独逸より日々愛用しているお気に入りを・・・風の吹くままに、気の赴くままに。
by buckup
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
iittala Birds by Toikka -Butler
c0030570_14503785.jpg
モノトーンのストライプにピカピカの燕尾服をビシッと着込んだ堂々の風格の2000体限定の2014年の新作バード・Butler。
c0030570_1458406.jpg
c0030570_1458463.jpg
以前からずっとHeronってバードのデザイナーのトイッカ氏にとってお気に入りのバードなんじゃないかと思っていたんだけど、そのHeronをもとに、今までのバードには無い『執事』と『ウエイター』というバードを擬人化した新しいアイディアを盛り込んで発表された2014年の新作バード。

キラキラと光をよく反射するダークな燕尾服を模した羽にモノトーンのストライプのボディー。基本のカタチはHeronそのままなんだけど、今までのバードとは一線を画す独特な雰囲気を持つButler。
c0030570_1555094.jpg
今年発表された新作バードの中でまず目を奪われたのがこのButler。今までのバードには無いモノトーンのストライプ。ヌータヤルヴィのガラス職人さんたちが、ツツツーっとこのストライプを集中して真っ直ぐ描き出そうとしている様が目に浮かび、是非とも脚の先まで真っ直ぐキレイにストライプが描かれた個体が欲しいと思っていたところその希望通りの個体を入手。

正面から見ると向かって右側のラインが若干歪んでいるように見えるけど、不思議と左右から見るとストライプは真っ直ぐに見える(このバードは正面に向けて飾る事は殆どないのでこの程度の歪みはノープロブレム)。
c0030570_15124826.jpg
マーカーや筆で描けば何て事は無いストライプ。しかしながらこれをガラスでやるとなるとかなりの技術が必要な筈。
バードの制作動画なんかを見ると分かるんだけど、熱いガラスをカタチが歪まないようにキープするために常にガラスはまわしている必要がある。そんなで横ストライプの場合はくるくるとボディーとなるガラス玉をまわしていけば出来るんだけど(勿論コレもかなり高度な技術を要する筈)それが縦ストライプとなると話は別。
常に回しとかなければいけないガラス玉に縦線のストライプを描く。そんなで個体によってはこのストライプが斜めに入っていたり、足先が他の脚付きバード同様クルクルと巻かれていたり。そんな個体も勿論個性となり雰囲気の異なるButlerを幾つか購入前に見る事が出来たんだけど、僕的コダワリはやっぱり足先までビシッと決まったストライプ。そんなでこの個体の足先のビシッと真っ直ぐなストライプは一番のお気に入りのポイント(笑)。
c0030570_15384919.jpg
大きな台座の裏には手彫りで"O. Toikka Nuutajärvi 2014 XXXX/2000"の刻印。イッタラのロゴシールは裏面ではなく、表面に貼られている。この個体に刻印されている限定ナンバー174。ボックスには限定ナンバーは144と記されていているんだけど、見た目の感じから174じゃないかと思われる。またカタログ掲載の横幅110mmはこの台座の直径で、実際の尾の先からクチバシの先までは175mmある。
ちなみにこの脚。他の大抵の脚付きバードとは異なり、一体成形ではなく台座に本体をつけるというWillow Curlewと同じ作りなので実はココが一番脆い危険なポイント。衝撃を加えると本体と台座がキレイに割れてしまうので取り扱いの際は特に注意したい。
c0030570_15283874.jpg
Twitter上で「もしかしてButlerの背中はゴキブリの羽のような質感なのでは?」と疑念されたButlerの後ろ姿。確かに写真に撮ってみると、何だかギラギラと黒光りしてゴキブリの羽のように見えない事も無い(汗)。
c0030570_15313964.jpg
しかしながら実際にはButlerの羽というか燕尾服は黒では無くサンド。透明なサンドカラーの上に光を良く反射する銀色系のラスターがかかっていて、不規則な凸凹処理の施された表面の処理と相成って鉄のような質感。
c0030570_15345374.jpg
これは個体差だと思うけれど、我が家のButlerの羽の付け根は殆どクリアで、光を透過しないバードながらこの部分に直接光が当たると白いボディーに僅かながらサンドの影を作り出す。
またストライプの本体も、オパールホワイトのボディーに直接黒いラインが描かれているのではなくて、ホワイトのボディーの上に重ねられた透明のガラスに描かれているので直接光が当たるとストライプのラインがホワイトのボディーに影を落としとても美しい。
c0030570_15442547.jpg
頭部は金属的な輝きを放つ青銀色系のラスター。キリッと精悍な印象のクチバシは燕尾服と同じ、殆ど黒に見えるサンドにラスターのかかったもの。
c0030570_15441853.jpg
この頭部の形状と羽(燕尾服)のジョイントポイント、そしてストライプの入り方でこのButlerは大分見た目の印象が異なる。特に羽の付き位置によっては燕尾服をちょっとラフに着ているようにも見え、ストライプの入り方と相成って少々だらしない服装だけど憎めない、そんな愛嬌たっぷりの執事に見える個体もあったりする。
c0030570_15492621.jpg
ここでいきなり我が家の縦型バードの中でも最大級のUhuuとの比較。
Uhuuのカタログ値は高さ260mm。そしてButlerのカタログ値も高さは260mm。しかしながらUhuuは大きさとカタチに個体差があるようで、我が家のUhuuの高さは245mmしかない。そしてBulerはカタログ値よりも大きくて275mm。そんなで我が家のButlerはUhuuよりも頭一つ大きくて、かなり巨大な印象を受ける。
c0030570_15561158.jpg
そして我が家のHeron系バードとの比較。写真右からButler。真ん中の真っ赤なのは2013年のクリスマスの時期に発表されたフィンランド限定のDandy。そしてHeron。
我が家のHeronはカタログ値通りの高さ220mm。そしてHeronやWaiterとカタログ値上は変わらないDandyはかなり小さめで高さ200mm。TwitterでHeronとWaiter両方を持っている方から「Waiterの方がHeronよりも小さい」なんてコメントを頂いたので、ButlerとWaiterの大きさの関係的にはこの写真のような感じなんじゃないかと思われる。
c0030570_1662374.jpg
圧倒的な存在感。どの角度から見ても文句のつけようの無い格好良さ。執事という名を持つ、今までに無い試みのバードを擬人化する事によって得た他のバードには無い特別な雰囲気を持つButler。
その見た目のインパクトというか衝撃はかなりのもので、400種を超えるといわれるバードコレクションの中でもその存在感はトップクラスなんじゃないかと思われるとてもカッコ良い威厳のあるバード。
c0030570_16145888.jpg
Butler/Hovimestari
2014
Numbered 144(174?)/2000
-275x175mm





[PR]
by buckup | 2014-04-16 16:38 | Favorite。(283) | Trackback | Comments(18)
トラックバックURL : http://buckup.exblog.jp/tb/22013650
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by もも at 2014-04-17 06:51 x
かっこいいです!
Commented by qyu at 2014-04-17 14:22 x
ストライプを粋に着こなした執事さん♪
お給仕していただきたいです(笑)。
Commented by えんじぇる at 2014-04-17 17:31 x
ヤバイ・・・Buckさんの写真みてると、ほしくなる。。。いかんです。サギ系は好みなのですが、1体もいないので、集めないでおこうと思ってるのに。。かっこよすぎる。Butler!!    いや。いや。buckさんの写真だけで、我慢するんだ!するんだ!!するんだ・・・・・T◇T
Commented by Maruya Rumi at 2014-04-17 22:42 x
イイですねー、カッコイイですねー!!
なんだか執事というよりボス然としてますねー(笑)。
羽の色はサンドだったんですか。ブルー系×ブラウン系の色の組合わせが好きなので、頭部との色合いも非常にヨイです♪
本当にピシっと素敵な個体だと思います!
Commented by buckup at 2014-04-18 15:46
ももさん。何だかとてもかっこいいでしょう、この執事(笑)
Commented by buckup at 2014-04-18 15:47
qyuさん。オシャレでカッコ良い我が家の執事。我が家に雇い入れて以来中々良い働きをしてくれています(嬉)。
Commented by buckup at 2014-04-18 15:50
えんじぇるさん。サギ系。トキ系同様、とてもミステリアスな雰囲気がありますよね。あ、でもButlerの格好良さはキケン。写真で見ても十分カッコ良いけど、実物見たらそのカッコ良さとあまりの存在感に圧倒されて欲しくなる事間違い無し。というわけで、このバードに限り、買う決心がつくまでは実物を拝まない事をオススメします(苦笑)。
Commented by buckup at 2014-04-18 15:53
Rumiさん。そう、今までのバードには無い圧倒的な威圧感。そんな感じがボス的雰囲気を醸し出しているのかも。
羽の色は僕も実際手にしてみてビックリ。黒にも見えるけどサンド。サンドと言ってもラスターがかかっているからいぶし銅のようにも見えて。決して派手なカラーのバードじゃないのにとても目を引く。そんなアイキャッチャーなバードです、Butlerって。
Commented by よりた at 2014-04-19 07:47 x
待っていました!執事さん!!
素敵です。素敵すぎて、執事というより主のようです。
鳥として、そもそも鷺の造形が好き(あの、真面目なようで少しすっとんきょうな雰囲気)なので、お迎えしたい、お迎えしたいけれど、、、我が家に来たら、私がお仕えすること間違いなしです(苦笑)
これからも、色々なお写真に登場するのを楽しみにしています。
Commented by miracomomo at 2014-04-19 10:00
待ってました〜。カッコイイ!!
そして私も「もしやGっぽかったらどうしよう。」といらぬ心配をしておりました。(笑)
サギ系、数羽いるとますます良いですね〜。
真っ赤なDandyさんも素敵だな…。クリスマスなどにもピッタリな感じですね!!
Commented by よんり at 2014-04-20 10:13 x
こんにちは。
昨日発売となったButlerを、さっそくお店に見に行きました。
すごい存在感と美しさに、ビックリです。
その今までのバードと違う異質な存在感は、アメリカで限定販売されていたTACOMAバードの、Woodpeckerを手にした時の感じに似ていると思いましたよ^o^
2体見せてもらったんですが、buckさんのButlerほどには、
ビシッと足先まで真っ直ぐなストライプではなかったですよ~
Butlerは、あまりの高値の為に諦めもつきますが、
buckさんの素敵なDandyを見るたびに、真っ赤なイカした奴(
古っ!)が、
うちにも飛んで来てくれないかと、願うばかりです~(笑)
Commented by buckup at 2014-04-21 15:25
よりたさん。待望の執事。迫力満点、存在感アリアリでしょう。本当、巨体なので執事というかボスって感じです。でもね、この執事を見ているとイギリスのTVシリーズのダウントン・アビーの執事カーソンの姿が重なって。もしかしてトイッカさんもこのTVシリーズのファンだったのかな?なんて思ったり(笑)。
ちなみに執事、我が家ではとっても良い働きしてくれているけど勿論お世話しているのは僕。執事とはいえバードですからね。ちゃんと日頃のケアはしてあげないと(謎)。
Commented by buckup at 2014-04-21 15:27
miracomomoさん、お待たせしました。ようやく執事登場です(笑)。
意外とG疑惑持っている方多いのですね。こちらでは全く見かけないG。そんなでGに遭遇した時のあのスリリングな感覚、忘れていましたよ(爆)。
Dandyさん。リリースされた時から是非入手したいなぁーと思ったバードで。執事の主人としてとてもいい感じです。
Commented by buckup at 2014-04-21 15:33
よんりさん。凄い。実物見ても自制出来たのですね。あの圧倒的な存在感。初めて見た時は本当に久しぶりにおぉーと感嘆してしまいました。よんりさん、TACOMAバード何体かおもちですよね。羨ましい。僕はTACOMAには縁がなくて。良いバード揃いなんですけどねー(残念)。ウッドペッカーも一種独特なバードですよね。あの羽模様の美しさがたまりません。
Butler。ストライプの入り方で本当に印象変わりますよね。高価なだけに僕はストライプが美しく入っている個体にコダワリがあって。本当、うちの執事。僕にとってはMr.パーフェクトです(笑)。
Dandy。素敵ですよ(悪魔のささやき)。リリースされた当初は全然人気がなかったのに、イッタラヨーロッパのオンラインショップに登場した途端に完売。ナンバー無しだけど完売までの期間を見るとそれ程多くは作られていない筈なので、入手出来るうちに入手しとくのが一番かもしれません。
Commented by よりた at 2014-04-24 11:41 x
buckさん、ダウントン・アビー、ドイツでも観られるのですか?思わず反応しちゃいました(←そこ?笑)。
イギリスのTVドラマって面白いですよね。私はSHERLOCKにハマってます。ハマりすぎて、実はこの間の年末年始はイギリスに居ました。ジェレミーブレッドを超えるホームズは出てこないと思っていたのに、ベネディクト・カンバーバッチ凄すぎです。
執事って、日本だと何に相当するのでしょう。大奥総取締?違いますねぇ。。番頭さん?うーん。日本の時代物には出てこないポジション。そして、かの国には今でもいるのだから、面白いですね!脱線、失礼しました(笑)
そうそう、ロンドンの公園には本物のサギも沢山居まして、初めて、魚をとるため以外で動くサギや、サギの「正面」を見ました。正面から見ると、彼ら面白いです。横顔の方が絵になるというか…。バトラー氏のしましま、横からだとまっすぐ、というお写真を拝見して、やはりバードは横顔なのか?そしてオイバさんの中ではサギの首は畳まれている姿が標準なのか?と、なんだか楽しい気分になりました。
Commented by buckup at 2014-04-24 16:26
イギリスのTVドラマって、アメリカのと違って質が落ちないというか回を重ねても面白いですよね。アメリカのってはじめは凄く金も時間もかかっているようなんだけど、回を重ねるごとにつまらなくなってくるというか。
SHERLOCKは見てないなー。とても面白いようですねー。こちらでも普通にTVでやってるし入手も簡単なので見てみよう(笑)。

執事。日本ではそれほどポピュラーじゃないですよね。メイドはポピュラーなのに(笑)。執事って今でも存在する職業なんですよね。先日TVで執事学校のドキュメントを見ました。
トイッカのサギって実に写実的なんですよねー。この冬、サギが僕たちの住む川の近くの木に留っていた事が多くて。妻が「あれってうちにあるのにそっくり!」ってビックリしていました。結構うちの近くで多く見られるのですよ、サギ。さすがにガラスであの細い首を作るとなると大変なのであのカタチになったのでしょう、きっと。それにしてもトイッカ氏って良くあの首をたたんだフォルムを旨くとらえたなぁーと感心してしまいます(さすが世界のオイヴァ・トイッカ!)。
Commented by ひろひろ at 2014-07-10 18:33 x
先日ようやく執事さんの実物を見ることが出来ました♪
が。
あれれ?想像していたほど威風堂々&貫禄たっぷりじゃないかな???
どうやら事前にbuckさんのお写真を見ていたために耐性が出来ていたようです(笑)
2体見ることが出来たのですが、そのうち1体はストライプはよれよれ、背広の付け根もぐちゃっとしていて、「執事さん朝から二日酔いですかー!?」みたいな雰囲気で・・・やはり縦ストライプは相当に難しいのか、作った職人さんの腕の差がはっきり現れてしまうバードなのかな~と思ったことでした。
Commented by buckup at 2014-07-11 16:25
はじめて見た執事。衝撃的じゃありませんでしたか?僕はその大きさと貫禄に久しぶりにおぉーって思ってしまいましたよ(笑)。
執事は本当、ストライプの入り方によって印象がとても変わりますよね。うちの執事のようにビシッと真っ直ぐにストライプが入っていると厳格に見えるし、ストライプがヨレヨレだと、何だか愛嬌たっぷりのダメ執事(?)に見えたり。横ストライプよりも縦ストライプ、特に直線で真っ直ぐ入れるのは非常に高度な技術を要するのではと思っています。
<< iittala Birds b... バルコニーシーズン到来 >>


タグ
カテゴリ
最新の記事
Alvar Aalto Co..
at 2017-04-30 14:50
iittala Birds ..
at 2017-04-26 05:57
ドイツでお花見*2017
at 2017-04-26 05:21
iittala kartio..
at 2017-04-15 07:20
BANANA THINGS ..
at 2017-04-14 21:38
TOKYO*2017
at 2017-04-06 05:56
わが家のiittalaな週末..
at 2017-02-12 17:25
以前の記事
最新のコメント
検索
記事ランキング
最新のトラックバック
Flowers in a..
from colonne sun
タッツァ・ドーロ(TAZ..
from ◆イタリア料理紀行◆ dal..
Sad song, sa..
from !!!!! 大佐日報 !!!!!
Loop nano (i..
from いいタイトルが決まらない(;..
DMTECH ホームシア..
from ホームシアター
ラヴェルのボレロ考
from 鎌倉スイス日記
ハリー・グレッグソン・ウ..
from - Harry Gregso..
最近のお気に入り♪
from SとMoとLiの関係
Dianne Reeves
from 今日のアルバム(JetCast)
ROMA---コーヒー(..
from たにしの江戸参り
お気に入りブログ
このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。