独逸より日々愛用しているお気に入りを・・・風の吹くままに、気の赴くままに。
by buckup
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
iittala Ote Tumbler 36cl #1
c0030570_15532046.jpg
2009年にアクアブルー、ウルトラマリンブルー、モスグリーン、サンドの4色が廃盤となってから3年。まさかのOte、予想外の大人買い(苦笑)。
c0030570_15562787.jpg
久しぶりに妻と愛犬とゆっくりとショッピングに行った昨日(木曜日)。トイッカのバード展が催されていた妻の従姉妹が働くいつもの行きつけの食器店で、破格の投げ売り価格のOteを発見。価格とデザイン、そして色にクラっときてOte、4色x2をお持ち帰り。
c0030570_16242325.jpg
訓練生として所属していたイッタラ工場からの叩き上げのデザイナー・Aleksi Peräläによって2007年にデザインされたOte(オテ)。しかしながら最後までラインナップされていたクリアを最後に2011年6月に廃盤。4年という非常に短命なプロダクトとなる。
c0030570_1603976.jpg
非常に持ち易く、収納に便利なスタッキングもとても安定しているオテ。本来なら息の長いモデルになるであろう全てを兼ね備えるとても優秀なグラスだと思う。では何故そんな優秀なグラスが短命に終わってしまったのか?僕が思うに敗因はその『デザイン』にあるのではないかと推測する。
c0030570_1611863.jpg
何処かで見た事のある馴染みあるデザイン。特に日本市場ではこの"デザイン"こそが仇となったのではないかと思う。その理由として、このオテを見て僕がまず最初に思い浮かべたのは・・・食堂や立ち喰いそば屋の冷水器にスタッキングされているプラスチックのコップ(爆)。スタッキングしても安定していて持ち心地も飲み心地も良い。そんな優秀な工業デザインこそがオテの敗因なんじゃないかと、何処か懐かしい馴染みのあるオテを眺めて思うのだった(特にサンドってそば屋のそれそのものに見えるし。苦笑)。
c0030570_1614295.jpg
さて、それでは何故今回オテの大人買いに走ったかというと、イッタラのガラス製品ならではの質感と美しい色。オテの特徴的な『くびれ』のおかげで、僕の大好きなウルトラマリーンブルーもモスグリーンも愛用のカルティオよりもさらに色が濃く発色されていたのが購入の決め手となる。
c0030570_16365417.jpg
そして何といってもアクアブルー。カルティオでは非常に入手が困難で、たぶん入手出来るは事は無いだろうと諦めているアクアブルー。その憧れの(?)アクアブルーの殆どクリアなんだけどうっすらとほのかに青いその控えめな美しさが決め手となり、また4色僕の好きな色が揃っていたという事でオテを大人買いする事になったのだった。

想定外に大人買いしてしまったOte。握り心地も飲み心地もよくガラスの色も非常に美しく、他のガラス製品同様にイッタラのガラスの美しさを楽しめるこのグラス。愛用しているモダンで洗練されたデザインのカルティオとはひと味違うOteをこれからバシバシと使い倒していこうと思っている。
c0030570_16444376.jpg
iittala Ote Tumbler 36 cl
2007-2010
aqua blue, ultramarin blue, sand, moss green

[PR]
by buckup | 2012-06-01 16:51 | Essen&Trinken。(178) | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://buckup.exblog.jp/tb/18045066
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by エセマダム at 2012-06-01 22:53 x
な、なんとoteまでも。っと思ってしまいました。笑
ですが説明を読んで納得。

アクアブルーやオリーブなどの今、一番手に入りにくい色は
わたくしがフィンランドにいた頃に売っていた色なんです。
あの頃は、限定色まで買わなくても...
っと手を出していませんでしたが、帰国してから、どんどん出てくる新色に手をだしているうちに、あの頃の限定色が欲しくなって・・・笑
そう。それらの色は、買える可能性は低いですよね。

ちなみに、我が家も現役のわきにストックが控えています。笑

Commented by buckup at 2012-06-02 17:12
何と何とエセマダムさん、フィンランドに住んでいたのですか(驚)!!!しかもまだいわゆる日本で北欧ブームが来る前ですよね?アールトやイィッタラの発音に詳しいのも納得。羨ましいなぁー北欧生活。でも冬の暗さは平気でしたか(たまにドイツでもウンザリする冬の暗さ)?

アクアブルーにオリーブ。見かけませんよねー。そうそう、入手出来る時はまぁいいやと思うんですけど、あとになると入手が大変。バードもカルティオもいいなと思った時に入手が鉄則ですよね。特にイッタラ、限定多いし(←商売上手!?)。

はははは〜やっぱりストックありますか!我が家も貯蔵庫(食器棚の引き出し)の中に廃盤色がストックされています。エセママさんもかなりディープなカルティオコレクターですね(笑)。
<< iittala Birds b... 我が家のiittalaでweb... >>


タグ
カテゴリ
最新の記事
iittala -Trio
at 2018-07-24 14:53
わが家のHerendな朝食#1
at 2018-07-12 05:30
HAY TIME
at 2018-06-15 18:35
プロトタイプ幻想
at 2018-06-08 09:36
わが家の復活祭*2018
at 2018-04-27 05:27
わが家のiittalaな週末..
at 2018-03-07 18:41
iittala Birds ..
at 2018-02-26 10:21
以前の記事
最新のコメント
検索
記事ランキング
最新のトラックバック
Flowers in a..
from colonne sun
タッツァ・ドーロ(TAZ..
from ◆イタリア料理紀行◆ dal..
Sad song, sa..
from !!!!! 大佐日報 !!!!!
Loop nano (i..
from いいタイトルが決まらない(;..
DMTECH ホームシア..
from ホームシアター
ラヴェルのボレロ考
from 鎌倉スイス日記
ハリー・グレッグソン・ウ..
from - Harry Gregso..
最近のお気に入り♪
from SとMoとLiの関係
Dianne Reeves
from 今日のアルバム(JetCast)
ROMA---コーヒー(..
from たにしの江戸参り
お気に入りブログ
このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。