独逸より日々愛用しているお気に入りを・・・風の吹くままに、気の赴くままに。
by buckup
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
プロテア
c0030570_1652554.jpg
昨年に引き続き晩秋になるとわが家のリビングに飾られる、威厳のある大型な花・プロテア。
c0030570_16542786.jpg
プロテア(Protea)。南アフリカ原産の花で南アフリカ共和国の国花にも指定されているシンボル的花。
c0030570_16562914.jpg
プロテアの一番の特徴と言っても良いのが爬虫類のウロコのようにキレイに重なる硬質な総苞片。ビシッと定規で引いた線のような造形がとても美しい。
c0030570_1711638.jpg
今回リビングに飾られたプロテアは総苞片が鮮やかなピンク色、そして花の部分がパステルピンク色の柔らかな毛糸のような見た目のもの。プロテアは115種近くあるそうで、花の色や形等結構バリエーションが豊富との事。
c0030570_1734154.jpg
ピンクのプロテアと白いアアルトベース・フィンランディア251mmに合わせたバードは白を基調としたWillow GrouseとValkyyria。アクセントに黄色いSieppo。カラーバリエーションが豊富なシエッポはこんな感じで色のアクセントとしても使える大きさなのがgood。
c0030570_1784843.jpg
ちなみにこの写真の白いプロテアが昨年はじめてリビングに飾られたもの。
c0030570_1793364.jpg
鋭角に伸びた総苞片が特徴的なこのプロテアはキングプロテアという種類のようで、今年のピンクのプロテアよりも更に威厳のある花だった。ちなみに今年のピンクのプロテアの総苞片は硬質なものなのだけれど、この白いプロテアの総苞片の表面は薄毛がビッシリと生えているような柔らかな質感だった。
c0030570_1713412.jpg
昨年のプロテアはドライフラワーでもかなりいけるとの情報をツイッターのフォロワーさんから頂いたのでドライフラワーに。
c0030570_17143626.jpg
枯れて尚凄まじいまでの存在感のプロテア。花持ちも良く見た目もインパクトがあるのでわが家のリビングに飾るのにとても適している。この時期妻の行きつけの花屋にプロテアが並ぶとでブーケにしてもらうので、プロテアはわが家の秋の定番の花となりつつある。
[PR]
by buckup | 2015-11-19 17:24 | 雑記。 (185) | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://buckup.exblog.jp/tb/24958053
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by なんだか神々しい! at 2015-11-21 01:19 x
初めて見た花ですが、不思議な魅力がありますね。畏怖さえ感じます!
それにしても、この存在感の花を違和感なく飾れる奥様の力量に感服です!
大きな花が苦手な私、カサブランカとか食べられそうな気がして、外で見るには美しいなあと引いた気持ちで見られるのですが、家に飾るのは勇気がいるんですよね。
でもこの白いプロテアは一度トライして見たいなあ…。といっても近所の花屋にあるかどうか謎ですが。
明日はお花を買いに行きたいと思います!
Commented by deu at 2015-11-27 13:57 x
こんにちは。
赤でまとめられたブーケ、プロテアがインパクト大ですが、不思議と秋らしい感じで素敵です!
251mmフィンランディアもぴったりですね。

アドバイスを参考に、結婚式でいただいた百合や小さなブーケをアアルトベースに飾ってみています。
まだまだですが、上達してきた気もして楽しくなってきました!
またベースが増えても広い心で受け止められそうです(笑)ありがとうございます♪
Commented by buckup at 2015-11-30 18:34
何だか神々しい!(HNかな?)さん。そう、とても押し出しの強い生命力と存在感のある大輪の花なのです。昨年はじめて見た時には「なんじゃこれ?」と思った程。特に昨年の白いプロテアは鳥のようなシュッとした造形で本当に美しかったでした。

デカい花。しかも未知の花だと何だか食人花のような恐怖を感じる感じわかります。花によっては本当に毒々しいカラーのものもありますよね。でも大丈夫。花屋に売っている花は人を食べません(爆)。というわけで未知の大きな花、是非お試しアレ!
Commented by buckup at 2015-11-30 18:38
deuさん。こんにちは!
とても良い感じに、しかも秋っぽくまとめてありますよね。さ〜すが妻の好みを知り尽くしてるフローリスとさんです(笑)。うちに飾られるブーケを作ってくれるフローリスとさん、本当にセンス良くて。今年のわが家の玄関に飾られているクリスマスリーフも彼女の作品です。

アアルトベース。どう使おう?とはじめは頭を悩ますけど、見た目程神経質でもなく、大雑把でもどーんと受け止めてくれる(?)花瓶だと思います。僕も妻もはじめは使い方に悩んだけど、今はバサッとラフにいけるのが実は一番アアルトベースには合っているんじゃないか、そんな事を良く話します、僕たち。
Commented by びゅーと at 2015-12-01 08:11 x
あれ?最初に入力した文章が名前のとこに入っちゃってました。汗。
びゅーとでしたー。
植物は不思議な造形のものがありますよね。
娘が保育園のお散歩の時に見つけたからと持って帰って来たランタナ?は、私の親指の先ほどの大きさなのにブーケのようで、感動しました。
植物が絶えないおうち、いいですね〜
Commented by buckup at 2015-12-03 08:32
あ、びゅーとさんだったのですねー!文体と内容から絶対この人から以前コメント頂いているし知ってる!とは思っては見たものの、HN欄に「何だか神々しい!」とか入っていたので少々警戒してしまいました(苦笑)。
本当、植物に限らず自然って本当に不思議な造形なもので溢れていますよね!娘さん、小さな小さなブーケを持ち帰ってきてくれるなんてとても優しいですねー♪ 
植物、特に花には本当に癒されています。精神的に一番まいっている時期に一年間花を絶やさずに飾って癒してくれた妻に心から感謝です。
Commented by びゅーと at 2015-12-04 07:20 x
相変わらずサザエさんな私です。笑。

今年は身内に不幸があり、辛い時期があって毎日を過ごすことで手一杯でしたが、娘の笑顔や寝顔が我が家をいつも明るく照らしていました。家族というのはありがたいですね。
buckupさん、何かお辛い時期があったのですね。
これからそちらは忙しいホリデーシーズンですね。
お体に気をつけて。奥様のお花とkiviやバードに癒されて素敵なクリスマスシーズンを!
Commented by buckup at 2015-12-05 20:08
本当、家族には癒されるし助けられていますよね。僕も最近しみじみと同じ事を感じます!
キツかったのは今年じゃなくて、ブログに1年間通して月ごとの『花のある生活』の記事をUPしていた2012~2013年頃。あの頃は体の調子も下り坂だったし精神的にもかなりキツかった。でも花とバードにかなり癒されましたねー。花のパワー、侮れません。

クリスマスまで本当にアッという間ですよね!明日にはアドヴェントキャンドルに二つ目の炎が灯り、アドヴェントも折り返し地点。この週末はプレゼント梱包しなきゃです!
<< 水耕栽培日記 #2 iittala Ultima ... >>


タグ
カテゴリ
最新の記事
Alvar Aalto Co..
at 2017-04-30 14:50
iittala Birds ..
at 2017-04-26 05:57
ドイツでお花見*2017
at 2017-04-26 05:21
iittala kartio..
at 2017-04-15 07:20
BANANA THINGS ..
at 2017-04-14 21:38
TOKYO*2017
at 2017-04-06 05:56
わが家のiittalaな週末..
at 2017-02-12 17:25
以前の記事
最新のコメント
検索
記事ランキング
最新のトラックバック
Flowers in a..
from colonne sun
タッツァ・ドーロ(TAZ..
from ◆イタリア料理紀行◆ dal..
Sad song, sa..
from !!!!! 大佐日報 !!!!!
Loop nano (i..
from いいタイトルが決まらない(;..
DMTECH ホームシア..
from ホームシアター
ラヴェルのボレロ考
from 鎌倉スイス日記
ハリー・グレッグソン・ウ..
from - Harry Gregso..
最近のお気に入り♪
from SとMoとLiの関係
Dianne Reeves
from 今日のアルバム(JetCast)
ROMA---コーヒー(..
from たにしの江戸参り
お気に入りブログ
このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。