独逸より日々愛用しているお気に入りを・・・風の吹くままに、気の赴くままに。
by buckup
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
iittala Birds by Toikka -Grass eider
c0030570_7453242.jpg
光を透過する深いオリーブ色のボディーと落ち着いた色合いのセビリアオレンジの頭部と尾のカラーコンビネーションがとてもシックな印象のGrass eider。
c0030570_1718699.jpg
c0030570_17175993.jpg
ペンチで挟んだような平らなクチバシとちょっと潰れた頭。美しい流線型のボディー。キュッと締まった尾。昔からあるトイッカの鴨型バードの典型的なシルエット。
c0030570_17212235.jpg
このGrass eiderの一番の特徴なのがボディーにキレイに整列した気泡。
c0030570_1721334.jpg
通常ガラス工芸品では忌み嫌われる(?)気泡を意図的にガラス内に混入して規則正しく整列させるコントロールバブルという特殊な技法。
Gunnel nyman(1909-1948)が多用したこのコントロールバブル技法がトイッカのバードに使われ始めたのが2000年以降。それ以後幾つかのバードにこの特殊な技法が使われたのだけれど、現在現役のカタログバードの中ではこのGrass eiderだけが美しく整列した気泡の装飾をもつ。
c0030570_17394051.jpg
数あるトイッカのバードたちの中でも鴨族だけがもつ平らに潰れたクチバシ。横から見ても上から見てもとてもカワイらしいglass eiderのチャームポイント(←死語?汗)。
c0030570_17411115.jpg
c0030570_17412779.jpg
日中の自然光が透過しても夜の照明に照らし出されても非常に鮮やかで美しいオレンジ色の尾。尾に向かって若干黄色がかったオリーブ色から濃いグリーンへとグラディーエションを描くボディーの色もとても美しい。
c0030570_17441627.jpg
気泡の並びの美しさ。若干のボディーカラーとフォルム。クチバシのカタチ等の少々の個体差はあるけれど、基本的にあまり大きな個体差は無いと思われるGrass eider。
c0030570_17461422.jpg
僕的購入の際の一番のチェックポイントは、前回紹介したKuulas同様、透明なセビリアオレンジの頭部から覗くマウスブローの穴の処理。この穴の処理がギザギザと大雑把な程頭部に透過した光が乱反射して美しいので、購入の際に幾つかの個体を見比べる事が出来る場合、気泡の並びの美しさだけではなく是非この頭部の光の透過もチェックして欲しい。
c0030570_1756113.jpg
今回殆どの写真が夜のデスクライトの灯りに照らし出されたものなのだけど、透明なバードだけあって日中の自然光下でも勿論美しい。直射日光ではKiviのオリーブのような黄色がかった緑色に。日陰ではモスグリーンのような落ち着いた緑色に。そして照明に照らし出されるとボディーの気泡がより際立つ、透明なバードだからといって窓辺に必ずしも飾らなくても美しい、とてもディスプレイし易いバードだと思う。
c0030570_17524985.jpg
トイッカのバードって高価だし種類も多く、中々同じ種類のバードを複数個揃えるのって難しいんだけれど(ついつい同じバードをもう一つ購入するのなら他のバードが欲しいと思ってしまう)このGrass eiderは単体ではなく複数個で飾りたいと思っていたバード。
実は毎日の愛犬の散歩コースの川辺で見かけるカモもいつも楽しそうに群れているし、たまに一匹だけのカモを見かけると何だか寂しい気分に。そんなでこのGrass eiderも番いで是非飾りたいと思っていたのが我が家のバードコレクション初の複数個買いとなった理由だったりする。
c0030570_18123469.jpg
Grass eider/Nurmihaahka
2010- 210x85mm

[PR]
by buckup | 2014-02-09 18:10 | Favorite。(283) | Trackback | Comments(7)
トラックバックURL : http://buckup.exblog.jp/tb/21637583
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by えんじぇる at 2014-02-10 16:15 x
うっとりぃ~♪
またまた、buckさんの素敵な写真のおかげで、日本では、Glass eiderが売り切れ状態になるかもですねww

私も1羽、いますが、ほんとに気泡がきれいですよね♪ buckさんが写真を撮ると、ぺっちゃんこなイメージのカモが、ぷっくらさんに見えますね。

buckさんにはめずらしく複数買いに驚きました♪ でも、うれしいです。複数買い。これで、安心して、複数買いできます。

buckさんの写真のおかげで、私もGlass eiderをちょっと、出してみようって思います。 今は、Pekkasiiniと、Mediater Doveを窓際に並べております。eggは、SショップのMoveです。 

写真はまだ撮ってないです。てへ。
Commented by えんじぇる at 2014-02-10 16:22 x
あ。スペル間違えてました。 Grass Eider でした。 
Commented by qyu at 2014-02-11 17:55 x
フィンランドから帰って参りました〜!^^
すっかり雪に慣れて帰ってきたら、東京は大雪で色々大混乱みたいです。。あっちもこっちも雪景色で、なんだか帰ってきた気がしません(笑)。

Glass Eider、クリアなKiviとめちゃめちゃ似合ってて素敵ですね〜!
エスプラナーディのイッタラ本店で、たまたまGlass Eiderが2羽並んでいたのですが、むちっとした子とほっそりした子で、くちばしや尾羽の感じも明らかに個体差があってビックリしたのですけど、、、(ネットで見る写真では、buckさんのおっしゃるとおりに結構個体差がないイメージだったので)
Glass Eiderじゃなかったのかな??(汗)

本店では赤系のバードと青系のバードが、ずら〜っとディスプレーされて壮観な眺めでしたよ♪
ロヴァニエミのイッタラアウトレットでも、さすがに数は少なかったのですが、少しだけバードもありました♪

あと、Rainが発売になっていて、アアルトベースの201mmを買おうかどうかさんざん迷った挙げ句、もう荷物に入らないから!ということで保留にしてきました。
また絶対行く機会があると思うので(^^;)、、、
ガラスものの欠点は、一つひとつが重たいことですね(爆)。
Commented by ちょい at 2014-02-12 09:36 x
バードの初期の記事でcoral eiderを紹介されていたときに、
頭の部分にある小さな氷山が選ぶポイント、とおっしゃっているのを
拝見していました。grass eiderや他の種類でも見られるんですね!

どれどれうちのcoral eiderは、と見てみましたが、
吹き口がわからないほど気泡もなく、ギザギザもなく。
尻尾の最後の最後まで細かく細かくいれられた模様に、
これを作った職人さんはすっごい神経質なのかなぁーなんて
想像しました。
逆に、尻尾の最後の部分、びよーんと伸びた模様を見ると、
職人さんの「えいやー!」って声が聞こえてきそうです。
どれも個性があって、面白いですね。

・・・ここで悲しいお知らせです。昨年購入したハッリコスキネンの
ランタン、今朝コートを羽織った際にぶつけて落として割れてしまい
ました・・・。以前buckさんもランタンを割ってしまった記事を書かれて
いましたが、相当なショックですね・・・これは!
Commented by buckup at 2014-02-14 09:26
えんじぇるさん。おっやり手のバードハンター(笑)えんじぇるさんも、やっぱりこの美しいGrass Eiderをしっかりと捕獲していましたね!
そうそう、首の無いカモシリーズってぺっちゃんこで高さが無くて以外に飾りにくいんですよねー。だからこそ複数個で群れ感を出すというか。
本当は複数個買いしたいバードも幾つかあるんだけど、中々そこまで手が回らないのが現状。憧れますよねーバードの複数個買い(笑)。

PekkasiiniとMediater Dover。良いコンビネーションですね!現在のうちの窓辺は青いキーックリとまっ白なWillow GrouseがフォレストグリーンのKiviと共に陣取っています。あ〜楽しみだなぁーえんじぇるさんのコレクションの写真(首を長〜くして待っています。笑)。
Commented by buckup at 2014-02-14 09:33
qyuさん、おかえりなさい!フィンランド、いかがでしたか?ヘルシンキは雪があるんですねー。東京も大雪らしいし。何だか今年はドイツだけが暖冬のようです(困)。

イッタラ本店。最近改装したらしく、素敵なバード部屋があるとか。あそこに行かれたのですねー。羨ましい(夢)。ほーGrass eiderにそんなに個体差があったのですかー。とても興味深い。時期的にきっと今年のアニュアルバードとエッグもしっかりと見てこられたのですね!今年のアニュアル。全然写真が出てこないので、春まで実物が店頭に出回るまでお預けです(個体差がとっても大きそうなので)。

アアルトベースの201mmのrain。まさにそれを僕も狙っています(笑)。そうそう、ガラスって重いんですよねー。Kiviが4つになっただけでかなりの重量だし。アアルトベース、ああ見えてズッシリ重いですもんね!
また今度、どんな素敵なお買い物を楽しんできたのかコメントお願いしますです♪
Commented by buckup at 2014-02-14 09:39
ちょいさん。オーマイゴッドですね。Lantern。実は僕。小さいのと大きいの、両方割ってますからねー。困った事に(涙)。
そうそう、Lanternや脚付きバード。あれって飾るところ考えないと、以外に引っ掛けて落としてしまったりするんですよねー。幸いバードはまだ落として割った事は無いけど、Lanternは夜中に暗闇の中でつまずいて落としてしまいましたから、僕。

しかしちょいさん。随分としっかりと僕のバード記事読んで下さっているのですね。恐縮です。そうそう、Grass eiderやCoral eider。そしてFiskariinaやkuulas等々頭が透明なバードってマウスブローの吹き口の処理によってキラキラ感が変化するんです。個体差の大きいCoral eiderで気泡もギザギザも無いなんて、かなり美しい個体を入手したのですね。バードの出来で職人さんを想像したり。これもバードならではの楽しみですよね!
<< iittala Kivi 60... iittala Kivi 60... >>


タグ
カテゴリ
最新の記事
Alvar Aalto Co..
at 2017-04-30 14:50
iittala Birds ..
at 2017-04-26 05:57
ドイツでお花見*2017
at 2017-04-26 05:21
iittala kartio..
at 2017-04-15 07:20
BANANA THINGS ..
at 2017-04-14 21:38
TOKYO*2017
at 2017-04-06 05:56
わが家のiittalaな週末..
at 2017-02-12 17:25
以前の記事
最新のコメント
検索
記事ランキング
最新のトラックバック
Flowers in a..
from colonne sun
タッツァ・ドーロ(TAZ..
from ◆イタリア料理紀行◆ dal..
Sad song, sa..
from !!!!! 大佐日報 !!!!!
Loop nano (i..
from いいタイトルが決まらない(;..
DMTECH ホームシア..
from ホームシアター
ラヴェルのボレロ考
from 鎌倉スイス日記
ハリー・グレッグソン・ウ..
from - Harry Gregso..
最近のお気に入り♪
from SとMoとLiの関係
Dianne Reeves
from 今日のアルバム(JetCast)
ROMA---コーヒー(..
from たにしの江戸参り
お気に入りブログ
このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。