独逸より日々愛用しているお気に入りを・・・風の吹くままに、気の赴くままに。
by buckup
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
Alvar Aalto Collection -Vase 120mm apple green
c0030570_18303194.jpg
現行アアルトフラワーベースの中でも一際元気なカラー・アップルグリーン。とても春らしい軽快な印象のアアルトベース。
c0030570_18331215.jpg
キラキラと若草色に輝く研磨された切断面がとても美しいアップルグリーンのアアルトベース・120mm。うちには様々な色、大きさのアアルトベースがあるのだけれど、僕の趣味で濃い色系の渋めのカラーのものが殆ど。そしてクリア系のカラーよりも濃い色系のアアルトベースの方が花をいけ易いとは実際にアアルトベースに花をいける妻の意見。
c0030570_18434453.jpg
そんなで今一つ我が家では肩身の狭い(?)クリア系のアアルトベースの中でも妻の一番のお気に入りがこのアップルグリーン。何でも茎や葉の色と同じグリーン系のこのアップルグリーンのアアルトベースは、他のクリア系のアアルトベース程、茎や葉の処理を考えずに気軽に花をいけれるのがgoodらしい(何とも妻らしい意見。笑)。
c0030570_18464374.jpg
ベースの底には他の現行アアルトベース同様の"ALVAR AALTO IITTALA"の刻印。強いてこのベースの刻印の特徴を上げるなら、刻印が真ん中より右寄りに刻まれている点。っていうか、これは機械での刻印ではなく人の手による刻印なので右寄りだったり少々斜めだったり文字の打ち損じがあったりするのはごく普通の事だったりする。
c0030570_18494990.jpg
c0030570_18493890.jpg
c0030570_1850687.jpg
c0030570_18505451.jpg
c0030570_1851312.jpg
我が家のアップルグリーンのアアルトベースも紛れも無い正真正銘のアップルグリーンなんだけど、水を入れてキッチンのテーブルの上に置いてみると、ギラギラ元気なアップルグリーンというよりは、美しいエメラルドグリーンのように輝くライトグリーンに近い印象を受ける。

イッタラのガラスって同じ色をカルティオやアイノ・アアルト、Kiviやカステヘルミ等々異なるデザイナーによる製品に使っているんだけど、ガラスのデザイン、厚さや形状によって色のニュアンスや受ける印象がとても変わるのが面白い。そんなでカルティオのギラギラ元気なアップルグリーンの水の色が苦手な僕も、この元気なんだけど少々落ち着いた印象のアアルトベースのアップルグリーンの色は好みだったり(笑)。
c0030570_1931516.jpg
Alvar Aalto Collectio
vase 120mm apple green

[PR]
by buckup | 2013-03-07 19:07 | Favorite。(283) | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://buckup.exblog.jp/tb/19622598
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by katsurakaya at 2013-03-07 21:45 x
春!って感じの色ですね。
刻印が手書きとは。初めて知りました。
濃いフラワーベース憧れます。花を買う担当の相方君がこのフラワーベースがあまりお気に召さないようなので(笑)
2つめがまだ買えない我が家です。
濃いめの色はいいんだってと早速宣伝??してみたいと思います。
Commented by buckup at 2013-03-08 09:21
kayaさん、お久しぶりです!
でしょう。このアップルグリーンのアアルト、春!って感じでしょう。裏の刻印は手彫りではないんと思うんですが、刻印によって字列が連れていたりアルファベットが曲がっていたり彫り損じていたりというのが結構あるのでサンドブラストではないと思うのですよ。この辺はイッタラの工場見学に行った時に是非聞いてみたいと思っています(はぁ〜いつフィンランドに行けるんだろう。夢)。
ほーkayaさんのところでは相方さんが花係なのですか!確かにブーケつくってもらったりするとアアルトベースって難しいですよね。以外と思い切って茎を縛ってある紐を切ってしまい活けると中々良い感じになるらしいですアアルトベース(妻談)。活け易いといえば、やっぱり縦型のフィンランドとかでしょうか。縦型アアルト、僕でも普通に簡単に活けられるので相方さんも気に入るかも(勿論濃い色系もオススメですけど。笑)。
<< 飛騨高山 新工芸『野鳥シリーズ』 iittal Birds by... >>


タグ
カテゴリ
最新の記事
Alvar Aalto Co..
at 2017-04-30 14:50
iittala Birds ..
at 2017-04-26 05:57
ドイツでお花見*2017
at 2017-04-26 05:21
iittala kartio..
at 2017-04-15 07:20
BANANA THINGS ..
at 2017-04-14 21:38
TOKYO*2017
at 2017-04-06 05:56
わが家のiittalaな週末..
at 2017-02-12 17:25
以前の記事
最新のコメント
検索
記事ランキング
最新のトラックバック
Flowers in a..
from colonne sun
タッツァ・ドーロ(TAZ..
from ◆イタリア料理紀行◆ dal..
Sad song, sa..
from !!!!! 大佐日報 !!!!!
Loop nano (i..
from いいタイトルが決まらない(;..
DMTECH ホームシア..
from ホームシアター
ラヴェルのボレロ考
from 鎌倉スイス日記
ハリー・グレッグソン・ウ..
from - Harry Gregso..
最近のお気に入り♪
from SとMoとLiの関係
Dianne Reeves
from 今日のアルバム(JetCast)
ROMA---コーヒー(..
from たにしの江戸参り
お気に入りブログ
このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。