独逸より日々愛用しているお気に入りを・・・風の吹くままに、気の赴くままに。
by buckup
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
iittala Kivi 60mm -Turquoise blue
c0030570_22245558.jpg
以前はそれ程でもなかったんだけど、最近お気に入りで僕的評価赤丸急上昇中のTurquoise blue。
c0030570_22275197.jpg
2008年から2012年まで現役カラーだったTurquoise blue。
c0030570_22284077.jpg
現役当時はマリボウルやカルティオ等にも使われた一般的なレギュラーカラー。
c0030570_2230747.jpg
ターコイズブルーが現役だった当時はイッタラのガラスの青全盛時代。
c0030570_22305255.jpg
人気が高くインパクトの強いアクアブルー、ウルトラマリンブルー等に挟まれイマイチ人気も上がらずパッとしない印象だったターコイズブルー(写真は向かって右よりCobalt blue、Ultramarine blue、Turquoise blue、Aqua blue、Light blue)
c0030570_22364054.jpg
またよく混同されがちなのが現在も現役のターコイズ(写真右)。現役のターコイズは透過度の低い濃い色系。ターコイズブルーは透過度の高いライト系のカラーなので名前は似ているけど色を混同することはまず無い。
c0030570_2239697.jpg
上から見た時、または下から光を当て照らし出した時に多少リムの濃淡差はあるけど、基本的に発色はそれほど変わらない安定したカラー。
c0030570_22403527.jpg
イッタラの青系ガラスの中で僕が一番好きなアクアブルー(写真右)を濃くしたような、ギラギラ派手なライトブルーを落ち着かせたような、良い意味でとても地味で落ち着いた発色のターコイズブルー。
c0030570_2242062.jpg
ブルー系のオブジェと合わせたり
c0030570_22423265.jpg
ブルー系のKiviと合わせるのは勿論
c0030570_2243190.jpg
ターコイズブルーとクリアだけの組み合わせも透明感があってとても爽やか。
c0030570_22435079.jpg
基本とても落ち着いた色なのに他のブルーに比べると押し出し感が弱いというか控えめなのでどんな色とも自然と溶け込む。
c0030570_22462284.jpg
この記事を書くために写真撮影してたまたま気付く事ができたクランベリーとターコイズブルーのコンビネーション。自分では絶対にしない赤と青のコンビネーションなんだけど実際にこうして並んでいるとクランベリーとターコイズブルー両者の魅力が最大限に引き出されるとてもステキなカラーコンビネーションだったのにビックリ。
c0030570_22492717.jpg
今までは脇役的カラーでそれほど気にならなかったターコイズブルーに何故に今頃になってハマってしまったかというと、一番の大きな理由は光の加減によってガラリと変わる色の印象。日中明るい場所では透明感のある爽やかなブルーが・・・
c0030570_22512057.jpg
日が陰り出し辺りが暗くなったり、ドンヨリ絶望的な典型的な冬の暗い日にはとても深い落ち着いた碧色へと変化。
c0030570_22531146.jpg
夜のリビングの室内照明に照らし出されたターコイズブルーは、光源によって劇的に色を変化するライラックやアメジストの紫系から青系へと変化するガラスの青色に近い色になり
c0030570_22593077.jpg
暗い室内ではとても美しいブルーサファイアのような輝きに見えるのが最近僕がターコイズブルーにハマってしまった一番の理由。
c0030570_2322118.jpg
カラーバリエーション豊富なKivi。その中でも特徴的なカラーの多いブルー系の中でもほとんど目立たない脇役的存在だったターコイズブルー。
c0030570_233512.jpg
入手してからかなりの時を経てその美しさに気付くってのは僕的には非常に稀で、ある意味とても特別なカラーなのがターコイズブルー。
Kivi好きの皆さんも是非今一度ターコイズブルーと向き合ってその特別な美しさを再確認してみては(と珍しく馴れ馴れしく(!?)疑問系で〆てみる。笑)?
[PR]
by buckup | 2016-11-06 23:09 | Favorite。(283) | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://buckup.exblog.jp/tb/26127877
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ちゃちゃ at 2016-11-10 09:20 x
こんにちは。ずいぶん前にペンティネンの水色を購入検討しています、とコメントさせていただいた者です。
結局、キーックリやラカティ、シエッポ購入で買えずじまいです。店頭で見るたび悩むのですが。
コメント以来、ブログを拝見していたのですが、キビがたくさん並んでいる記事で、お聞きせずにはいられませんでした。私は裏のシールをはがしてしまっているので、さっぱり何色なのか分からなくなっているのですが、どのように色を見分けていらっしゃるのでしょうか。
Commented by buckup at 2016-11-11 17:39
ちゃちゃさん、お久し振りです!覚えてますよー。水色のCloud9の購入を悩んでいましたよね〜。でもキーックリ&ラカッティ、シエッポじゃ優先順位はコッチの方が先ですよね。縁あるバードは自然と手元にやってくるから大丈夫。もしもペンティネンバードがちゃちゃさんの来ることになるのだったら売れずにずーっと店頭でちゃちゃさんの事待ってますから(笑)。

Kiviの色名。忘れちゃいますよね(苦笑)。幸い僕、記憶力が比較的良いのとカルティオ全色を普段使いしているので名前は中々忘れないのです。それでも最近は歳のせいか(汗)名前があやふやになる時はダウンロードしてあるイッタラHPのKiviの色表で確認します。ただ暗い場所では色の確認が難しかったり、ペールピンクとスイートピンクやイエローとレモンなんかは色の区別に悩みます。色によっては「え?これ同色?」ってくらい色味が異なるものもあるのでKiviの色判別は非常〜に難しいです(困)。
Commented at 2016-11-14 14:28 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by buckup at 2016-11-28 18:52
メモしてもなくしちゃったり結局わからなくなっちゃったりなので一番確実なのは購入時に写真を撮る!だと思います。とは言うものの写真だとライトライラックとラベンダーの色の違いが上手く写し込めなかったりするのも難点(苦笑)。とにかくKiviの似た色は判別が難しいですよね(そんなで昔の色のアルファグリーンとクリスマスグリーンの判別方法があやふやだったり実際のスカイブルーはどんな色なのか?サーモンピンクとピンクは?なんて疑問がふつふつと湧き上がるのもKiviの大きな問題点)。

ポーラナイトオウル。あれは入手しておいて正解だと思います。バードによっては廃盤になった途端に入手がすごく難しくなるバードってのがあるんだけど、ポーラナイトはきっとそんな欲しいけど見つからない貴重なバードになる薫りがプンプン漂っています(笑)。高いけど、気になるようだったら♂も早めに確保しておいたほうが良いかも(オスはボデイーが光を半透過するのでコレまたとても美しいのです⇦完全に悪魔の囁き)。
そしてマリボウルもカラーバリエーションが多くて困った存在ですよね!レッドとクランベリー。意外に見分けつくかな?と思うけど、最近の発色の良いクランベリーのカステヘルミタンブラーを見たら意外に見分けが難しくなってきているかもって思いました。初期のクランベリーはドス黒いので直ぐに判別つくんですけどね。まぁでもちょっと謎ってくらいの方がガラスは調べる楽しみや観察する楽しみがあって面白いかもとか思いますです(完全にガラスマニアな発言。汗)。
Commented by ちゃちゃ at 2016-12-12 22:35 x
こんばんは。ポーラナイトオール、ちょっと個性的な個体なようで手が出せたという次第です。
そして、本日Cloud-9をとうとう購入しました。そのお店が今月で店じまいということで、もう飾るところもないから最後だからねと、決断してきました。当時の定価のままで売られているようで良心的なんだろうなとも。これで我が家には必要十分に鳥も群れました。
Commented by buckup at 2016-12-14 09:16
ポーラナイトはちょっと個性的な個体の方が面白みがあるような気がします。しっかし残念ですよね〜あんな素敵なフクロウが早々に廃盤とは。これ絶対に数年後に人気のバードになりますよ!
やっぱりCloud-9入手出来たのですね!な〜んとなくだけど運命的にCloud-9はちゃちゃさんのところに来るような気がしてました(笑)。トイッカバードとはまた違う独特な魅力あふれるバードでしょう、ペンティネンバードって。今復活したら絶対売れると思うんだけど、復活はしないでしょうね〜。ペンティネンシリーズも廃盤してしまってとても残念なラインです。

最近のバードの価格沸騰尋常じゃないですよね。今年のアニュアルの価格にあんぐりしていたのに来年はさらに価格アップ。正直もうついて行けない価格なのでアニュアルの収集は今年から諦める事に。数年後入手しやすい価格の中古品が出てくる事を待つ事にします。それにしても高すぎだよなぁ〜来年のアニュアルバード(怒)!
<< Alvar Aalto Col... Höganäs Tea pot... >>


タグ
カテゴリ
最新の記事
Alvar Aalto Co..
at 2017-04-30 14:50
iittala Birds ..
at 2017-04-26 05:57
ドイツでお花見*2017
at 2017-04-26 05:21
iittala kartio..
at 2017-04-15 07:20
BANANA THINGS ..
at 2017-04-14 21:38
TOKYO*2017
at 2017-04-06 05:56
わが家のiittalaな週末..
at 2017-02-12 17:25
以前の記事
最新のコメント
検索
記事ランキング
最新のトラックバック
Flowers in a..
from colonne sun
タッツァ・ドーロ(TAZ..
from ◆イタリア料理紀行◆ dal..
Sad song, sa..
from !!!!! 大佐日報 !!!!!
Loop nano (i..
from いいタイトルが決まらない(;..
DMTECH ホームシア..
from ホームシアター
ラヴェルのボレロ考
from 鎌倉スイス日記
ハリー・グレッグソン・ウ..
from - Harry Gregso..
最近のお気に入り♪
from SとMoとLiの関係
Dianne Reeves
from 今日のアルバム(JetCast)
ROMA---コーヒー(..
from たにしの江戸参り
お気に入りブログ
このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。