独逸より日々愛用しているお気に入りを・・・風の吹くままに、気の赴くままに。
by buckup
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
iittala Kivi 60mm -グリーン系のKiviたち #2
c0030570_1787100.jpg
とても濃い色から殆ど無色まで様々な色に富む、グリーン系のKiviの美しいグラディエーション。
c0030570_17101936.jpg
春から夏にかけてピッタリな、とても軽快なカラーが多いクリアなライト系のカラー。現在現役で購入出来るのは、写真一番右のApple greenと一番左のWater greenの2色。
c0030570_17124960.jpg
渋めの濃厚なカラー揃いの濃い色系。現在現役のカラーは、写真右から2個目の2013年の新色Forest greenと一番左のGreenの2色。ライト系、濃い色系、それぞれ2色づつととてもバランスの良い現行グリーン系のラインナップ。
c0030570_17194451.jpg
まずは濃い色系から。写真左の我が家のグリーン系のKiviのなかでも一番濃い色がAlfa green/Alfan vihreä。Kivi初登場の1988年から1995年まで生産されていたカラー。この渋色のKiviは、昨年の夏の休暇旅行先でデッドストックを購入。貼られているイッタラのロゴシールから廃盤間近の1995年前につくられたものと推測。暗くなると殆ど黒に見える程濃いグリーンがとても魅力的。

写真右のこれぞグリーンとでも言うべきKiviは1988年の登場から現在までずっと現役のカラー・(Kartio)Green/(Kartion)Vihreä。ここで紹介するカラー名はすべてイッタラの公式HPを参考にしたものなので、これが正式名なんだけど(Kartio)が、カイ・フランクがデザインした僕の大好きなコップ・Kartioを指すものなのかどうかはわからない。クリスマスのシーズンにはレッドとあわせたり、春にはイエローやスイートピンクと合わせたりするとステキな季節に左右されないオールマイティーなカラー。

そしてこのAlfa greenと(Kartio)Greenの中間色ともいえるのが1988年から1995年まで現役だったChristmas greenという我が家に唯一欠けているカラー。たま〜に中古市場でみかけるAlfa greenよりも薄めのグリーンのkiviがこのカラーだと思うので、もし見かけたら入手して検証してみたいと思っている。
c0030570_17302233.jpg
濃い色系の中核を担う(?)3色。写真左のKiviは今年のニューカラー・Foresto green。ガラスが厚いため、Kartioに見られる硬質な透明感は感じられないけれど、鬱蒼とした北ヨーロッパの深い針葉樹の森のような渋いカラーは健在。とても落ち着いた印象の僕好みのカラー。

写真中央は2006年から2009年、そして2011年に復刻して一年間だけ現役だった(2012年に廃盤)イッタラの渋色系グリーンの代表・Moss green/Sammaleenvihreä。新色のフォレストグリーンに似た色だけれど、フォレストグリーン程グリーンが強くない、どちらかというとグレー系のカラー。

そして写真右は2007年から2009年までの2年間だけつくられたOlive/Oliivi。このオリーブというカラー。一般的にイメージする黒やグリーンのオリーブの実ではなく、オリーブの実を絞って精油される黄色みの強いオリーブオイルのようなカラー。これも昨年の夏の休暇旅行でデッドストックを購入。グリーン系の中でも僕のお気に入りのカラー。コレと同じ色のカルティオもあるらしいけれど、入手は非常に困難らしく、僕はまだ実物を見た事が無い。
c0030570_17424629.jpg
モスグリーン(左上)オリーブ(右上)フォオレストグリーン(下)の比較写真。

グリーン系に限った事ではないのだけれど、濃い色系の一番の特徴は分厚いKiviのリム(ふち)が殆ど黒に近い色に見える点。これはカルティオも同様。こうして似た印象の3色を並べてみるとわかるけど、新色のフォレストグリーンが一番ミドリ要素が強い。これは実際に火を灯した時にも同様で、フォレストグリーンは透明感のある深い緑色に輝き、モスグリーンは殆どグレーに近い色に。そしてオリーブは日中よりも暗めのモスグリーンに近い色にそれぞれ変化。炎の色は3色共に黄色&オレンジ系。

長くなったのでクリアなライト系のグリーンのkiviの紹介は次回に持ち越し(笑)。
[PR]
by buckup | 2013-03-17 17:56 | Favorite。(283) | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://buckup.exblog.jp/tb/19683640
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Gemini at 2013-03-20 12:52 x
少しご無沙汰しております。

buckさんの写真がどれもあまりに素敵なので、物欲大上昇~になって困ってしまうので、暫くこちらへ訪れるのを封印していました(笑)。
やはり、久し振りにお伺いすると、美しいkivi達が勢揃いの魅力的なお写真があって、本当にいつ見ても憧れの生活をされておられますね!

ドイツでは未だ芽吹きの季節ではないでしょうけど、こちら日本では桜もちらほら咲き出し、いよいよ春の訪れです。

そんな中、このkivi達の多彩なグリーンはあまりに魅力的過ぎますです!

さて、こちら関西でも4月26日に「グランフロント大阪」がオープンし、そこへiittala ショップが入るので、やっとやっと関西にもiittalaの専門店ができるのです~(涙)。

どうでもいいことですが、先程、イッタラクラブカードの申し込みも済ませました(気合!)
Commented by buckup at 2013-03-21 18:52
Geminiさん、お久しぶりです!

おぉ大阪にもイッタラショップができるのですねー。羨ましい。ドイツは北のベルリンとハンブルグにしか直営店が無いのが残念です(ベルリンなんて1つの街に2〜3件あるという不思議なマネージメント)。

ドイツもスノードロップやクロッカスなんかが咲き始め、ようやく春がもうすぐやって来るってな感じの雰囲気です。何よりも春分を過ぎ、日が長くなったのが嬉しいですねー。我が家のガラスコレクションが輝き出す時期です(笑)。

Kivi、グリーン系だけで並べてみてもとても良い感じだったので正直驚きました。リビングのKiviはいつも妻が楽しみながら季節ごとに入れ替えているのですが、この春はグリーン系のKivi総出でお願い!って言ってみようと思っています(笑)。
<< iittala Lantern... iittala Kivi 60... >>


タグ
カテゴリ
最新の記事
Alvar Aalto Co..
at 2017-04-30 14:50
iittala Birds ..
at 2017-04-26 05:57
ドイツでお花見*2017
at 2017-04-26 05:21
iittala kartio..
at 2017-04-15 07:20
BANANA THINGS ..
at 2017-04-14 21:38
TOKYO*2017
at 2017-04-06 05:56
わが家のiittalaな週末..
at 2017-02-12 17:25
以前の記事
最新のコメント
検索
記事ランキング
最新のトラックバック
Flowers in a..
from colonne sun
タッツァ・ドーロ(TAZ..
from ◆イタリア料理紀行◆ dal..
Sad song, sa..
from !!!!! 大佐日報 !!!!!
Loop nano (i..
from いいタイトルが決まらない(;..
DMTECH ホームシア..
from ホームシアター
ラヴェルのボレロ考
from 鎌倉スイス日記
ハリー・グレッグソン・ウ..
from - Harry Gregso..
最近のお気に入り♪
from SとMoとLiの関係
Dianne Reeves
from 今日のアルバム(JetCast)
ROMA---コーヒー(..
from たにしの江戸参り
お気に入りブログ
このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。