独逸より日々愛用しているお気に入りを・・・風の吹くままに、気の赴くままに。
by buckup
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
iittala Birds by Toikka -Capercaillie
c0030570_15532231.jpg
全身を金属的な輝きの蒼白いラスターに包まれた、とても写実的で美しいフォルムの大型バード・Capercaillie。
c0030570_15573189.jpg
Capercaillie。日本語名をヨーロッパオオライチョウ。キジ科キジ目でライチョウの仲間では最大の鳥。ヨーロッパではとてもポピュラーな鳥で、実際に僕はまだ自然の中では見つけた事は無いんだけど、妻曰く僕達が住む町のシンボルバードにも指定されている程一般的な鳥との事。
c0030570_1621581.jpg
c0030570_1622643.jpg
全長28cm、全高17.5cm。幅も14cmと現在リリースされているトイッカのバードコレクションの中でも大型に属する堂々としたフォルムの大きなバード。
c0030570_1664161.jpg
写真や店頭で見ると、ギラギラと金属的に輝く青色のラスターのボディーに描かれる複雑な曲線を描く羽模様は黒のラインのように見えるけれど実はコレは間違い。
c0030570_1681574.jpg
黒色に見える羽模様のラインは実際には透明で、光がボディーを透過するとおそらく地の色であるだろうブラウンが黒色に見える羽模様のラインから顔を覗かせる。
c0030570_16103995.jpg
c0030570_16104760.jpg
c0030570_16105613.jpg
そんなでラスターのかかっていない薄い透明なガラスに覆われた羽の部分も光が透過すると上の写真のように非常に幻想的で美しい濃い琥珀のような輝きを帯びる。僕も実際にこのバードを手にするまではわからなかった、非常に美しいこのバードだけが持つ密かに隠された特別な美。
c0030570_16172847.jpg
光によって色や表情を変えるボディーにかかったラスターは基本非常に深い青色。首周りにはラスターは非常に薄くしかかかっていないようで、色を殆ど変化させないおそらくこのバードの地の色であるグリーンに見える。そして首の下当たりからかかっている青銀色のラスターは、光があたると尾に向かってグリーン→青色へと変化。非常に美しいグラディエーションで楽しませてくれる。
c0030570_16223573.jpg
c0030570_16224251.jpg
そしてコレまた他のバードには見られない独特の形状をした透明な黄色のガラスで形成されるクチバシと赤と黒のツートンカラーの頭部。
このバードを手にした時に「どうしてアタマはPheasantのようにすべてが赤く無くて黒と赤のツートンなんだろう?」なんて疑問に思ったんだけど、Capercaillieを画像検索してみてその疑問は一発で解消。モデルになったヨーロッパオオライチョウのアタマは黒く、目の周りだけが赤い隈に覆われていて、このバードはそんなヨーロッパオオライチョウの特徴を非常に写実的に捉えていたんだと、ある意味その芸の細やかさに感動してしまった程。
c0030570_16283743.jpg
そんな特徴的なアタマは正面では無くて右斜めを向いていて、前から見ると非常に思慮深い表情豊かなポーズなのがわかる。ちなみにこのCapercaillie、オスとメスがあって今回紹介しているのはオス。メスはオスよりも一回り小さくてボディーもブラウン系の地味な感じ。そして面白い事にアタマはオスと反対側の左斜め前を向いている。同系のバードなのに向いている方向が違うってのも実は結構珍しい。
c0030570_16324577.jpg
全身にラスターがかかっているし、フォルム的にもデザイン的にも似ているので間違え易いのがトイッカのバードの中でも古株のPheasant(キジ)。手前がPheasantで後ろに居るのがCapercaillie。Pheasantのボディーにかかったラスターの方が光による色の変化は大きく、Capercaillieのラスターは基本青系。こうして並べてみるとCapercaillieの方がふっくらグラマラスなボディーなのがわかると思う。
c0030570_1642012.jpg
店頭やカタログで見ると派手さも無く、フォルムも典型的なトイッカのバードなのでそれほど興味を持たないんじゃ無いかと思うCapercaillie。でも実際には金属的な輝きを帯びるラスターに包まれたボディーは非常に派手だし、光が透過した時の羽模様から覗く茶色の透明なガラスの輝きは格別。透明な黄色のクチバシや頭部は透明なガラスの持つ輝きと美しさ、そしてラスターのボディーはガラスらしからぬ金属的な輝きを。美しい羽模様は高度なガラス技法の巧と美しさを堪能出来たりとこのCapercaillie一羽だけでトイッカのバードのもつ美味しいところ(!?)すべてを楽しめる非常にお得(?)且つ美しいバードなんじゃないかと思う。

ちなみにこのCapercaillie。作られた時期、作った職人さんによって結構フォルムが異なるバードで、僕的には作られはじめの初期のCapercaillieよりも、最近作られた洗練されたフォルムを持つ個体の方が好み(特に首の長さが異なりそれによりバード全体の見た目の印象も異なる)。そんなで我が家にやって来たCapercaillieは非常に僕好みのフォルムで、Sea MewCurlewと並び『我が家の自慢の一羽』殿堂入り(笑)の僕的に非常に満足度の高い美しいバードだったりする。
c0030570_16515659.jpg
Capercaillie/Metso
2001-still in production
-280x175mm

[PR]
by buckup | 2013-10-18 17:08 | Favorite。(283) | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://buckup.exblog.jp/tb/20850937
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 加代子 at 2013-10-18 18:45 x
スイス側のジュラ山で 野生のオオライチョウを見た事がありますが
とても 大きくて派手! って印象でした。
イッタラのは 渋い印象で とても素敵ですね。
ジュラは 20羽前後しか居ないと聞きましたが
ヨーロッパ北部は 多そうですね。
Commented by miracomomo at 2013-10-19 20:37
ブラウンにラスター!キレイ〜〜!これはカタログ写真では絶対よさが分からないバードな気がします。
buckさんありがとうございます!

ついついファンタジー系バードにばかり目がいってしまいますが、ホントに素敵なバードってたくさんありますねぇ。(困)
Commented by buckup at 2013-10-22 19:14
おぉ加代子さんは野生のオオライチョウ見たことがあるんですねー。羨ましい。何だか僕の周りのドイツ人、皆このオオライチョウの名前も容姿も知っているからポピュラーな野鳥かと思っていたら、やっぱり希少種で自然で出会える事はそうそう無いと妻が言っておりました(妻曰く「森よりも動物園行けば見れるんじゃない」との事)。
イッタラのオオライチョウ。写真では渋く見えるけど、ギラギラ金属的な輝きを持つバードなので実際には非常に派手。かなりの大きさだし非常に押し出しの強いバードです、コレ。
Commented by buckup at 2013-10-22 19:20
miracomomoさん。キレイでしょう、このバード(笑)。店頭やカタログじゃ全然目立つとこの無い非常にオーソドックスなトイッカのバードに見えるけど、実はこんな美しさを秘めたバードだったのです。結構フォルムの個体差の大きいバードなので実際に見てお気に入りを選ぶのがオススメです。

そうそう、ファンタジー系や透明系のバードに目が行きがちだけど、このCapercaillieやCurlew、Rusee Grebeみたいに写実的&透けない素敵バードたちも現行モデルにあって、実はとても僕的にはオススメだったりします(透けないバードは飾るところを選ばないし)。
<< muuto RESTORE 妻の手作りパンと我が家のiit... >>


タグ
カテゴリ
最新の記事
Alvar Aalto Co..
at 2017-04-30 14:50
iittala Birds ..
at 2017-04-26 05:57
ドイツでお花見*2017
at 2017-04-26 05:21
iittala kartio..
at 2017-04-15 07:20
BANANA THINGS ..
at 2017-04-14 21:38
TOKYO*2017
at 2017-04-06 05:56
わが家のiittalaな週末..
at 2017-02-12 17:25
以前の記事
最新のコメント
検索
記事ランキング
最新のトラックバック
Flowers in a..
from colonne sun
タッツァ・ドーロ(TAZ..
from ◆イタリア料理紀行◆ dal..
Sad song, sa..
from !!!!! 大佐日報 !!!!!
Loop nano (i..
from いいタイトルが決まらない(;..
DMTECH ホームシア..
from ホームシアター
ラヴェルのボレロ考
from 鎌倉スイス日記
ハリー・グレッグソン・ウ..
from - Harry Gregso..
最近のお気に入り♪
from SとMoとLiの関係
Dianne Reeves
from 今日のアルバム(JetCast)
ROMA---コーヒー(..
from たにしの江戸参り
お気に入りブログ
このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。