独逸より日々愛用しているお気に入りを・・・風の吹くままに、気の赴くままに。
by buckup
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
初夏のKivi
c0030570_664380.jpg
パステルカラーだった春色のKiviから緑を主体とした初夏のKiviへと移行した我が家のリビング。
c0030570_69060.jpg
大地を覆う麦畑の緑。黄色い花が終わり一面見渡す限り緑色一色になった菜の花畑。初夏になり深まる森の緑。ドイツの初夏は自然の緑色が印象的で、今回妻もそんな初夏の緑色と空の青とをKiviで表現したとの事。
c0030570_613129.jpg
リビングのテーブルの上には涼しげな透明系のバードとフォレストグリーン、シーブルー、ローズオリーブのKivi。透明なMediator Doveの位置はそろそろ我が家に届くRakkatiを想定したもの。その首を長くして待ちに待ったRakattiもいよいよ今日(3日)ドイツへ入国したとの知らせ。現在税関審査中で今週中には我が家に届く筈なので到着がとっても楽しみ。
c0030570_6205485.jpg
リビング正面にはPale(Male)とブラウンのKivi。殆ど黒に見える真っ暗なブラウンのKiviの中央にゆらゆらと揺れるオレンジ色の炎とPale(Male)の鮮やかなオレンジ色の尾がとても良くマッチしている。
c0030570_6244652.jpg
c0030570_6245896.jpg
c0030570_625887.jpg
c0030570_62519100.jpg
いきなり30℃越えの真夏日になったかと思えば次の日には17℃しか無い肌寒い一日だったりと相変わらず天候が安定しない今年のドイツ。おかげで身体の方が気温の急激な変化について行けず、先週末からずっと体調芳しく無い僕。いつもなら3~4日で回復するのに、まるでジェットコースターのような天候の変化が原因で一向に体調は良くならず(悲)。
一体何時になったら清々しいドイツの初夏がやって来るのやらと妻や同僚ともそんな話しばっかの毎日(何となく今年は気持ちの良い季節はすっ飛んで短い酷暑&早過ぎる秋がやって来そうな予感がする。困)。
[PR]
by buckup | 2013-07-04 06:41 | Favorite。(283) | Trackback | Comments(9)
トラックバックURL : http://buckup.exblog.jp/tb/20456119
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by エセマダム at 2013-07-04 08:30 x
きゃー、kivi、 kivi♪
わたくしの専門はこっちよ〜〜〜
っと思いながらお写真拝見していたんですが
どうも鳥に目がいく自分が居ることに気付いた始末。。。
ダメだ。鳥に手を出しちゃ行けない。終わりがないんだ。
っと自分に言い聞かせています。笑

buckさんはoivaのデザインがお好きなんですね。
oivaは男性ファンが多い気がします。
(わたくし的観察による報告です)

夏色Kiviにグリーンが入るのは、ヨーロッパの方てき感覚だな〜
っと思いました。
日本人だと緑はなんとなく春で終わってしまい、夏は
灼熱の色、もしくは青! って感じじゃないですか。
フィンランドも夏は緑です。夏しか収穫できませんからね。笑
Commented by polerbearholic at 2013-07-04 23:09 x
あー、やっぱり素敵です。イロトリドリに並んだkivi。奥様の色彩センスも光ってますね〜!
そして、窓の下で光を浴び白の棚(暖房でしたよね、確か)に反射するところも、また60mmと80mmがバランスよく2列に並べられる幅も、理想的な飾り場所ですね〜!!
そもそもkiviはbuck師匠の写真を見てハマった身としては、マネッこして我が家にもこんなスペースを設けて並べたい!という野望がフツフツとかきたてられます。
そしてさらに、私も、どんなにbuckさんの写真が素敵であろうとも、とりさんにだけは手を出してはいけないと自分に言い聞かせております(笑)

ピンクのkiviはいかがでしたか?私はセールで黄色のkiviを手にいれました。シワも気泡もちょっとあるのが残念ですが、安くなってたのでよしとしました。ついでに?結局予備のカルティオマウスブローも2サイズ2個づつ買ってしまったりなんかして。物欲にまんまと負けました(汗)
Commented by buckup at 2013-07-05 06:49
あーエセマダムさんも何気に鳥が気になりはじめていますね(笑)。でも僕、鳥は手放しではオススメ致しません。何たって高価ですから。鳥は流れに流されずにあくまで自分の意思で決定。でないと鳥も人も幸せになれませんから(本音)。

そう、バードをコレクションしはじめてからガラスの技法やトイッカ氏のデザインが気になりはじめて、今ではとってもファン。でもね、Magisから出ているラクダと像の画だけはちょっとなぁーって感じ(これは是非見てもらいたい)。Oivaファン、男性が多いのですね。何となく納得。結構無骨ですもんね、トイッカデザイン。

そういえば日本の夏といえば海の青。グリーンは5月の新緑の頃のイメージですよね。すっかり忘れていました。そうか、夏色にグリーンはヨーロッパな感覚なのですね。本当、今は緑が目に眩しいです(天候は相変わらずだけど。困)。
そうそう、フィンランド同様、ドイツも夏しか収穫出来ませんし(笑)。
Commented by buckup at 2013-07-05 07:00
polerbearholicさん、どうもです!
実はKiviが置かれているのは微塵もオシャレじゃない古い暖房。白というか古くさいベージュなんですよ実際には。でもKiviのおかげでかな〜り救われています(笑)。確かにKiviにはピッタリの場所かもしれませんね(願わくばもう少し窓に近ければもっと光が差し込んで日中もっとキレイなんだけど。笑)。

皆さん、実はグッと堪えて鳥には手を出さないように気をつけているのですね!尊敬です(笑)。

ピンクのKivi。やっぱり希少色はそんなにあっさりと見つかるわけではなく。やっぱりスイートピンクでした。でも通常価格の三分の一だったし、色的には僕も妻も好きな色なのでノープロブレム。あと半額でライトライラックとイエローも追加。polerbearholicさんもイエローを入手したのですね!いい色ですよね、イエロー。気泡もシワも遠くから見ればきっとそんなに気にならない筈。うちのターコイズの80mmなんて完全歪んでますから(どうもターコイズはカルティオもそうなんだけど歪む色らしい)。カルティオはうちはまだです。実は突然カップ&ソーサーに物欲全開(爆)。まったく留まるところの知らないこの物欲。どうしたものですかねー(困)。
Commented by ひろひろ at 2013-07-05 07:26 x
ふわあぁ・・・綺麗・・・

この「季節のkivi」シリーズ、大好きです!
遠く日本からでも、ヨーロッパの風や光を感じさせてくれる奥様の絶妙な色あわせに、いつもため息です。きっと、色遊びを愉しみながら、選ばれているのでしょうね♪

ひとつ質問なのですが・・・buckさんはろうそくに明かりを点けるのには何をお使いでしょうか?
あるブロガーさんの記事で、ドイツのレズレーというメーカーのユニバーサルライターを紹介されているのを拝見し、・・・今までは100円ショップライターでしたが、頻繁に使用するようになると、その都度ゴミを出すのは良心の呵責を感じる今日この頃なのです(汗)

Rakatti、間もなく到着予定なのですね♪
我が家ではちょっと飾り方に悩み中なので、またbuckさんのアレンジを拝見するのを楽しみにしております。

じめじめで自分もカビそうな日本にいると梅雨のないドイツが羨ましいですが、気温変化の激しいのは体には辛いですね…どうぞご自愛くださいますよう。
Commented by buckup at 2013-07-07 07:46
ひろひろさん、嬉しいコメントありがとうございます♪

僕も実はこの季節のKiviシリーズ好きなんです。でもあくまで妻の自主性に任せているので、急かさず、焦らずで季節ごとに色が変わるのを密かに待っていたり。要は妻の暇な時の色遊びですから、コレ(笑)。でも季節ごとに色が変わるのも中々新鮮で良い感じですよ!

うちではいわゆるチャッカマンみたいなの使ってますよ。でもガスを充填出来るやつ。一回限りの充填出来ない使い捨てだとやっぱり気が引けるので充填式。キッチン、寝室、リビングにそれぞれ一つづつ。メインのリビングで今使っているのは、ちょっと高級なBrabantia社のもの。Rösle(ルゥスレ)はドイツのポピュラーなキッチン周りのステンレス製品を扱うメーカー。とってもスタイリッシュだけど、ドイツでは値段の割に耐久性が無いと評判はイマイチのようです(そんなで僕はBrabantiaを購入)。安い充填式のチャッカマンも高級な物も、経験上いつかは壊れるので(値段にかかわらず)ガス充填式だったらどれもそれ程性能的には変わらないと思います。
Commented by buckup at 2013-07-07 07:52
そしてRakatti。無事届きました。そして開けてビックリ。何とも美しい個体でして。見本写真以上の素敵な個体がやって来て久しぶりの興奮もののバードでした(感涙)。
そしてRakattiのために捕獲したSieppoとの相性も抜群。今はとりあえず一番目のつくリビングのテーブルの上に飾ってあります。今日早速写真撮ってみたのですが中々旨く撮れないバードですね、Rakatti。

関東、何だかいきなり梅雨明け宣言でしたね。いよいよジメジメからムシムシの季節ですね。ドイツも明日から夏日が続くとの予想。暑いのは夏休みがやって来る8月にしてくれと願いつつ、久しぶりの30℃越えは嬉しかったり。いよいよ夏本番ですねー。お互い夏バテなんかしないようにモリモリ元気に行きましょう♪
Commented by ひろひろ at 2013-07-08 12:22 x
ガスライターの件、ご回答下さりありがとうございました!
brabantia、ごみ箱をチェックしていたブランドでしたので、ナルホド、良さそう!とHP見てみましたが、日本には輸入されていない様子?で、残念です(規制の問題でしょうか?)現在使っているチャッカマンが無くなるまでに、良さそうなものが見つかると良いなと思っております。

そして、Rakattiの無事の到着、おめでとうございます~~~!!!R本体の美しさは勿論のこと、光が通過して映る影がとっても綺麗ですよね!(初めての透明バードなので感激も一入?)写真に撮るのが難しいとのことですが、buckさんのお眼鏡に適ったのはどんなコなのか・・・お披露目を楽しみにしております♪
Commented by buckup at 2013-07-08 17:37
ひろひろさん。Brabantiaってゴミ箱なんてのもつくっているのですか!知らなかった。チャッカマンタイプのガスライター。EUでは年々規制が厳しくなっていて、最近の物はセーフ機能が半端ないんです。そんなで規格が日本に合わないのかもしれませんね。チャッカマン、思うにどれも半永久的なモノってのは無いと思うので、結局はデザインの気に入ったもの、使い易いものなんかを選ぶのが一番かも知れません(そういう意味ではRösleのデザインは良いですよね!)。

Rakatti、ありがとうございます!本当、写真よりもかなり良い感じのバードですね。光が透過してもキレイだし、Kiviの光を透過&反射してもとってもキレイ。一応日曜日に写真の第一弾は撮影完了。今週中にアップ出来たらと思っています(笑)。ひろひろさんの素敵なRakattiもブログで是非取り上げてくださいませ(期待)!
<< iittala Lantern... Oiva Toikka -Va... >>


タグ
カテゴリ
最新の記事
Alvar Aalto Co..
at 2017-04-30 14:50
iittala Birds ..
at 2017-04-26 05:57
ドイツでお花見*2017
at 2017-04-26 05:21
iittala kartio..
at 2017-04-15 07:20
BANANA THINGS ..
at 2017-04-14 21:38
TOKYO*2017
at 2017-04-06 05:56
わが家のiittalaな週末..
at 2017-02-12 17:25
以前の記事
最新のコメント
検索
記事ランキング
最新のトラックバック
Flowers in a..
from colonne sun
タッツァ・ドーロ(TAZ..
from ◆イタリア料理紀行◆ dal..
Sad song, sa..
from !!!!! 大佐日報 !!!!!
Loop nano (i..
from いいタイトルが決まらない(;..
DMTECH ホームシア..
from ホームシアター
ラヴェルのボレロ考
from 鎌倉スイス日記
ハリー・グレッグソン・ウ..
from - Harry Gregso..
最近のお気に入り♪
from SとMoとLiの関係
Dianne Reeves
from 今日のアルバム(JetCast)
ROMA---コーヒー(..
from たにしの江戸参り
お気に入りブログ
このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。