独逸より日々愛用しているお気に入りを・・・風の吹くままに、気の赴くままに。
by buckup
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
iittala Birds by Toikka -Valkyyria
c0030570_1627443.jpg
2010年にフィンランドのMy iittalaメンバーを対象に250羽限定でつくられた、白地に金属的な輝きを放つラスターの班を持つボディーがとてもシックでエレガントな印象のValkyyria。
c0030570_16335189.jpg
ファルコン系のバード達のみが持つ独特な形状のラスターのかかった大きなクチバシ。
c0030570_1635288.jpg
トイッカの初期の傑作バード・キーックリを彷彿させる、円形の大きな尾。
c0030570_163618100.jpg
基本的なデザインは、同じく2010年にオイヴァ・トイッカのデザイナー50周年を記念して1000羽限定でつくられた半透明の漆黒のボディーに金箔が艶やかなLady birdに準じるものだけれど、このValkyyriaはまっ白なパールホワイトのボディーに金色ともブラウンとも言い難い微妙なカラーの班が全身に散りばめられている。
c0030570_1643891.jpg
通常金属的な輝きを放つラスターは、シルバーブルー系の輝きなんだけど、このValkyyriaのラスターは今まで見た事の無いグリーン系の輝き。ラスターのかかったクチバシもボディーの班も、光の当たり具合によってグリーン系の金属的な輝きを帯びる。

ちなみにこのバランスの良い形状の頭部と、キュッと上を向いた大きなクチバシが僕が他の個体のValkyyriaでは無く、このValkyyriaに一目惚れした一番の理由。
c0030570_16471447.jpg
トイッカのバードコレクションの中でもトップクラスの大きさを誇るこのValkyyria。前から見ると大きさの割に幅はそれ程無い、平らな印象のスマートなバードだという事がわかる(そんなでディスプレイする際にはあまり場所をとらない。笑)。
c0030570_16492277.jpg
Valkyyriaの脚、台座の裏には"O.Toikka Nuutajärvi xxx/250"と手彫りで刻印されている。色違いの原型となったLady birdには制作年(アニバーサルバードなので)まで刻印されているけど、このValkyyriaには制作年は刻まれていない。
c0030570_1655297.jpg
ネット上でもあまり目にする事のないValkyyriaは、年に数回少数限定でフィンランドの国内向けに制作される"My iittala special lintu"と呼ばれる通常のカタログにはリストアップされない特殊なバード。このフィンランド国内向けに特別に制作される限定バードは、通常フィンランド国内のみで入手が可能で、良いデザインの気になるバードがリリースされても指をくわえて見ているしか無かった(苦笑)。

しかしながらこのValkyyriaは250羽限定のうちの幾つかがオランダのイッタラ直営店にも廻されたようで、昨年の夏の休暇旅行で訪れたオランダ・アムステルダムのイッタラショップでこのValkyrriaにご対面。ひょいっとポケットマネーで買える値段のバードではないので旅先では直接購入出来なかったんだけれど、ようやく今年に入ってオーダー。2013年の記念すべく一羽目のバードとして、念願のValkyrriaがこうして我が家にやって来る。
c0030570_17144233.jpg
実はこのVarkyyria購入への踏ん切りをつけたのが、幻のバードと言われる入手が非常に難しいキーックリ。驚くべきことに今年のはじめにネットオークションに素晴らしい形状とコンディションのキーックリが出品。勿論僕もそれを入手するべく入札を試みてはみたものの、落札価格は予想を大きく上回って、驚きの(確か)3600ユーロ(当時のレートでおよそ36万円!)。まぁ2000ユーロぐらいが妥当だろうと思っていて軍資金も用意していた僕は、そのあまりの落札価格の高騰振りに心底ビックリ。
いやぁ上には上がいるもんだなぁ〜と妙に感心しつつも(キーックリとはいえバードに20万超を出そうと思った僕もアレだけど。大汗)落札出来なかった喪失感は大きく、そんな折に昨年の夏に一目惚れしたこのValkyyriaが頭をよぎり、晴れてオーダーに至ったのだった(このValkyyriaも購入のタイミングを逃すと入手がきっと難しいだろうし、何よりこんなに素敵なフォルムのValkyyriaにはそうそう出会えないと思ったし)。

そんな経緯でようやく我が家にやって来たValkyyria。現在は写真のように他のホワイト系のバードたちと共に寝室のチェストの上を住処として、日々僕の目を楽しませてくれている。
c0030570_1723383.jpg
Valkyyria
2011 My iittala special lintu
Numbered 28/250 -330x290mm

[PR]
by buckup | 2013-03-22 17:27 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://buckup.exblog.jp/tb/19714455
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by エセマダム at 2013-03-23 21:51 x
うひょーーーー!!
キーックリって3000eur超えちゃうほどの人気ものなんですか( ̄□ ̄;)!!
ビックリした〜
そして2000eurもだろうとしていたbuckさんにもビックリした。笑

日本の某ネットショップさんがKiikkuriの青いのを10万円くらいで売り出して、すぐ完売して、「へ〜、そんなに人気者なんだ〜」こんなに高いのに。っと思ったのですが、逆ですね。
激安だったんですね!驚
(buckさんもほしがっていた事、忘れていません。笑)

でも、わたくし、なかなかおもしろいな〜っと思っている事があるのですが
この某ネットショップさんのお客さまってマナーが良いのでしょうか?
あまり転売して儲けようとしている人、見かけません。
(もちろん皆無ではありませんけどね)

Commented by buckup at 2013-03-28 19:55
キーックリって人気者っていうか、もう超レアアイテムなんでしょうねートイッカのバードコレクター達にとっては、きっと。
実は僕も落札価格にもとっても驚いたけど、自分が用意していた金額にもビックリ(大汗)。でも本当に素晴らしい個体だったんですよ。あんなに勢いがあって美しいキーックリって他では見た事ありませんでしたし(笑)。

そうそう僕もあの高額にもかかわらず直に完売してしまってビックリ。次回の一時帰国までにまだ幾つかはあるんじゃないかと思って、その際に購入する予定だったんですよ、実は(残念)。

そうですねー。あんなに少数限定なのに本国フィンランドのネットオークションサイト以外では転売しようとかする人居なかったみたいだし。その証拠に全然中古市場にも出てこない。きっと皆さんとてもあの美しいオリジナルバードたち気に入っているんでしょうねー。あー僕も青いキーックリ欲しかったなぁー(残念)。
<< 我が家のiittalaな週末の... iittala Kivi 60... >>


タグ
カテゴリ
最新の記事
Alvar Aalto Co..
at 2017-04-30 14:50
iittala Birds ..
at 2017-04-26 05:57
ドイツでお花見*2017
at 2017-04-26 05:21
iittala kartio..
at 2017-04-15 07:20
BANANA THINGS ..
at 2017-04-14 21:38
TOKYO*2017
at 2017-04-06 05:56
わが家のiittalaな週末..
at 2017-02-12 17:25
以前の記事
最新のコメント
検索
記事ランキング
最新のトラックバック
Flowers in a..
from colonne sun
タッツァ・ドーロ(TAZ..
from ◆イタリア料理紀行◆ dal..
Sad song, sa..
from !!!!! 大佐日報 !!!!!
Loop nano (i..
from いいタイトルが決まらない(;..
DMTECH ホームシア..
from ホームシアター
ラヴェルのボレロ考
from 鎌倉スイス日記
ハリー・グレッグソン・ウ..
from - Harry Gregso..
最近のお気に入り♪
from SとMoとLiの関係
Dianne Reeves
from 今日のアルバム(JetCast)
ROMA---コーヒー(..
from たにしの江戸参り
お気に入りブログ
このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。