独逸より日々愛用しているお気に入りを・・・風の吹くままに、気の赴くままに。
by buckup
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
Alvar Aalto Collection -Bowl 50x195mm white
c0030570_18193366.jpg
30x98mm、40x136mm、50x195mmと3サイズあるアアルトのボウルの中でも最大の50x195mmのホワイト。
c0030570_18295448.jpg
アアルトのフラワーベースの底1/3を水平に切ったようなアアルトのボウル。もしかしたら本当にアアルトベースを切ったものなのかも?と思い、実際に160mmのアアルトベースと比べてみたけれど、このボウルの方が若干小さく、またアアルトベースとは少々デザインも異なる。
ちなみにこの50x195mmのボウルの高さは50mmで、一番大きなサイズのアアルトベース(160mm)の約1/3。
c0030570_18351739.jpg
c0030570_1835294.jpg
ボウルに限らずアアルトのホワイトは、まっ白なオパールホワイトにクリアのガラスを重ねた2重構造。これによりホワイトの白さが増し、それに加えて透明感が増す。
c0030570_1838581.jpg
アアルトのボウルってイマイチその使用用途がハッキリしないというか、イッタラのガラス製品の中でも何にどのように使ったら良いのかと頭を悩ますガラス製品ナンバー1なのではないかと思う。そんな使用用途に頭を悩ますアアルトボウルだけど、3サイズあるボウルの中ではこの50x195mmが一番使い道の幅は広いように思う(見た目の押し出しと美しさも一番)。

そこで今回も頭を悩ませたのちに(今まではほぼオブジェと化していた。汗)以前から試してみたかった『アアルトのボウルを使ってスプラウトを育ててみよう』を実践。まずはアアルトのボウルに一面に綿を厚めに敷き、綿に水を多めに含ませスプラウトの種をふりかける(一晩種を水に浸けてから蒔くと発芽が早いらしいけど、今回は直蒔き)。
c0030570_18442932.jpg
発芽は約2日。綿に含まれる水が乾いたかな?と思ったら水やり。スプラウトの育て方なんかを調べて見ると、発芽後数日は暗所で栽培。その後日当りの良い場所へなんて書いてあったけれど、今回は種まきの時点からずっと日当りの良い暖かなリビングの窓辺に設置。
c0030570_18473135.jpg
種まきから10日程で食べごろに。写真のスプラウトはドイツでは一般的なKresse(クレソン。コショウソウ)。ドイツのスーパーでも普通に買えるこのKresse。でも自分で栽培した方が安心だし、美味しいしで我が家ではアアルトのボウルで栽培するスプラウトがちょっとしたブーム(←もしかして死語?汗)。
現在は写真のKresseに加え、ホームセンターで見つけたカイワレ大根も栽培中。成長も早く、手間要らず&食べても美味しいスプラウト。アアルトのボウルとスプラウト栽培の相性も非常に良好で、ようやくアアルトのボウルの使い道が見つかった感じ(スプラウトを栽培するのに使用するには少々高級過ぎる器のような気もするけど)。
c0030570_18474470.jpg
Alvar Aalto Collection Bowl 50mm x 195mm white

[PR]
by buckup | 2013-04-09 19:03 | Favorite。(283) | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://buckup.exblog.jp/tb/19815660
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by エセマダム at 2013-04-09 22:42 x
これは観賞用としてもすばらしい、食べ物ですね!
うちもやろう♩

Commented by buckup at 2013-04-11 19:09
そう、鑑賞&観察用としても最適。見てヨシ、食べてヨシなアアルトボウルの使い方です(笑)。
Commented by tomo. at 2013-04-14 14:16 x
アアルトでクレソン栽培、可愛い〜♪
Penttinenのバードとも色の相性ばっちりですね(o^^o)

視点によっては、バードが草をつついて食べている姿を
想像出来たりもして、なお楽しいですね。
Commented by buckup at 2013-04-17 16:49
tomo.さん、アアルトボウルでスプラウト、悪く無いでしょう(笑)。大きさも丁度良いし、成長するとグリーンとアアルトのガラスのカラーがとても素敵。これは我が家の定番となりそうなアアルトボウルの使い方です。

うんうん、バードが草を突いて食べているようにも見える。イッタラのバードって植物との相性抜群なんですよ!
<< ferm LIVING -Bi... テーブルの上の春 >>


タグ
カテゴリ
最新の記事
Alvar Aalto Co..
at 2017-04-30 14:50
iittala Birds ..
at 2017-04-26 05:57
ドイツでお花見*2017
at 2017-04-26 05:21
iittala kartio..
at 2017-04-15 07:20
BANANA THINGS ..
at 2017-04-14 21:38
TOKYO*2017
at 2017-04-06 05:56
わが家のiittalaな週末..
at 2017-02-12 17:25
以前の記事
最新のコメント
検索
記事ランキング
最新のトラックバック
Flowers in a..
from colonne sun
タッツァ・ドーロ(TAZ..
from ◆イタリア料理紀行◆ dal..
Sad song, sa..
from !!!!! 大佐日報 !!!!!
Loop nano (i..
from いいタイトルが決まらない(;..
DMTECH ホームシア..
from ホームシアター
ラヴェルのボレロ考
from 鎌倉スイス日記
ハリー・グレッグソン・ウ..
from - Harry Gregso..
最近のお気に入り♪
from SとMoとLiの関係
Dianne Reeves
from 今日のアルバム(JetCast)
ROMA---コーヒー(..
from たにしの江戸参り
お気に入りブログ
このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。