独逸より日々愛用しているお気に入りを・・・風の吹くままに、気の赴くままに。
by buckup
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
iittala Birds by Toikka -Turkey fowl
c0030570_1539208.jpg
鮮やかなブルーのボディーに目玉のような模様が特徴的な2005年のアニュアルバード・Turkey fowl。
c0030570_15403238.jpg
c0030570_15403867.jpg
アニュアルエッグをそのまま横にしたようなエッグ型の不透明なブルーのボディーにラスターの丸い頭と赤い短い円錐形のクチバシ。他のバードには殆ど見られない独特な形状の平らな尾。
はじめてこのバードを見た妻は「何コレ?魚?」と言った程他のトイッカのバードとは異なるシルエットを持つ特殊な形のTurkey fowl。
c0030570_15461718.jpg
写真では真っ青に見えるボディーカラーだけど、実際には若干緑がかったような独特な青色。バード本にボディーカラーはKiikkuriBlue magpieと同様の『ターコイズ』と表記されているんだけど、このTurkey fowlは透明ではなくパールホワイトの下地にターコイズのガラスを重ねてあるのでBlue magpie等とは印象の異なる発色となっている。
c0030570_15453020.jpg
このTurkey fowlの一番の特徴とも言えるのがボディーに描かれた『目』のような羽模様。白地にオレンジ色とも朱色にも見えるカラーが重なったちょっと血走った白目のように見えなくも無い外周。その中央にはラスターで出来た『黒目』。我が家のTurkey fowlのラスターは殆ど金属的な輝きを帯びないダークなカラーなので、より黒目のように見える。
c0030570_15571414.jpg
外見的には実際のTurkey(七面鳥)とは似ても似つかないカラーとシルエットのTurkey fowl。どうしてこのバードにTurkeyなんて名前が付いたんだろうとこのバードをはじめて見た時思ったものだけど、直にピンと来たのがボディーのカラーと目玉模様。
トルコには『ナザールボンジュウ(Nazarboncuk)』と呼ばれるガラスで出来た目玉型のお守り(魔除け)があって、Turkey fowlのボディーはこのナザールボンジュウそのもの。これは多分トイッカ氏のジョークで、英語表記ではどちらもTurkeyな七面鳥とトルコをかけているのだと思われる(インタビュー動画なんかを見るとトイッカ氏はかなりユーモアたっぷり(且つ時には皮肉混じり)なしゃべりをするのが伺える)。
c0030570_163768.jpg
殆ど黒に見える我が家のTurkey fowlの丸い頭だけど、個体によっては美しい金属的なシルバーな輝きを放つラスターの頭部。
そして短い円錐形の可愛らしいクチバシはレッド。このクチバシは光が透過した時にだけ美しい赤い光を放つんだけど、光を透過しない場所では殆ど黒に見える。
c0030570_173613100.jpg
そしてこのTurkey fowlの一番他のバードと異なるポイントが分厚いターコイズのガラス板で作られた尾。多分これは七面鳥の特徴的な扇形の尾を模したものなのではないかと思うんだけど、尾の付き方が他のバードと異なるので何だか本当に魚の尻尾のように見える。
この特徴的な魚の尾のような尾は分厚いガラス板で出来ているので光が透過した時の美しさは格別。光を透過するとまるでこの尾が自ら発光しているかのように見えて本当に美しい。
c0030570_17403672.jpg
Turkey fowlを後ろから見るとこんな感じ。分厚いガラス板の尾は、ボディーを引っ張って平らに成形する他の多くのトイッカのバードとは異なり後付けのよう。
c0030570_1742467.jpg
オパールホワイトの上にターコイズの色泡素を重ねたのが伺える台座の裏側。台座の裏にはお馴染みのイッタラのロゴシールにサンドブラストによる"O. Toikka Nuutajärvi"の刻印。
c0030570_17442292.jpg
アニュアルバードに刻まれる制作年の刻印は手彫り。最近のアニュアルは年号もサンドブラストによる刻印なんだけどちょっと前まではこんな感じで手彫りで年号が刻まれていた。
c0030570_1745424.jpg
丸々したボディーに赤く光る短いクチバシと光を透過すると自ら発光しているかのように見える美しい尾。人によってはボディーに描かれた充血したように見える(?)目が怖い印象を抱くかもしれないけど、僕的にはとてもユニークでカワイらしいバード。
クリアなバードじゃないから直射日光じゃない場所が似合うと思うかもしれないけど、このTurkey fowl、尾とクチバシが光が透過すると美しいので僕的には光を透過出来る場所に飾るのが好み。また一見すると光を一切透過しないように見えるターコイズのボディーもうっすらと光を透過するので、光を透過する場所としない場所とでは若干印象が変わる。
c0030570_17492823.jpg
Turkey fowl/Turkinkana
Annual bird 2005
-110x200mm

[PR]
by buckup | 2014-08-08 15:46 | Favorite。(291) | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://buckup.exblog.jp/tb/22447171
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ちゃぼ at 2014-08-09 15:57 x
こんにちは。バードってこんなに自由で様々な種類があるのですね。閲覧自由な辞典みたいで楽しみにしております。
我が家は、ちびも実は水色のがよかった!そうでCloud-9お招き計画が現実となりました。発売当初の価格で購入となり、バードは我が家的十分となりそうです。
Commented by buckup at 2014-08-12 05:47
バードは本当に色々なバリエーションがあります。だからコレクションしはじめるとハマっちゃうんですよねーきっと(苦笑)。
おぉーおちびちゃんも実はCloud-9がお気に入りでしたか!んじゃ殆どCloud-9で決まりですね。Penttinenのバード、目が一番のチェックポイント。ちなみにPenttinenのバード、トイレや洗面所等のシンクの側に置くとソープディスペンサーと間違えられる事あるので注意が必要です(笑)。
<< iittala Kartio ... Oiva Toikkaな夕べ ... >>


タグ
カテゴリ
最新の記事
HAY TIME
at 2018-06-15 18:35
プロトタイプ幻想
at 2018-06-08 09:36
わが家の復活祭*2018
at 2018-04-27 05:27
わが家のiittalaな週末..
at 2018-03-07 18:41
iittala Birds ..
at 2018-02-26 10:21
Steiff -TEDDYB..
at 2018-02-25 03:25
わが家のバレンタインデー@2..
at 2018-02-16 07:39
以前の記事
最新のコメント
検索
記事ランキング
最新のトラックバック
Flowers in a..
from colonne sun
タッツァ・ドーロ(TAZ..
from ◆イタリア料理紀行◆ dal..
Sad song, sa..
from !!!!! 大佐日報 !!!!!
Loop nano (i..
from いいタイトルが決まらない(;..
DMTECH ホームシア..
from ホームシアター
ラヴェルのボレロ考
from 鎌倉スイス日記
ハリー・グレッグソン・ウ..
from - Harry Gregso..
最近のお気に入り♪
from SとMoとLiの関係
Dianne Reeves
from 今日のアルバム(JetCast)
ROMA---コーヒー(..
from たにしの江戸参り
お気に入りブログ
このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。