人気ブログランキング |

独逸より日々愛用しているお気に入りを・・・風の吹くままに、気の赴くままに。
by buckup
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
KEF KHT-3005
玉子型の楕円形のフォルムに大きな黒いつぶらな一つ目。その下にある口はちょっと驚いたような感じ。そんな愛らしいスピーカーらしからぬ形だけれども紛れも無くパワフルにその小さなボディからは想像つかない程元気良く鳴ってくれるのが、英国KEF社の傑作サラウンドスピーカーKHT-2005にクロームメッキを施しモディファイされた全世界1000ユニットのリミテッドモデルとして発売されたKHT-3005です。
c0030570_21335373.jpg
KHT-2005は本国イギリスのみならずヨーロッパ各国で数々の賞に輝いたKEF社の大当たりモデルで、現在はさらに改良を施したKHT-2005.1が継続され発売されています。このスピーカーの売りは、何と言ってもKEF社が特許を持っているUni-Q。これはツイーターとウーハーの同軸(ウーハーの中心にツイーターが配置されている)による点音源構造とそれによるリスニングポイントの自由度ではないでしょうか。これにより5本のサテライトスピーカーのスイートスポット(ベストな聞くポジション)の自由度が増え、且つ5本のスピーカーの音がより溶け込み易くなる点にもUni-Qは一役買っているようです。

しかし何と言ってもまずこの小さなスピーカーの特筆するべき点は、その小さなアルミダイキャスト製のボディからはおよそ想像もつかない程元気な鳴りっぷりと音の定位感&解像度でしょうか。
例えばスピーカーを部屋一杯までの幅にセッティングして鳴らすオーケストラの響きは艶やかで紛れも無く大編成のオーケストラのダイナミックな臨場感が味わえ、またDVD鑑賞やSACD鑑賞時の5本のスピーカーで包み込むサラウンド効果も抜群で、見事に5本が一体となってクリアに細かなディテールまで逃さず鳴ってくれます。

c0030570_21312247.jpg昨年のオーディオ購入時にまず僕の頭の中で決まっていたのは、AVアンプを使用してのDVD鑑賞とSACD再生。ということは最低でも5本のスピーカーが必要で、その後色々と調べた結果、バラで揃えるよりもサラウンドスピーカーのセットで揃えた方がバランスや音の統一感の面で簡単らしいという事でした。そしてまたココが重要なポイントでもあるのですが、小型で鳴りっぷりが良く且つスタイリッシュであるという事でした。
当時毎日そんな条件に合うスピーカーをリサーチしていた僕に、時計仲間兼オーディオマニアであるドイツ人同僚が「KEFのスピーカーが評判いいらしいよ!」との助け船を出してくれたおかげでKHT-2005と初対面。その後各オーディオ雑誌のプレビューやテスト記事を読み漁りこの機種の購入を決定。
しかしそんな矢先にeBayにてリミテッドモデルでボディが鏡面仕上げのなんとも僕好みのKHT-3005を発見。これはもう運命の出会いの如く何の迷いも無く久しぶりに本気で気合の入札。無事落札、そして入手に至ったのでした。(僕の一存での購入だった為、勿論入手後には購入を巡り我がパートナーとの一悶着あり。汗)

さすがに各国で数々の賞を受賞しているだけはあって、DVD鑑賞時に不満な点はありません。SACD再生時にもう少しレンジが広く再生出来るとまた違う未知な音がするのかなとも思いますがこれも合格点。
しかし一番驚いたのは先日紹介した僕の一番のお気に入り「AURA」とのコンビネーション。これはもう今まで聴いたことの無いような響きで、よくもこんな小型のスピーカーからこんな音がという程、ppは繊細にffは雄大に、女性ヴォーカルは伸びやかにギターは元気良く、ピアノのハンマーが弦を叩くニュアンス・・・(etc)を本当にオールマイティに鳴らしてくれます。AURAとのコンビネーションで優秀な録音を聞くと、楽器の位置関係、ちょっとした小さな音(例えば譜面をめくる音や本当に小さな足音)、奏者の息遣いまで実にクリアに聞こえます。
c0030570_7344519.jpg
もう一つ特筆すべきは別売りの専用スタンド。これは絶対お勧めです。
というのもスピーカ自体が小さく、専用スタンドにつけるとちょうどマイクのようになるのでセッティングは自由自在。ソースによって本当に簡単にセッティングポジションを替えることが出来ますし、スピーカー自体の音の締まりと出てくるサウンドのナチュラル感も向上します。

この愛らしい姿で元気一杯に鳴るKEFのスピーカーについてはまだまだ色々と書けますが、今日はとりあえずこの辺で終わりとしときます。
そういえば先日オーディオに全然詳しくない友人が我が家を訪れた際、彼女はこのスピーカーを部屋のデコレーションだと思っていたらしいです。確かに家にはこのスピーカーと余り大きさの変わらない沢山の「玉子」のオブジェがあります。しかしこの彼女の発言によって当初の僕のスピーカーらしからぬスピーカの購入という目論見はこれにて達成されたのでした。(笑)



c0030570_6481999.jpgKEF KHT-3005
2way reflex satellite speaker

Driver Units 19 mm (3/4”) metal dome tweeter 100 mm(4”)
Frequency response 80 Hz - 27 kHz
Sensitivity (2.83V/lm) 88 dB
Maximum output 104 dB
Impedance 8 ohm
Weight 2 Kg
Dimensions(H x W x D) 198 x 130 x 150 mm
by buckup | 2005-03-24 07:08 | AUDIO。 (69) | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://buckup.exblog.jp/tb/1238937
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by フォトムジーク at 2005-03-26 20:10 x
やはりブックシェルフを当たり前と思っていた世代からすると、まさに「オブジェ」?という感じですし、そこから出る音って?とも。??の連続ですが、心配はないどころか、すごく評価されているスピーカーなんですね。うーん、新たなる「囁き」がっ!(笑)。
Commented by buckup at 2005-03-28 06:15
いやいや今でもブックシェルフとトールボーイは永遠の定番ですよ。しかしここ10年ほどで唯の4角いスピーカーだけではなくB&Wのカタツムリ型(本当は貝殻らしいです。はじめて聴いた時は本当のライブバンドが演奏しているのかと思いました。笑)のノーチラスやその系列会社が出しているひょうたん型の小型スピーカー。そしてこのKEFの「目玉」スピーカーと見ていて楽しいものが出てきました。見た目はまさに「?」ですが聴いてビックリな音がします。是非御視聴くださいませ。
<< Ostern -復活祭 blue bossa -Ana... >>


タグ
カテゴリ
最新の記事
新年のバードたち*2019
at 2019-01-06 02:02
クリスマスな食*2018
at 2018-12-31 22:46
クリスマスなリビング*2018
at 2018-12-31 22:20
クリスマス週末小旅行#2
at 2018-12-31 17:56
クリスマス週末小旅行#1
at 2018-12-31 17:11
iittala -Valkea
at 2018-09-04 17:35
iittala -Trio
at 2018-07-24 14:53
以前の記事
2019年 01月
2018年 12月
2018年 09月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2009年 03月
2009年 02月
2008年 07月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 02月
2007年 10月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 04月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
最新のコメント
検索
記事ランキング
最新のトラックバック
Flowers in a..
from colonne sun
タッツァ・ドーロ(TAZ..
from ◆イタリア料理紀行◆ dal..
Sad song, sa..
from !!!!! 大佐日報 !!!!!
Loop nano (i..
from いいタイトルが決まらない(;..
DMTECH ホームシア..
from ホームシアター
ラヴェルのボレロ考
from 鎌倉スイス日記
ハリー・グレッグソン・ウ..
from - Harry Gregso..
最近のお気に入り♪
from SとMoとLiの関係
Dianne Reeves
from 今日のアルバム(JetCast)
ROMA---コーヒー(..
from たにしの江戸参り
お気に入りブログ
このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。