独逸より日々愛用しているお気に入りを・・・風の吹くままに、気の赴くままに。
by buckup
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
ARABIA -Riikka
c0030570_0444823.jpg
落ち着いたグレーの地に濃紺の縁取り。輪郭柔らかに描かれた民芸調の花模様が印象的なRiikka。
c0030570_0472780.jpg
正確にはわからないんだけど1970代初頭(1972(?)〜1974)の短い間に生産されていたらしいRiikka。デザインはAnja Jaatinen Winquist。僕が所有している落ち着いたグレーの下地に濃紺の縁取り、ブルーで描かれた模様のタイプの他に模様が茶で描かれたバリエーションがある。
c0030570_0524126.jpg
ヨーロッパ各国で見かける伝統的な民族調の花柄模様。筆の荒さがステキな手書きによる絵付けの多い1970年代のアラビアのC&Sだけど、このRiikkaの模様はまるで吹き付けで描かれたような輪郭の柔らかさが特徴。
c0030570_05565.jpg
ソーサーの濃紺の縁取りには使用に伴うスクラッチ。濃い色のヴィンテージ食器の宿命ともいえるスクラッチ。この使用痕を味と見るかどうかでヴィンテージ食器を愛用出来るかどうかが決まるような気がする。
ちなみに妻はこのヴィンテージ食器に付きものの使用感たっぷりなスクラッチが嫌でセカンドユーズのヴィンテージ食器は使わないと断言している。
c0030570_1716100.jpg
とっ手は大きめで持ち易いデザイン。カップの直径は8cm、高さは5.5cm。容量は約150mlとこの時代のコーヒーカップとしては平均的な大きさ。
c0030570_194514.jpg
ソーサーの直径は14cm。デザートプレートは直径17cmと小振りだけど使い易い大きさ。
c0030570_1131326.jpg
ソーサーには長年使用されてきた証のスクラッチがついてるけど、裏側のバックスタンプは健在。ちなみにデザートプレートは殆ど使用されなかったのか裏も表もスクラッチ痕の殆ど無いとてもキレイなコンディション。
c0030570_1154194.jpg
一般的なコーヒーカップやティーカップのような幅広のデザインのカップなので一見容量は多いように見えるけど、僕的パーフェクトな縦型デザインのコーヒーカップ・Ruska系と容量は変わらない。
c0030570_1174742.jpg
落ち着いた色合いと民族衣装にでも描かれていそうな花模様。こういういかにも北欧的なデコレーションのされたC&Sも味があって結構好みだったりする(笑)。
[PR]
by buckup | 2014-07-07 01:27 | Favorite。(291) | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : https://buckup.exblog.jp/tb/22335484
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by katsurakaya at 2014-07-07 22:10 x
初めてみたモデルです。素敵な青色!!プレートはシンプルなのでしょうか?buckさんもc/s確実に増えてますよね?(笑)
バードのお掃除の時の写真、思わず数えそうになりましたよー。
最近、アアルトベース120のブラウンを買ったのですが、持っているリオブラウンよりとっても濃くて、そして思ってたより小さくてビックリ。(苦笑)サーモンピンク120を買おうかと持っていたのですが、もしかしてリオブラウンに近い色なのかな?とか思ったりして悩み出しております。いっそのことグリーン系にしようかなぁ?なんて(笑)
Commented by buckup at 2014-07-10 06:55
katsuraさん、こんばんは! プレートの写真がありませんでしたね(汗)プレートは4番目の写真のソーサーとほぼ同じ感じです。
C&SはTeemaのコーヒーカップのデッドストックを入手出来てそれであがり(笑)。お気に入りのC&Sを探す旅はTeemaにはじまりTeemaで終わったって感じです。
ブラウンのアアルトベース!良い色ですよね。リオブラウンはライトブルー系のカラーで透明感が強いですよね。サーモンピンクも透明な感じですよ(サーモンピンクは近々入手予定)。160と120ってかなり大きさ変わりますよね。花を生け易いのは120(妻談)。160はそれなりの量がないとカッコつかないそうです。
アップルグリーンも水を入れるとキラキラ美しいのでオススメ。個人的にはやっぱり大好きなダークライラックが一押しです(笑)
Commented by あつあつ at 2018-04-09 15:51 x
初めまして。
ストックホルム在住のあつあつと申します。Rikka の事を調べていてこちらのブログに。
先週末にHötorget の毎週日曜日に開催されるロッピスでアラビアのRikka と出会い、求めました。私はあまりアラビアの事は
詳しくないのですが、この時代のアラビアはとても元気な勢いのある手書きの模様がまるで筆の動きも分かる様でいいな〜と
思ったりしていますが、このRikka はとても温かみのあるデザインと緑の濃い黒と碧の色の出具合がとても綺麗だと思いました。
私は前の持ち主の使った跡、全く気になりませんし、ちょっとした傷くらいなら何かもっと愛着が湧く一つのエレメントみたいに
さへ感じます。北欧の人達はかつて貧しい時代を体験しているのでとても物を大切にしている人達が多く、一見価値のないような
ものにもちゃんとお手入れして長く使い続ける態度、とても好きです。
Commented by buckup at 2018-04-27 06:32
はじめまして&コメントありがとうございます、あつあつさん!ストックホルム在住とは羨ましいと思ったら今は別の街に引っ越されたようですね。国際引っ越し、とても大変。そろそろ落ち着かれた頃でしょうか?
ストックホルムは未だ訪れたことのない未知の街だけど、ドイツからそう遠くもないのでいつか必ず訪れたいと思っている街の一つです。そして多くの北欧ヴィンテージが入手できる国でもありますよね!羨ましい。
手描きの頃のアラビアヴィンテージ、とても味がありますよね。僕もこのカップのシンプルだけど暖かみのある民族的柄がとても好きです。黒の多いヴィンテージはスクラッチが目立つものが多いけど、とても大事に使われていたカップを入手出来たのですね。素晴らしい。
ヴィンテージを新品同様で入手出来た時って嬉しいのと同時に、長い間保ってきたその状態を引き続き保ちつつ大切に使い倒したいと現行品よりも気が引き締まる思いがします。
好きなものだから大事に大切に。でもしまい込むんじゃなくて生活の一部として使い倒す。お気に入りと共に人生を歩め楽しめたらと常に思っております(生意気そうに語ってしまった。汗)。
<< iittala Birds b... iittala Birds b... >>


タグ
カテゴリ
最新の記事
iittala -Trio
at 2018-07-24 14:53
わが家のHerendな朝食#1
at 2018-07-12 05:30
HAY TIME
at 2018-06-15 18:35
プロトタイプ幻想
at 2018-06-08 09:36
わが家の復活祭*2018
at 2018-04-27 05:27
わが家のiittalaな週末..
at 2018-03-07 18:41
iittala Birds ..
at 2018-02-26 10:21
以前の記事
最新のコメント
検索
記事ランキング
最新のトラックバック
Flowers in a..
from colonne sun
タッツァ・ドーロ(TAZ..
from ◆イタリア料理紀行◆ dal..
Sad song, sa..
from !!!!! 大佐日報 !!!!!
Loop nano (i..
from いいタイトルが決まらない(;..
DMTECH ホームシア..
from ホームシアター
ラヴェルのボレロ考
from 鎌倉スイス日記
ハリー・グレッグソン・ウ..
from - Harry Gregso..
最近のお気に入り♪
from SとMoとLiの関係
Dianne Reeves
from 今日のアルバム(JetCast)
ROMA---コーヒー(..
from たにしの江戸参り
お気に入りブログ
このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。