人気ブログランキング |

独逸より日々愛用しているお気に入りを・・・風の吹くままに、気の赴くままに。
by buckup
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
an unknown Red
c0030570_8404175.jpg
先日ネットオークションで落札した出所不明、刻印無しの非常に美しい赤い色をしたピッチャー。
c0030570_8432428.jpg
以前からヴィンテージの赤いカルティオピッチャーが入手出来ればなぁと思っていたところにたまたま見つけたカルティオピッチャーに近いフォルムの赤いピッチャー。イッタラの赤いカルティオと一緒に並べても色の違いが殆ど感じられないこのピッチャー。底にはヌータヤルヴィのカービングもイッタラの刻印も無くその出所は全く不明。
c0030570_846986.jpg
ガラスの色って造られた工房によってかなり色味が異なるものだけれど、この出所不明のピッチャーの赤はイッタラの美しく深いルビーレッドの色と何ら違いが見受けられない。
c0030570_84933.jpg
上から見るとカイ・フランクがデザインしたカルティオピッチャーに比べるとかなりガラスが厚い造りなのが良くわかる。実際にこの赤いピッチャーを手にするとズシリとかなりの重量を感じる。
c0030570_8514882.jpg
カルティオのウルトラマリンブルーのピッチャーと並べてみたところ。上下対象なシルエットのカルティオピッチャーに対し赤いピッチャーは『くびれ』の位置がかなり高く注ぎ口の開きがカルティオ程開いていないのが特徴。
c0030570_854448.jpg
面白い事にこの謎の赤いピッチャーとカルティオピッチャー、底は殆どピッタリの同じ大きさ。ちなみに容量も変わらない。
c0030570_855880.jpg
何処かで見た記憶のある気がするこの赤いピッチャー。ティモ・サルパネヴァだったか誰だったか記憶も定かでは無いし、画像検索しても辿り着く事はもう出来ないのだけれど、何処かでこんなカタチのピッチャーを見た記憶があって「ほぉーこんなにもカルティオに似たデザインのピッチャーがあるんだー」と感心したのを今でも覚えている。

とまぁこんな感じで何処の誰が造ったのもわからない出所不明のピッチャーなんだけれど、深い赤い色はイッタラの赤と並べても全然退けを取らないし寧ろ殆ど同じ色に見える程美しい色がとってもお気に入り。気長に正真正銘のヴィンテージの赤いカルティオピッチャーが入手出来るまで、この赤色が美しいカルティオモドキ(苦笑)のピッチャーを大切に使っていこうと思っている。

最後になりましたがこのブログを読んで下さっている方々の中でどなたかこのピッチャーの詳細をご存知の方がおられましたらコメント欄にその出所についてコメントを残して頂けると嬉しいかもです。
by buckup | 2012-11-12 08:56 | Essen&Trinken。(179) | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://buckup.exblog.jp/tb/18735005
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by エセマダム at 2012-11-15 19:06 x
こんにちは〜

このフォルムは、たしかにtimo sarpanevaが作ったピッチャーみたいなのにありましたね。
でも、それは両側に片口がついていたと記憶しています。
カクシなんちゃらとか言う名前でカクシが「2」という意味だったのでそれで両側なのか。っと思いました。
あとは写真でしか見た事がないのですが
kaj Franckの花瓶かな?片口が無いバージョンが、こんなフォルムをしていました。
いづれにしても、このピッチャーとどんぴしゃりではないので、
「kaadin」これがフィンランド語のピッチャーという意味なので
辛抱強く検索してみてください。

素敵なピッチャーを手に入れられましたね♪



Commented by buckup at 2012-11-15 22:35
こんにちは、エセマダムさん♪
さ〜すがのエセマダムさん!素晴らしい情報ありがとうございます。やっぱり似たのがありましたか、timo sarmanevaのデザインしたものに。 た〜しかsarpanevaだったような気がするなぁーとは思っていたのですが確証無くて。しかし両口ですか。あとで早速ググってみようっと(笑)。
カイフランクの花瓶。確かにカタチは似てるんですよねー。でも花瓶には口が無い(爆)。まさかIKEA製という事は無いとは思うんですが(笑)赤色が非常に美しくてとても気に入って普段使いしていますが出所が気になるのも事実。「kaadin」で引き続き出所捜索続けてみようと思います。貴重な情報、ありがとうございました!!!
<< iittala Birds b... iittala Birds b... >>


タグ
カテゴリ
最新の記事
新年のバードたち*2019
at 2019-01-06 02:02
クリスマスな食*2018
at 2018-12-31 22:46
クリスマスなリビング*2018
at 2018-12-31 22:20
クリスマス週末小旅行#2
at 2018-12-31 17:56
クリスマス週末小旅行#1
at 2018-12-31 17:11
iittala -Valkea
at 2018-09-04 17:35
iittala -Trio
at 2018-07-24 14:53
以前の記事
2019年 01月
2018年 12月
2018年 09月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2009年 03月
2009年 02月
2008年 07月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 02月
2007年 10月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 04月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
最新のコメント
検索
記事ランキング
最新のトラックバック
Flowers in a..
from colonne sun
タッツァ・ドーロ(TAZ..
from ◆イタリア料理紀行◆ dal..
Sad song, sa..
from !!!!! 大佐日報 !!!!!
Loop nano (i..
from いいタイトルが決まらない(;..
DMTECH ホームシア..
from ホームシアター
ラヴェルのボレロ考
from 鎌倉スイス日記
ハリー・グレッグソン・ウ..
from - Harry Gregso..
最近のお気に入り♪
from SとMoとLiの関係
Dianne Reeves
from 今日のアルバム(JetCast)
ROMA---コーヒー(..
from たにしの江戸参り
お気に入りブログ
このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。