独逸より日々愛用しているお気に入りを・・・風の吹くままに、気の赴くままに。
by buckup
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
iittala Birds by Toikka -Unique Green Bird frosted
c0030570_17143930.jpg
一見すると殆ど黒にも見えるダークなグリーンのボディーに秘められた美しさを隠し持つちょっと特殊なUnique Green Bird frosted。
c0030570_1718353.jpg
トイッカのバードの中には極端に写真写りの悪いバードが幾つか存在する。そのうちのトップともいえるのがこのUnique Green Bird frosted。
というのもダークなグリーンのボディーを持つこのバード、暗いボディーカラーとマットなフロスト仕上げとが相成って日の当たらない場所では上の写真のように何とも地味で面白みの無いバードに見えてしまう。
c0030570_1725039.jpg
しかしながらこの一見地味なUnique Green Bird frostedは、光を透過するとその美しさが一変。豹変ともいえる程激しく見た目の印象が変化する非常に面白く美しいバード。
c0030570_17262219.jpg
c0030570_17262958.jpg
光を透過すると何ともいえない渋美しいグリーンに見えるフロスト仕上げのボディー。頭部は殆ど黒に見えるダークなグリーン。そして長いクチバシは落ち着いた色合いのオレンジ(ブラウン)。
c0030570_7343475.jpg
何故か"Green lapwing matt"と紹介される事の多いこのバード。実際にGreen lapwingと並べてみると全く異なるバードだという事がよくわかると思う。
c0030570_7435143.jpg
中型のGreen lapwingに対しUnique Green Bird frostedは全長27cmの大型バード。またGreen lapwingの特徴的なリボン6本に対しUnique Green Bird frostedのリボンは左右にそれぞれ一本づつ。尾の仕上げも異なり、こうして2体を並べてみると、Unique Green Bird frostedは決してGreen lapwingのフロスト仕上げ版ではないという事がわかると思う。
c0030570_748587.jpg
運良く箱入りで入手したUnique Green Bird frostedにはこの名が記載されていて"Green lapwing matt"とは記載されていない。あえてモデルとなったバードがあるとするならば、それは2001年にUPM-Kymmeneという製紙会社のためにつくられたバード・Outakyyhky。
Outakyyhkyを画像検索してみると、大きさもデザインもUnique Green Bird frostedと変わらない事がわかると思う(Outakyyhkyはいつか入手したいバード)。
c0030570_7541117.jpg
ボディーは梨地のフロスト仕上げ。爪を立てたり引っ掻いたりすると白いスクラッチが表面に残り消える事は無いのでフロスト仕上げのバードは扱いに注意が必要。
c0030570_7555678.jpg
ボディーの両サイドには一本だけリボンが入る。そして光を透過するとダークなグリーンのボディーが写真のような澄んだ深い湖のようなエメラルドグリーンに輝くのが本当に美しい。
c0030570_8165238.jpg
ボディー底面に続くリボンは底で繋がっていて、左右のリボンが一本である事が伺える。底にはイッタラのロゴシールに加え、確認するのが難しい程うっすらと"O.T. Nuutajärvi"と他のバードに比べても小さな文字で刻印されている。
c0030570_752914.jpg
光が透過するとかろうじてグリーンとわかる殆ど黒に近い頭部。そして落ち着いた色合いのブラウン系のヒュッと長いクチバシ。
また僕がこのバードの中で一番美しいと思う箇所なのが、光を透過した時に輪郭がうっすらとブルーに輝く首回り。どのようなカラクリでこのようなグリーンからブルーへ色が変化するのかはわからないけれど、この輪郭がブルーに染まる首回りの美しさは我が家のバードたちの中でも格別。
c0030570_7595722.jpg
尾も首回り同様ブルーの輪郭なんだけど、尾は光が透過しなくてもブルーとグリーンのツートンカラーだというのが確認出来る。これはもしかしたらグリーンの色ガラスの上にブルーのクリアガラスが被さってつくられている証なのかもしれない。
c0030570_813839.jpg
このUnique Green Bird frostedは、ここ数年は催されていない、フィンランドのイッタラ主催で春と秋の数日間だけ催されていたイベント・ユニークデイズで販売されたもの。ユニークデイズで販売されるバードの正確な数は不明だけど、限定ナンバー刻印無しでおよそ100体前後のバードが販売され、その多くにはユニークデイズにちなんだ"Unique"をバードの名前に含んでいるのが特徴。

ユニークデイズで販売されたバードって中々癖のあるバードが多いんだけどど、このUnique Green Bird frostedも典型的な癖ありバード。地味な見た目に隠された光によってガラッと印象を変えるUnique Green Bird frostedの一癖ある魅力と美しさはわが家のコレクションの中でも一際特別&お気に入りのバードの一つでもある。
c0030570_850380.jpg
Unique Green Bird frosted
2006
-150x270mm

[PR]
by buckup | 2015-11-06 09:09 | Favorite。(283) | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://buckup.exblog.jp/tb/24903511
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2015-11-17 23:13 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by buckup at 2015-11-19 17:37
鍵コメさん、コメントありがとうございます!

わかりますよ、わかります。その気持ち。多分同じようなモヤモヤ抱えているので、今回はきっぱりと購入を断念。何というか必死過ぎるというか、強迫観念というか、そういうものが漂っているようで雰囲気おかしいですよね。
天の邪鬼な僕は人が注目し過ぎると懐疑心を抱くというか冷めちゃう。まぁでもその中でも自分の心に響くコレだというモノがあれば周りなんて気にせずに直進しちゃうけど、今回はそれが無かったってな感じでしょうか。
基本、我が家のバードはレアだとか限定だとかの理由からじゃなくて、純粋に僕が気に入った個体だけを集めて来たから、これからもそのコレクションポリシーは変わらないと思います。

以前は現状に嘆いたりコレクション辞めちゃおうかなとか思った事もあったけど、今はマイペース。周りの騒ぎに左右されずに本当に自分の気に入ったモノだけに集中、そんな感じです(熱病のように盛り上がる誘惑に流されないのは非常に難しいんですけどねー)。
<< 水栽培日記 #1 iittala Birds b... >>


タグ
カテゴリ
最新の記事
Alvar Aalto Co..
at 2017-04-30 14:50
iittala Birds ..
at 2017-04-26 05:57
ドイツでお花見*2017
at 2017-04-26 05:21
iittala kartio..
at 2017-04-15 07:20
BANANA THINGS ..
at 2017-04-14 21:38
TOKYO*2017
at 2017-04-06 05:56
わが家のiittalaな週末..
at 2017-02-12 17:25
以前の記事
最新のコメント
検索
記事ランキング
最新のトラックバック
Flowers in a..
from colonne sun
タッツァ・ドーロ(TAZ..
from ◆イタリア料理紀行◆ dal..
Sad song, sa..
from !!!!! 大佐日報 !!!!!
Loop nano (i..
from いいタイトルが決まらない(;..
DMTECH ホームシア..
from ホームシアター
ラヴェルのボレロ考
from 鎌倉スイス日記
ハリー・グレッグソン・ウ..
from - Harry Gregso..
最近のお気に入り♪
from SとMoとLiの関係
Dianne Reeves
from 今日のアルバム(JetCast)
ROMA---コーヒー(..
from たにしの江戸参り
お気に入りブログ
このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。