独逸より日々愛用しているお気に入りを・・・風の吹くままに、気の赴くままに。
by buckup
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
iittal Birds by Toikka -Rosalinda
c0030570_16462625.jpg
2016年にいきなりの復刻を果たしたとても美しいバード・Rosalinda。
c0030570_16475717.jpg
c0030570_16481040.jpg
真っ白なボディーに舞う真紅のバラの花びら。Rosalindaは名前の如く一目でバラをイメージしたバードだということが伺えるデザイン。
c0030570_16505488.jpg
青銀系のラスターの金属的な輝きが美しい特徴的なRosalindaのクチバシ。力強く太く短い円錐形の大きなクチバシがRosalindaの可憐なボディーに絶妙にマッチ。
c0030570_1654323.jpg
光を透過するクリアなクランベリーの頭部。典型的な半球型の頭部だけど、2000年代初頭のバードのようなちょっと歪なつくりの為絶妙に光を屈折して透過。不透明なボディーと相成ってとても美しい輝きと真紅の影をボディーに落とす。
c0030570_16572713.jpg
ロウソクの柔らかな灯火を透過して美しく輝く夜のRosalindaの頭部。光を透過しない大きなボディーを持つRosalinda。光源であるティーライトホルダーをボディーで隠す事が出来、光を透過するクランベリーの頭部だけロウソクの灯火で美しく照らし出す事ができる。
c0030570_17203189.jpg
Rosalindaの光を透過する頭部とボディーに舞う真紅のスポットはクランベリーという事なんだけど、見た目的にはガーネット的のような印象を受ける。でもこうしてクランベリーとガーネット(写真右)のKiviと一緒に並べてみるとやっぱりクランベリーなのがとても良くわかる。
c0030570_1704294.jpg
Rosalindaの一番の特徴とも言える清楚な白いボディーに舞う真紅のバラの花びらのような羽模様。パールホワイトのボディーを覆うクリアガラスにクランベリーのガラスを砕いて出来た濃淡のあるスポットを全身に纏ったRosalinda。ボディーに舞うクランベリーのスポットはダークなものから明るめのもの、ラスターのかかった金属的な輝きを帯びたものまで様々。この真紅のスポットの大きさや数がRosalindaの印象をとても左右する。
c0030570_1744431.jpg
白いガラスの上に被せたクリアガラスに舞うRosalindaの美しい真紅のバラの花びら。クリアガラスに纏ったクランベリーのスポットが白いボディーに落とす影がRosalindaのボディーをより立体的に演出しとても美しい。
c0030570_1773510.jpg
真紅のバラの花びらと共にRosalindaの美しいアクセントとなるのがサンドのガラスで形成された羽を表現したボディー横のライン。
とても薄い発色のサンドのガラスの上に薄くラスターが乗っているようで、光の加減によって虹色に見えるのがとても美しい。
c0030570_1793412.jpg
ボディーサイドのサンド&ラスターの羽は尾に被さり反対側のボディーまで一筋の帯のように被さっている。最近のバードではあまり見ないデザインだけど、最近のバードだと頭に特徴のある真紅のRed Cardinalが同じデザインの羽を持つ。
c0030570_17125930.jpg
ぎゅーんと伸びる典型的なトイッカバードの尾。中身(!?)のホワイトガラスは尾の付け根で途切れ、尾はクリアガラスとクランベリーのスポットだけなので光を透過して美しい影を作り出す。またラスターも被さっているので見る方向によっては虹色にも見えるとても美しいお気に入りのポイント。
c0030570_17153823.jpg
ボディーの底にはお馴染みのイッタラのロゴシール+サンドブラストによる"O.TOIKKA IITTALA"の刻印。
もともとはフィンランド限定。その後アメリカ限定。そして日本でも売られることになった『限定』バードのRosalinda。限定とはいうものの数量限定ではないのでボディーには限定ナンバーは掘られていない。また最近の限定バードの刻印は手彫りではなく味気の無いサンドブラストによる均一な彫りなのがちょっと残念。
c0030570_17235411.jpg
自然光に照らし出される清楚なイメージのRosalindaも美しいけど・・・
c0030570_17244611.jpg
薄暗い夜のリビングでロウソクの光に照らし出されるRosalindaがとても好み。鳥なので色っぽいという言葉が適切かどうか悩むところなんだけど、薄暗いリビングで揺れる柔らかなロウソクの灯火に照らし出される夜のRosalindaは昼とは違う美しさを身に纏う。
c0030570_1728959.jpg
2007年に数日間だけ開催されたユニークデイというヘルシンキのイッタラのイベントでのみ販売されたRosalinda。オリジナルのRosalindaは復刻に比べると全身を覆うスポットが小さめで全身がピンクの斑らに見えて全然好みじゃなかったんだけど、今回の復刻は正直美しい&欲しいなと思い入手。
c0030570_1731649.jpg
真っ白なボディーに舞うような真紅のバラ色のスポットがとても好みで入手したこの個体。個人的にはスポットが大きめで少なめの方が好みだったので、この個体は僕的にはまさにジャストフィット(!?)。
c0030570_17331655.jpg
テーブルの上に飾るの丁度良い大きさ。モダンでスタイリッシュな印象にリフレッシュされたRosalindaはとても洗練された印象で飾り易く、また他のバードとの相性も非常に良い2016年のスマッシュヒット的な存在のバード。
c0030570_17353475.jpg
Rosalinda
2016 Limited
-100x180mm

[PR]
by buckup | 2016-11-28 18:11 | Favorite。(283) | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://buckup.exblog.jp/tb/26185878
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< わが家のAdventskerz... Alvar Aalto Col... >>


タグ
カテゴリ
最新の記事
Alvar Aalto Co..
at 2017-04-30 14:50
iittala Birds ..
at 2017-04-26 05:57
ドイツでお花見*2017
at 2017-04-26 05:21
iittala kartio..
at 2017-04-15 07:20
BANANA THINGS ..
at 2017-04-14 21:38
TOKYO*2017
at 2017-04-06 05:56
わが家のiittalaな週末..
at 2017-02-12 17:25
以前の記事
最新のコメント
検索
記事ランキング
最新のトラックバック
Flowers in a..
from colonne sun
タッツァ・ドーロ(TAZ..
from ◆イタリア料理紀行◆ dal..
Sad song, sa..
from !!!!! 大佐日報 !!!!!
Loop nano (i..
from いいタイトルが決まらない(;..
DMTECH ホームシア..
from ホームシアター
ラヴェルのボレロ考
from 鎌倉スイス日記
ハリー・グレッグソン・ウ..
from - Harry Gregso..
最近のお気に入り♪
from SとMoとLiの関係
Dianne Reeves
from 今日のアルバム(JetCast)
ROMA---コーヒー(..
from たにしの江戸参り
お気に入りブログ
このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。