独逸より日々愛用しているお気に入りを・・・風の吹くままに、気の赴くままに。
by buckup
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
iittala Birds by Toikka -Puffball #3 cranberry
c0030570_15584415.jpg
2014年に真紅のレッドから落ち着いた暗めの赤のクランベリーへと色変更になった丸っこくて小さな可愛らしいバード・Puffball。
c0030570_1604753.jpg
以前はパステル系の明るめのカラーを中心に様々な色のバリエーションがあったPuffball。しかしながらそのカラフルなカラーバリエーションの殆どは廃盤となってしまい、残念ながら現在はホワイトとクランベリーを残すのみとなってしまった。
c0030570_1642466.jpg
c0030570_1643013.jpg
今までに全8色リリースされたPuffballの中でも一番新しい色がこのクランベリー。不透明の鮮やかな発色の丸っこいボディーにクチバシがシュッと伸びたクリアな頭部と基本のデザインはPuffballそのまま。
c0030570_167063.jpg
ヌータヤルヴィの工房が閉鎖となりイッタラの工場と併合となった際に、それまでの鮮やかな赤もクランベリーへと変更。これぞ赤という発色だったレッドに比べ、クランベリーは落ち着いた印象の暗めの赤。しかしながらこのクランベリー、レッド以上に発色の差がかなりあるようで、暗めの発色だと殆ど黒に近い非常にダークな色に。そして薄めの明るい発色だと朱色というかとても明るいオレンジ系の発色となるので購入の際には見比べて好みの発色の個体を見つけるのがとても大事だと思う。
c0030570_16121256.jpg
今回紹介しているクランベリーは、たまたまネットショップで50%オフとなっていたセール品を購入。ネットショップでの購入だったので、どんな個体が来るのかちょっとドキドキだったけど(在庫の個別写真を撮影してHPに掲載して売っているスコープのような親切ショップは世界広しといえどあのスコープだけの特別サービス。通常ネットショップでのバードの購入はくじ引きのようなリスクを伴う)届いた個体は程良い発色の個体でホッと一息。
箱から出して手の上に乗っけてみるとデカイし重いしなんだか見た目もわが家の他のパフたちよりも精悍でカッコイイ印象。というわけでわが家のパフたちの中でも一番大きなグレーと一緒に並べてみるとクランベリーの方が明らかに大きい。
c0030570_1617075.jpg
一番小さなライラックが全長64mm。それに対してクランベリーは驚きの95mm。こうして最小のライラック、クランベリー、パフよりも一回り大きな兄貴分のKuulas、そして本来ならこの場所には今年のアニュアルバードのHarvest Puffball(あまりの値上げに馬鹿らしくなってしまい未だに購入していない)が来るべき場所にはほぼ同じ大きさのWillow Grouse。
こうして並べてみると進化の過程というか小さなパフたちが成長していくようにも見えてとても愛らしい。
c0030570_16251896.jpg
クランベリーというよりもちょっと和のテイストが漂う渋い海老茶色のような発色のボディーと相成って、この個体の大きな特徴とも言えるのがシュッと非常に長いクチバシを持つ潰れた頭部。
c0030570_16252456.jpg
昔から潰れた平らな頭はカモ系と相場(!?)が決まっているトイッカのバード。というわけでパフボールってのはカモ系なのかな?とずっと思っていたんだけど、ここまで見事に平に潰された頭部を持つバードを見るのは本当に久しぶり。
横から見ると真っ平らな頭部だけど他の角度からは極普通の柔らかな丸い頭に見えるのが不思議。レッドよりも暗いクランベリーボディーに被さった頭部は殆ど黒に見え、またシュッとスポーツカーのように細長いクチバシはクリアに見えるので全体的にはとても精悍な印象を受ける。
c0030570_18472599.jpg
キュッと短い平らな半円形の尾はクランベリー色のクリアガラス。ボディーはオパールホワイトにクランベリーの色ガラスを被せているので全く光は通さないんだけど、尾だけはこんな感じで光を透過して美しい光と影を生み出す。
c0030570_18491579.jpg
小さなボディーの底にはお馴染みのイッタラのロゴシールにサンドブラストで刻印された"O.Toikka IITTALA"。
c0030570_18502228.jpg
我が家のパフ、大集合。12時の方向より時計回りに、ブラック、グレー、ホワイト、イエロー、ライラック、ピンク(厳密にはこのピンクはパフボールではない)、レッド、クランベリーの順。
c0030570_18514688.jpg
ホワイト、イエロー、ライラック、ピンクのパステル系とレッド、クランベリー、ブラック、グレーの渋系に分ける事の出来るパフ。パフは一羽より二羽。二羽より三羽と数が増えれば増えるほどカワイさ倍増。ただ決して安いバードではないので一気に集めるのはお財布に厳しい。なのでセールや廃盤決定後なんかを狙ってコツコツ集めるのがオススメ。
c0030570_18544430.jpg
オパールホワイトのガラスに発色の良い色ガラスを被せたのが一番の特徴のパフボール。明るい場所ではより鮮やかに。光の当たらない場所でもそれなりにボディーの色が見えるのが被せ(合わせ)ガラスの利点。
c0030570_18562152.jpg
トイッカのバードの中でも一番安価でバードの魅力をギュッと凝縮した入門バードのLittle tern。多くの人はパフボールの方が小さいのにどうして値段が高いのだろうと疑問に思うんじゃないかと思うけど答えは簡単。
赤い色ガラスを膨らませただけのLittle ternに対しパフボールは先にも述べたようにホワイトの地ガラスにクリアの色ガラスを被せているのでガラスの量も仕事量も倍なのがそのまま価格に反映。
c0030570_191383.jpg
日本では光を透過すると美しく輝くクリアなバードが人気のようだけど、光を透過しないバードもまた違う趣で美しいと思う(ちなみに光を透過しないバードは光が当たると光を反射して輝く)。
c0030570_1934471.jpg
ちょっとダークな渋い発色のクランベリーのパフボール。パステル系のパフたちとは異なる渋くてとてもカッコイイ印象の小さなバード。
店頭で幾つものクランベリーのパフを見てきた感じ、クランベリーは発色の違いがとても大きいので色味の異なるクランベリーのパフだけ3~5羽集めても面白いかもとか思っている。
c0030570_1955549.jpg
Puffball/Kuukunen
cranberry
2014~
-50x95mm

[PR]
by buckup | 2016-08-07 19:28 | Favorite。(283) | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://buckup.exblog.jp/tb/25880049
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< iittala Kivi 60... iittala Aroma i... >>


タグ
カテゴリ
最新の記事
Alvar Aalto Co..
at 2017-04-30 14:50
iittala Birds ..
at 2017-04-26 05:57
ドイツでお花見*2017
at 2017-04-26 05:21
iittala kartio..
at 2017-04-15 07:20
BANANA THINGS ..
at 2017-04-14 21:38
TOKYO*2017
at 2017-04-06 05:56
わが家のiittalaな週末..
at 2017-02-12 17:25
以前の記事
最新のコメント
検索
記事ランキング
最新のトラックバック
Flowers in a..
from colonne sun
タッツァ・ドーロ(TAZ..
from ◆イタリア料理紀行◆ dal..
Sad song, sa..
from !!!!! 大佐日報 !!!!!
Loop nano (i..
from いいタイトルが決まらない(;..
DMTECH ホームシア..
from ホームシアター
ラヴェルのボレロ考
from 鎌倉スイス日記
ハリー・グレッグソン・ウ..
from - Harry Gregso..
最近のお気に入り♪
from SとMoとLiの関係
Dianne Reeves
from 今日のアルバム(JetCast)
ROMA---コーヒー(..
from たにしの江戸参り
お気に入りブログ
このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。