独逸より日々愛用しているお気に入りを・・・風の吹くままに、気の赴くままに。
by buckup
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
AALTO & AALTO
c0030570_2131040.jpg
スモーキーブルーのアアルトベースに生けられたオレンジ色の秋らしい花とブラウンのアアルトのティーライトホルダー。曲線が特徴的なアアルトベースには、やっぱりアアルトのティーライトホルダーが合う。
c0030570_21332291.jpg
久しぶりにリビングに登場したアアルトベース・95mm。いつもはキッチンで使われる事の多いアアルトベースの95mm。現在キッチンではアアルトベースの120mm x2が使われているので95mmは休眠状態。そんなで大きさ的にも現在リビングのテーブル代わりに使用しているアルテックのStool 60の上に飾っても邪魔にならない大きさの95mmを使って秋らしい花を飾る事を決めたらしい妻。
c0030570_21392843.jpg
アアルトベースにはKiviよりもやっぱりアアルトのティーライトホルダーの方が合うよという事で、秋らしく、またスモーキーブルーに合いそうなブラウンを寝室のキャンドルホルダー置き場から持ち出す僕。最近はKiviがリビングでは大活躍だったので、アアルトのティーライトホルダーはこれまた久しぶりの登場となる。
c0030570_21412935.jpg
イッタラ系のブログを見てもKiviやKastehelmiはよく見るんだけど、このアアルトのティーライトホルダーは何故かあまり見かけない。
アアルトのティーライトホルダーに火を灯すと、アアルトの特徴的なカーブから放射状に光がテーブルに映し出されて非常に美しいのと共に、ホルダーの内側に子供の頃遊園地にあった鏡の迷路の如く中央のティーライトが映し出されてとても幻想的にみえるのもこのティーライトホルダーの、他のキャンドルホルダーには無い大きな特徴。
c0030570_21471716.jpg
何だかこのブログでもKiviばっかり記事にしているので、うちのキャンドルホルダーといえばKiviみたいなイメージがあるかもしれないけれど、僕とイッタラのキャンドルホルダーの出会いはKiviではなくてこのアアルト。
c0030570_21513638.jpg
イッタラに興味を持ちはじめた頃、カラーバリエーションは多いけれどとてもシンプルなデザインのKiviは、何だかIKEAで売っているデザイン的にKiviととても良く似ている安いキャンドルホルダーと大差無いような気がして興味が湧かなかった。そこでこのアアルトを購入してみたんだけど、そこで改めてイッタラのガラス製品の美しさに目覚め、Kivi、バードと手を出す事に。ちなみに僕がイッタラのガラス製品にはまっていった経緯は、Kartio→Aalto vase→Aalto Voltive→Kivi→バード→Lanternってな感じ。まずはカルティオとアアルトベース&キャンドルホルダーでガラスの美しさに目覚め、Kiviでガラスの塊感の美しさに捕われ、バードに目覚めた。そんな感じで今ではドップリとイッタラのガラス製品の虜(苦笑)。
c0030570_21584863.jpg
久しぶりにリビングでアアルトのキャンドルホルダーを使ってみて、やっぱりキレイだなぁーと。そしてアアルトのフラワーベースにはアアルトのキャンドルホルダーが合うなぁーと。そんなでアアルトのキャンドルホルダー、もっと活躍の場を設けなければと思った次第(笑)。
c0030570_22592.jpg
c0030570_22143100.jpg
c0030570_2252294.jpg

[PR]
by buckup | 2013-10-04 22:09 | Favorite。(283) | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://buckup.exblog.jp/tb/20803091
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by polerbearholic at 2013-10-05 01:12 x
aaltoのキャンドルホルダーも、トリ様と同様に未だ手を出せない聖域?!だったのですが、やっぱりbuckさんのブログを見ていると、フツフツとかきたてられる物欲(笑)ベースやキャンドルホルダーの魅力だけでなく、物や色の配色、写真の撮り方に文章表現でより魅力的に魅せるbuckさんの力ですね~。
今年はすでにお布施を払いすぎましたので、冬のボーナスまではお預けかな(泣)
いろんな意味で花のない我が家ですし、涼しくなってきた事もありとりあえず生花だけでも飾って紛らわせようかな~、と思った次第でありますσ(^_^;)
Commented by buckup at 2013-10-13 06:31
アアルトのキャンドルホルダーは鳥みたいに高価じゃないし、セールの時に一気に集めるのがオススメ。とはいうもののKivi集めているとあまり出番の無いキャンドルホルダーでもあるんですけどね(笑)。
おぉーそんなにお布施したんですか!といいつつも僕もかなりの額を既に投入済み(汗)。やっぱり鳥は金喰い虫(鳥だけど。爆)ですねー。困った事に。
ははははーうちも決して花のある生活ではないですよー(笑)。だからこそ妻の提案で始まった花のある生活。かな〜り癒されるのでオススメです(お気に入りの花器を入手するのもポイント。素敵な花器があると自然と使いたくなるし。笑)。
<< ARABIA -Salla iittala Birds b... >>


タグ
カテゴリ
最新の記事
Alvar Aalto Co..
at 2017-04-30 14:50
iittala Birds ..
at 2017-04-26 05:57
ドイツでお花見*2017
at 2017-04-26 05:21
iittala kartio..
at 2017-04-15 07:20
BANANA THINGS ..
at 2017-04-14 21:38
TOKYO*2017
at 2017-04-06 05:56
わが家のiittalaな週末..
at 2017-02-12 17:25
以前の記事
最新のコメント
検索
記事ランキング
最新のトラックバック
Flowers in a..
from colonne sun
タッツァ・ドーロ(TAZ..
from ◆イタリア料理紀行◆ dal..
Sad song, sa..
from !!!!! 大佐日報 !!!!!
Loop nano (i..
from いいタイトルが決まらない(;..
DMTECH ホームシア..
from ホームシアター
ラヴェルのボレロ考
from 鎌倉スイス日記
ハリー・グレッグソン・ウ..
from - Harry Gregso..
最近のお気に入り♪
from SとMoとLiの関係
Dianne Reeves
from 今日のアルバム(JetCast)
ROMA---コーヒー(..
from たにしの江戸参り
お気に入りブログ
このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。