独逸より日々愛用しているお気に入りを・・・風の吹くままに、気の赴くままに。
by buckup
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
<   2016年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧
iittala Kivi 60mm -Amethyst & 紫系のKiviたち
c0030570_16421990.jpg
オシャレなネットショップ・Scopeが2015年に復活させたアメジストと紫系のKiviたち。
c0030570_16445583.jpg
Kiviアメジスト。1988〜1992年までつくられていたKiviの初期カラー。入手が難しい初期カラーの中でも特に入手し辛かったのがこのアメジスト。それ故ネットオークションでは€400以下で落札される事も稀なまさに高嶺の花だったアメジストを今や世界のイッタラ好きが注目するネットショップ・Scopeが2015年暮れにまさかの復活。その発色の美しさで多くの人を魅了しアッという間に完売してしまった人気のカラー。
c0030570_1653436.jpg
紫系のKiviは現在4色。写真左から1999年から2011年までつくられていたLilac(ライラック)、復刻のアメジスト、2004年から2012年までつくられていたLight lilac(ライトライラック)そして2013年に登場したLavender(ラベンダー)。
Kiviには2009年から2010年までの一年間だけつくられたPurple(パープル)というまさに紫の名を冠したKiviもあるんだけど、パープルは今回レビューする4色とは系統の異なる赤系の色なので除外。
c0030570_1702824.jpg
青み成分の強い落ち着いた濃い紫色のライラック。ライラックに比べると赤み成分が強く若干透明度の高いアメジスト。藤色をしたライト系の透明感溢れる薄い色のライトライラック。ライトライラックの後継で更に色が薄くなったラベンダー。この4色は濃い色系とライト系という色の濃さの違いはあるけれど基本的には同系統の色。
個人的にさらにここに加えてもいいかなと思うのがブルー系の中でも一際濃い色のコバルトブルー。コバルトブルーとライラックはかなり近い色なんじゃないかと僕は思っている。
c0030570_1744478.jpg
2012年に廃盤となって2013年に同系色が新登場となったラベンダー、ペールピンク、レモンは以前の色を薄くした感じで見分けが中々難しい。紫系のライトライラックとラベンダーも非常に良く似た色で、こうして並べてみるとその差は僅か。ライトライラックの方がよくよく見れば若干赤みが強い濃い色なんだと気付く程度の非常に似たカラー。
c0030570_178122.jpg
c0030570_1781880.jpg
c0030570_1782869.jpg
日中の光を透過しても美しい紫系のKiviだけど、その美しさの真価を発揮するのがティーライトの火を灯した時。特に濃い色系のライラックとアメジストはKiviの中でも特殊な、炎が美しいピンク色に見えるのが特徴。
暗闇の中では、ライラックは濃い紫色の中にピンクの炎が浮かび上がってとても幻想的。アメジストは炎の色はライラック同様ピンク色なんだけど、ライラックよりも色が明るいので自らの炎の灯りを透過して全体が美しい濃い葡萄色に輝いてキレイ。ライトライラックとラベンダーは暗闇の中ではクリア系の極一般的な炎の色に近くコレといって大きな特徴は無い。
c0030570_17135585.jpg
紫系のKiviの面白い点、特にライラックとアメジストは光源によってガラス本体の色が紫から青系へと変化。写真左のライラックは鮮やかな濃い青色にピンクの炎がとても美しく、アメジストはガラスの厚い底面が藤色に、そして側面が青色とツートンに変化するのが面白い。ライトライラックは自然光下のラベンダーに近い色に。ラベンダーはかなり色が薄まってクリアっぽく見える。
c0030570_171854100.jpg
c0030570_17184846.jpg
c0030570_17184058.jpg
現在のわが家のリビングのすみれ色のカラーコンビネーションのKiviたち。ライラック、アメジスト、ライトライラック、ラベンダーにスイートピンクとペールピンク、クリアを混ぜたこのカラーコンビネーション。中々女子力(←初めて使った言葉なので用途が合っているのか少々不安。汗)の強い春っぽい鮮やかな色合い。
c0030570_17232289.jpg
ちなみに可憐なすみれ色のカラーコンビネーションは夜Kivi自体に火を灯さないとテーブルランプの光の影響でこんな感じにブルー系に変化。Kiviの色遊びを楽しむ妻曰く、アメジストが加わったおかげで紫から青へと変化する為にイマイチ色合わせが難しかったライラックが一気に使い易くなったとの事。確かにアメジストが加わった事によって、自然光や炎を灯した時のすみれ色コンビネーションもテーブルランプの灯りに照らし出されたブルー系でも以前のような違和感は感じられない。
c0030570_18114967.jpg
アメジストにはグリーン系が良く合うんだけど、日本でも近々発売になるイッタラの今年の新色エメラルドとアメジストの相性は非常に良い。渋濃い系&緑系独特の黄色い炎のエメラルドに鮮やかな葡萄色にピンクのアメジスト、そこにライトブルーやリオブラウンなんかの薄色系を足すとアクセントとなって良い感じに。
c0030570_18142559.jpg
また今一番僕が気に入っているアメジストに合わせたカラーコンビネーションがコレ。写真左からエメラルド、アメジスト、セビリアオレンジ、サンド。ビビットな発色の濃い色系で揃えたこの組み合わせ。どの色も強めの濃い色ながらも旨い具合に溶け込むのでリビングの白いテーブルの上なんかに並べてあるととても目立つ存在に。
c0030570_18181454.jpg
アメジストのKiviにアメジストのバード・Marsh duck。基本Kiviはどの色でもトイッカ氏のバードとの相性は良いんだけど、あえて同じ色を揃えて飾ってみるのも悪く無い。
c0030570_1821192.jpg
紫系4色にキューヒューとアメジストのシエッポ。アメジストの尾を持つキューヒューとアメジストのシエッポ。そこに紫系のKiviを持ってくれば合わない訳は無い(笑)。今年Scopeから12色販売される予定のシエッポの中にはアメジストもあるらしいのでアメジストフィーバーはまだしばらく続きそうな気配(笑)。
c0030570_18322330.jpg
アメジストが加わった事でわが家のKiviコレクションコンプリートまであとはピンクを残すのみ。とは言うものの何が何でもコンプリートって訳でもないしピンクは現行のサーモンピンクとほぼ同じ色という話なので実はそれ程興味も無く。
それよりも今は入手出来ないだろうと悲観していたけど奇跡的に入手する事が出来た、単体でも美しく、同系色でまとめても美しいし他のカラーとも合わせ易い悲願(!)のアメジストをこれからゆーっくりと活用&満喫したいと思っている。
[PR]
by buckup | 2016-01-29 18:59 | Favorite。(282) | Trackback | Comments(4)
iittala Birds by Toikka -Paris Bird
c0030570_8122539.jpg
東京、ニューヨーク、パリ、上海、ヘルシンキ。世界の5つの都市のカリスマブロガー達からインスピレーションを受けてトイッカ氏がデザインしたBird and the cityシリーズよりParis bird。
c0030570_816063.jpg
c0030570_816755.jpg
光を柔らかく透過する半透明のグレーの脚付きの球体ボディーに緻密に描かれた羽模様。金属的な輝きを帯びたラスターの頭部と尾。一見すると地味な印象を受けるParis bird。実際にはかなりゴージャスなイメージ。
c0030570_8242288.jpg
ガラスというよりは完全に金属に見える輝きの頭部。長丸い頭部に円錐形のクチバシ。コレは2008〜2010年にかけてつくられていたPigeonに酷似。この特徴的な頭の形状からはParis birdは鳩をモデルにしている事が伺える。
頭部の形状及びラスターの発色にはかなり個体差があり、特にラスターは金色、銀色、青銀色と個体によってかなり発色が異なりそれにより見た目の印象がかなり変わる印象を受けた。
c0030570_8305292.jpg
上から撮影したParis bird。ボディーが球体なのと、ボディーに描かれた緻密な羽模様のグルグルは足下ではなく背中を頂点としている事がわかる。
c0030570_8304670.jpg
殆ど黒に見えるグルグルな羽模様は、どうも見た感じラスターで描かれているような気がする。ラスターは制作時の温度によって発色が変わるかなり扱い辛いガラス素材らしく、この個体、そして多くのParis birdの羽模様からは金属的な輝きが失われて黒に見えるような気がした(購入する際に10体近いParis birdを見る機会に恵まれたんだけど、僕が見たParis bird達は一つとしてラスターの輝きの羽模様を持つ個体は存在しなかった)。
c0030570_8303958.jpg
c0030570_836240.jpg
実際のParis birdを見て一番驚いたのが半透明のグレーのボディー。イッタラのHPの見本写真を見た感じボディーは透けないと思っていたので半透明のグレーのボディーを目にした時は「やられた!」と感じ一目惚れ。
実はこの2013年のアニュアルバードにも似た処理の施されている半透明のボディー。とても僕好みなのである(多くの人は半透明よりも単色の発色の良い透明を好むみたいだけど)。
c0030570_8402518.jpg
正面から見たParis bird。球体のボディーに実に緻密に編み目のような羽模様が描かれているのがわかると思う。
c0030570_8412637.jpg
このボディーの羽模様の描かれ方もかなり個体差があるのがParis bird。僕もこの個体のように美しく緻密に描かれた羽模様の個体を選ぶか、もっとざっくりとちょっと崩れた感じの模様の個体を選ぶか悩んだんだけど、頭部の形状とラスターの発色、そしてボディーバランスから結局この羽模様が緻密に描かれた個体をチョイス。半透明のボディーに光が透過すると羽模様がより立体的に見えて本当に美しい。
c0030570_8434054.jpg
短く太い長方形をした尾。頭部のラスターは金色寄りの銀色なんだけど、尾はかなり青の強い青銀色。尾も頭部同様ガラスらしからぬ金属のような質感。
c0030570_8451999.jpg
台座へと続く脚にも光が透過。この個体の台座にはグルグル模様が描かれているけど、個体によっては緻密な羽模様が台座まで続いていてまるで花模様のように美しい仕上がりの個体もある。
c0030570_8464913.jpg
半透明の台座の裏にはお馴染みのイッタラのロゴシールとサンドブラストによる"O.Toikka IITTALA Paris bird 136"の刻印。各200体限定のBird and the cityシリーズ。刻印が手彫りではないのは意外だった。
c0030570_851412.jpg
我が家のバードコレクションの中でも特にお気に入りのPigeonとの比較。Piegeonのボディーは全長29cm、Pris birdは23cm。並べてみると思ってたよりも大きさの差はなく、むしろParis birdの方が背が高かったりする。
c0030570_8518100.jpg
妻からのクリスマスプレゼントだった新年の一時帰国の帰りの乗り換え地だったパリで入手したParis bird。本当は生まれ故郷の東京の名を冠したTokyo birdを持ち帰りたかったんだけど、丁度僕が一時帰国した時期にはコレという個体に出会う事が出来ずに入手を断念。
そして帰りの乗り換えの待ち時間で訪れたパリのプランタンで出会ったのがこの個体。そんなでこのParis birdには今回持ち帰って来たSulo&Sorja同様に新年の一時帰国の思い出が詰まっている僕にとってスペシャルなバード。
c0030570_8585736.jpg
Paris bird/Paris lintu
"Bird and the city 2015" No.136
-180x230mm

[PR]
by buckup | 2016-01-27 15:28 | Favorite。(282) | Trackback | Comments(0)
iittala kartio -21cl emerald
c0030570_1755438.jpg
2016年イッタラのガラス製品の新色エメラルドのカルティオ・タンブラー21cl。
c0030570_17562288.jpg
ココ数年発表される新色は、以前廃盤になった色を薄くクリアに近づけた感じにモディファイした色が多くて残念に思っていたんだけど、今年の新色のエメラルドは久しぶりの濃い渋系のカラー。
c0030570_17581588.jpg
一見すると「ライトグリーンに近いかも?」って感じるんだけど、実際にライトグリーンとエメラルドを並べてみるとかなり違う色な印象を受ける。
c0030570_17592237.jpg
「もしかして廃盤のかなり古いグリーンの復刻?」とも思っていたけど、こうして古いグリーンのカルティオと並べてみると、エメラルドはグリーンに青が混じった感じの色に見え、明確に古い廃盤グリーンとは色的に異なる(写真は左からエメラルド、グリーン、アルファグリーン)。
c0030570_1863916.jpg
意外に思うかもしれないけど、見た目的にはシーブルーが一番雰囲気が近い印象を受ける。とはいうもののシーブルーはその名の通りブルー系、そしてエメラルドはグリーン系なので色味は完全に異なる(写真右がエメラルド、そして左がシーブルー)。
c0030570_1884519.jpg
わが家のグリーン系カルティオタンブラー勢揃い。写真左より、アルファグリーン、グリーン、エメラルド、モスグリーン、フォレスとグリーン、アップルグリーン、ライトグリーン、ウォーターグリーン。
こうして並べてみるとエメラルドはどのグリーンにも似ていない色だという事がよくわかる。
c0030570_18113580.jpg
実際に水を入れて上から見てみると、濃い色系のガラスなので水はクリアではなくグリーンに、そして側面はかなりダークに見える。
c0030570_18122047.jpg
でも氷を浮かべると、氷の白色がガラスの内側に映り込み、美しいエメラルド色とダークな水の色との対比がとても美しく見える。
c0030570_18131375.jpg
上から見ると少々ダークに見える水も、側面から見れば美しいグリーン。特に光が透過するとまさにエメラルドグリーンに輝くのが美しい。
c0030570_18282493.jpg
濃いめの渋色系グリーンという事で、同じく渋色のコッパーのエッセンスのカラフェとの相性は抜群。このカラーコンビネーションは今とっても気に入っている組み合わせ(笑)。
c0030570_18295989.jpg
カルティオがデザインされた1950年代のグリーンを彷彿させる、レトロで渋色なエメラルド。ガラスの薄いカルティオでは若干軽めな色の印象だけど、ガラスの厚いKiviやアアルトベースになると印象を変えカルティオよりもさらに渋い雰囲気に。

ココ数年主流の廃盤色を薄めにアレンジした新色とは異なる、最近の廃盤色には似た色の無いエメラルド。
軽めでポップな印象のクリア系のカルティオ新色にイマイチ不満を抱いていた(!?)昔ながらの渋系濃い色好みのカルティオ好き達からはきっと好評価を得るんじゃないかと思うとても落ち着いた渋めの大人色なエメラルド。
[PR]
by buckup | 2016-01-19 18:54 | Essen&Trinken。(175) | Trackback | Comments(6)
2016年の幕開け
c0030570_16351226.jpg
2016年。申年。21年ぶりの日本の正月。
c0030570_16361376.jpg
2016年元日。まっ白な濃い霧に覆われた一日。こんなに濃い霧の中のフライトは初めてでちょっとドキドキしたけど、飛び立ってしまえば霧は晴れ青空快晴。TV塔の天辺のアンテナがまっ白な霧の中から突き出ているのがとても幻想的だった。
c0030570_1639513.jpg
飛行時間1時間20分。今回の乗り換えの地、パリに到着。

夜23:25発のエールフランスで翌日2日の夜19:25に無事羽田到着。いつもは成田着なので、はじめて羽田から中野の自宅へ。でっかいスーツケース転がしながらの乗り換えや山手線は結構ハードだった。
c0030570_16434352.jpg
1月3日。21年ぶりのお節&お雑煮。正直21年ぶりのお節は感動だった。
c0030570_16452242.jpg
そして両親と共に21年ぶりの明治神宮へ初詣。実家に住んでいた頃は家族揃って除夜の鐘が鳴り終わる頃に明治神宮へ初詣ってのがわが家の定番だったので1月3日の初詣ははじめて。思っていた以上に込み合っててビックリ。本殿まで45分待ちだった。
c0030570_16561274.jpg
あったかポカポカ快晴の丸の内〜銀座をぶらぶらと歩きイッタラ巡り。普段中世の町で生活している僕は、丸の内のオフィスビルの谷間を歩いていて不思議とホッと安堵してしまった。
c0030570_16491620.jpg
一年半ぶりに7年以上親しくして貰っているイヌ友さんと再開。お昼は初めて食すシンガポール料理。初めて食べたシンガポール料理。スパイスが良い感じで利いていてとても美味しかった!
c0030570_16522026.jpg
子供の頃からのホームグラウンド(!?)新宿。久〜しぶりに都庁の展望台に行ってみる事に。
c0030570_16533066.jpg
平らな関東平野に広がる巨大な街並みを久しぶりに眺めて感無量。
c0030570_16543665.jpg
毎回一時帰国すると知らないビルが増えている東京。特に都庁から品川方面を眺めると、本当に知らないビルがにょきにょきと林立していて驚いてしまう。
c0030570_16592092.jpg
久しぶりに訪れた歌舞伎町の雑踏も心地よかったり。歌舞伎町、以前と比べてかなり怪しさ(?)がなりを潜めたというか、何だか健全な普通の街並のような印象を受けた。
c0030570_1704586.jpg
ツイッターのフォロワーさんとの待ち合わせで訪れた武蔵小杉。高校の時に3年間通い詰めた武蔵小杉。噂には聞いていたけど、そのあまりの変貌ぶりにビックリ。
c0030570_1721248.jpg
そして一時帰国すると両親と訪れるのが習慣(?)となっている合羽橋〜浅草へ。合羽橋ではヨーロッパでは中々買えない(買えても超高価)台所用品や和食器、業務用(!)の調味料等を調達。昼は軍鶏家という中々歴史のありそうなお店でランチ。表面を炙っただけの半生の軍鶏丼。初めて半生の軍鶏を食べたんだけど、独特な食感で中々美味だった。
c0030570_1773090.jpg
お参りして、恒例のおみくじを引いて、日本人&外国人でごった返す仲店通りを抜け、これまた定番の雷おこしを買って帰宅。両親と過ごす一日。外国に住んでいるという事もあってこの歳になるととても貴重な時間。
c0030570_1712863.jpg
そんなこんなでアッという間に10日となり8日間の日本滞在期間終了。写真は羽田空港で食した最後の日本食・きつねそば。深夜00:30の飛行機でパリへと向かう。
c0030570_17204842.jpg
羽田発という事もあり、東京の夜景を堪能。東京ってヨーロッパの大都市とは比べ物にならない程巨大な街なんだなぁとしみじみ。いつもの事ながら、一時帰国してドイツに帰ると、何というか未来都市から中世の町へとタイムとリップしたような不思議というか少々残念な気分になってしまう。

今回のフライト。行きも帰りも深夜発という事で時差ボケはいつもより軽かったような気がする。特に帰りの便は全くと言って良い程時差ボケは起きず、ドイツに戻って来てから一週間、時差ボケは僅か2時間程度(今現在夜10時を過ぎると眠くなってしまう)。
c0030570_1726298.jpg
パリのシャルルドゴール空港に定刻(05:30)通り到着。6時から8時過ぎまで空港内に設置してあったリラックスソファで仮眠。

しっかしシャルルドゴール空港、行きも帰りも中国人観光客でごった返していて、この仮眠スペースでも中国人団体観光客がうるさかったのには辟易。通常、仮眠スペースや休憩スペースでは静かにするってのが暗黙の了解の筈なのに、中国人団体観光客は寝ている人なんかお構い無しに仮眠スペースの対角線で大声で喋る喋る(喋るというにはいささか大き過ぎる声で)。あまりのうるささに多くの仮眠していた人たち激怒。それでもお構い無しに大声で喋り続ける中国人達の図太さには感心してしまった。
c0030570_17322258.jpg
仮眠を終え、入国審査を済ませてTGV駅側の手荷物一時預かり所へと向かう。実は僕、シャルルドゴール空港もパリも苦手で、毎回空港内で目的地に到達するまでに1時間以上時間を要してしまう。そんなで迷いつつも荷物預かり所で荷物を預け、それから更に迷い歩きようやくパリ市内直通のバス乗り場に到着してパリへと向かう。
c0030570_17364966.jpg
生憎の雨模様だったパリ。でも何となく僕的にはパリには雨が合うような気がする。
トランジットの時間も迫っていたので、ラファイエット、プランタンをぶらぶら。妻へのパリ土産を買い、今パリで流行っているというラーメンを食し空港へとんぼ返り。
c0030570_1739725.jpg
夕方の便でドイツに到着。そして帰宅。相変わらず長期で留守にするとへそを曲げて素っ気ない素振りをする(無視する)愛犬とスキンシップを図り、遠路遥々持ち帰った割れ物壊れ物の無事を確認し今回の日本へのサプライズ一時帰国終了。

今回の帰国。実は妻からのクリスマスプレゼントで、知らされたのはクリスマスの一週間前。そんなで非常に急な帰国&新年の忙しい時期だったにもかかわらず、時間を割いて会ってくれた皆様に本当に感謝。

普段は春か夏に一時帰国する事が多いので、21年ぶりの新年帰国となった妻からのクリスマスプレゼント。21年ぶりの懐かしい日本の新年も満喫出来、今回の一時帰国もとても思い出深い、またとても実りの多い旅となる(次はいつ帰れるかなぁ〜)。
[PR]
by buckup | 2016-01-17 17:54 | 雑記。 (183) | Trackback | Comments(2)


タグ
カテゴリ
最新の記事
iittala kartio..
at 2017-04-15 07:20
BANANA THINGS ..
at 2017-04-14 21:38
TOKYO*2017
at 2017-04-06 05:56
わが家のiittalaな週末..
at 2017-02-12 17:25
to be continued
at 2017-02-12 16:51
lost motivatio..
at 2017-02-07 19:28
iittala Birds ..
at 2017-01-22 17:28
以前の記事
最新のコメント
検索
記事ランキング
最新のトラックバック
Flowers in a..
from colonne sun
タッツァ・ドーロ(TAZ..
from ◆イタリア料理紀行◆ dal..
Sad song, sa..
from !!!!! 大佐日報 !!!!!
Loop nano (i..
from いいタイトルが決まらない(;..
DMTECH ホームシア..
from ホームシアター
ラヴェルのボレロ考
from 鎌倉スイス日記
ハリー・グレッグソン・ウ..
from - Harry Gregso..
最近のお気に入り♪
from SとMoとLiの関係
Dianne Reeves
from 今日のアルバム(JetCast)
ROMA---コーヒー(..
from たにしの江戸参り
お気に入りブログ
このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。