独逸より日々愛用しているお気に入りを・・・風の吹くままに、気の赴くままに。
by buckup
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
<   2007年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧
Seamaster120 1st Generation
今日は久しぶりに覗いた旧友のHPが更新されていたのが嬉しくて思わずコメントしてきました。旧友というのは、僕のオメガコレクション、特にスピードマスターの収集に多大な影響を及ぼされたしその道では非常に有名なユニティさん。ユニティさんの厳しく的確な審美眼から学ぶ事は非常に多く、ユニティさんの鑑定のおかげで幾つかの貴重なレアモデルを入手したのも今は昔。最近の僕はめっきり時計収集の道からは遠ざかっているのが現状です。しかし今日はそんな訳で久しぶりに時計のお話でも。。。

時計収集からは遠ざかっているとはいうものの、勿論これまでに収集した時計は現状維持で保有していますし、毎日欠かせない日常品としてコレクションの時計を使用しています。ココ数日ずっと使っているのが今日のお題の時計・Seamaster120。これは僕のコレクションの中でも一番の箱入り娘で、実際に使用するのは2〜3年ぶり!?というほどの秘蔵っ子。何故かココ数週間、どうしてもこの時計を使いたい衝動に駆られていたのでした。
c0030570_2053488.jpg
そもそもこの時計、製造されたのは僕が生まれるよりも数年早い1969年製造。勿論スイスのジューネーヴのオメガ工場生まれ。その後遥か遠くのイスラエルに出荷され、僕の手元に来たのが確か2002年の夏。遥か遠くのイスラエルから届いたこのシーマスター、まさに30年の間酷使されてきましたという感じの、ボロボロな状態でした。文字盤はまるでミイラのように干涸び(?)当時は鏡面仕上げだったであろうケースも擦り傷により曇り、勿論ベゼルもボロボロ。しかし中の機械・オメガ社製のCal.565に施された赤金メッキは当時のままに輝いていましたし、時計自体の精度も外装からは想像もできないほどしっかりとしていました。

ちょうどこの時期、オメガのレストア部門に深い興味を持っていた僕はこのボロボロなシーマスターをフルレストアする事を決意。スイスのオメガ本社にこの時計を送りつけたのでした(勿論諸処の書類や連絡後に。笑)。
直ぐに時計を受理、入金確認(先払いなのです。オメガのレストアは)の手紙が届き、さぁあとはレストア完了するのをゆっくりと待つだけと思っていました。が、しかし、3ヶ月経っても4ヶ月経ってもオメガからは何の連絡も来ません。さすがに心配になってオメガ本社に連絡したところ、補修用の文字盤が本社には無く(オメガには膨大な数の当時の文字盤もあるそうですが、すべてのモデルではない。近年は補修用にあらたに古いモデルの文字盤が多数新造されているようです)リフレッシュを施しているとの事(要はリダン。文字盤を新しく作り直す事)。しかしその後待てども待てども時計は僕の手元には戻ってこずに連絡もなし。
もはや待ちくたびれレストアの存在すら忘れていた頃(というのもこの頃は希少なスピマス赤金モデルの探索に余念がなかった)にドイツの国境税関から一通の手紙と振り込み用紙が届きました。このいきなりの高額な納税通知は何じゃらホイと思い税関に連絡してみると、それは「スイスはオメガ社からの小包でこの小包は明らかに関税の対象だから税金を振り込め。振り込まない場合は送り主に送り返す。」という内容でした。これはそもそも僕自身の既に所有している物を修理に出したのだから、本来は税金を払う必要は無かったのです。がしかしこちらの不備で「この時計が僕のものであり修理に出す旨」を証明する書類を提出するのを忘れていたのでした。落ち度は確実に僕にある訳ですから、高額な関税を泣く泣く納税したのを覚えています。
c0030570_2241338.jpg
さてレストアから戻ってきたシーマスターを見て思わずニンマリ。まるで新品を購入したかのような仕上げにまずは大満足。オメガ本社からはレストアの際に取り替えたパーツも一緒に送り返されて来またのですが、換装され取り払われた腐食した古いオリジナルの文字盤を見て思びっくり。インデックスは勿論の事、日にち表示の窓枠、そしてシーマスターなどのプリントされたロゴまでもが新しい文字盤に移植されていました。マニア心をくすぐる至れり尽くせりのリストアに、オメガのこだわりを垣間見た気がしました。

レストアからかえってきた新品同様のコンディションのシーマスター。その後は普段使いにはあまりにも勿体なくて(日本人ですね〜。笑)お蔵入り。基本的にオートマティクのデイト付きは使い続けないと日付合わせなどが面倒なのももう一つのお蔵入りの原因でしょうか。
しかし久しぶりに使ってみると、スピマスより一回り小さく軽量なケースの装着感の軽快さ。また現在、多くの時計に使用されているETA製のムーブメントとは似ても似つかない静かで軽いロータリーの巻き上げ(ETA独特の「ギュルンギュルン」などのローターの巻き上げ音や感触は皆無)などなど、これがまた中々使い心地の良い時計なのをこの数日で再確認しました。
これからのシーズン、普段使いのローテーションに参加間違い無しの軽快な時計です。


※Seamaster120 1st Generationについて詳しくはこちらをクリック
[PR]
by buckup | 2007-05-30 20:27 | 時計。 (17) | Trackback | Comments(2)
新カテゴリー・「Essen&Trinken」
このブログを開設してから約2年半。ブログの題名通り、実に気ままにノラリクラリと更新してきました(前々回の更新の前は6ヶ月以上もお休みしていましたし。汗)。ここらでテコ入れといいますか新しいカテゴリーを追加しようと思い立ちました。思い立ったが吉日。その新カテゴリーとはその名も「Essen&Trinken」。ドイツ語で「飲食」。この新カテゴリーでは食に関する記事、僕らが愛用のキッチン用具の紹介から簡単なレシピやドイツの食などを紹介していきたいと思います。
c0030570_620168.jpg
どうして今頃新カテゴリーかといいますと、それは何といっても生活の変化。2年半前に此のブログを始めた頃は僕もまだ独り者でしたが、昨年からは奥方との2人暮らし。二人暮らしになって何が一番変わったかというと、やはりそれは何といっても食生活の充実。独り者の時には面倒で簡単なものしか作らなかったり、それこそ忙しい時などには「ご飯」に「ふりかけ」で済ませたり。。。しかし二人で住み始めてからは「食」と「住」にかける割合は格段に向上。良いのか悪いのか毎日しっかりと食事を採るようになりました(勿論体重も増加。汗)。
しかし悲しいかなうちの奥方は、食にこだわりのない典型的なドイツ人。勿論あったかご飯に漬け物のうまさも、すき焼きに生卵の最高のコンビネーションも理解する事はきっと一生ない事でしょう(涙)。

またドイツの食生活というのは日本の豊かでバリエーションに富む手の込んだものとは似ても似つかぬ実に単純で質素なもので、特に典型的なドイツ人家庭の朝食及び夕飯は、こちらで俗にいう「Kalteessen(冷たいごはん)」といい、手もかからず台所も汚れないパンにハムやソーセージ(それにジャムなども)という実に簡単なものが毎日食卓を飾る訳です(これもたまになら美味しいんですけどね。。。さすがに毎日だとキツいっす)。20年以上三食、母の愛情のこもった暖かい日本のごはんを食べて育った日本男児にとってこの典型的な単調なドイツ飯は毎日じわじわと続くささやかな拷問のようなもの。そんな訳で我が家では僕が食べたいものは僕が台所に立ち作るというのが普通。幸いな事に台所に立つのも料理をするのも苦ではなく我が家では時間とやる気のあるもの(ココがポイント!)が台所に立つのが暗黙の了解となっています。しかし食生活という生活の基本ともいうべきところにまさか国際結婚の落とし穴(?)若しくは壁がそびえ立っているとは夢にも思わなかったのが正直なところです。

まぁこんな事情でうちの台所用品は僕ら二人が厳選したお気に入りのものばかり。そんなお気に入りのキッチン用品の紹介から僕らの料理までを、時々気ままにこのカテゴリーに更新していきたいと思います。
[PR]
by buckup | 2007-05-30 07:00 | Essen&Trinken。(175) | Trackback | Comments(2)
我が家のバルコニー事情@2007
さてさてコンピューター抜きの生活をしていたおよそ2ヶ月。いったい何をしていたかと申しますと、実は昨年4月の入居以来放置されていた我が家のバルコニーを「町一番快適な場所にしよう計画」を実行に移しておりました。というのも僕らが住む辺鄙な片田舎には、都会では一般的な週末のブランチをとれるようなオシャレなカフェなど毛頭存在しないからなのです。(あ〜切ない田舎暮らし。涙) 
昨年の入居時には新しい家具や生活用品に散在しなければいけない状況で、折角のバルコニーまでには手が回らなかったのが実情でした。そのため我が家のバルコニーは約一年間虚しくも混沌とした物置と化していたのでした。。。また今年は例年にないほどの暖冬に引き続き、とても安定した夢のような気候だったドイツの春。折角の素晴らしい気候なのに、なにも室内で朝食をとるなんてあまりにももったいない(典型的なドイツ人的思考)じゃぁないかという奥方の意向によりこの度、プロジェクト「快適なバルコニー」が突如として発令されたのでした。(笑)
c0030570_23352931.jpg
まずはバルコニーの床面。本来のうちのバルコニーはタイルばりで、いままではバルコニーに出る時にはサンダルが必要でした(砂っぽいのととにかく素足だと冷たい)。僕としてはバルコニーには裸足で出たいという点はどうしても譲れなかった(!?妙なこだわりです)ので、いわゆる日本でいう「スノコ」をチョイス。余った場所には砂利をしくことを提案。この砂利敷きには奥方、大変懐疑的(ドイツではあまり目にすることはない)でしたが、じっさいに完成すると奥方、とても気に入っていました。僕としてはどこか少しでも「和」のテイストを入れたかっただけなのですが、この目論見は大成功。そして角には僕の管轄の紅の薔薇の鉢(薔薇をどうしても自分で育ててみたかったのです)を配置。バルコニーの良いアクセントとなっています。
c0030570_23584645.jpg
何もない辺鄙な片田舎の町といっても僕らが住むのは1000年以上の歴史を持つ町の中心地。昔のドイツの町づくりは今のように余裕を持った作りではない、超密集建築。という訳でうちのバルコニー、お隣のバルコニーに隣接。しかも目の前には隣家の大屋根が眼前に広がる好立地(!?)。プライバシーの確保のために蔓が上にのびるクレマティスを植えました。夏には良い目隠しになってくれることでしょう。その他の可憐な花々は奥方のチョイス。農村の庭先のような質素な感じがグッドです。
c0030570_0214197.jpgc0030570_022762.jpg
隣家の隣接する大屋根側には秋まで花の咲く吊りコンテナと、これまた正面のプライバシー確保のためのブッシュを植えました。このブッシュはまだまだ背も低いのでこれからに期待といったところです。
c0030570_991265.jpg
そしてバルコニーの中心には折りたたみ式のテーブルを配置。猫の額ほどの狭い我が家のバルコニーを最大限に生かすために折りたたみ式のテーブルをチョイス。通常の二人用のカフェテーブルはまさにカフェとケーキ皿を乗せたら一杯になってしまう大きさのものがデフォルトですが、僕らが選んだテーブルはしっかりと32cmの大皿を2枚おいてもまだ余裕のあるサイズ。天気の良い日の食事は勿論の事、ブログのアップやコンピューターでの作業、植木作業などもこのテーブルでこなせる優れものです。
c0030570_1016851.jpgまた気温の高い日にはテーブルを折り畳み、今年の僕の誕生日に奥方からプレゼントされた素敵なデッキチェアーを広げ、そこでネットサーフィンや読書に耽る事ができます。

二人が座ってしまえばそれで一杯になってしまうような小さな小さなバルコニーですが、僕らの「快適な場所にしよう計画」は実を成し実に快適。お隣が羨むような都会的(?)なバルコニーライフを送っています。
しかし悲しいかな昨日を最後に今週一杯は氷雨の降り続く悪天候。やっと花開いた植木たちも一時暖かい室内に避難(何でも今日は山間部では雪だった模様)。当分はブログも読書もリビングへと逆戻りです。あ、ドイツでは決してお目にかかれない「てるてる坊主」でもバルコニーに吊るし、晴天を願ってみるのも良いかもしれませんね。(笑)
[PR]
by buckup | 2007-05-28 23:53 | 雑記。 (185) | Trackback | Comments(0)
Good-bye TOSHIBA... HELLO Mac!!(1)
終わりの日は何の前ぶりもなく突然やって来た。


昨年12月にモニター不調の修理後、何の問題もなく作動していた東芝ノートブック・M30X-134。12月の修理を最後に2年間の保証も終了。それなのに2月の終わりのある日、僕の東芝ノートブックはいきなり寂しげな「ヒュ〜ン(下がり気味の擬音)」とともに昇天してしまったのでした。

このいきなりの動作に焦った僕は、まずバッテリーを抜き、電源を入れ直し。ホッ。いつも通りに起動の際に作動するうるさいファンがまわりじゃぁないですか!しかし喜びもつかの間。いくら待っても毎日見慣れたWINDOWSのブート画面は現れずにモニターは真っ黒のまま。これで判明したのはきっとこの東芝は二度と目覚めないであろうということ。
c0030570_142344.jpg
その後はコンピュータに強い奥方が、昇天してしまった東芝からHDを取り出しまずは中身が無事であることを確認。というのも、東芝がいきなり逝ってしまってと同時に10000枚以上の僕の撮り貯めた大事なデジカメデーターやその他諸々の重要書類、ブログ&HP関係の資料を失うかと思うと半ば半狂乱に殆ど泣きべそ状態でしたから。。。その後のHDを取り出してUSBでつないだ時に再会することができた懐かしい(大袈裟。汗)データを見た時は、思わず涙ぐんだものです。

という訳で重要データーのバックアップをした後にノートブックを専門に修理するお店に直行。とりあえず何が原因でブートすることができないのかを検診して頂くことになりました。このとき奥方からは「たぶんマザーボードが壊れたんだよ。もしそうなら最悪だね。」と半ば確信的なアドバイス(?)を受けていました。 予定では2日。しかし実際にお店から連絡が来たのは待つこと2週間後。そして検診の結果はやはりマザーボード破損とのこと。お店からは「マザーボード交換には最低でも600ユーロ。このノートにこの値段をかけて修理するのはバカらしいと思うよ。」との言葉。僕らももちろん修理に600ユーロなんてとんでもない額を払うのなら、新しいノートブックを買った方が良いと考えていました。

検診料40ユーロを支払い壊れたノートブックを受け取ったときに思わずお店の人に我慢しきれずに今までの僕の東芝ノートブックに対する不満を告発。
「この東芝、本当最悪ですね。購入時に電源と冷却ファンの不調で2回交換。その後すぐにやはり冷却ファンとUSB端子の不調(結局これは最後までちゃんと動作しなかった)で一度目の入院。その後電源系の不調で修理に出すと、マザーボード交換。そして昨年暮れにモニターにいきなり緑の縦線が現れモニターを交換したばかりだったんですよ。僕日本人でずっと日本の東芝を使用することに誇りを持っていたし、東芝の売り文句そのまま信頼して東芝を使っていたのに、このノートブックの品質の酷さにはつくづくうんざりです。3度修理に出して2ヶ月後にまた故障なんて。。。」
と嘆いていたところ、「既に1回マザーボード交換していて、さらにまた壊れるってのは尋常じゃないから、事情を東芝のサポートに話せば東芝の方で無償で修理してくれるかもしれないね。2年間に3回修理ってのは多すぎる。」とのこと。早速うちの奥方が勿論ネイティブなドイツ語で東芝サポートの方へと問い合わせのメールを書いてくれました。
c0030570_3151021.jpg
これまた待つことおよそ2週間。いつもの如く突然の東芝からの返答メール。それは勿論「保証が切れている以上当社では無償修理はできません。修理が必要なら有償で承ります。」との味も素っ気も情けもない内容のメール(当然このような内容のメールが来ることは予想していた)。

そんな訳で3代、6年以上にわたって使用してきた東芝に別れを告げ(今回で本当にドイツにおける東芝製品にはコリゴリ。多分ドイツでは二度と東芝製コンピューターを使用することはないでしょう。。。残念無念)無念な今回の2年にわたった東芝ノートブック奮闘記にも終止符を打ち、新たなコンピューター探しがはじまったのでした。(つづく)
[PR]
by buckup | 2007-05-22 22:23 | Digital。 (23) | Trackback | Comments(8)


タグ
カテゴリ
最新の記事
erster & zweit..
at 2017-12-11 20:15
Alvar Aalto Co..
at 2017-04-30 14:50
iittala Birds ..
at 2017-04-26 05:57
ドイツでお花見*2017
at 2017-04-26 05:21
iittala kartio..
at 2017-04-15 07:20
BANANA THINGS ..
at 2017-04-14 21:38
TOKYO*2017
at 2017-04-06 05:56
以前の記事
最新のコメント
検索
記事ランキング
最新のトラックバック
Flowers in a..
from colonne sun
タッツァ・ドーロ(TAZ..
from ◆イタリア料理紀行◆ dal..
Sad song, sa..
from !!!!! 大佐日報 !!!!!
Loop nano (i..
from いいタイトルが決まらない(;..
DMTECH ホームシア..
from ホームシアター
ラヴェルのボレロ考
from 鎌倉スイス日記
ハリー・グレッグソン・ウ..
from - Harry Gregso..
最近のお気に入り♪
from SとMoとLiの関係
Dianne Reeves
from 今日のアルバム(JetCast)
ROMA---コーヒー(..
from たにしの江戸参り
お気に入りブログ
このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。