独逸より日々愛用しているお気に入りを・・・風の吹くままに、気の赴くままに。
by buckup
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
iittala Birds by Toikka -Species of Tern
c0030570_846065.jpg
1988年から1992年の4年間に3000羽限定で作製されたまっ白な雪のようなバード・Species of Tern。
c0030570_852488.jpg
10月にレビューしたMediator Doveが氷のようなバードだとすると、このSpecies od Ternはまるで雪のようなバード。
c0030570_8572816.jpg
光が当たらないと殆どマットなブラックに見えるクチバシは、写真のように光に透かしてみるとブラックではなくダークライラックなのが確認出来る。また光沢ある頭部も真っ黒に見えるけれど、この頭部もクチバシ同様にダークライラックなのではないかと推測。
c0030570_8535777.jpg
c0030570_8534969.jpg
マットフロストのボディーと美しく繊細な白いラインの羽模様。どのように造られているのかは解らないけれど、うっすらと表面とガラスの内側とで2重に模様が入っているように見えるのがとても美しい。
c0030570_905331.jpg
Tern属の最大の特徴でもあるツインテール。トイッカのデザインするTern属は、2007年のアニュアルバード・Cloud Ternを除いて2つに割れたツインテールと独特な形状のクチバシを持つのがが特徴。現在販売されている非常に美しいシルエットのRusee GrebeもTern属の特徴を色濃く継いでいて、クチバシの形状と色、ツインテール、ボディーの羽模様すべて初代TernであるこのSpecies of Ternに準じた物となっている。

ちなみに同じツインテールとはいえ、Russe Grebeのツインテールは最近のバードらしく非常にほっそりと優雅で繊細なデザインとなっているけれど、初代TernのSpecies of Ternの尾は初期のトイッカのバードの特徴でもある、ぼってりとしたしかしながらとても躍動感のある力強いデザインとなっているのがとても印象的。
c0030570_9125190.jpg
トイッカのバードの中でも大型に属するSpecies of Tern。マットフロストという主張の少ない非常にエレガントなカラーながらも存在感タップリのこのバード。同時期に造られた同じく3000羽限定の色違いのLabbe(1988-1992)と共に後々のトイッカのバードのデザインの行く末を決定づけた、ある意味ターニングポイント的なバードなのではないかと僕は思っている。
c0030570_9213918.jpg
Species of Tern/RÄYSKÄ
1988-1992
Numbered 1750/3000 300x150mm

[PR]
by buckup | 2013-01-13 10:00 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : https://buckup.exblog.jp/tb/19128135
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by hek at 2013-01-13 23:04 x
はじめまして、いつも素敵なBirds by Toikkaの写真にうっとりしています。このTernは嘴の透け感やボディの模様に深みがあるところが良いですね!私の一番好きなバードはKihu/Labbeなのでいつか2羽並べて眺めるのが野望です。
これからも更新を楽しみにしてます。
Commented by buckup at 2013-01-16 18:53
hekさん、はじめまして&コメントありがとうございます!

わぁぉ、まさかhekさんからコメント頂けるとは驚き(笑)。実は僕、hekさんがブログはじめられた当初からのファンでして(いつも読み逃げばかりでム見ません。汗)。hekさんのバードコレクション、どれも完成度の高い美しい個体ばかりだなぁーと指くわえながら(爆)いつも見せて頂いていました!

hekさんのLabbe、今まで見た中で一番美しいです(羨)。一番のお気に入りなのも納得の素晴らしい個体ですよね。妻なんか「本物の鳥みたい!」って言っていましたよ。
僕もLabbeとこのSpecies of Ternをいつか並べてみたいんですけど、hekさんの個体を見た後では中々納得のいく個体に出会えなくて。実は昨年も3羽ほど見送ってしまいました(笑)。

というわけで(?)あまり出会う事の無い同じバードコレクターとして、どうぞこれからも宜しくお願いしますです♪
Commented by hek at 2013-01-19 21:08 x
なんと・・・Labbeを見ていただいていたとは!こちらこそ驚きです、ありがとうございます。私もこちらのblogのWhite Ibisに刺激され、何羽か物色しましたが、これだ!というフォルムのものに出会えず見送りました。バードは1羽1羽違うところがコレクター魂を刺激しますよね。
Commented by buckup at 2013-01-20 08:50
いやいや本当にお世辞抜きでhekさんのLabbe、今まで見てきた中で最高の個体ですよ!あの美しい個体見ちゃってからLabbeの許容出来るレベル急上昇で中々納得のいく個体に出会えませんから(←コレ本当。笑)。
Ibisの中でもホワイトは以外に良い個体見つかり辛いですよね。特に顔の赤の班の入りと色が旨く入っている個体が少ないようで。本当、この一羽として同じ個体が存在しなくて個性があるからこそ蒐集するのが楽しいですよね、トイッカのバード♪
<< iittala kartio ... alvar Aalto Col... >>


タグ
カテゴリ
最新の記事
iittala -Trio
at 2018-07-24 14:53
わが家のHerendな朝食#1
at 2018-07-12 05:30
HAY TIME
at 2018-06-15 18:35
プロトタイプ幻想
at 2018-06-08 09:36
わが家の復活祭*2018
at 2018-04-27 05:27
わが家のiittalaな週末..
at 2018-03-07 18:41
iittala Birds ..
at 2018-02-26 10:21
以前の記事
最新のコメント
検索
記事ランキング
最新のトラックバック
Flowers in a..
from colonne sun
タッツァ・ドーロ(TAZ..
from ◆イタリア料理紀行◆ dal..
Sad song, sa..
from !!!!! 大佐日報 !!!!!
Loop nano (i..
from いいタイトルが決まらない(;..
DMTECH ホームシア..
from ホームシアター
ラヴェルのボレロ考
from 鎌倉スイス日記
ハリー・グレッグソン・ウ..
from - Harry Gregso..
最近のお気に入り♪
from SとMoとLiの関係
Dianne Reeves
from 今日のアルバム(JetCast)
ROMA---コーヒー(..
from たにしの江戸参り
お気に入りブログ
このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。