独逸より日々愛用しているお気に入りを・・・風の吹くままに、気の赴くままに。
by buckup
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
iittala 2016
c0030570_1711128.jpg
気になるイッタラの2016年にリリースされる新製品情報。




c0030570_17115596.jpg
2016年はアルヴァル・アアルトがアアルトベースをデザインしてから80周年の記念の年。それを記念してレトロなニューカラー・エメラルドがリリース。アアルトベースは勿論、カルティオ、カステヘルミ(タンブラー&ボウル)、Kivi等2016年のガラス製品のニューカラーとしてエメラルドを使用したプロダクトが多数リリース。
c0030570_1717211.jpg
2015年下半期の新商品投入以来勢いのあるカステヘルミ。2016年は秋冬コレクションで加わったタンブラーに新色エメラルドをはじめ、レモン、サーモンピンク、レイン等の明るめの色が追加。また大容量で使い勝手の良いJarにもレイン、ライトブルーが追加。
新商品としてはライトグレーをはじめ多色で展開されるø35cmの円形トレーをはじめ、テーブルランナー、キッチンタオル、ペーパーナプキン、缶等2016年のカステヘルミには新商品が多数リリース。
c0030570_1738174.jpg
久々にカトラリーに新商品として登場するのが"Scandia"シリーズ。 新商品とは言うものの、このScandiaシリーズは50年代に圧倒的人気だったシリーズの復刻。デザインはフィンランドデザイン史の巨匠・カイ・フランク。
一見するとアンティークのようなデザインのScandia。でもよく見てみるとカトラリーのデザインはかなりモダンなんだけど、何処か懐かしいようなエレガント且つレトロな雰囲気がTeemaに良く合うような気がする。
c0030570_17482176.jpg
そして2016年のアニュアルバードは不透明なオレンジ色のボディーにラスターの首回りが印象的なElokuukunen。英語名はまだ正式に発表になっていないので正確にはわからないんだけど、RuddyDuckやHarvest Puffball’sなんて情報が流れている。
Kuulasと同じ色と思われるセビリアンオレンジに青銀系のラスターの首回り。クリアな頭部にラスターのクチバシと非常にシンプルなデザイン。
ココ数年非常にシンプルで地味目のアニュアルバードながらも値段は上昇続きと個人的には非常に残念な感じのしていたアニュアルバード。しっかしながら2016年は上昇どころではすまない激上げ高騰なその値段にビックリ。今年のアニュアルバードの値段は€445。
今年のLaklaが昨年の30%UPの€279でアニュアルにしては高いなと思っていたら、今年は予想の遥かに上を行く驚愕の€445。驚く事に2014年の2倍の価格。高価なトイッカのバードシリーズの中でも、一捻りがあって独特なデザインながらもお買い得価格がグッドなポイントだったアニュアルバードがこの価格ってのは本当に信じられないし、正直正規の価格では全く手が出ない(出す気が起きない)というのが正直なところ。この驚愕の高値が、世界的なバード人気の上昇による便乗的なものなのか、はたまたイッタラのキビシい台所事情による決断なのかは僕にはわからない。
c0030570_1864418.jpg
今年も750個限定のアニュアルエッグ。カラーリングとデザインはアニュアルバードに準じたものとなっているけど、エッグ全体にコントロールバブルが施された中々のデザイン。コントロールバブルが施されているところからイメージ的に2009年のアニュアルエッグ・Star of Raquelに近いのではないかと予想。値段はコチラもバード同様激上げの€390。
c0030570_18102960.jpg
c0030570_18103328.jpg
今までに無い新しいフォルムのバード・Anna&Mari。写真上のブラウン系の色のバードがAnna(245x245mm)母鳥で、下のイエロー系のバードが娘のMari(110x115mm)。この母娘バードの一番の特徴が、ケーキドームのようなフォルムのボディー。実はこのフォルムのボディーはこのバードたちが初めてというわけではなく、以前に特別なバードとしてAnna&Mari同様の空洞脚無しドーム状のボディーのキーックリが製作されている。そんなキーックリを見て良いなと思っていた僕的にはAnna&Mariは夢のようなバードたち。気になる値段はAnna€530、Mari €270と少々お高いけどアニュアルバード&エッグに比べればかなり現実的なお値段。


2013年来価格うなぎのぼりなバードのさらなる爆上げ価格はとっても残念だけど、来年も今年同様に魅力的な新商品を沢山投入するイッタラ。特にガラスの新色のエメラルドを実際に手にするのがとても楽しみ。ココで紹介した新商品はヨーロッパのイッタラショップで1月4日から発売されるとの事。

-Image source: iittala
c0030570_1912517.jpg
最後になりましたが、今年も一年、この拙い気ままなブログにお付合いくださいましてありがとうございました!

来年も今年同様に大好きなイッタラ製品のレビューを中心につらつらと気ままにこのブログを綴っていきたいと思っています。

日本は年越しまであと数時間。皆様良い年越し、そして新年を!

2015.12.31 buck
[PR]
by buckup | 2015-12-31 19:21 | 雑記。 (185) | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://buckup.exblog.jp/tb/25128449
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by びゅーと at 2015-12-31 22:44 x
カルティオのことを調べているうちにたどり着いたこちらのブログ。今年も楽しませて頂きました。ありがとうございます!
毎日バタバタ、イライラ、キリキリですが、その中で器や美味しいもの、好きな本(私は時代劇好きなんですー)に癒されることの大事さをしみじみ感じてます。
コメントのやりとりで、たくさん元気を頂いています。
来年もどうぞ宜しくお願いします!
今年は帰省せず自宅でのんびり紅白見てますよ〜。これから旦那様特製年越し蕎麦です!
Commented by Kaya at 2016-01-01 18:26 x
明けましておめでとうございます!!!
爆竹と花火で今年も年越しをしました(苦笑)やっぱり日本みたいな除夜の鐘が恋しかったりするこの頃です。
今年は(も??)、カステヘルミから目が離せないかもーですね。カルティオより頻繁に使っているのでレモン、サーモンピンク欲しくなりそうです(苦笑)レモンは、またお値段違うんだろうなぁー。。。。
私が割ってしまったアアルトベースは、持っているリオブラウンより濃いブラウンだったんです。あれもリオブラウンだったのかな?濃かったので本当に気にいっていたんですけどねーホワイトも使いやすそうなので大切に使っていきまーす。
今年も物欲を刺激する危険なブログ(笑)楽しみにしています。
Commented at 2016-01-09 21:14
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by buckup at 2016-01-19 18:58
びゅーとさん、遅ればせながら、今年も変わらず宜しくお願い致しますです!

まさに身を削る忙しい毎日。そんな中、好きなモノに囲まれる空間。好きな事をする時間というのは本当に大事だし癒しになりますよね!
流行に流されずに、自分が本当によいなと思ったモノだけを愛用していく。今年も変わらずそんな感じでいきたいなと思っています!

紅白&年越し蕎麦!日本の王道な年越しですね!年越しは体験出来なかったけど、今年は日本に正月を満喫出来た良い年の始まりでした♪
Commented by buckup at 2016-01-19 19:04
Kayaさん。今年もどうぞ宜しくお願い致します!

うちの愛犬、爆竹の音はビビって震えてしまう程苦手なんだけど、昨年のシルベスターはソファーで無事平穏に年を越える事が出来ました。除夜の鐘と年越し蕎麦。静かな新年。アレ、本当に恋しいですよねー。

カステヘルミ、今年も爆進!実は既にレインのタンブラーを入手したのですが、とても良い!あとセールになっていたクランベリーのジャー。コレ、佃煮とかちょっとしたもの入れるのに凄く良い!そしてクランベリーの落ち着いた色が食品の色を際立ててくれる感じでとても気に入りました!新作ではグレーのお盆が気になりますねー。まさかココに来てカステヘルミがこんなにスタイリッシュになると思っていなかったので昨秋から新作ラッシュは嬉しい悲鳴ですよね(笑)
Commented by buckup at 2016-01-19 19:15
鍵コメさん、はじめまして&ようこそ!

はじめてのコメント、中々勇気がいりますよね!そんな中コメント残してくれた事に感謝。去年の秋過ぎかな?たまたま鍵コメさんのブログを見つけて。
イッタラ系のブログって買いました報告的な記事が多い中、とても学術的(!?)に掘り下げている、そしてわからない事は即メールというフットワークの軽さに感動してツイッターの方で紹介させて頂きました。わからない事、疑問な事を掘り下げる鍵コメさんの姿勢。とても好きです!

アルファグリーンとクリスマスグリーン。寧ろ問題なのは現在クリスマスグリーンと思われている色こそがアルファで、クリスマスはアルファとは完全に異なる系統の色ではないのではないかという事。現在日本で一般的にクリスマスと思われている色とアルファにはそれ程色の差はなく、濃いか薄いかの違いだけ。当時のKivi。例えばライトブルーとスカイブルー。一見すると見分けがつき辛い程似ているけど、炎を灯すと炎の色が異なる。ソコがポイントだと思うのですよ。現在クリスマスと呼ばれている明るめのアルファとアルファと思われている暗めのアルファ。ソコを検証すると答えが見えて来るかも。

イッタラも昔は結構適当だったという話だし。コバルトも昔はブルーって名前で売られていたし。そんなでイッタラ自体も本当のところはよくわからないんじゃないかと思いますよ(笑)しっかしねーピンクとサーモンピンクみたいに違う名前で同じ色出されるとコレクターとしてはキビシいですよね(困)!
<< 2016年の幕開け 水耕栽培日記 #3 >>


タグ
カテゴリ
最新の記事
Alvar Aalto Co..
at 2017-04-30 14:50
iittala Birds ..
at 2017-04-26 05:57
ドイツでお花見*2017
at 2017-04-26 05:21
iittala kartio..
at 2017-04-15 07:20
BANANA THINGS ..
at 2017-04-14 21:38
TOKYO*2017
at 2017-04-06 05:56
わが家のiittalaな週末..
at 2017-02-12 17:25
以前の記事
最新のコメント
検索
記事ランキング
最新のトラックバック
Flowers in a..
from colonne sun
タッツァ・ドーロ(TAZ..
from ◆イタリア料理紀行◆ dal..
Sad song, sa..
from !!!!! 大佐日報 !!!!!
Loop nano (i..
from いいタイトルが決まらない(;..
DMTECH ホームシア..
from ホームシアター
ラヴェルのボレロ考
from 鎌倉スイス日記
ハリー・グレッグソン・ウ..
from - Harry Gregso..
最近のお気に入り♪
from SとMoとLiの関係
Dianne Reeves
from 今日のアルバム(JetCast)
ROMA---コーヒー(..
from たにしの江戸参り
お気に入りブログ
このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。