独逸より日々愛用しているお気に入りを・・・風の吹くままに、気の赴くままに。
by buckup
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
iittala Birds by Toikka -Long-eared owl
c0030570_52505.jpg
2015年の3月から数ヶ月間だけフィンランド限定で販売されていたグレーの透明なフクロウ・Long-eared owl。
c0030570_574713.jpg
c0030570_575367.jpg
c0030570_574011.jpg
全長200mm。直径115mm。フクロウ族最大にして全てのバードの親分的風格を持つUhuuのデザインをそのまま受け継いだ、今までに無かった新たなサイズのLong-eared owl。フクロウ族としてははじめてのグレーの透明なボディーにUhuu同様のオレンジ色の目と金属的な輝きを放つラスターの耳(一見すると眉毛のように見えるけど実は耳。笑)が特徴的なデザイン。
c0030570_5174259.jpg
Long-eared owlの一番の特徴とも言えるオレンジ色のまん丸な目。これはUhuu同様、オレンジ色のガラスの円盤に黒色の円盤を載せた造りになっているんだけど、何故か向かって右、左目の出来の悪い個体が多く。この個体に出会うまでに見て来た個体は何故かすべて左目の出来が悪過ぎて却下。
もしかしたら出来の良い個体には出会えないかもと思っていたところに出会ったこの個体の左目の出来に即決。一緒にいたエセマダムさんに「ええーバードってそんなに早く決めちゃって良いんですか?」と驚かれた程に左目の出来に納得しての即決だった。
c0030570_528135.jpg
最近気付いたんだけれど、青銀色のラスターのかかった耳に光が透過すると、ラスターの隙間から赤茶色に素のガラスが光るのがとても美しい(勿論コレは個体差がある)。
c0030570_5305912.jpg
左目の出来と共に即決の決め手となったのがボディーに流れる金色のスポットの入り方。この個体の透明なグレーのボディーには旨い具合に金色のスポットが斜めにバランス良くグルリと流れているので、前の流れと透ける後方の流れが美しくクロスしてまるで風に舞う枯れ葉をボディーに纏って見えるのがお気に入りなポイント。
c0030570_5524755.jpg
透明なボディーを持つバードだけに飾る場所の色や壁の色によってかなり印象を変えるのもLong-eared owlの特徴。この写真のように黒い壁を背景にすると、窓辺から見える青空や自然、一般的な白い壁を背景にした時とはかなり印象が異なる。
c0030570_5542093.jpg
また見る角度によっては置き場所の色も大きく反映されるので、上の写真と同時に撮った写真ながらも、上から見下ろす感じに撮影するとStool 60のハニー色に塗装されたバーチの色がボディーに反映されて全く違った印象に見える。
c0030570_16581432.jpg
また陽光が差し込む窓辺に飾ると、写真のように陽光を透過して美しい影をつくり出すのもクリアなボディーを持つLong-eared owlならではの美しさ。
c0030570_5355131.jpg
まぁ後ろ向きにこのフクロウを飾る人はいないと思うけど一応バックビュー。透明なボディーなので前面の目と耳が透けて見える。
c0030570_5375181.jpg
直径115mmの底面中央にはマウスブローの穴が開きっ放し。そして底面にはイッタラのロゴシールと“O.Toikka IITTALA"とサンドブラストで刻印されている。
フィンランド限定とはいうものの、個体数は限定されていないので限定数の刻印は無い。ただ販売されていたのが3~4ヶ月と短かったのでつくられた数はそれ程多くは無かったのかもしれない。
またフィンランド限定ではフィンランド語の名前しかついていない事が多いんだけど、英語名も併記されている事からもしかしたら後々レギュラーバードとして再登場する可能性もあるんじゃないかと僕は推測している。
c0030570_5441530.jpg
最近復活した顔を貼付けるタイプの第一期フクロウデザインの後に登場した大きな丸い目が特徴の第二期フクロウ。一番大きなUhuuから一番小さなLittle barn owlまで並べてみると大きさの違いはこんな感じ。以前はBarn owlとUhuuの間の大きさの違いがかなりあったんだけど、Long-eared owlの登場で旨い具合にUhuu族の大きさが5種揃った感じに。
c0030570_5581953.jpg
夏のフィンランド旅行で是非入手したいと思っていたバード・ナンバー1だったのがこのLong-eared owl。しかしながら個体差というか出来の善し悪しが非常に顕著なバードなのか、この個体に出会うまでに幾つか見た個体は僕的には全てアウト。良い個体には出会えないかもしれないと半ば諦めていた時に突然僕の目の前に現れ即決したこのLong-eared owlは、楽しかった夏のフィンランド旅行の思い出が一番多く詰まっている、僕にとって2015年を代表する事になるんじゃないかと思えるとても思い出深いバード。
c0030570_6155097.jpg
Long-eared owl/Sarvipöllö
2015
-200x115mm

[PR]
by buckup | 2015-10-23 06:19 | Favorite。(283) | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://buckup.exblog.jp/tb/24845156
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by エセマダム at 2015-10-23 06:53 x
早かったですよね〜。
それまで「うん」と言わずに見ていたbuckさんが、この時は、即効で買いますと言ったのでホント、ビックリしました(笑)
あれからトイッカのふくろうを見る度に目をチェックする癖が出来てしまいましたよ。
buckさん菌に侵されています(爆)
Commented by buckup at 2015-11-03 17:07
いやぁ〜我ながらあの即決は鮮やかでしたよね〜(苦笑)。でもね、本当このOwlには色々な思い出が沢山詰まっていて。てくてくと夏の気持ちよい田舎道をさまよい(?)フィンランド人たちの「近いよ」に驚かされ、ようやく到着したと思った目的地のショップは移転していてさらに歩いたり。このOwlを見る度にそんな楽しかった思い出が甦ってきます!

buck菌・・・繁殖力が強く放っておくと危険なので早めの対処が必要です(そうしないといつのまにかエセマダムさん宅もアッという間に鳥屋敷に。爆)。
<< わが家のiittalaな週末の... 秋の花とバードとリビング >>


タグ
カテゴリ
最新の記事
Alvar Aalto Co..
at 2017-04-30 14:50
iittala Birds ..
at 2017-04-26 05:57
ドイツでお花見*2017
at 2017-04-26 05:21
iittala kartio..
at 2017-04-15 07:20
BANANA THINGS ..
at 2017-04-14 21:38
TOKYO*2017
at 2017-04-06 05:56
わが家のiittalaな週末..
at 2017-02-12 17:25
以前の記事
最新のコメント
検索
記事ランキング
最新のトラックバック
Flowers in a..
from colonne sun
タッツァ・ドーロ(TAZ..
from ◆イタリア料理紀行◆ dal..
Sad song, sa..
from !!!!! 大佐日報 !!!!!
Loop nano (i..
from いいタイトルが決まらない(;..
DMTECH ホームシア..
from ホームシアター
ラヴェルのボレロ考
from 鎌倉スイス日記
ハリー・グレッグソン・ウ..
from - Harry Gregso..
最近のお気に入り♪
from SとMoとLiの関係
Dianne Reeves
from 今日のアルバム(JetCast)
ROMA---コーヒー(..
from たにしの江戸参り
お気に入りブログ
このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。