独逸より日々愛用しているお気に入りを・・・風の吹くままに、気の赴くままに。
by buckup
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
タグ:Holmegaard ( 9 ) タグの人気記事
Holmegaard -DESIGN WITH LIGHT oil lantern
c0030570_21185421.jpg
Maria BerntsenデザインのHolmegarrd・DESIGN WITH LIGHT(DWL)のオイルランタン。
c0030570_21235261.jpg
独特なフォルムのガラスシェードと牛革ハンドルが特徴的なDWLシリーズ。日本ではキャンドルホルダーが有名だけど、僕がずーっと狙っていたのがこのオイルランタン。
c0030570_21274505.jpg
円錐形のオイルタンク、ガラス製のシェード、スティール製の蓋に牛革ハンドルの4つの部品で構成されるオイルランタン。
c0030570_21312846.jpg
既に使用しているのでちょっと焦げちゃってる円形の部分を回すとオイルを注入する事ができる。タンクの容量が大きいのか燃焼効率が良いのか、タンクを満タンにすると24時間以上連続燃焼もノープロブレム。ちゃんと実測はしていないんだけど、冬の屋外(気温5℃前後)で1日半は燃え続けていた驚異の低燃費(驚)。
ちなみに火を灯す『芯』の長さには注意が必要で、購入した時のままだと長すぎて、火を灯して1時間もすると本体全てが素手では触れない程熱くなり大変なことになってしまう(経験済み)。
使うオイルのメーカーや種類によって異なるのかもしれないけど、僕的芯の長さの推奨は1mm。上の写真のように極々僅かな長さでも十分美しい炎が灯る。
c0030570_21384610.jpg
スティール製の蓋を載せる台座(リング)と革のハンドルを固定する金具が付いたガラス製のシェード。火を灯すとこの金具もガラスシェードも素手では触れない程熱くなるので注意。
耐熱ガラス故なのか、ガラスの手触りと質感は通常のHolmegaardとは若干異なる(ガラスというよりはプラスチックっぽい質感)んだけど、遠目には全然問題無い。牛革製のハンドルを固定する金具はグラグラと緩くなるので、回転させて締める必要がある。
c0030570_21425286.jpg
美しく赤黄金色に焼けたスティール製の蓋。この蓋のおかげでかなり激しく降る雨の日でも問題なく屋外でランタンの炎を楽しむ事が出来る。先にも書いたけど、火を灯ししばらくすると、この蓋は素手では触れない程熱くなるので注意が必要。火を消す際はロウソク専用の長い火消し器推奨。
ちなみにオイルランプ特有の黒煙は芯を短くして灯すと殆ど出ることはない(購入時のままの芯の長さだと炎が大き過ぎで黒煙がモクモクと上がり、この蓋にも真っ黒なススが付着してしまうけど、通常の使用ではススが付いたり黒煙があがる事は無い)。
c0030570_21490555.jpg
DWLの一番の特徴とも言える牛革製のハンドル。この写真では濡れているので、中々良い感じの色に写っているけど、新品のハンドルはかなり明るめ。この先使用と共にこの牛革ハンドルがどんな風に成長(変化)していくのかとても楽しみ。
ちなみにこのハンドルはグルッとランタンを包む感じに装着。オイルタンクの底には溝があるのでそこに合わせてハンドルを装着する(初めて使った時にはその溝に気づかず、グラグラと安定しなくて結構危ないかもとか思ってしまった)。
c0030570_21545431.jpg
本体にガラスシェードを載せ、牛革ハンドルを固定した状態で火を灯す。
c0030570_21560508.jpg
そして蓋を閉めれば準備完了。
c0030570_21565865.jpg
シエッポと並べるとこんな感じの大きさ。大きさ的にはDWLのLサイズよりも若干小さく、ランタンの名の通り、これを灯りにぶら下げて夜中に散歩に行く際にも程良い大きさと重さ。
c0030570_22070367.jpg
屋外の気温が0℃以下になるとシェード内の気温と外気温の差によりガラスが曇り、まるでフロスト仕上げのように見えるのもまた乙。
c0030570_22003895.jpg
現在の定位置はバルコニーの扉の真ん中。ガラス窓越しの本物の炎とバルコニーの奥に置かれた揺れるLEDキャンドルの炎の対比がとても美しい。
c0030570_22023264.jpg
美しい炎のDWLのランタンを左手に、正面にはお気に入りのバードとiittalaのLantern。
c0030570_22035197.jpg
右手にはStool60の上に用意された紅茶とティーライトの灯り。
c0030570_22044629.jpg
左右前後をお気に入りの揺れる炎の灯火に囲まれたこの位置でのんびりと読書するのが最近のお気に入り。
c0030570_22100215.jpg
結構長い間、欲しいなぁと思いつつも中々入手に至らなかったDWLのオイルランタン。実際に使ってみるととても良い雰囲気のランタンで今では卓上暖炉のKaasaと並ぶお気に入りの一つに。
幸い黒煙は派手に上がらないものの、オイルランプ特有の匂いがあるのでうちでは屋外で使用(あの匂いが非常に苦手な妻)。構造上、横殴りの雨が吹き荒れる嵐の日でも炎は消えることなく安定。火を灯すと本体は素手では触れない程熱くなるので注意は必要だけど、年間通して屋外で常用愛用間違い無しの、安定した炎がとても美しいわが家のお気に入りの新入りランタン。

[PR]
by buckup | 2018-01-06 06:40 | Favorite。(289) | Trackback | Comments(0)
Marimekko -Hortensie table cloth & Spaljé runner
c0030570_08544294.jpg
マリメッコの2017年のウインターコレクション。2015年にCarina Seth-AnderssonがデザインしたHortensieのテーブルクロスとSpalijéのテーブルランナー。
c0030570_08575698.jpg
毎年一度だけ。クリスマスの時期にキッチンの食卓を覆うテーブルクロス。今年はたまたま目に留まったマリメッコの真っ赤なテーブルクロスに一目惚れして新調。
c0030570_09000579.jpg
まるで日本の伝統的な赤。ヨーロッパの明るくハッキリした赤とはちょっと色味の異なるとても和な雰囲気の落ち着いた赤に一目惚れ。柄はクリスマスの時期にありがちなベリー柄かな?と思ったら紫陽花だったのにちょっとビックリ。
c0030570_09025883.jpg
c0030570_09030522.jpg
普段使用しないテーブルクロスの上でバードその他を撮影してみると、いつもとは異なる雰囲気の写真が撮れる。なんだかカタログ写真みたいだと自画自賛して妻に呆れられる愚かな僕(汗)。
c0030570_09045737.jpg
クリスマス当日まではテーブルクロス&ランナーを汚さないように(苦笑)普段愛用している妻の大のお気に入り・KlippanのBengt&Lottaのテーブルランナーを合わせたり。
c0030570_09080257.jpg
テーブルの一角でカフェタイムしたり。いつもとは異なる雰囲気の赤いテーブルクロスの敷かれた食卓を楽しむ。
c0030570_09094286.jpg
そしてクリスマス当日。真っ赤なHoltensieのテーブルクロスにさらに深い赤のSpaljéのランナーを合わせる。今年のマリメッコの広告写真で見たまんま。テーブルクロスにランナーを合わせるのが新鮮で、こんな使い方もあるんだと目から鱗。
c0030570_09165757.jpg
クリスマスディナー準備中の25日の食卓。テーブルのセンターには僕のお気に入りの花瓶・HolmegaardのSimplicity vaseに飾られたクリスマスらしい赤い実のなる枝。
c0030570_09211173.jpg
白い大皿に26cmのTeemaのドッテドグレー&ブルーのボウル21cmのコンビーネーション。
c0030570_09240982.jpg
食前酒のポルトワインにはトイッカ氏デザインのヴィンテージグラス・Iglu。
c0030570_09260272.jpg
白ワイン用のグラスはHolmegaardのPerfection。水用グラスにマリメッコのSukatサンド。
c0030570_09315584.jpg
前菜にブルーのTeemaのボウルに盛り付けたサラダ。
c0030570_09323432.jpg
c0030570_09324556.jpg
メインには鴨のオレンジソース&茹でジャガイモと人参、いんげんのバター炒め&赤キャベツ添え。妻が初挑戦したオレンジソースが絶妙に鴨に合いとても美味しかったクリスマスディナー。
c0030570_09371533.jpg
日本の友人、似非子さんがクリスマスプレゼントに贈ってくれたArabiaのキャンドルホルダー・Fireや
c0030570_09382792.jpg
iittalaのキャンドルホルダー・BalloやKastehelmiに彩られたいつものわが家の食卓とは異なるゴージャスな雰囲気(!?)のクリスマスディナーを堪能。
c0030570_09432242.jpg
クリスマスの前にたまたま目に止まり一目惚れしたHortensieのテーブルクロスとSpaljéのランナーは今年のクリスマスの食卓をとても良い雰囲気に盛り上げてくれる。

ちなみに真っ赤なHortensie。何だかとても気に入ってしまい、クリスマス後のウインターセールで値引きされていたベッドカバーも追加注文。Hortensieの落ち着いた深い赤色に恋した2017年のクリスマスとなる。


[PR]
by buckup | 2017-12-30 09:56 | Favorite。(289) | Trackback | Comments(2)
Holmegaard Celebrate -Smoke/Bloom
c0030570_20404949.jpg
デンマークのガラス工房Holmegaard製のアマリリス水耕用Celebrate。
c0030570_1617529.jpg
Bloom&Evergreen(ムスカリ用)、Bloom/Smoke(ヒヤシンス用)、Smoke/Bloom(アマリリス用)の3サイズあるCelebrate。ヒヤシンス用とアマリリス用には本体とは色違いのティーライトホルダーが付属。
c0030570_2154771.jpg
c0030570_2155135.jpg
付属のティーライトホルダーとはいえ、そこは流石のHolmegaard。手抜き等は一切無くとても美しい発色&デザイン。
アマリリス用のキャンドルホルダーのカラーはBloom。ちょっと黄色がかった落ち着いた琥珀色で非常に美しい発色のティーライトホルダー。このティーライトホルダーはホルダーとしてだけではなく、ウイスキーなんかを注いでも美しいんじゃないかと思う大きさと美しさ。ちなみにティーライトホルダーの大きさは直径(上部)及び高さ約7cm。
c0030570_2195416.jpg
実際にアマリリスの球根をセットしてみるとこんな感じ。ガーデンセンターで重くて大きめの球根を選んで早速セットしてみたんだけど、グラツく事も無く球根の据わりは中々良い感じ。
アマリリスは茎がぐーんと真っ直ぐにかなり長く伸びて大輪の花をつけるので、場合によっては隙間を埋めて球根を安定させなけなければいけないかもしれない(コレは実際に育ててみないとわからない)。
c0030570_1624215.jpg
付属のティーライトホルダーはこんな感じで単独で使っても良い感じなんだけど・・・
c0030570_16251715.jpg
アマリリスベースにティーライトホルダーを載せると高さが出てとても良い感じに。
c0030570_16252733.jpg
ちなみにこのステキな球根水耕用のCelebrateシリーズをデザインしたのはデンマーク&スエーデンのデザイナー・Alken&Bengtsson。
シーズン以外は一輪挿し等の花瓶として使用する以外は仕様用途が無くシーズンものとして仕舞われる事の多い水耕栽培ベース。しかしながらAlken&Bengtssonは一年中使えるアイディアとして水耕用ベースにティーライトホルダーを付属。これが本当に良い感じでコレだったら一年中仕えそうな感じ。
c0030570_163258100.jpg
ガーデンセンターをはじめちょっとオシャレな雑貨屋さんなんかを覗けば2~10ユーロ前後でとても良い感じのヒヤシンスベースを見つける事の出来るドイツ。そんなで正直ヒヤシンス用のCelebrateは高いなぁと思いスルー。しかしながらCelebrateのラインナップを見てみると水耕用アマリリスベースってのがあって、これは何だか面白そうと思い水耕用アマリリスベースを探してみたんだけどコレは以外に見つからない(ドイツではアマリリスはポットで育てるのが一般的なよう)。
そこでカタチ的にもボテッとどっしり好みだったこのアマリリス用Celebrateを購入。最近値段は高騰品質低下のイッタラとは異なりさすがは安定のHolmegaard。届いたアマリリスベースを実際に手にしてみるとガラスの質感、クオリティー共に満足のいけるレベル。そしてキャンドルスタンドとして使ってみてもとても美しい。今週にはこのアマリリスベースの本来の使用目的であるアマリリスの水耕栽培をこの美しいCelebrateではじめて見ようと思っている。
c0030570_16393996.jpg
Holmegaard Celebrate -Smoke/Bloom
Design by ALKEN & BENGTSSON
vase -Smoke ø H145mm
Tea lights -Bloom ø H65mm

[PR]
by buckup | 2014-10-26 16:52 | Favorite。(289) | Trackback | Comments(4)
Holmegaard Perfection -Bier 33cl
c0030570_12261712.jpg
直線的なモダンなデザイン。我が家のちょっとオシャレで高級なステム付きお客様用(?)ビアグラス。
c0030570_122889.jpg
非常にスッキリとした鋭角でモダンなシルエットのビアグラス・Perfection。普段ビールを飲む時はiittalaのマウスブローのカルティオやBodumのダブルウォール、1人の時はヴィンテージのFaunaなんかを使っているんだけど、我が家にはホームパーティー用にHolmegaardのPerfectionシリーズが6脚づつある。
c0030570_1232830.jpg
挑戦的で鋭角なモダンなシルエットのPerfection。その中でも僕が一番気に入っているのがこのビアグラスのデザイン。ちょっと内向きの飲み口からスッとステムに続く直線のラインが堪らない(笑)。
c0030570_1234093.jpg
程よい薄さのPerfection。口当たりは良好。マウスブローなので個体差はあるようだけど、iittala程バラツキは無いような気がする。
c0030570_1235233.jpg
とても持ち易いほっそりとしたステム部分。短過ぎず、長過ぎず。とても良いバランス。
c0030570_12365532.jpg
非常に安定感のある台座部分にはHolmegaardの社名ロゴ。
c0030570_12384378.jpg
Perfectionの優れているのは見た目だけじゃないそのデザイン。ビアグラスにしろワイングラスにしろ、ステムから続く直線のラインがスッと内側に向く部分までにワインやビールを注ぐと丁度良い感じになるのが素晴しい。
c0030570_12405038.jpg
最近値上がり激しいiittala価格に慣れちゃったからか1脚11〜14ユーロのPerfectionが何だか非常にお手頃価格に思えてしまう今日この頃。購入した当時はとても高価な高級グラスみたいなイメージがあった。
僕がHolmegaardを好む一番のポイントなのが値段とクオリティ&デザインのバランスが良い点。このPerfectionもこの品質とデザインだったら納得の価格なのが素晴しい(クオリティは低くなる一方値段は激上げのiittalaとは非常に対称的)。

普段は来客用という事もあって6個入りの箱に収納されているこのPerfectionなんだけど、久しぶりに使ってみて非常に使い易く飲み易い事を再確認。
なによりステム付きのビアグラスという、普段とはちょと違うスペシャル感が堪らなく良くて、来客用グラスという事で仕舞い込んでいないで、もっと普段使いしたいなと、久しぶりにこのPerfectionでビールを飲んでみて感じたのが正直なところ。
[PR]
by buckup | 2014-08-24 13:09 | Essen&Trinken。(175) | Trackback | Comments(4)
3月の花々 〜キッチン編
c0030570_1612993.jpg
前回のリビング編に引き続き、我が家のキッチンを華やかに彩ってくれた3月の花々。
c0030570_16124580.jpg
リビング同様、春らしい暖色系の花々が飾られた3月のキッチン。
c0030570_16134826.jpg
トップバッターは、大きさでも派手さでもバラに劣らない超大輪(!)のオレンジ色のナランキュラス。ナランキュラスってモノによっては非常に日持ちがよくて、このオレンジ色のナランキュラスは飾られはじめてから3週間たった今も元気に咲いている(さすがにそろそろ終わりのようだけど)。
c0030570_16135768.jpg
殆ど黒に見えるとてもダークな深い紺色のマリンブルーのアアルトベース120mmに生けられたのは、とっても春らしく愛らしい黄色の小振りなキク科(おそらく)の花。
しかし相変わらず嘆きたくなるほど花の名前を知らなさすぎる僕。そろそろちゃんと学ばなくては(汗)。
c0030570_16193630.jpg
そこに加わったのが、リビングに飾られていた真っ白なキク科の花。リビングではフィンランディアベース251mmに生けられたのを短く切り詰めてダークライラックのアアルトベース160mmに入れ替え。
c0030570_16221539.jpg
妻がざっくりと切り詰めたのが良かったのか、リビングではあまり元気の無かった白い花も幾分元気に。キッチンに移動してからさらに一週間以上キレイに咲き続けてくれた。
c0030570_16232984.jpg
リビングに飾られたサイケデリックな印象の派手派手なキク科の花を生けたときの切れ端(?)は普段リビングのテーブルの上で使われる事の多い小さな花瓶に生けられて。リビングのテーブルに花が無い時は、こんな感じの切れ端花(何だか変なネーミング。汗)が飾られる事も多い。
c0030570_1626634.jpg
巷では復刻された大きなフローラボウルに果物を入れるのが旬(?)のようだけど、我が家の果物は以前にも紹介したHolmegaardのProvenceに。
このボウルは僕のお気に入りで使い勝手も悪くないので妻も気に入って愛用してくれているんだけど、巨大だし大きなリムのデザインのせいで洗うのが一苦労。超巨大なボウルなのでキッチンのシンクで洗うとサイズ的にギリギリで、蛇口にぶつけてチップを作ってしまったり割ってしまいそうなのでこのボウルを洗う時はバスルームのシャワーキャビンで洗う事にしている。
c0030570_16293697.jpg
c0030570_16294594.jpg
c0030570_16295290.jpg
そして最後に妻の大好きなヒヤシンス。水耕栽培で育てたヒヤシンスはそれほど強烈な匂いを放たなかったんだけど、このヒヤシンスの匂いは中々強烈だった(実はヒヤシンスの匂いが若干苦手な僕)。
使われたのは僕の大好きな真っ赤なアアルトベース95mm。たぶんヌータヤルヴィの閉鎖に伴い現行のレッドは6月にすべて廃盤。その後現行のレッドに変わるカラーが登場するらしいんだけど、どんな色なのか興味津々。ちょっとダークで深い深いルビーのような美しい真紅の現行レッドに負けず劣らずの素敵カラーであるといいなとか思ったり。
[PR]
by buckup | 2014-03-28 16:46 | 雑記。 (189) | Trackback | Comments(4)
Holmegaard CITY LIGHT -jord/earth
c0030570_16241050.jpg
Monica Ritterbandによってデザインされた、ガラスの塊感がとっても美しいティーライトホルダー。HolmrgaardのCITY LIGHT。
c0030570_1642058.jpg
波打つ水面をそのまま切り取ったような。もしくはキラキラと輝く氷の塊のような。そんな透明感あふれるガラスの塊の持つ質感がとても美しいキャンドルホルダーがこのCITY LIGHT。
c0030570_16462353.jpg
このキャンドルホルダーをデザインしたMonica RitterbandによるとこのCITY LIGHTはヨーロッパでは一般的な石畳の玉石(cobblestones)をガラスで表現したかったとの事。
c0030570_165489.jpg
たしかにそう言われれば、夕日を浴びて輝く古い街並の石畳の敷石に見えなくもないCITY LIGHT。でも僕的には美しい波打つガラスの質感からか、水面か氷といった自然の瞬間を切り取ったようなイメージをこのキャンドルホルダーに持ってしまう。
c0030570_1658187.jpg
まだ実際には試していないんだけど、このキャンドルホルダーにはアルミカップのティーライトよりもクリアカップのものの方がよりガラスが輝いて見えて素敵なんじゃないかと思う。
c0030570_1659328.jpg
日中は透過する太陽の光がキラキラと輝いて美しいこのCITY LIGHTなんだけど、その美しさの本領を発揮するのは暗闇でこのキャンドルホルダーに火を灯したとき。
もちろんこれはデザイナーによって意図的に計算されたものだと思うんだけど、ティーライトに火を灯すと、上の写真のように非常に美しい放射状のあかりがこのCITY LIGHTの周りを囲む。
c0030570_1733355.jpg
現在は廃盤となっているこのCITY LIGHT。運良く箱入りの非常に状態の良いものを信じられないほどの安価でGET。キャンドルホルダー自体にはキズも使用感も無くブランドシールもそのまま。このCITY LIGHTのように廃盤となってしまったものは資料が少ないので、今回のように商品について記述のある箱なんかが保存されていると僕的にはとても嬉しい。

Monica Ritterbrandがデザインしたとても美しいキャンドルホルダー・CITY LIGHT。発売当時は2個セットで売られていたようで、今回入手したearthとういうイッタラのサンドに近いカラーの他に、クリア、ローズ、ブルー(色の正式名称は不明)の4色が同時にリリースされていたらしい。
[PR]
by buckup | 2014-02-22 17:10 | Favorite。(289) | Trackback | Comments(4)
はじめて見た不思議な植物
c0030570_18355741.jpg
仕事を終え帰宅すると、キッチンの食卓の上に飾られていたとても不思議な植物に目を奪われる。
c0030570_18375794.jpg
帰宅後、家着に着替えて妻が食事の用意をしているキッチンにいくと、何やら不可思議なモノがHolmegaardのFloraにいけられているのが僕の目に飛び込んでくる。
c0030570_184184.jpg
「え゛ぇぇーーーー何これ? まさか珊瑚(Koralle)???」と驚愕する僕に対し、淡々とただ一言「植物」と冷静に答える妻。
c0030570_18452756.jpg
確かに水に浸かっている茎は緑色しているし、鮮やかな珊瑚のような赤色の葉(?)の分かれ目の中心にはグリーンの『芽』らしきものが見受けられる。
c0030570_18473323.jpg
今までに見たことの無い、あまりにも不思議な植物をひととき観察してから妻に「で、この不思議な植物はなんて言うの?」と訪ねてみると、そっけなく「植物」と一言つぶやいてから「今まで見たことの無い、何だかとても不思議で面白そうな植物だから買ってみたけど、名前聞くの忘れちゃった」と答える妻。確かにとても興味ある容姿だし鮮やかな赤色がとても美しい植物ではある。

ところで実は妻も僕も植物に限らずモノの名前にはこだわりの無い、知識欲よりも見た目(?)の好奇心が先攻してしまうビジュアル先攻系夫婦。そんなで花の種類や家具のカタチは知っていても正式な名前は知らないことが多いという、友人なんかとコミニュケーションを取る際に伝えたいモノの名前が出てこない、ちょっと困った夫婦だったりするのだった(激白&汗)。
[PR]
by buckup | 2014-02-17 19:02 | 雑記。 (189) | Trackback | Comments(4)
ライラックの季節
c0030570_641318.jpg
妻も僕も心待ちにしていたライラックの季節がようやく到来。
c0030570_6444914.jpg
近づくとほんのりと薫るライラックの柔らかな香り。妻も僕もこの花の匂いが大好きで、毎年春になるとライラックの花が咲き始めるのを今か今かと首を長くして(?)待っている。
c0030570_6485831.jpg
丁度今が旬のライラックの花をリビングに飾るのも毎年この時期の楽しみ。今年は初の試みで白と紫の二段構え(!?)。アアルトベース160mmに白のライラックを。そして僕のお気に入りのフラワーベース・HolmegaardのSimplicityには紫のライラック。ちなみに白のライラックは妻が、そして紫のライラックは僕がそれぞれ活けてみた。
c0030570_74140.jpg
c0030570_735480.jpg
c0030570_6494630.jpg
c0030570_7499.jpg
c0030570_74269.jpg
c0030570_743345.jpg
リビングを春の薫りで満たしてくれるライラック。美しく薫り高い花なのだけれど、あまり日持ちが良く無いのがとっても残念。
[PR]
by buckup | 2013-05-16 07:39 | 雑記。 (189) | Trackback | Comments(10)
Holmegaard Flora vase -24cm clear
c0030570_1644318.jpg
どっしりと安定したフォルムで背の高い枝モノも難なく活ける事の出来るHolmegaardのFlora vase 24cm。
c0030570_1646895.jpg
直線で構成された非常にシンプルで無駄の無いライン。シンプルながらもとてもモダンな印象のフラワーベース。
c0030570_16465928.jpg
以前から欲しいなぁーと思っていたこのFlora 24cmのクリア。いつの間にやら廃盤となってしまい、一年程前にはめっきりと見かけなくなってしまったFlora。店頭に在庫がまだあった頃に買っておけば良かったなぁーと後悔先にたたずな心境だったのだけれど、先日いきなりいつも利用しているネットショップに半額セールで再登場。勿論今回は見つけたのと同時に即購入。しかも50%オフというとても嬉しいプライスで購入出来たのには思わずニンマリ(笑)。
c0030570_1652585.jpg
早速妻の実家から持ち帰ったモクレンをFloraに活けてみたんだけれど(切り花は妻担当、枝モノは僕担当の我が家)残念ながら美しいモクレンは花瓶に活けるのには適していなかったようで、自然のモクレンの美しさがかなり損なわれてしまった(どうやら水の吸い上げが十分ではなかったよう。次回は枝に切れ込みでも入れてみようと思う)。
c0030570_16473692.jpg
さすが枝モノには定評のあるフラワーベースだけあって、かなりの重さのあるモクレンの枝を活けても倒れる気配などは微塵もない。大きなフラワーベース自体の重さに加え1ℓ以上余裕で入る水の重さも加わりかなりの安定感。
そしてガラスも厚めのようで硬い枝を入れてもチップをつくってしまう心配や枝をぶつけて割ってしまうような心配がないのもgood。
c0030570_1704051.jpg
ずーっと探していたフラワーベースだけに入手の喜びもひとしお。また我が家のガラスの花瓶は殆どが色付きなので大型のクリアのフラワーベースというのも貴重な存在。

イメージ的にFloraというと枝モノみたいな先入観があるけれど、勿論枝モノだけではなく大柄な切り花を活けても素敵そうなので、そこのところは今後妻がFlora vaseをどのように活用していくのか期待してみようと思う。
[PR]
by buckup | 2013-04-20 17:08 | Favorite。(289) | Trackback | Comments(8)


タグ
カテゴリ
最新の記事
iittala Birds ..
at 2018-01-19 08:15
iittala Kasteh..
at 2018-01-12 19:12
Holmegaard -DE..
at 2018-01-06 06:40
新年のバードたち*2018
at 2018-01-03 17:05
iittala 2018
at 2017-12-31 09:55
Marimekko -Hor..
at 2017-12-30 09:56
クリスマスなリビング*2017
at 2017-12-26 02:13
以前の記事
最新のコメント
検索
記事ランキング
最新のトラックバック
Flowers in a..
from colonne sun
タッツァ・ドーロ(TAZ..
from ◆イタリア料理紀行◆ dal..
Sad song, sa..
from !!!!! 大佐日報 !!!!!
Loop nano (i..
from いいタイトルが決まらない(;..
DMTECH ホームシア..
from ホームシアター
ラヴェルのボレロ考
from 鎌倉スイス日記
ハリー・グレッグソン・ウ..
from - Harry Gregso..
最近のお気に入り♪
from SとMoとLiの関係
Dianne Reeves
from 今日のアルバム(JetCast)
ROMA---コーヒー(..
from たにしの江戸参り
お気に入りブログ
このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。