独逸より日々愛用しているお気に入りを・・・風の吹くままに、気の赴くままに。
by buckup
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
Surprise LED
c0030570_16422740.jpg
今年も予想以上の驚きを受けた妻からの嬉しい誕生日プレゼント。




丁度一週間前の水曜日。誕生日を迎えた僕は仕事の後に妻と愛犬と合流して毎年定例の誕生日の夕食へ。ドイツ式の誕生日は日本のように祝われるものでは無く、誕生日を迎えてた本人がおもてなしをする日で、通常は家族、親族、友人なんかを招いてホームパーティーをしたりレストランに招待して祝うのが習わし。

そんなドイツ式の誕生日が苦手(ただでさえ毎年一歳づつ年を重ねあまり嬉しく無い日なのに)な僕は毎年ひっそりと妻と二人(+一匹)だけで誕生日を祝うのが定例。そんなで今年も妻と二人だけの美味しい楽しい夕食を終え帰宅して、いつもと変わらない我が家のリビングに行くと妻が「Alles Gute zum Geburtstag(お誕生日おめでとう/ 意訳)!!」と言って僕をとっても驚かせてくれたのが下の写真。
c0030570_171546.jpg
c0030570_171152.jpg
c0030570_1712596.jpg
何と帰宅すると驚くべき事に、トイッカのバードたちの保管場所(?)となっている本棚の上が赤、青、黄色、緑色と様々な色に照らし出される(笑)。はじめて見た時は「うわっ!ど派手!」って思ったけれど、リモコンで輝度や色が変化するスピードを変えられるので実際には写真程派手ではない感じ。
c0030570_182301.jpg
今回妻がプレゼントしてくれたのは、上の写真のようなリボン型のLED照明。平らで非常に薄いリボンに等間隔でLEDが埋め込まれていて、一定間隔で切り取る(短くする)事も可。そして切り離したリボン型LEDも別売りの延長コードを使用すればそのまま使用する事が可(上の写真は本棚の上のメインのLEDから切り離したLEDを本棚左に飾ってあるSea Mewに使用)。
c0030570_1881969.jpg
c0030570_1883294.jpg
c0030570_18850100.jpg
c0030570_1884070.jpg
c0030570_1885865.jpg
c0030570_1891253.jpg
c0030570_1892349.jpg
しかし今まで想像もしなかった様々な色に変化するLEDの光に照らし出されるトイッカのバードの美しさには正直驚き。光に照らし出されると透明なバードの方が美しいと思いがちだけど(実際に窓辺の自然光の下では透明のバードたちの輝きは格別)人工のLEDの光に照らし出されると、寧ろ透明なバードよりも一見不透明に見える色付きのバードたちが普段以上の美しさと輝きを醸し出したのにはビックリ。
特に上の写真の最後の2枚の黄色いGolden Oriole(1994-1996)とお腹が美しいオレンジ色のKingfisher(2010)の内側から照らし出され鮮やかに輝く様は格別。自然の光が差し込む窓辺に飾れない場合でも、LED照明で照らし出す事によってトイッカのバードの持つガラスの造形の美しさや質感、色を自然光以上に十分に楽しむ事が出来るんじゃないかと今回改めて感じた。
c0030570_18241960.jpg
ちなみにこの写真は僕のリビングでの定位置、中央のソファーにゴロンとなると目に入る光景を撮影。普段はゆっくりと色を変え日常とは異なる雰囲気を演出する七変化モードではなく、上の写真のように落ち着きのある白色のみの単色発光モードを選択。気分によって色を変えたり、色が自由に変化するモードを選べるのもこのLED照明の素晴らしい点(笑)。

予想以上の驚きと喜びを与えてくれた今年の妻からの誕生日プレゼント。皿やグラスにそれ程興味やコダワリの無い妻だけど、実は照明フェチで様々な照明器具に詳しかったり素敵な照明をいろいろと知っていたりと照明に対するアイディアと知識はピカイチ。
僕がオーディオ機器、ガラス製品やテーブルウェアに興味がある(これはきっと僕が妻よりも料理好きなのが関係しているんじゃないかと思う)のに対して妻は照明、そして家電(キッチンまわりの)好き。そしてキッチン関係や家具は幸いな事に二人とも趣味が似ていたりと我ながら旨い具合にバランスがとれていると思う我が家。そんなでこの驚きの誕生日プレゼントも僕じゃきっと一生かかっても思いつかない、妻ならではの選択だったと思う。

しかし今回のLED照明もそうなんだけれど、最近何となく妻が徐々に僕のバードコレクションに理解を示してきてくれている感じなのも嬉しかったり(シンプル指向の妻としては増えていく僕のバードコレクションに対して以前は非常〜に否定的だった)。
[PR]
by buckup | 2013-05-01 18:51 | 雑記。 (185) | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://buckup.exblog.jp/tb/19969571
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by エセマダム at 2013-05-02 08:21 x
buckさん、お誕生日おめでとうございます〜〜〜ヾ(○⌒∇⌒○)ノ

奥様のチョイス
そしてこのサプライズ計画、本当にすてきですね〜

わたくしもこんな演出で主人を驚かせてみたいものです。

ガラスと光って異常なほど美しいですよね。
もちろん自然光が一番好きで、LEDのひかりは、なんとなくお隣の国のかおりがプンプンして好きじゃないわ。っと思っていたわたくしですが
(仕事でさまざまな大変な思いをしたので、ちょっとお隣の国が嫌いな似非子です)コレを期に、LEDをみなおしたいわ!!
っと思うほど素敵です。

奥様、まちがいなくだんだんBirdsが日常になりつつあり、
それを演出しないと気がすまなくなってきたんだと思いますわ。
立派なBirds愛好家の仲間入りだと思います。笑

Commented by buckup at 2013-05-05 16:19
エセマダムさん、ありがとうございます!嬉しいですねーこんなお祝いのコメントを頂けるなんて(笑)。

今年のプレゼントは正にサプライズ。まさかこんなプレゼントを用意しているとは夢にも思いませんでした。
僕も仕事で何度かお隣の国の方々とは色々と面倒な目にあっているので、極力隣国製のプロダクトは購入しないように心掛けているんだけれど(耐久性の問題もあるし)幸いヨーロッパ圏ではLEDは隣国製だけではなくフィリップスやオスラムなんかもあるので安心。そんなで電気代節約にもなるLED、我が家でも増えつつあります(ブロックランプの中もLEDだし)。

LEDの冷たい光ってガラスによく合うような気がします。特にトイッカのバードとの相性は抜群のような気が。それに今回妻がプレゼントしてくれたようなリボン型だと場所もとらないし照明の存在が全然感じられない。これってある意味照明革命なんじゃないかと(←ちょっと大げさだけど)。

ははははーバード愛好家ですか!きっと愛好家への道はまだ遠いんじゃないかと(笑)。これ以上増やしちゃダメと釘さされていますし(それでも粛々と増え続ける我が家のバード。汗)。
<< Alvar Aalto Col... iittala Kastehe... >>


タグ
カテゴリ
最新の記事
Alvar Aalto Co..
at 2017-04-30 14:50
iittala Birds ..
at 2017-04-26 05:57
ドイツでお花見*2017
at 2017-04-26 05:21
iittala kartio..
at 2017-04-15 07:20
BANANA THINGS ..
at 2017-04-14 21:38
TOKYO*2017
at 2017-04-06 05:56
わが家のiittalaな週末..
at 2017-02-12 17:25
以前の記事
最新のコメント
検索
記事ランキング
最新のトラックバック
Flowers in a..
from colonne sun
タッツァ・ドーロ(TAZ..
from ◆イタリア料理紀行◆ dal..
Sad song, sa..
from !!!!! 大佐日報 !!!!!
Loop nano (i..
from いいタイトルが決まらない(;..
DMTECH ホームシア..
from ホームシアター
ラヴェルのボレロ考
from 鎌倉スイス日記
ハリー・グレッグソン・ウ..
from - Harry Gregso..
最近のお気に入り♪
from SとMoとLiの関係
Dianne Reeves
from 今日のアルバム(JetCast)
ROMA---コーヒー(..
from たにしの江戸参り
お気に入りブログ
このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。