独逸より日々愛用しているお気に入りを・・・風の吹くままに、気の赴くままに。
by buckup
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
Alvar Aalto Collection -Vase 160mm aqua blue
c0030570_1664585.jpg
ガラスの色の濃いフラワーベースが多い我が家では珍しい、殆どクリアに近い非常に淡い色のアアルトベース160mm・アクアブルー。
c0030570_16101844.jpg
僕が高校生か大学生の頃、村上龍の「限りなく透明に近いブルー」(未読)という小説が流行ったけれど、このアクアブルーのアアルトベースは、まさに限りなく透明に近いブルーという形容がピッタリ。
c0030570_1613985.jpg
購入当初「もしかしてライトブルー?」と心配だったこのアクアブルーのアアルトベース。実際にライトブルーのカルティオとアクアブルーのKiviやマリボウルと並べてみてアクアブルーである事を確認。というのもこのアアルトベースを注文したネットショップ。以前カルティオのターコイズブルーを注文してライトブルーを送りつけてきた前科があったのでちょっと心配だったのを今でもはっきりと覚えている(苦笑)。
c0030570_16202052.jpg
底にはお馴染みの『ALVAR AALTO IITTALA』のサイン。イッタラの"I"を少々削り損じているのも手作業の証(笑)。
c0030570_1612958.jpg
アクアブルーとライトブルー。実際に並べて見ると、ライトブルーの方が色のトーンは暗く、ガラス面はアクアブルーよりもより青みがかった感じ。アクアブルーは本当に薄い水色。基本的に見た目はクリア。ベース上部の切断面と底、そしてガラスが波を描くカーブにのみうっすらとアクアブルーの色を確認出来る。
c0030570_16422514.jpg
今回我が家でお蔵入りしていた秘蔵(?)のアクアブルーが日の目を浴びたのは、いつもコメントを残してくれるエセマダムさんが、クリアのベースを上手に駆使して素敵にアジサイをいけてた更新記事に触発されて(笑)。
基本的に僕は色の濃いガラスが好きだし、妻も花瓶は茎が見えるクリアのものを好まない(いけるのが難しいというのがその理由)のがアクアブルーがお蔵入りだった理由。
c0030570_16265992.jpg
妻曰く「色の濃いベースだと花の種類を考えずにドサッといければそれで良いけれど、クリアは茎の配置や葉っぱを透明なベース越しにキレイに見せなければいけないのが難しい」との事。ガラスの質感や色の美しさで選ぶ僕には、こういう実際に花をいける際の問題って気付かないので、今回の妻の意見はとっても興味深かった。
c0030570_16504315.jpg
c0030570_1650050.jpg
c0030570_16493330.jpg
c0030570_16305784.jpg
Alvar Aalto Collectio vase 160mm aqua blue

[PR]
by buckup | 2012-06-08 16:54 | Favorite。(292) | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://buckup.exblog.jp/tb/18075634
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by エセマダム at 2012-06-10 16:03 x
こんにちは。
そうそう。そうなんですよ。
水のなかまで美しく☆ これが透明な色の宿命ですよね。
今、我が家の一個しか無いクリアのヤツには
スプレーバラがさしてあり、奥様と同じ様に、一カ所の角に茎をまとめています。
葉も、どこまで取ろうか、取るまいか,,,悩ましいんです。笑

でも、きれいですよね。
花瓶と水を透過した光って美しいと思います

Commented by buckup at 2012-06-12 07:04
うちの妻も何処まで葉っぱを残して、どうやってキレイに茎を見せるかに四苦八苦していましたよ。そんなで濃い色のフラワーベースの方がやっぱり良い!というのが妻の意見。

でもエセマダムさんのコメントにあるように、透明な花瓶に入った水を光が透過するととってもキレイ。それに濃い色ガラスよりも何だか涼し気で夏っぽい感じもしますね!

またエセマダムさんの素敵なアアルトベースの使いこなし記事、楽しみにしてますよ!!!
<< iittala Origo iittalaのシーブルーという色 >>


タグ
カテゴリ
最新の記事
iittala -Valkea
at 2018-09-04 17:35
iittala -Trio
at 2018-07-24 14:53
わが家のHerendな朝食#1
at 2018-07-12 05:30
HAY TIME
at 2018-06-15 18:35
プロトタイプ幻想
at 2018-06-08 09:36
わが家の復活祭*2018
at 2018-04-27 05:27
わが家のiittalaな週末..
at 2018-03-07 18:41
以前の記事
2018年 09月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2009年 03月
2009年 02月
2008年 07月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 02月
2007年 10月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 04月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
最新のコメント
検索
記事ランキング
最新のトラックバック
Flowers in a..
from colonne sun
タッツァ・ドーロ(TAZ..
from ◆イタリア料理紀行◆ dal..
Sad song, sa..
from !!!!! 大佐日報 !!!!!
Loop nano (i..
from いいタイトルが決まらない(;..
DMTECH ホームシア..
from ホームシアター
ラヴェルのボレロ考
from 鎌倉スイス日記
ハリー・グレッグソン・ウ..
from - Harry Gregso..
最近のお気に入り♪
from SとMoとLiの関係
Dianne Reeves
from 今日のアルバム(JetCast)
ROMA---コーヒー(..
from たにしの江戸参り
お気に入りブログ
このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。