独逸より日々愛用しているお気に入りを・・・風の吹くままに、気の赴くままに。
by buckup
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
iittala Kivi 60mm -グリーン系のKiviたち #5
c0030570_16314471.jpg
確証は無いんだけれど、グリーン系のKiviで唯一欠けていたカラー・Christmas green/JoulunvihreäらしきKiviを入手。
c0030570_1636315.jpg
グリーン系のKiviの記事を書く為にイッタラの公式HPで歴代Kiviの色を調べていた時にはじめて知ったカラー・クリスマスグリーン。公式HPの商品写真を見る限りでは濃いグリーンのAlphagreenと現在も現役の(Kartio)greenの中間のカラーのように見える。
クリスマスグリーンってどんなカラーなのかなぁーと思っていた僕の頭に「!」っと半年以上ネットオークションで回転寿し状態だったグリーンのKiviが思い浮かぶ。そんなで気になるグリーンのKiviを落札。
c0030570_16414079.jpg
カルティオやアアルトベースなんかも同様なんだけれど、大体の製造年を知るにはイッタラのロゴシールがひとつの指針となる。クリスマスグリーンが製造されていたのは1988年から1995年の間。という事は現在のロゴシールと同じデザインだけれど白文字だったロゴシールよりも古い、おなじみの赤丸の"I"のロゴに白文字で"MAID IN FINLAND"のものとなる。
しかしながらここで一つ問題となるのはクリスマスグリーンによく似たカラーの現行グリーンもKivi登場の1988年からずっと作られているという事。ネットオークションの出品写真では微妙に現行グリーンとは色味が異なるように見えたけれど、コレばかりは実際に手にとってみて自分の目で見比べるしか無いのでとりあえず落札。こうしてクリスマスグリーン疑惑のKiviが我が家にやって来る。
c0030570_16495930.jpg
我が家にやって来たクリスマスグリーン疑惑のKivi。早速現行グリーンと見比べてみるもののその差は微妙。「あちゃー。もしかしたらグリーンかな、コレ?」と肩を落とす。

上の写真は長年謎だったグリーンのカルティオを一緒に並べてみたところ。やっぱりグリーンのカルティオは2種存在するらしく、写真左の一般にダークグリーンと呼ばれている色はアルファグリーン(Alfa green/Alfan vihreä)に酷似。そして写真右のグリーンとかオリーブグリーンと呼ばれているカラーがおそらく(Kartio)green。色味の差はコバルトブルーとウルトラマリンブルーの差に似ていて、正面から見た際に内側のガラスの色が同じ濃さ(左)か透明感が増し透ける感じ(右)かの違い。
今回グリーンのKiviを調べてみて、長らくモヤモヤと疑問に思っていたKartioのグリーンの謎がスッキリと晴れたのは思わぬ収穫(笑)。
c0030570_16575033.jpg
c0030570_16582470.jpg
自然光の下ではその差は微妙で古いグリーンを入手してしまったかと思ってしまったクリスマスグリーン疑惑のKivi。しかしながら実際に火を灯して見るとその差は歴然。クリスマスグリーン疑惑のKiviの炎は現行グリーンに比べて白っぽい明るい黄緑色。炎の色味は完全に異なるので、これが僕が今回入手したKiviをクリスマスグリーンなのではないかと確信した理由。
c0030570_1744144.jpg
Alfa green、Christmas green、Mondongreenと今まで何という色なのかハッキリしなかったカラーを知る事が出来た今回のグリーン系のKiviをまとめた記事。カルティオなんかも比較的ブルー系はカラー名なんかがしっかりと確立されているんだけれど、グリーン系は何となく謎が多かった感じだったのがこれでスッキリ。
今回グリーン系のKiviを調べてみて改めて思ったのは、イッタラのガラス製品ってカラーバリエーションに富み、限定カラーがあったり、ちょっと謎だったりするカラーがあったり、またそんな謎がちょっとしたきっかけで紐解けていったりとそんなところがコレクター魂(?)をくすぐるポイントだったりするんじゃないかと思ったり(笑)。
[PR]
by buckup | 2013-04-21 18:57 | Favorite。(283) | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://buckup.exblog.jp/tb/19876064
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by kiyoterupi at 2013-04-22 21:20 x
拘り、執念   素晴らしいの一言です!
Commented by エセマダム at 2013-04-22 23:17 x
すばらしいです!この解説、本当にすばらしい。なるほど納得。
これ、シール付きなので、間違いなくなにかしらの名前が付いた色だと思うので、buckさんの推測は、おそらく正しいと思います!
(ファクトリーショップでは、おそらく試作か失敗と思われる微妙に色が違うものが多々売っているので。ただしシール無し)
いや〜Alfa green、Christmas green、Mondongreen
ただのgreenでひとまとめに考えていたわたくしに衝撃です。
ありがとうbuckさん っとしか、言いようがありません。
Commented by buckup at 2013-04-23 16:24
はははは〜kiyoterupiさん。そんな大した事じゃぁないんですよ(笑)。ただ好きなものをより良く知りたい。そんな感じです♪
Commented by buckup at 2013-04-23 16:33
エセマダムさんまで(笑)。今回はイッタラのHPに歴代Kivi全色が図解されていたPDFを見つけたので謎が簡単に解明した感じで。特に我が家の色味の異なるカルティオのグリーンはやっぱり別の色だったんだとわかったのが一番スッキリしたことかも(笑)。
Mondongreen。見た目はLight greenと似ていて、丁度Light greenとSesablueの中間のような色。エセマダムさん、きっと好きですよこの色。
しかしグリーン系以外のコンプは難しいですねー。アメジストやスカイブルー、ピンクなんて見た事無いし、古いコバルトブルーも入手が難しそうだし。いやぁたかがkivi。されどKivi。奥が深いです(苦笑)。
<< 1〜4月の花々 Holmegaard Flor... >>


タグ
カテゴリ
最新の記事
Alvar Aalto Co..
at 2017-04-30 14:50
iittala Birds ..
at 2017-04-26 05:57
ドイツでお花見*2017
at 2017-04-26 05:21
iittala kartio..
at 2017-04-15 07:20
BANANA THINGS ..
at 2017-04-14 21:38
TOKYO*2017
at 2017-04-06 05:56
わが家のiittalaな週末..
at 2017-02-12 17:25
以前の記事
最新のコメント
検索
記事ランキング
最新のトラックバック
Flowers in a..
from colonne sun
タッツァ・ドーロ(TAZ..
from ◆イタリア料理紀行◆ dal..
Sad song, sa..
from !!!!! 大佐日報 !!!!!
Loop nano (i..
from いいタイトルが決まらない(;..
DMTECH ホームシア..
from ホームシアター
ラヴェルのボレロ考
from 鎌倉スイス日記
ハリー・グレッグソン・ウ..
from - Harry Gregso..
最近のお気に入り♪
from SとMoとLiの関係
Dianne Reeves
from 今日のアルバム(JetCast)
ROMA---コーヒー(..
from たにしの江戸参り
お気に入りブログ
このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。