入の球根も順調に生育。今回気付いたのは、分割式のKINTOのヒヤシンスベースは球根の通気性も良いようで黒カビの心配は一切なかったんだけど、我が家でも一番古い、一番オーソドックスな形のクリアのヒヤシンスベースは、根が育つと共に球根がグラスに密着。それにより黒カビが発生する事を発見。
重要なのはこまめな水換えと2日に一度ほど球根を動かして通気をして球根を常に乾いた状態にするという点(水栽培では基本なのかもしれないけどようやく今年になって気付く。汗)。
c0030570_16555917.jpg
先行組の球根はクリスマスを目前に徐々に開花目前にまで成長。
c0030570_16571058.jpg
ここまでのリタイヤは黒カビによる腐食が原因の一つだけ。今年はとても良い感じで育ってくれているヒヤシンスたち。
c0030570_16564571.jpg
2016.Dec27 先行組の球根は遂に念願の開花。ただ茎が伸びきらずに開花してしまったのが残念。
クリスマスに開花を目指していたアマリリスは今年も部屋に入れるタイミングを逃しクリスマスには開花せず(昨年は早過ぎた)。同時期に購入した2つの球根。一つはすくすくと茎を伸ばし、もう一つはゆっくりと生育。
c0030570_1714193.jpg
c0030570_1715054.jpg
美しく伸びる白い根。人によってはグロく感じるかもしれないけど、健康に育った白いヒヤシンスの茎はとても美しいと思う。
c0030570_1744532.jpg
2017.Jan4 新年を迎え、遂にアマリリス開花。ぐんぐんと茎だけ伸びて中々開花しなかったアマリリスが無事開花したのは本当に嬉しかった!
c0030570_176255.jpg
濃い赤だと思っていた花は淡いオレンジ色系の赤。深い真紅の花よりも軽やかな雰囲気。
c0030570_1773368.jpg
先行組のヒヤシンスは遂に茎は伸びきらずに花が枯れる。来年の課題はちゃんと茎が伸びて開花。でもそうするためにはどうしたら良いのだろう。しばらくこの問題をネットの大海で模索してみるつもり。
c0030570_1793662.jpg
自分たちで購入した球根2つに加え、大晦日の日に新年の花を買った際に行きつけの花屋からプレゼントされた球根一つが加わりアマリリスは今年最多の3つとなる。アマリリスは花開くまで水を必要としないので丁度旨く球根を支える事の出来るアアルトベースDuo160mmに。
c0030570_17124943.jpg
2017 Jan6 クリスマスの飾り付けが撤去された三賢者の祝日。行きつけの花屋からプレゼントされたアマリリス開花。
c0030570_17153644.jpg
いろいろなカラーバリエーションのあるアマリリスの中でも僕はこの真紅の花色が一番好き。
c0030570_17163320.jpg
妻から一つだけ不透明のベースが混じるのは違和感があると指摘され、アアルトベース160mmは1937クリアに変更。僅かにほんのりと緑色に染まる透明なこのベースの方が他のベースとの統一感が出た感じ。
c0030570_17185692.jpg
2017 Jan8 長く伸びすぎて重心が高過ぎでバランスを崩し2度程倒れてしまったアマリリスをカットしてHolmegaardのFlora(大)に飾る。
c0030570_17205055.jpg
アマリリスの足元にはトイッカ氏のアートオブジェとSorja&Sieppo。
c0030570_17215260.jpg
ベースの内側に出来た輝く気泡と
c0030570_17223652.jpg
Sorjaの頭部に散らばる気泡がシンクロしてとても美しい。
c0030570_17233799.jpg
まだまだ後発組の白いヒヤシンスの開花が控えているわが家の水栽培2016-2017。久しぶりに開花にも成功して順調。特にKINTOのヒヤシンスベースで育てているオランダ産の白い球根は根も伸び始めて今年初の完全体になりそうな雰囲気。
大輪のとても美しい花をつけるアマリリス。開花まで水要らずで手間もかからず毎年の開花率も100%と、成功率が低く毎年生育に頭を悩ませるヒヤシンスよりも育成は簡単。でも手間のかかるヒヤシンスだからこそ、今年のように開花に成功すると充実感と満足度が高かったりする(笑)。
[PR]
# by buckup | 2017-01-09 18:09 | 雑記。 (182) | Trackback | Comments(0)
iittala Birds by Toikka -Red Cardinal
c0030570_1638161.jpg
2004年にデビューのとても鮮やかで目立つ真っ赤なボディーを持つバード・Red Cardinal。
c0030570_1716177.jpg
c0030570_1716699.jpg
真紅というよりは若干オレンジがかった朱色に近い赤いボディー。尾を経て左右に繋がる羽のラインにとても凝った作りの顔とちょこんと帽子を被ったような特徴的な頭部。
画像検索してみると一目瞭然なんだけど、Red Cardinalはモデルとなった実在の鳥の特徴をとてもよく捉えたデザイン。
c0030570_171934100.jpg
右斜め前を見据える頭部。この微妙に右向きの頭の角度が、よく目立つこの鳥にさらなる表情を与えている。
c0030570_1721458.jpg
Red Cardinalのとても凝った作りのスペシャルな頭部。赤いクチバシは光を透過する赤いガラス。頭の上にちょこんと乗るベレー帽のような頭部はクリアに赤いパウダーの透明感のある仕上がり。

ちなみにRed Cardinalは実在する鳥で和名をショウジョウコウカンチョウ(猩々紅冠鳥)。Cardianalはカトリック教会の教皇の最高顧問である枢機卿。枢機卿はカーディナルレッドと呼ばれる緋色の衣を纏い頭には赤い帽子を被るのが習慣。というわけでRed Cardinalの名前は緋色の衣を纏う枢機卿に由来している。
c0030570_17223715.jpg
かなりの数となるわが家のバードコレクションの中でもRed Cardinalだけが持つ特別なカタチのクチバシ。
c0030570_17232539.jpg
通常の後付けクチバシのバードの場合、柔らかなガラスを頭部に押し付け、ニュッと飴細工のようにガラスを長く伸ばしてクチバシが円錐形になったところでハサミでガラスを切り離しカタチを整えるんだけど、このRed Cardinalのクチバシは円錐形ではなく、三角錐に近い独特な形状。
クチバシを形成する際に左右からコテをあてて直線的なフォルムにしているようで、上部はとても鋭角な、そしてクチバシ下部は柔らかな円錐形の他のバードには見られないとても特殊で凝った作りとなっている。
c0030570_17275782.jpg
そしてRed Cardinalを一目見た人なら一番気になるのが特徴的な形状のベレー帽を被ったかのようなパウダーガラスの頭部。本来Red Cardinalのこの特徴的な頭部はドラゴンクエストのスライムみたいな形なんだけど、個体によって(最近は特に)はジェイ系のバードのようなシュッとツノが生えたかのような形状をしているものも少なくない。
わが家のRed Cardinalは本来のスライムデザインの頭部じゃなくてジェイ系の頭部。この頭の形状がこのバードを選ぶ際の一番のポイントになるような気がする。
c0030570_17322390.jpg
本体の朱色の赤。頭部のパウダーの赤。クチバシは光を透過すると赤く輝くダークな赤。そしてクチバシの下の実在するRed Cardinalの特徴をよく捉えた黒い模様はクチバシとは異なる黒いガラス。長い期間量産されている中型のカタログバードながら本当にとても凝った作りの頭部(感心)。
c0030570_17343215.jpg
パールホワイトの本体に赤いガラスを被せたボディー。赤いガラスの上にさらにクリアガラスを重ねたわけではないので、梨子地のような独特な質感のボディー。赤の発色によってはボディーの濃淡の激しい個体も。僕的には濃淡のある個体の方が本物の鳥の羽根の質感っぽくて好み(残念ながらこの個体は比較的均一の発色)。
c0030570_17365829.jpg
c0030570_17372093.jpg
ボディーの両サイドに伸びる、おそらくクチバシと同じちょっとダークな赤いガラスを使用して表現された羽。
遠くから見るとラインにしか見えないこの羽は、近くで見るとボディーの赤が透ける透明感のあるガラスなのに気付く。また若干マットな雰囲気の赤いボディーに対し、光を透過する赤いガラスを使用したこの羽は光沢があり光をよく反射し周りの情景を綺麗に写し込むので、ちょっと独特な質感のボディーを持つこのバードのとても良いアクセントとなっている。
c0030570_17404196.jpg
白いガラスの本体の上に被された赤いガラス&両サイドの羽ガラスのつくりが良く伺える尾。形状的には一般的なトイッカバードの尾だけど、比較的安定した発色のこの個体の中で唯一上に被さる赤いガラスの濃淡が楽しめるのがこの尾。
c0030570_17425435.jpg
バードを裏返すとさらに顕著なんだけど、オパールホワイトの本体のガラスの上に被さる赤いガラスの発色に濃淡があるとこんな感じ。流れるような赤いガラスの粒子(!?)が実在する鳥の羽のように見えるので僕的にはとても好み(美しい!)。
Red Cardinalは将来的にもう一羽入手したいと考えているバードなので、次回入手する個体はこの尾のようにボディーの発色に激しいムラ&スライム頭の個体を狙っている(中々見つからないんだけど)。
c0030570_17461174.jpg
バードの底にはお馴染みのイッタラにロゴシールの"O.Toikka IITTALA"の刻印。刻印は一見すると手彫りみたいだけどサンドブラスト。最近はサンドブラストの字体がまた変わったような気がする。
c0030570_17481072.jpg
ヌータヤルヴィ時代のレッドでも無い。レッドの後継のクランベリーともまた異なる独特な発色のRed Cardinalの朱色に近い赤。
透けないボディーなので日本での人気はイマイチなようだけど、暗い場所に飾ってもボディーの赤が鮮やかだし、光が当たる場所ではクチバシが赤く輝きボディーの深い赤色がさらに鮮やかに見える、まさに飾る場所を選ばない、そして実際に部屋に飾ると人の目を惹く中型ながらもとても存在感のあるバード。
c0030570_17524297.jpg
ちなみにちょこんとベレー帽を被ったようなこのバード。僕のバードコレクションにあまり興味を見せない妻曰く「頭の突起がカワイイからこのバードが一番好きかも」とのこと(笑)。
c0030570_19104034.jpg
Red Cardinal/Kardinaali
2004-
-140x190mm

[PR]
# by buckup | 2017-01-06 19:16 | Favorite。(281) | Trackback | Comments(2)
2016→2017 新年のバードたち
c0030570_163627100.jpg
FROHES NEUES JAHR 2017!!  

あけましておめでとうございます。

本年もどうぞよろしくお願い致します。
健やかで愉しく平安な一年でありますよーに

buck

c0030570_1638733.jpg
2016.12.31 10:21pm

2016年最後の日、大晦日。気温は-6℃なんていうひえっ冷えの朝。この日の朝はあまりの冷え込みに町の川は半分あたりまで氷結。とにかく寒い大晦日の朝の散歩だった。
c0030570_1642745.jpg
c0030570_16421636.jpg
2016.12.31 02:57am

朝の散歩を終え、大晦日に期限の切れるタダ券があったので映画に行くかどうか討論。結果2016年最後の日はゆーっくりとまったり家で過ごす事に。大掃除をするわけでも無く、いつもの週末のように掃除機をかけ窓を拭き新年に備える。
寒いけどとにかく快晴の一日だったので、リビングに差し込む陽光に照らし出されるガラスを撮影して過ごす午後。そういえば2016年ってバードの捕獲量は激減だったけど、ミュージアム級というかわが家的家宝なトイッカ氏のアートピースが幸運な事に幾つか入手できた年でもあった(嬉)。
c0030570_16494854.jpg
c0030570_16491142.jpg
c0030570_16493265.jpg
2016.12.31 04:36am

愛犬と行く2016年最後の散歩。走り納め。今年も愛犬との散歩の時間は僕の人生の中で一番大事といっても良い時間で、愛犬と過ごす事によって癒され一年を無事に乗り越えることができたと言っても過言は無い。2016年は幸いにも大きな怪我も病気もなかった愛犬。沈み行く夕日に「2017年もどうか愛犬が健やかに暮らせますよーに」と願を込める。
c0030570_16553234.jpg
c0030570_1658730.jpg
c0030570_16591240.jpg
c0030570_16592760.jpg
2016.12.31 08:14am

大晦日の毎年恒例、妻の家族と一緒の夕食。毎年レストランで過ごす大晦日。今年もジビエが美味しいと言われるお店へ。妻はベジタブルプレート、僕は鴨をメインに注文。妻のはさっぱり美味しかったんだけど、僕のは肉は固めで味が濃厚過ぎでちょっと残念な感じだった。2016年って僕が注文するものはハズレなことが多かった、そんな年だった気がする。
c0030570_1725478.jpg
夕食会を終え、場所を妻の弟の家へと移しカウントダウンを待つ。写真は妻の弟と義父が用意した花火の数々。ドイツでは唯一大晦日だけが花火が解禁となり、日本では花火本番の夏や大晦日以外では花火を購入する事すらできない(花火自体が店に並ばない)。そんなでドイツ人が大晦日の花火にかける情熱は中々のもので、この日も義弟と義父はかなりの金額を花火に費やす(感心)。
c0030570_1762673.jpg
2017.01.01 00:05pm

"Gutes Neues!!"と家族と握手を交わし新年を迎える。一般的にはまずは乾杯なんだけど、妻の家族はまずは花火(笑)。家族全員が外に出て花火に点火して年に一度の花火を楽しむ。
c0030570_1792065.jpg
2017.01.01 00:10pm

僕は花火の音が苦手な愛犬と室内から花火を楽しむ。ハァハァハァハァ。今年も鳴り響く花火の怒号に緊張していた愛犬だけど、今年は例年よりも緊張は軽かった感じ。8回目のシルベスターだけど、花火の音には馴れないねぇ〜(耳の良い犬たちにとって花火の怒号は耐え難いとんでもない騒音なのだろう、きっと)。
c0030570_17115747.jpg
2017.01.01 01:25pm

花火を無事終え帰宅。妻と一緒に再び乾杯。今年のシャンパングラスは古いイッタラのSenaattori。Timo SarmanevaがデザインしたこのSenaattoriシリーズ。よ〜く見るとステムが氷柱のようなキャンドルスタンド・Festivoと同じだということに気づくと思う。お気に入りのFesivoと同じ脚を持つグラス・Senaattori。お気に入りのグラス。
c0030570_17192563.jpg
c0030570_17195814.jpg
2017.01.01 08:35pm

新年の起床は朝の8時半。本来ならもうちょっと長く寝て入られたんだけど、気になるネットオークションがあったので(←病気)一人ベッドを抜け出し起床。気になるオクは無事納得の行く価格で落札。2017年初競り(!?)に勝つ(幸先良さ気な2017年!)。リビングのロウソクに日を灯しお茶をいれ、妻と愛犬の起床を待つ。
2017年、新年のバードはほぼ毎年新年に飾っているんじゃないかってくらい定番のIbis White&Mibis。大晦日の日に妻のお気に入りの花屋さんにお願いしたブーケは紅白を基調とした日本風(写真を見てもらった。笑)のもの。それを正月に是非使いたいと思っていたKaj Franckデザインのガラスのバスケット・Sargassoに。合わせたティーライトホルダーはWirkkalaのStellaria。な〜んとなくだけど、凛とした日本の正月っぽい雰囲気になったと思う。
c0030570_17293028.jpg
クリスマスな雰囲気が色濃く残るリビングの窓辺。クリスマスの時期に飾っていたMediator doveには巣に帰って貰い、クリスマスなリビングの正面を飾っていたPolar night owl maleとクリアのSieppoたちを窓辺に移動。窓から差し込む光を透過するPolar night owl maleのボディーに濃淡が浮かび上がりとても美しい。
c0030570_18132958.jpg
クリスマスの名残といえば、わが家では未だにクリスマスツリーが飾られたまま。これはドイツの習慣によるもので、クリスマスに生まれたキリストの誕生を知らせるベツレヘムの星によって導かれた筒状の三賢者がそれぞれ贈り物を携えてキリストの元に到着するのが1月6日(州によってはこの日は祝日なドイツ)。一般的にこの1月6日の三賢者の日までツリーやベツレヘムの星(目印のこれがないと道に迷ってしまう)は年が明けても飾られる。
今年の年明けはとても冷え込んだので、元旦の朝にはツリーフル点灯。80mmの大型ティーライト8つに火がともると結構な熱量となりリビングはちょうど良い感じに温まる(義父の話によると気温はこのまま下がり続け今週は-10℃以下になりその後-25℃まで下がる予報とのこと。寒)。
c0030570_18212821.jpg
リビングのテーブルの上のFestivoが並んでいたクリスマスプレートは片付けてクリスマスなルビーバードの代わりにSnow doveとQuendelon Turquoise。
c0030570_18255084.jpg
正月気分な紅白のカステヘルミに紅白のLittle tern。真っ白なクリスマスローズはバルコニーの鉢から摘んできたもの。
c0030570_1828475.jpg
2017.01.01 12:47am

大晦日に続き最高に気持ちの良い快晴だった元旦1日。暖かな太陽の光が燦々とリビングに照りつけ部屋のガラスたちがキラキラ美しかったので撮影。
c0030570_18311477.jpg
c0030570_18313796.jpg
c0030570_1832646.jpg
暮れに届いた待望のスコープロリポップ2016をじーっくり観察&撮影。写真でも十分美しかったロリポップ。実物は信じられない程にキレイ。角度によって光をとても激しく美しく透過&反射するので見ていて飽きない。新年早々至福の時(笑)。
c0030570_18351642.jpg
2017.01.01 15:38am

最高に気持ちの良い抜けるような青空を眺めながらの午後の愛犬との散歩。照りつける太陽。気持ちの良い青空。気温は2℃と寒かったけど、本当に気持ちの良い元旦の散歩を堪能。
c0030570_18374098.jpg
2017.01.01 09:54am

日本の正月のようにおせちやお雑煮は無いけど、元旦の夕食は妻が鶏肉のスペイン風に初挑戦。とても美味しく出来上がる。夕食の後は2017年初映画鑑賞。何だか面白そうな映画が見つからなかったんだけど、僕たちが2017年の初鑑賞に選んだ映画はホラー。最近のホラーと言えばこの人ってな感じのJames Wanプロデュースの新作。電気を消すと現れるお化け(なのかな?)の話で、まぁ〜暇な夜に見るには良い感じのホラーだった。

こうして開けたわが家の2017年。なんだかあまりパッとしなかった&世界的に悲しいニュースが多かった2016年。2017年はどんな年になるのか想像もつかないけど、世界がちょっとだけ良い方向に向かうと良いなと願いつつ、またイッタラが値下げすると良いな(これは非現実的)と願いつつ開けた2017年。今年もぼちぼち気ままに更新をしていこうと思っているので、どうか皆さま、変わらずお付き合いくださいませ!


そしてこのブログを訪れて来てくださる皆さまにとって幸多き笑顔溢れる一年になりますよーに!!
[PR]
# by buckup | 2017-01-02 17:30 | 雑記。 (182) | Trackback | Comments(8)


タグ
カテゴリ
最新の記事
わが家のiittalaな週末..
at 2017-02-12 17:25
to be continued
at 2017-02-12 16:51
lost motivatio..
at 2017-02-07 19:28
iittala Birds ..
at 2017-01-22 17:28
わが家の水栽培*2016-2..
at 2017-01-09 18:09
iittala Birds ..
at 2017-01-06 19:16
2016→2017 新年のバ..
at 2017-01-02 17:30
以前の記事
最新のコメント
検索
記事ランキング
最新のトラックバック
Flowers in a..
from colonne sun
タッツァ・ドーロ(TAZ..
from ◆イタリア料理紀行◆ dal..
Sad song, sa..
from !!!!! 大佐日報 !!!!!
Loop nano (i..
from いいタイトルが決まらない(;..
DMTECH ホームシア..
from ホームシアター
ラヴェルのボレロ考
from 鎌倉スイス日記
ハリー・グレッグソン・ウ..
from - Harry Gregso..
最近のお気に入り♪
from SとMoとLiの関係
Dianne Reeves
from 今日のアルバム(JetCast)
ROMA---コーヒー(..
from たにしの江戸参り
お気に入りブログ
このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。