独逸より日々愛用しているお気に入りを・・・風の吹くままに、気の赴くままに。
by buckup
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
iittal Birds by Toikka -Red Ibis
c0030570_17591876.jpg
たぶんトイッカのデザインしたバードの中でも一般に一番知名度の高いのが、この2005年に誕生した独特のフォルムと深いルビーレッドのガラスの質感が非常に美しいRed Ibis。
c0030570_1825370.jpg
深い深いヌータヤルヴィの赤色をボディーに纏った、トイッカのバードの中でも非常に特徴的で独特のフォルムを持つRed Ibis。この今ではトイッカのバードを象徴するといっても良い程シンボル的な存在のRed Ibisが登場したのが2005年。同時にまっ白なパールホワイトのボディーに赤い班が美しいWhite Ibis(これはレギュラーモデルではなくて限定)もリリースされている。
c0030570_1863184.jpg
丸っこい脚付きの単色カラーのボディーに金属的な輝きを持つラスターの緩くカーブを描く長いクチバシ。それに頭部に入るボディーの色とは異なる班。これがIbisファミリーの基本(昨年フィンランド限定で販売されたイエローイビスはラスターのクチバシじゃない)。
c0030570_18182194.jpg
そんなシンプルなデザインのIbisの出来を左右するのが、長いクチバシの形状と頭部の班の入り方なんじゃないかと思う。幾つか我が家にあるIbisファミリーの中でもこのRed Ibisは、僕的に理想的な仕上がりの個体。
写真のWhite Ibisと比べてもわかるように、色の境目に空気も入らず左右対称に非常にキレイに均等に入った白い班。そして長過ぎず短過ぎず太すぎず細すぎない理想的なカーブを描くクチバシ。そのどれも僕にとってIbisとしては理想のフォルム。
c0030570_18195025.jpg
写真ではわかり辛いけれど、直角ではなくやや後ろに角度がついている脚も僕のお気に入りのポイント。
c0030570_18211868.jpg
横から見るとティアドロップ形状の丸いボディーに見えるIbisだけど、前から見ると球体ではなく左右がギュッと平らになっているのがわかる。この左右がぎゅっと平らなになっているボディーが、おそらくIbisシリーズの原型となったKiwiシリーズとの一番の違い(Kiviは丸い球形のボディー)。
c0030570_18234124.jpg
熱せられて柔らかいガラスの球体のボディーを引っぱって、ペンチでキュッと挟んでつくった(たぶん)可愛らしい短い尻尾もIbisファミリーの特徴。ちなみにこのIbisの独特なフォルムは、アニュアルバードとしては珍しい脚付きの2010年のRosebudへと発展していったんじゃないかと思っている。
c0030570_18295611.jpg
我が家のトイッカのバードコレクションの中でもトップクラスのとても良い出来映えで美しいフォルムのRed Ibis。中々自分の理想とするカタチや模様のバードに出会うのって難しいのが現状だけど、このRed Ibisのように自分の理想のフォルムのバードに出会えた時の嬉しさはひとしお。そんな中々出会う事の難しい理想のフォルムのバードをじっくりと時間をかけて見つける楽しさってのもトイッカの鳥たちをコレクションする楽しさの大きな一因なんじゃないかと思う。
c0030570_1922643.jpg
Red Ibis/Punainen Ibis
2005- 205x165mm

[PR]
by buckup | 2013-02-24 19:25 | Favorite。(291) | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : https://buckup.exblog.jp/tb/19393656
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ちょい at 2014-07-08 13:21 x
buckさん、ご無沙汰です!!今年に入ってからは
ビンテージバードの値上げが著しく、なかなかほしい
バードを手に入れることができていなかったのですが、
昨日イッタラショップに出向きましてホワイトアイビスを
ゲットしました☆母をたずねて・・・ならぬ白トキを
探して早5年。待ちに待った甲斐がありました。

さてトキシリーズ。red ibisもそうだったのですが、
購入したての時のクチバシは、キラキラ光るユウニ
塩湖みたいな綺麗な水色だったのですが、1年ほど
経つといつの間にかキラキラな水色は抜けて、
しっとりと落ち着いたネイビー色に変化していました。
昨日、white ibisとred ibisを並べて気づきました。
ラスター色の特色(鉄成分が含まれている???)
ゆえに変色は避けられないのかなぁーと思います
が、
できることならきれいな水色をキープしたい・・。
buckさんはこのような経年変化をご覧になったことはありますか???

Commented by buckup at 2014-07-10 07:10
おぉーちょいさん、お久しぶりです♪ そして待望のWhite ibis入手おめでとうございます。5年。随分と長い間探しましたね。でもお気に入りの個体が入手出来たようなので僕も嬉しいです♪

色々と疑問の多いラスター。実は僕もラスターは経年劣化があるのではないかとずーっと思っていました。新しい頃は金属的な輝きが強く、年を重ねるごとに金属的な輝きが薄れ地の土色と言うかアーミーグリーンのような色へと変化していく。そんな事を薄々感じていました。これは対処法あるのでしょうかねー。是非とも一度バードを作っているガラス職人さんに質問したいと思っています(あーフィンランドに行きたい。笑)。
最近我が家のコレクション中著しくラスターの色が変化したなぁと感じたのがPheasant。昔はもっと青かったと思うんだけど何だか最近は緑色が強くなったなぁってな感じです。
Commented by ちょい at 2014-07-15 10:09 x
ラスターの変化、やっぱり私だけではなかったのですねー。べたべた触りまくっていたので、汗で変色してしまったのかと若干心配していました笑
そうなんです、微妙に土色に変化した部分もあって、かつての輝きはどこへやら…。アイビスはラスターの割合はまだ少ないですけど、ラスターが大部分を占める個体なんかはかなり表情が変わってくるので悩みどころですよね。我が家は太陽の光がよく入ってくるので、それも原因の一つなのかもしれません。フィンランドに出向かれた際にはぜひとも対処法のご教示お願いします!!

ところで紫トキの写真、拝見しました!!
アートすぎてしびれますーー頭からクチバシの形はもちろんのこと、クチバシから尻尾にかけて、流れるようなラインに目がくぎづけ(☆o☆) 紫トキの記事も楽しみにしています!!
Commented by buckup at 2014-07-16 07:32
ラスター。古くても全く変化しないバードもいるし昨年新品で購入したのに輝きが変化したバードがいたりと、ラスターに経年劣化が起こりうるのか、個体差なのかとーっても疑問です!是非ともこの疑問はいつか解決したいものです。

紫トキ。嬉しいコメントありがとうございます!そう、僕も他の個体に目を付けていたのですが、この紫トキはまさに一目惚れ。飼う予定なんて全然無かったのに、そのバランスの良さにズキュンとハートを射抜かれてしまいました(笑)。そう、クチバシから尾までの一連の流れるようなラインが本当に素晴しくて・・・。近々この紫トキも記事にしたいと思っていますのでお楽しみに♪
<< Holmegaard prov... HÖGANÄS KERAMIK... >>


タグ
カテゴリ
最新の記事
iittala -Trio
at 2018-07-24 14:53
わが家のHerendな朝食#1
at 2018-07-12 05:30
HAY TIME
at 2018-06-15 18:35
プロトタイプ幻想
at 2018-06-08 09:36
わが家の復活祭*2018
at 2018-04-27 05:27
わが家のiittalaな週末..
at 2018-03-07 18:41
iittala Birds ..
at 2018-02-26 10:21
以前の記事
最新のコメント
検索
記事ランキング
最新のトラックバック
Flowers in a..
from colonne sun
タッツァ・ドーロ(TAZ..
from ◆イタリア料理紀行◆ dal..
Sad song, sa..
from !!!!! 大佐日報 !!!!!
Loop nano (i..
from いいタイトルが決まらない(;..
DMTECH ホームシア..
from ホームシアター
ラヴェルのボレロ考
from 鎌倉スイス日記
ハリー・グレッグソン・ウ..
from - Harry Gregso..
最近のお気に入り♪
from SとMoとLiの関係
Dianne Reeves
from 今日のアルバム(JetCast)
ROMA---コーヒー(..
from たにしの江戸参り
お気に入りブログ
このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。