独逸より日々愛用しているお気に入りを・・・風の吹くままに、気の赴くままに。
by buckup
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
<   2015年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧
iittala Birds by Toikka -Lakla
c0030570_15403454.jpg
鮮やかなグリーンのボディーに燻し銀のような金属的な輝きを放つ羽模様が印象的な2015年のアニュアルバード・Lakla。
c0030570_15422967.jpg
c0030570_1542358.jpg
光りを透過する鮮やかな発色のグリーンのボディー。金属的な輝きを放つボディ両サイドの羽模様。美しく輝くブルーの頭部とラスターのかかった力強いシルエットのクチバシ。2015年のアニュアルバード・Laklaは誰が見ても美しいと思うであろうとてもバランスの良いバード。
c0030570_15461234.jpg
c0030570_154621100.jpg
光りを透過するとキラキラと宝石のよう輝く頭部はシーブルー。頭の付け根、首の部分のギザギザなボディーのマウスブローの吹き込み口が透明なシーブルーの頭部に乱反射してとても美しい。
c0030570_15491853.jpg
新作バードとしては久しぶりの採用となった円錐形の太くて力強いシルエットのクチバシ。わが家のLaklaの金属系の輝きを放つ青銀系のラスターのかかったクチバシに光りが透過すると、写真のようにラスターの隙間から赤っぽい光りが透過するのが美しい。
c0030570_621561.jpg
非常に発色の良い、鮮やかで深みのあるボディーのグリーンはエッグ同様今までのバードのガラスの手触りとは異なる、まるでビニールが表面にかかっているかのようなとても独特な手触りと質感。
c0030570_644631.jpg
このLaklaのボディの緑が異なるのは手触りだけではなくその色。
c0030570_6233231.jpg
今までのトイッカのバードのグリーンとは明らかに異なる発色と透明感。とても濃い色なのに非常にクリア。
c0030570_6111091.jpg
こうしてわが家のグリーンのバードたちと並べてみると一目瞭然なんだけど、既存のグリーンとは完全に異なる非常に深いダークだけど鮮やか且つクリアなのがこのLaklaのグリーン。
c0030570_6145982.jpg
c0030570_615821.jpg
独特な模様の入る羽の装飾も銀色のラスターというわけではなく、エッグ同様にいぶし銀の上に赤錆、もしくは銅のようなカラーの混じるとても独特なもの。
c0030570_6245269.jpg
尾は一般的なトイッカのバード同様、ペンチでググッと引っ張って成形したお馴染みの形状。わが家のLaklaはこの尾が立派で長いのがお気に入りのポイントの一つでもある。
c0030570_6261595.jpg
ボディー下の刻印は非常に薄く、また字体も今までのサンドブラストのキッチリとした刻印ではなく手書き風。お馴染みのイッタラのロゴマークのシールに"O.Toikka iittala 2015"の刻印。
c0030570_6304130.jpg
エッグの紹介でも書いたけど、正直今年のアニュアルバードとエッグが昨年の暮れに発表になった時に、あまりのシンプルさと普通さにがっくししてしまったんだけれど、その後値段が発表になってさらにがっくし。
イッタラがほぼ毎年値上げするのは既に恒例となっているので値上げは覚悟はしていたんだけれど、今年のアニュアルバードは去年の値段と比べると30%アップ。あまりにも高価過ぎる、しかしながらデザイン的にも技法的にもそれ程凝らされているようには見えないLaklaに購買意欲は沸かず。
c0030570_6344685.jpg
そんな折にたまたま出張先でぶらっと入ったショップで出会ったのがこのLakla。今まで見て来たLaklaやそのショップにあった在庫よりも一回り大きく堂々とした風格のあるこのLaklaに一目惚れ。しかも全店在庫25%オフというセールだったのも購入に大きく貢献(笑)。
イッタラ刻印になってからの明らかにカタログサイズよりも一回り小さい、お値段アップ&容量減量の昨今のバターみたいなバード商法に疑問を抱いていただけに、この他の個体よりも大きくのびのびとした容姿のLaklaはある意味驚きでもあり、それが購入に至った一番の大きなポイントだった事は間違い無い(ちなみに持ち上げてみると拍子が抜ける程軽いエッグに比べ、このLaklaはズッシリとかなり重い)。
c0030570_6543997.jpg
Lakla
Annual Bird 2015
-245x150mm

[PR]
by buckup | 2015-07-28 07:01 | Favorite。(282) | Trackback | Comments(4)
夏の花々
c0030570_14552758.jpg
7月のわが家を彩ってくれた花々。
c0030570_14565975.jpg
例年は朝晩ヒンヤリ高原の避暑地のような気温のドイツなんだけど、今年は久しぶりに本格的な夏到来。日中の気温も37℃、日が暮れても短パン&Tシャツで歩いていても汗ばむなんて日が続きドイツというよりはイタリアやスペインって感じの今年の夏。
7月の初めには青々とした葉と色とりどりの花を咲かせとても美しかったバルコニーの花々も、照りつける強烈な日差しと激しい夕立と強風によってかなりの被害を受ける(残念)。
c0030570_1521157.jpg
あまりの暑さに切り花は花持ちしない&花屋にも新鮮な花が少ないという事で、リビングのいつもは花が飾られているライトキューブの上には観葉植物。切り花のような華やかさは無いけど、夏場はこういう感じも悪く無い。
c0030570_1543274.jpg
とはいうもののリビングに花が無いというのも彩りに欠けるので、リビングのセンターテーブルの上にささやかながらも花が飾られ続ける。
c0030570_156792.jpg
使用されているのはわが家に新しく加わったiittalaのRuutu Vase 115x180mm grey。花瓶というよりはガラスのオブジェ的要素の強いRuutu。最近になってようやくわが家でも花瓶として使いこなせるかもという希望の光が見えて来る。
c0030570_15103735.jpg
リビングには花が殆ど飾られていない今年の夏。でもキッチンには欠かさず花が飾られる。
c0030570_1511286.jpg
何だか腐海の奥深くか、海底から摘んできたかのような不思議な組み合わせのブーケ。実際にはミントの葉が添えられていたので近づくとミントの爽やかな香りが心地よかった。
c0030570_15125539.jpg
街角のビストロ風にシンプルにレトロなコーラな空き瓶に小さなバラの花が一輪だけ飾られたり(こういうのも悪く無い)。
c0030570_1514230.jpg
HolmegaardのFloraのターコイズとクリアに余り物(!?)の花や葉が飾られたり。
c0030570_15153516.jpg
現在はオパールホワイトにレインを被せたAALTO Vase 120mmにかすみ草のような軽い感じの紫の花が飾られている。
後日また詳しい記事を書こうと思っているんだけど、このオパールホワイト+レインのAALTO Vase。水が入っているところはレインの色が強調され美しいグラディエーションをつくり出す、普通のAALTO Vaseとは見た目も使用感もちょっと異なるステキな色。またレインのカルティオやアイノ同様、光りの加減によってダークなブルーだったりグレーっぽく見えたりするのも面白い。
[PR]
by buckup | 2015-07-25 15:27 | 雑記。 (183) | Trackback | Comments(2)


タグ
カテゴリ
最新の記事
iittala kartio..
at 2017-04-15 07:20
BANANA THINGS ..
at 2017-04-14 21:38
TOKYO*2017
at 2017-04-06 05:56
わが家のiittalaな週末..
at 2017-02-12 17:25
to be continued
at 2017-02-12 16:51
lost motivatio..
at 2017-02-07 19:28
iittala Birds ..
at 2017-01-22 17:28
以前の記事
最新のコメント
検索
記事ランキング
最新のトラックバック
Flowers in a..
from colonne sun
タッツァ・ドーロ(TAZ..
from ◆イタリア料理紀行◆ dal..
Sad song, sa..
from !!!!! 大佐日報 !!!!!
Loop nano (i..
from いいタイトルが決まらない(;..
DMTECH ホームシア..
from ホームシアター
ラヴェルのボレロ考
from 鎌倉スイス日記
ハリー・グレッグソン・ウ..
from - Harry Gregso..
最近のお気に入り♪
from SとMoとLiの関係
Dianne Reeves
from 今日のアルバム(JetCast)
ROMA---コーヒー(..
from たにしの江戸参り
お気に入りブログ
このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。