独逸より日々愛用しているお気に入りを・・・風の吹くままに、気の赴くままに。
by buckup
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
我が家のバレンタインデー@2016 & 春の花々
c0030570_23273632.jpg
今更だけど、今年もバレンタインデーに妻に贈ったバラの花束とバレンタインデーを前後して飾られた春っぽい花々の記録。
c0030570_23304857.jpg
今日は3月3日のひな祭り。2月14日のバレンタインデーは何だか遥か昔の事のように感じてしまう程2月は微妙に忙しかった。
c0030570_23324341.jpg
今年も毎年恒例の3本のバラをメインに花束を作って貰う。今年はダークな赤。普段は赤いバラを贈るのは何だか照れくさいんだけど、今年は不思議と赤っていう気分だったのでこのバラをチョイス。
そして今年の花束を作ってくれたのは、妻のお気に入りのフローリスとさんではなくて店長さん。僕と同年代のフレンドリーな店長さんもとてもセンスの良いブーケを作ってくれるんだけど、妻の好み的にはお気に入りのフローリスとさんの方がツボらしい。
c0030570_23353779.jpg
真紅のバラを飾った赤いカルティオベースの足下には夫婦鳥のように見える2013年のアニュアルバード・Mistle Thrushと同じ年にヌータヤルヴィ創立220周年を記念して220体限定でつくられた脚付きバードのFestive Mistle Thrush。それに加えスコープ念願のシエッポ復刻第1弾となった3種のシエッポよりクリアxクリアとクリアxセビリアオレンジ。
どちらかというと写実系のアニュアル夫婦鳥と、トイッカ特有のコミカルさが前面に出たデザインのシエッポって何となくあまりマッチしそうに無いんだけど、ガラスの輝きと美しさが前面に出るニュートラルなキラキラ美しいクリアなボディーのおかげでクリアなシエッポはどんなバードとも相性は非常に良い。
未だに購入可能のクリア。経済的余裕さえあったらもう5〜6羽程買い足したいと思ってしまう程に気に入っている。
c0030570_23451584.jpg
バレンタインデーに贈った真紅のバラをとても気に入った妻がバレンタインデー後にお気に入りのフローリスとさんに作って貰った花束。
一見する店長さんが作ってくれた花束と似ているんだけど、じーっくり見比べてみると、よりうちらしい(笑)というかリビングにより馴染む見慣れたフラワーアレンジって気がする。
c0030570_23493830.jpg
白いアアルトベース・フィンランディア251mmの足下には優雅で落ち着きのある佇まいのCurlewと氷で出来たようMediator Dove。
この2体はお気に入りのコンビネーションなんだけど、ライトキューブの電球をLEDに変えてから光量が強過ぎて透明なバードが白飛びして旨く撮れないのが悩みの種。実際にはこの写真よりも明るく格段に美しく見える。
c0030570_23571986.jpg
バレンタインデーの前に飾られていたのがクランベリーのRuutu 205x180mmに今年初となるチューリップ。
妻的には2月にチューリップはまだ早いって意見だったんだけど、1月からずーっとドンヨリ鬱々な日々が続いているので部屋の中だけはせめて明るくしたいと願いチューリップを早々と飾ってみる事に。
うちにはトイッカのフローラベースやコスキネンのMuotka等々チューリップを飾るのにとても適した花瓶が幾つもあるんだけど、このRuutoの205x180mmもチューリップを飾るのにとても適したカタチ。今年はチューリップをどの花瓶に飾るかで頭を悩ましそう(苦笑)。
c0030570_2355842.jpg
リビングのコーナーにはわが家の冬の定番のリンゴの枯れ枝。クリスマスを挟んで、大体11月から復活祭が終わるまではこのリンゴの木の枯れ枝が飾られるのが習慣となっている。
c0030570_045468.jpg
キッチンのテーブルの上に飾られた赤いAalto vase 95mmに飾られた紫色のヒヤシンス。ヒヤシンスは妻の好きな春の花。紫に緑に赤っていうカラーコンビネーションが中々良かった。ヒヤシンスの強烈な匂い(薫り)。僕は苦手なんだけど、毎年この匂いを嗅ぐと春っぽい気分になってしまう。
c0030570_07994.jpg
3月に入ってからも毎日毎日ドンヨリ鬱々真っ暗で寒い日々が続いているんだけど、散歩道にはクロッカスや水仙の芽が出始め、ネコヤナギの芽もふっくらとしはじめたりと自然も徐々に春へと向かっている。
今年の冬は暖冬なんて言われたけど、冬後半が典型的な真っ暗な冬の気候で本当にキツい。はやくこのしつこい(?)冬が去って暖かウキウキな春がやってくれば良いのにと絶望的に暗い空を見上げて願ってしまう毎日を過ごしている。
[PR]
by buckup | 2016-03-03 00:19 | 雑記。 (185) | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://buckup.exblog.jp/tb/25368340
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by kaya at 2016-03-04 00:58 x
赤のバラってドイツ人はよく買いますよねー(笑)私も貰うといまだに照れくさいです(笑)アレンジする人によって雰囲気違うものなんですねー。1月から続くグレーの空に私も気分がどんよりで、明るめの色の花を買っては気分転換しています。
今年は、窓辺のハイツングの上に花ではなくてkiviを置いてみたところかなりいい感じになり、エメラルドとセビリアオレンジを買い足しました(笑)持っていたイエロー、シーブルーと一緒に飾って一人にやけています(笑)
今年は、イースターも早いので春ももうすぐそこに来ているのでしょうー(っていう今日も寒いグレーの空でしたよね)
Commented by buckup at 2016-03-04 08:34
そう、ドイツ人って普通に赤いバラを買いますよね。僕もなんとな〜く赤いバラはキザっぽいし照れくさいので敬遠しがちです(妻も白バラが好きだし)。似ているんだけどアレンジでかなり印象変わりますねー。好みのフローリストさんが身近にいるってのは結構幸せな事だと思います。
Kivi良いでしょう(笑)。特に今みたいなドンヨリ鬱々な毎日には必需品。着々とkayaさんもKiviにはまっていってますね!そうそう、クリアがとーってもオススメ。クリアがあるとかなり色の繋がりが良くなりますよ、Kivi(クリアだけってのも凄くステキだし)!
今年のイースター早過ぎですよね。Pfingstenから夏休みまでの間が空き過ぎで仕事がキツくなりそうな予感(あー本当、春早く来て欲しいですよね。切実)。
<< iittala Birds b... Oiva Toikka -Fl... >>


タグ
カテゴリ
最新の記事
Alvar Aalto Co..
at 2017-04-30 14:50
iittala Birds ..
at 2017-04-26 05:57
ドイツでお花見*2017
at 2017-04-26 05:21
iittala kartio..
at 2017-04-15 07:20
BANANA THINGS ..
at 2017-04-14 21:38
TOKYO*2017
at 2017-04-06 05:56
わが家のiittalaな週末..
at 2017-02-12 17:25
以前の記事
最新のコメント
検索
記事ランキング
最新のトラックバック
Flowers in a..
from colonne sun
タッツァ・ドーロ(TAZ..
from ◆イタリア料理紀行◆ dal..
Sad song, sa..
from !!!!! 大佐日報 !!!!!
Loop nano (i..
from いいタイトルが決まらない(;..
DMTECH ホームシア..
from ホームシアター
ラヴェルのボレロ考
from 鎌倉スイス日記
ハリー・グレッグソン・ウ..
from - Harry Gregso..
最近のお気に入り♪
from SとMoとLiの関係
Dianne Reeves
from 今日のアルバム(JetCast)
ROMA---コーヒー(..
from たにしの江戸参り
お気に入りブログ
このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。