人気ブログランキング |

独逸より日々愛用しているお気に入りを・・・風の吹くままに、気の赴くままに。
by buckup
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
わが家のAdventskerzen@2014
c0030570_16372080.jpg
第一アドヴェントだった11月最後の日曜日。わが家のアドヴェントキャンドルにもひとつ目の炎が灯される。
c0030570_16394683.jpg
毎年恒例のヤドリギを玄関に吊るし
c0030570_16403762.jpg
わが家のクリスマスの象徴ともいえる赤いベツレヘムの星をキッチンにセッティング&点灯
c0030570_16414244.jpg
ゲストルーム兼妻の部屋の窓にも夜になると可愛らしく輝く白と黄色の星々
c0030570_1643414.jpg
リビング正面のAVラックは真っ赤なKaasaと真っ白なWillow GrouseとPtarmiganでクリスマスっぽさを演出
c0030570_16463217.jpg
今年のわが家のクリスマスバードはフロスト仕上げの落ち着いたダークなグリーンのボディーを持つUnique Green Bird frosted(2006)。Harri Koskinenデザインの真っ赤なキャンドルスタンド・Atlasと並べるととてもクリスマスっぽい雰囲気
c0030570_16494487.jpg
そして今年のわが家のアドヴェントキャンドル。白木の台座にトイッカの小さな真っ赤なバード・Little Ternとドイツの伝統的なクリスマス木工のもみの木をデコしただけのとてもシンプルなもの
c0030570_16512671.jpg
ドイツの伝統的な木工クリスマスグッズの聖地ともいえるエルツ地方(ドイツのクリスマスを代表するくるみ割り人形やピラミッド、煙吐き人形なんかがつくられている)。このもみの木は削りだした棒を職人さんがシュッシュッと彫刻刀で表面を薄く削り作り出すハンドメイド。一度実演を見た事あるんだけど、本当に見事な技で一本の棒がアッという間にもみの木に変化するその様はマジックのようだった(笑)。
c0030570_16592031.jpg
リビング後方はまだ普段のまま。クリスマスが近づくとこの大きなモンステラは撤去されて、ポインセチアか枯れ木(!?)がここに設置されてもう少しクリスマスっぽくなる予定。一応バードだけは真っ赤なIbisとグリーンのPulmuでクリスマスらしく
c0030570_1743250.jpg
昨年同様鉄とガラスのクリスマスツリーが飾られる予定のライトキューブは今のところこんな感じ。ツリーは早くても来週ぐらいに飾ろうかと昨日妻と話す(あまりはやくから飾ると飽きるし。爆)
c0030570_1765399.jpg
いよいよ第一アドヴェントに突入してドイツの街も室内もクリスマス。わが家のクリスマスデコはクリスマスの祝日に向けて徐々に行っていく予定。
今年のわが家のクリスマスデコは赤を貴重になるべくシンプルにすっきりとした見た目に出来たらいいねと話している(難易度高そうだけど)。
by buckup | 2014-12-01 17:17 | 雑記。 (197) | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : https://buckup.exblog.jp/tb/23149145
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by kivi at 2014-12-02 23:17 x
溜め息全快です!!!
赤いキャンドルAtlasって言うんですね☆
今度聞こうかなと思ってたのでラッキーです♪
フロストのbirdとかあるんですね!さすがにbirdは諦めてますので今回はセーフです。ただ素敵なbirdだわ〜!!
buckさんコレクションは勿論ですが生き方が素敵すぎる。
クリスマスってこうやって楽しむんだなぁって勉強になりました。buckさんのツリーの設置の前に良いもの見せていただきました。
言い忘れてた!アルミのキャンド派って気になります。
いつかクリアホルダーの方が良くないですかって言おうとおもってたんですよね〜!buckさんが気付かないはずないですよね!何故なんだろう??是非記事にしてくださいね☆
Commented by buckup at 2014-12-05 16:59
Atlasは赤の他に白、黒、透明があって(以前にはもっと違う色もあった)キャンドルスタンドとしては勿論、ひっくり返すと花瓶にもなるんです。Lanternもそうなんだけど、Harri Koskinennのデザインって僕とても好きなんです。

ドイツに来てかなり生き方変わりましたね〜。特にクリスマスの時期の楽しみ方。日本のように商業的ではなく、何というか家庭的というか。日本だとクリスマスって恋人と子供の為のイベントみたいな感じだけど、ドイツは丁度僕たちが子供の頃の正月みたいな感じで、家族が一同して楽しむみたいな。クリスマスも24~26日まで祝日だし、クリスマスツリーも最短でも新年6日までは飾ってあるし。長いんですよ、ドイツのクリスマスって。

kiviの謎。まぁ大した理由じゃないんだけどお楽しみに。近々記事にしたいと思っています♪
Commented at 2014-12-14 19:38 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by buckup at 2014-12-15 19:30
鍵コメさん、初コメントありがとうございます!
ベツレヘムの星。ドイツではかなりポピュラーで、この時期大きな都市のクリスマスマーケットに行けば簡単に入手出来るのですが、日本には輸入されていないようですね。たぶん電圧の関係とかなのかな?
どうしても欲しいって場合は海外通販が一番手っ取り早いと思います。ちなみにドイツ語で『Herrnhuter Weihnachtssterne』で検索すると簡単にショップを見つける事が出来ると思います。
Commented by rei at 2015-01-26 16:26 x
一ヶ月も前ですがお返事ありがとうございました^_^
返信しようとしましたが何故か送れずにそのままになってしまいました。赤いベツレヘムはまた縁があれば出会えるかなと…ゆっくり探すことにします。
今年も素敵な写真楽しみにしています。
Commented by buckup at 2015-01-26 18:33
最近単発聞き逃げコメントが多い中、reiさん律儀にもお礼のコメント入れてくれて嬉しいです♪

今回はお役に立てなかったようですけど、是非一度検索してみて下さい。意外に海外発送してくれるショップも見つかる筈だし、ベツレヘムの星手作りサイトなんかも見つかる筈です。

ずーっと探してるモノっていきなりパッと霧が晴れるように目の前に現れると思うのです。だからきっと赤いベツレヘムの星もいきなりreiさんの手元にやって来る日が来ると信じています。

それではまた!
Commented by rei at 2015-01-27 17:30 x
丁寧なお返事光栄ですm(__)m
海外のサイトも苦手意識を持たずじっくり見ていきたいなと思います。
buckさんの写真がきっかけでうちに来たグラスやキャンドルホルダーがあるんです。
これから大切に使っていきたいなって思ってます。
Commented by buckup at 2015-02-04 08:52
海外サイトは英語&外国語がネックですよね。でも沢山見ていくうちにな〜んとなくわかって来るものですよ、外国語って。僕もフィンランド語は全く学んだ事も無いし習った事も無いんだけど、フィン語のサイト見ているうちに鳥や花瓶、色の名前なんか自然に覚えちゃいましたし(笑)。

縁あって入手出来たグラスやキャンドルホルダー。生活に色を添えてくれるステキなモノの筈だから是非使い倒して愛用してやって下さい!バードもグラスもガラス製品&食器も、折角木にいって入手したんだから使い倒さなきゃ!が僕のモットーです!
<< クリスマスな窓辺とkivi *... iittala Light >>


タグ
カテゴリ
最新の記事
新年のバードたち*2019
at 2019-01-06 02:02
クリスマスな食*2018
at 2018-12-31 22:46
クリスマスなリビング*2018
at 2018-12-31 22:20
クリスマス週末小旅行#2
at 2018-12-31 17:56
クリスマス週末小旅行#1
at 2018-12-31 17:11
iittala -Valkea
at 2018-09-04 17:35
iittala -Trio
at 2018-07-24 14:53
以前の記事
2019年 01月
2018年 12月
2018年 09月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2009年 03月
2009年 02月
2008年 07月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 02月
2007年 10月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 04月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
最新のコメント
検索
記事ランキング
最新のトラックバック
Flowers in a..
from colonne sun
タッツァ・ドーロ(TAZ..
from ◆イタリア料理紀行◆ dal..
Sad song, sa..
from !!!!! 大佐日報 !!!!!
Loop nano (i..
from いいタイトルが決まらない(;..
DMTECH ホームシア..
from ホームシアター
ラヴェルのボレロ考
from 鎌倉スイス日記
ハリー・グレッグソン・ウ..
from - Harry Gregso..
最近のお気に入り♪
from SとMoとLiの関係
Dianne Reeves
from 今日のアルバム(JetCast)
ROMA---コーヒー(..
from たにしの江戸参り
お気に入りブログ
このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。