独逸より日々愛用しているお気に入りを・・・風の吹くままに、気の赴くままに。
by buckup
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
iittala Birds by Toikka -Reed Warbler
c0030570_16133435.jpg
2014年に販売された夏季限定バード・Reed Warbler。
c0030570_16143964.jpg
c0030570_16144655.jpg
透き通るピンクのボディーに殆ど茶に見える青銀系のラスターの羽飾り。クチバシまで一体の頭部はクリア。これといって特筆するところの無い典型的なトイッカバードのデザイン。
c0030570_16593341.jpg
頭部はクチバシ一体成型のクリアガラス。ひゅっと伸びたクチバシの向きや細さや長さでかなり印象が変わる。
c0030570_1704970.jpg
わが家のReed Warblerは首のガラスがとても厚いので・・・
c0030570_1715159.jpg
c0030570_1715749.jpg
首のぶ厚いピンクのガラスがクリアの頭部に映り込み、見る角度によって宝石のようなとても魅惑的な色と輝きを放つ。
c0030570_1732643.jpg
トイッカのバードの中でも珍しいピンクのクリアボディーに光の当たり具合によっては青銀色に見えるラスター斑の羽飾り。しかしながらこのReed Warblerが店頭に並んだ当時物議を醸したのがボディーに散らばる金属的な輝きを帯びるラスターの羽飾り。個体によってはラスターの班がボディーいっぱいに付着してボディーのクリア感が殆ど失われる個体も少なくなく、ラスター多過ぎ!なんて声を当時よく聞いたのを覚えている。

でも僕的にはそんなラスターの班がぎっしりとボディーを覆う個体を見ることによって長年イマイチ疑問だったReed Warblerのようなボディーにラスター斑の散らばるトイッカのバードのデザインをようやく理解することに。
ボディーに付着するラスター斑は鳥の羽一枚一枚を表現していて、クリアなボディーならではのボディー反対側のラスター斑が透けることによって鳥の体を覆う羽を立体的にリアルに表現しているんだと気付き、それ以来Reed Warblerのようなクリアなボディーにラスターの班が散らばるバードはこれでもかって程班がボディーを覆う個体が好みとなっている。
c0030570_17131880.jpg
長くもなく短くもないこれまた典型的なトイッカバードの尾。
c0030570_1714498.jpg
ボディーの底にはお馴染みのイッタラのログシールにサンドブラストによる"O.Toikka IITTALA"の刻印。
c0030570_555446.jpg
基本のデザインはクリアの色ガラスにラスター斑の羽装飾がはじめて施されたバード・Pekkasiiniに準じているんだけど、Reed warblerはPekkasiiniよりもひと回り小さい感じ。わが家の個体はとてもずんぐりむっくりなので、Pekkasiiniと一緒に並べるとかなり丸っこく見える。
c0030570_5573043.jpg
大きさ的にはPekkasiiniよりもひと回り小さいRuby birdに近いけど、クリアの頭を持つReed Warblerはデザイン的にはやっぱりPekkasiiniに近い。
c0030570_624269.jpg
実はこのReed Warblerからバードの新価格がじわじわと上がり始め、Ruby birdとほとんど変わらない大きさだったのに値段はかなり高価だったこのReed Warblerには物欲が沸かず当時は購入を見送り。リリースから一年以上たった昨年の暮れに某ショップで50%引きセール+おまけでLittle Lilac Ternが付くという事でようやく購入。
最近では正直おこづかいでは購入出来る値段ではなくなってきているイッタラのバードの価格に心底辟易。今年も幾つか欲しいバードはあるもののあまりのバカ高価格に全く買う気が起こらず、20~30%オフですら購入意欲がそそられない現状。そんなで現実味の全くないボッタクリ価格とも言える今年のアニュアルバード&エッグはそんな理由から未だ購入していない(毎年アニュアルは楽しみにしていたので本当に残念)。
c0030570_6102342.jpg
丁度日本でバード人気が高まった頃に登場した光を透過する美しいクリアボディーの限定バードということで、このバードからコレクションを始めたなんて人も少なくないんじゃないかと思うReed Warbler。
限定バードやその年にだけ作られるアニュアルバードっていうのはリリースされた時には普通に購入出来るものの、その時期を過ぎると急に入手が難しくなる。このReed Warblerも当時はそこかしこで普通に目にしたバードだったけど、今じゃトンとお目にかからないバードとなってしまった。限定バードや廃盤バードってのは買う時期を旨く見極めるのが肝心なんだという事を再確認させてくれたのがこのReed Wabler。
c0030570_6184213.jpg
わが家のバードコレクションの中で昨年のアニュアルと共にイマイチ思い入れの少ない(多分イッタラの値段急上昇に納得していないのが理由なんじゃないかと思う)Reed Warblerなんだけど、この記事を書くためにじっくりと見直してみると、珍しいピンクのボディーの輝きが美しいバードなんだと再確認。確かに美しいバードなんだけどイマイチ思い入れが乏しい。
どうも昨年から値段爆上げのバードたちには以前程愛着が感じられないようになっているのが本当に残念。且つこのまま値段が上がり続ければ現実的じゃない価格のバードへの興味は薄れ何れバードコレクションからも手を引くような事になるんじゃないかと最近は思ったり。どうかこれ以上バードの価格が爆上げしませんよーに(となんだか最後はReed Wablerとは関係の無い〆となってしまった事に反省)。
c0030570_6414998.jpg
Reed Warbler/Viitakerttu
2014 Summer campaign
-140x210mm

[PR]
by buckup | 2016-08-31 06:48 | Favorite。(283) | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://buckup.exblog.jp/tb/25942041
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< iittala Birds b... わが家のiittalaな週末の... >>


タグ
カテゴリ
最新の記事
Alvar Aalto Co..
at 2017-04-30 14:50
iittala Birds ..
at 2017-04-26 05:57
ドイツでお花見*2017
at 2017-04-26 05:21
iittala kartio..
at 2017-04-15 07:20
BANANA THINGS ..
at 2017-04-14 21:38
TOKYO*2017
at 2017-04-06 05:56
わが家のiittalaな週末..
at 2017-02-12 17:25
以前の記事
最新のコメント
検索
記事ランキング
最新のトラックバック
Flowers in a..
from colonne sun
タッツァ・ドーロ(TAZ..
from ◆イタリア料理紀行◆ dal..
Sad song, sa..
from !!!!! 大佐日報 !!!!!
Loop nano (i..
from いいタイトルが決まらない(;..
DMTECH ホームシア..
from ホームシアター
ラヴェルのボレロ考
from 鎌倉スイス日記
ハリー・グレッグソン・ウ..
from - Harry Gregso..
最近のお気に入り♪
from SとMoとLiの関係
Dianne Reeves
from 今日のアルバム(JetCast)
ROMA---コーヒー(..
from たにしの江戸参り
お気に入りブログ
このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。