独逸より日々愛用しているお気に入りを・・・風の吹くままに、気の赴くままに。
by buckup
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
iittala Birds by Toikka -Dipper
c0030570_6263042.jpg
独特な形状の頭部。独特な形状のボディー。400種以上のバリエーションがあると言われるトイッカのバードたちの中でも一種独特の1999年から2004年までの間つくられていたDipper。
c0030570_638107.jpg
Dipper。日本語名をカワガラス。日本をはじめアジア、アメリカ、ヨーロッパ、北アフリカに広く分布する水辺に生息する鳥。名前のDipperは水に潜って泳いだりするこの鳥の習性から付けられたとの事。*写真はWikipediaより拝借
c0030570_6403435.jpg
c0030570_6404356.jpg
光を透過しないブラックの頭部とクチバシ。光を透過する事によってブラックからブラウンへと変化するボディーに白い胸部。上のDipperの写真と見比べてみると実に旨くカワガラスの特徴を捉えた写実的なバードだというのがわかる。
c0030570_6443342.jpg
短くキュンと上を向いたキュートなクチバシ。そして一般的な半球体状の頭部をもつトイッカのバードと異なり、ゴツゴツと角張った特別な形状の頭部。この独特な形状を持つバードはDipperともう一つ、2006年に1500体限定でつくられたTacomaバードのSpotted Towheeしか僕は知らない。
c0030570_6484053.jpg
c0030570_6484770.jpg
半透明のブラウンのボディーと不透明のホワイトの胸部。ボディーのカラーは個体差があるようで、殆ど黒に見えるものからこの個体のように半透明のブラウンと様々。ボディーカラーの個体差は2012年の2000体限定バード・Festive Catcherのボディー色の違いに似ているような気がする。
c0030570_6521699.jpg
尾はクチバシ同様キュンと短く上を向いていて、中心にボディーカラーのブラウンを残す透明なもの。一見すると何の変哲も無い普通のトイッカのバードの尾に見えるけれど・・・
c0030570_6542522.jpg
光のあたり加減によって上の写真のようなぎっしりと詰まった極小の炭酸水のような気泡が現れる。
c0030570_6552994.jpg
c0030570_6554390.jpg
実はこの小さな小さな気泡。尾だけではなくボディー全体に入っている。個体によってはこの気泡がハッキリと見てとれるものだったり、我が家の個体のように光の加減によってその存在に気付いたりするようだけど、今まで少なくない数のDipperにこの気泡が確認出来ているので、ボディー全体に散らばる極小気泡ってのはこのバードのデフォルトなのかもしれない。
c0030570_703854.jpg
ボディーの裏には古いタイプのイッタラのロゴシールとサンドブラストによる"O.Toikka Nuutajärvi"の刻印以外は特筆すべき事は無い(笑)。
c0030570_74217.jpg
他のバードとは異なる独特な形状のボディーと頭の向きから、僕的には他のバードとのコンビネーションが非常に難しいDipper。そんなで我が家では他のバードと合わせる事は殆どない難易度の高いバードなんだけど、単体で飾った時の美しさは中々のもの。こういう特別な形状のバードって単体、もしくは同種を集めて飾るのが良いのかもしれない。
c0030570_7101190.jpg
Dipper/Koskikara
1999-2004 -140x70mm

[PR]
by buckup | 2014-05-13 07:14 | Favorite。(283) | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://buckup.exblog.jp/tb/22113918
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Maruya Rumi at 2014-05-13 16:12 x
本物のカワガラスも、ガラスのカワガラス(ややこしい笑)も可愛いですね〜。
尾の方をキュンと高く上げている姿は、濡れた体をふるふるっと震わせて水を弾いているようで、とても愛らしいです♪

ブラウンボディに炭酸のような細かな気泡…コーラとか黒ビールに見えてしまったのはここだけのハナシ(笑)。
Commented by hek at 2014-05-13 22:01 x
日本のカワガラスは全身真っ黒ですが、胸元が白いカワガラスもいるのですね。そしてSpotted Towheeの頭は確かに角ばっているなと思っていたのですが、Dipperも角ばっていたんですね!Dipperは写真でしか見たことがなかったので、知りませんでした。
Dipperのボディのこのこまかーい泡はControl bubbleとも違う感じですよね。同じ泡が我が家のFiskariinaにも入っているので、わざと入れているのか、入ってしまったのか・・・
Commented by buckup at 2014-05-17 21:36
Rumiさん。カワガラス、中々カワイイ鳥ですよね!まだ実際には見た事の無い鳥だけど、もしかしたらうちのそばにも居るのかも。
全体のシルエットといい、昨日の入ったボディーといい、特別な形状の頭部といい、小さいながらも他のバードとはかなり異なる印象のこのバード。それだけにデコするのが難しかったりします。

ははははは(笑)。確かにこのカラーに小さな炭酸はコーラとか黒ビールに見えますね!ビールは普通に飲むんだけど、黒ビールは一番好きだったりします(笑)。
Commented by buckup at 2014-05-17 21:44
hekさん。見ましたよー。このバード同様のシュワシュワの気泡入りのフィスカリーナ。格子模様の入りも濃く美しい個体な上に、他には無いアワアワな気泡入りとは本当に珍しい。
最近バードやガラス器を見ていた思ったんだけど、同じ大きさの気泡を等間隔に入れるコントロールバブル。そしてGolden DoveやIgluのように比較的大きめの気泡をランダムに入れる方法。そしてこのDipperのような極小の炭酸のような小さな気泡を入れる方法の3種があるようで。一度ガラス技法講習会見たいの受けてみたいです(笑)。

というわけでhekさんのフィスカリーナは試験的に気泡が入れられた個体なんじゃないかというのが僕の見解(笑)。
<< Alvar Aalto Col... iittala Kartio ... >>


タグ
カテゴリ
最新の記事
Alvar Aalto Co..
at 2017-04-30 14:50
iittala Birds ..
at 2017-04-26 05:57
ドイツでお花見*2017
at 2017-04-26 05:21
iittala kartio..
at 2017-04-15 07:20
BANANA THINGS ..
at 2017-04-14 21:38
TOKYO*2017
at 2017-04-06 05:56
わが家のiittalaな週末..
at 2017-02-12 17:25
以前の記事
最新のコメント
検索
記事ランキング
最新のトラックバック
Flowers in a..
from colonne sun
タッツァ・ドーロ(TAZ..
from ◆イタリア料理紀行◆ dal..
Sad song, sa..
from !!!!! 大佐日報 !!!!!
Loop nano (i..
from いいタイトルが決まらない(;..
DMTECH ホームシア..
from ホームシアター
ラヴェルのボレロ考
from 鎌倉スイス日記
ハリー・グレッグソン・ウ..
from - Harry Gregso..
最近のお気に入り♪
from SとMoとLiの関係
Dianne Reeves
from 今日のアルバム(JetCast)
ROMA---コーヒー(..
from たにしの江戸参り
お気に入りブログ
このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。