独逸より日々愛用しているお気に入りを・・・風の吹くままに、気の赴くままに。
by buckup
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
春色のkiviとバードたち
c0030570_793368.jpg
気温も一気に20℃まで上昇し、春爛漫といった感じの非常に気持ちのよい陽気だったこの週末。妻がKiviを春カラーに並び替えたのを機に、リビングのバードたちも春仕様に変更。
c0030570_7135376.jpg
何となく重々しい印象だった初春のKiviのカラーコンビネーション。それに合わせてBeach Kiwi(奥) & Rocky Kiwi(手前)みたいなちょっと渋めなバードが飾られていたんだけど
c0030570_7164399.jpg
春らしいパステル調のカラーコンビネーションのKiviに合うように、バードたちも春らしいカラフルな色使いのものを選んでみる。
春になると飾りたくなる、トイッカのバードたちの中でもカラフルさでは屈指のJewelled Kiwi & Eggに加えパステルカラーのPuffballたちも同時にディスプレイ。
c0030570_7214350.jpg
基本KartioもKiviも濃い色系が好きなんだけど、一年に一度、春だけはライト系のみのパステル調のカラーコンビネーションも悪くないと感じたり。
c0030570_7244839.jpg
窓辺には直射日光が透過するとキラキラと美しい、ターコイズブルーのKiikkuriとグリーンのRakatti、そして光源によってボディーの色を変えるアメジストのSieppoが飾られていたんだけど、パステル調の春色のKiviに対して色が濃過ぎて見た目のバランスが悪いという事でこの三羽は撤去(涙)。
c0030570_727178.jpg
色々なバードを取っ替え引っ替え窓辺に飾ってみたもののどれもしっくりこない。という事で我が家のリビングの窓辺の基本のバードともいえる、ペンティネンのSweet Liquorice(黒)とApple Pie(緑)を飾ってみたところコレが中々良い感じ。
c0030570_732574.jpg
窓辺から撤去されたキーックリは、リビング正面のAVラックの上へ移動。キーックリが我が家にやって来てから数ヶ月は、その圧倒的な存在感のために中々我が家に馴染まない感があってちょっと持て余し気味だったのが正直なところ。
しかしながら最近はようやく見慣れたのか(!)なんとなく我が家に馴染んで来たなぁーという感じはするものの、我が家のバードコレクションの中でも一番ディスプレイするのが難しいと感じる非常に難易度の高いバードである事は変わらない。
c0030570_7355765.jpg
ちなみにこちら、夜のキーックリ。基本リビングの天井のライトは灯さず、夜間は間接照明だけで過ごすのが普通なので、アップルグリーンのアアルトx4とセビリアオレンジのKivi 80mmでキーックリをライトアップ。
アアルトのティーライトホルダーってその独特な形状から連結させるのが非常に容易なので、クリア系のバードをAVラックの上に飾る場合このアアルトx4をバードの後方に設置してライトアップする事が多い。
c0030570_7411252.jpg
日本から帰って来てからずっとテーブルの上にはUgla & Owlet & Little tern lilac & wheaterにライトブルーとスカイブルーのKiviのコンビネーション。
c0030570_7405514.jpg
リビング正面のコーナーの白いStool 60の上には、これまた春になると飾りたくなる若草色のCommon Tealのmale & female。
c0030570_7494321.jpg
そしてリビングで一番バードたちが映えるライトキューブの上にはGreen LapwingとUnique Green Bird frostedが飾られていたんだけど
c0030570_753933.jpg
Harri Koskinenデザインの秘蔵(!?)フラワーベース・muotkaに真っ赤なチューリップが生けられたのを機に、他のバードには無い独特な美しさを醸し出す光り輝く透明系のバード・Hazel GrouseとMediator Doveをディスプレイ。
c0030570_80628.jpg
それに合わせるようにリビング後方Lanternと共に飾られていたWestern Marchも
c0030570_813132.jpg
透明なターコイズブルーのボディーとユニークなフォルムが特徴のBlue Magpieに変更。
c0030570_831284.jpg
こんな感じでリビング中のバードたちを春仕様に総取っ替え。一度にリビング中のバードを模様替えするってのは非常に珍しかったりする。
c0030570_875584.jpg
c0030570_882630.jpg
c0030570_885664.jpg
c0030570_893899.jpg
c0030570_8134322.jpg
c0030570_8122058.jpg

[PR]
by buckup | 2014-03-31 08:24 | Favorite。(283) | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://buckup.exblog.jp/tb/21921282
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by エセマダム at 2014-04-01 05:55 x
春!!!
ライト系のKiviはお日様の光がたくさん入ってくる季節にぴったりですね。
わたくしの好きなデザイナーさんが、フィンランドでは光で春を感じるのよ。っと言っていました。
このKiviたちはそんな事をふまえても、まさに春ですね♪
ま、わたくしは太陽の恩恵の強い日本で暮らしているので、夜に灯しても色の違いがはっきりわかる濃い色系が好きで、淡い色はほとんど持っていないんですけどね。笑
Commented by buckup at 2014-04-02 18:35
そう。まさに春!エセマダムさんお気に入りのデザイナーさんのコメント。本当にその通り。冬が終わり、春になると光が変わります。そして確かに日本で見るLittle Tern lilacとこちらで見るのでは色も印象も全然違くて。日本ではほぼ透明に見えたLittle Tern。こちらでは薄い藤色に輝いて見えます。国によって変わる太陽光によるガラスの色の変化。とても興味深いです。
<< iittala Birds b... 3月の花々 〜キッチン編 >>


タグ
カテゴリ
最新の記事
Alvar Aalto Co..
at 2017-04-30 14:50
iittala Birds ..
at 2017-04-26 05:57
ドイツでお花見*2017
at 2017-04-26 05:21
iittala kartio..
at 2017-04-15 07:20
BANANA THINGS ..
at 2017-04-14 21:38
TOKYO*2017
at 2017-04-06 05:56
わが家のiittalaな週末..
at 2017-02-12 17:25
以前の記事
最新のコメント
検索
記事ランキング
最新のトラックバック
Flowers in a..
from colonne sun
タッツァ・ドーロ(TAZ..
from ◆イタリア料理紀行◆ dal..
Sad song, sa..
from !!!!! 大佐日報 !!!!!
Loop nano (i..
from いいタイトルが決まらない(;..
DMTECH ホームシア..
from ホームシアター
ラヴェルのボレロ考
from 鎌倉スイス日記
ハリー・グレッグソン・ウ..
from - Harry Gregso..
最近のお気に入り♪
from SとMoとLiの関係
Dianne Reeves
from 今日のアルバム(JetCast)
ROMA---コーヒー(..
from たにしの江戸参り
お気に入りブログ
このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。