人気ブログランキング |

独逸より日々愛用しているお気に入りを・・・風の吹くままに、気の赴くままに。
by buckup
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
iittala Kivi 80mm #2
c0030570_7381771.jpg
ブルー系に引き続きKivi 80mmの残りのカラーの紹介。
c0030570_7402762.jpg
c0030570_7403335.jpg
Kivi 80mm & 60mm Sand
どんな色とも相性の良いシックなカラー。炎の色は暖色系のニュートラル。
c0030570_7431740.jpg
c0030570_7432199.jpg
Kivi 80mm & 60mm Purple
KartioやLanternでは美しい桜色に見えるPurpleもガラスの厚いKiviではよりダークで落ちついたカラーに。炎の色はニュートラルな暖色系。
c0030570_7455431.jpg
c0030570_7455987.jpg
Kivi 80mm & 60mm Red
つくられた時期によって若干濃淡の差が見られるルビーのような輝きのRed。60mmよりも80mmの方が透過率が良くより美しいルビー色に輝く気がする。炎の色はレッド特有の色。
c0030570_750793.jpg
c0030570_7501119.jpg
Kivi 80mm & 60mm Sevilla-orange
美しい発色のSevilla-orange。炎の色は白黄色系の暖かなカラー。
c0030570_756161.jpg
c0030570_7562164.jpg
Kivi 80mm & 60mm matt frosted
雪のように真っ白い独特な質感のフロスト。炎も他のKiviとは異なりほんのりと暖かに輝く。
c0030570_8193260.jpg
c0030570_820492.jpg
Kivi 80mm & 60mm clear
iittalaならではの氷のような透明感のクリア。色ガラスじゃないって事であまり興味を持てずわが家のKiviの中でも一番最後の入手となったクリア。その美しさは格別でクリアについては後日改めて記事にしたいと思っている。
c0030570_81176.jpg
c0030570_812140.jpg
Kivi 80mm & 60mm Light blue
1995年に60mmのレギュラーカラーとなったライトブルー。80mmでの登場は2011年と意外にも遅い。炎の色は白色系。
c0030570_814172.jpg
c0030570_814567.jpg
Kivi 80mm & 60mm Apple green
アップルグリーンの名の通り爽やか&クリア系ながらとても鮮やかな発色のカラー。炎の色は黄色系。
c0030570_817490.jpg
c0030570_8173655.jpg
Kivi 80mm & 60mm Water green
澄んだ清流のような色のウォーターグリーン。Kiviの中ではとても淡いカラーなので炎の色はクリアに限りなく近い。
c0030570_6542778.jpg
わが家には無い80mmが2011年に廃盤となったLilac(写真右)。これは一度店頭で発見した事があるんだけど、高いからという理由で入手せず。今となっては買っておけば良かったと(後悔先に立たず。残念)。
そして写真左のライトグリーン。ライトグリーンの80mmを一度だけネットオークションで見た記憶があるんだけど、鍵コメさんから頂いた有力情報によると、80mmがリリースされたのが2007年頃という事なので2005年に廃盤となったライトグリーンの80mmが存在したかどうかは定かではない(情報求む!)。
c0030570_7219.jpg
わが家の80mmの中でシーブルーだけが普通の大きさのティーライトがぴったりハマるように底がくり抜かれている(通常の80mmの底は平ら)。
c0030570_735432.jpg
上の写真は左から80mm用の大きなティーライト+クリア、通常の大きさのティーライト+ウォーターグリーン、通常のティーライト用に底がくり抜かれたシーブルー+通常のティーライトの点灯比較写真。80mmに通常の大きさのティーライトを使っている人も多いと思うんだけど、80mmはやはり大きなティーライトが良く映える。
c0030570_79955.jpg
残念ながら全色廃盤となってしまった80mm。60mmの中に80mmが一つあるだけでも高低差が出てアクセントになるし繋がりが良くなる。また80mm一つに60mmを一つだけ合わせてもとても良い感じに。そんなで80mmはわが家では欠かせない非常に重要なKivi。
廃盤となってしまった今。Kivi好きな方には80mmを見かけたら迷わずに入手しておく事をお勧めする(何故か80mmはオークションにも中々出てこないし)。

*「80mmにはこんなカラーもあるよ!」とココにリストアップした以外のカラーをご存知の方がいらしたら是非コメント欄に一報お願い致します。
by buckup | 2015-02-09 07:22 | Favorite。(293) | Trackback | Comments(7)
トラックバックURL : https://buckup.exblog.jp/tb/23461295
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by びゅーと at 2015-02-10 08:43 x
ううううう、、、(素敵すぎて悶絶中)
Kiviは日本で買うと結構いいお値段なので、少し前まで興味を持てず(というより持たないように…)にいましたか、こちらのブログを拝見していたらその美しさにあっという間に虜に。
去年のクリスマス、自分へのプレゼントに買ってしまいました!
レッドがとても欲しいのですが、びっくりするようなお値段。。まずはサンドとグリーンとシーブルーです。
でも吟味しながらゆっくり集めていくのも素敵だと思っています。
GWは有田の陶器市に行くので、それを心の支えにお仕事頑張ろうと思います!
Commented by ふらん at 2015-02-11 12:01 x
ああ〜!!80mmは全部制覇したと思っていました。。が、ターコイズがない!ターコイズって、オークションでも見たことなかったなあ。フィンランドのオークションもチェックしているのですが、写真が悪いのと正確な色の名称が書かれてないことが多くて、なかなか落札する勇気が出ません。。

ライラックは高くなる前に購入していたのですが、やはり色の存在感がすごいです。アップルグリーンと合わせるのが好きですが、青系のキビとは馴染みにくいような。。ライトライラックやピンクとも合うと思いました。サイズの変化が出て、80mmの廃盤が本当に残念。私は色合わせがまだまだ修行足りない感じです。。
Commented by ふらん at 2015-02-11 12:07 x
追加です。ライトグリーンの80mmは持っていません。。見かけたことも今の所ありません。
Commented by buckup at 2015-02-15 08:14
びゅーとさん。確かにKiviの日本価格って高過ぎ!コチラでもレッドなんかの特殊色は高いけど、グリーン系やブルー系は15€前後と入手し易い価格なのにどうして日本ってあんなに高いのでしょうね。Kiviに限らずイッタラ製品の日本価格、高過ぎな気がします。
サンドにグリーンにシーブルー。良い組み合わせですね。そこでおススメなのがクリア。僕も昨年クリアの美しさを教わったのですが、クリアは本当に美しい。しかもどのカラーとも合うし。安いのもGOODですし。

日本の焼き物。羨ましい。子供の頃から日本の伝統的な陶器が好きだったので、今自由に買えないのが残念。日本に住んでいたら絶対和食器派で北欧食器は二の次だった筈とか思っちゃいます。
Commented by buckup at 2015-02-15 08:19
ふらんさん。そう、実は80mmのターコイズもあったのです。つい最近まで現役だった筈なのにあまり数は出回らなかったようで。ネットオークションは勿論、店頭でも殆ど見かける事の無い(無かった)のがターコイズです。

ライラック、羨ましいなぁー。あのピンクの炎の美しさは格別ですよね。僕の見かけたら即購入リストのトップです、ライラックの80mm。
ライラックは以外にも赤やサンドも相性良く。ブルー系も濃い色系のウルトラマリンやレインなんかとも相性よいような気がします。僕的に一番使い辛い色はオリーブローズ。これは妻も言っていて、わが家ではオリーブローズが非常に手強いカラーとなっています。
Commented by びゅーと at 2015-02-15 16:16 x
クリアはつまらないかな?と思っていたんですが、こちらの記事を拝見して灯りが入った状態で見るとすごくいいですね〜。
今度は是非クリアを考えてみたいと思います!

有田焼は北欧食器とも合いますね。
私は源右衛門が大好きで、母や大叔母から受け継いだ器や茶器は未だ現役でバリバリ普段から使います!
いいお値段なので少しずつ買い足していますが、ティーマと一緒に並べても違和感なくていいです。
送って差し上げたいな〜!!
Commented by buckup at 2015-02-19 20:51
そう、僕もびーとさんと全く同じ理由からクリアはノーマークだったんだけど、いつもコメント残してくれるエセマダムさんに感化されてクリア購入。コレがとても美しくて、現在もわが家ではクリア増殖中です(笑)。

凄い!お母様や大叔母様から受け継いだ器や茶器が現役だなんて!素晴し過ぎます。食器やガラス、大事に使えば何年でも持つものだからこそ大事にしたいなと思いました!
そしてTeema。北欧食器ながらどんな食器とも、どんな料理にもマッチする素晴しい食器ですよね。そして色を選び料理に合わせる楽しさ。本当にTeemaを愛用しはじめた事によってわが家の食卓、激変しましたよ!
<< 我が家のバレンタインデー@2015 iittala Kivi 80... >>


タグ
カテゴリ
最新の記事
Duck LOVE!!
at 2019-09-16 03:16
新年のバードたち*2019
at 2019-01-06 02:02
クリスマスな食*2018
at 2018-12-31 22:46
クリスマスなリビング*2018
at 2018-12-31 22:20
クリスマス週末小旅行#2
at 2018-12-31 17:56
クリスマス週末小旅行#1
at 2018-12-31 17:11
iittala -Valkea
at 2018-09-04 17:35
以前の記事
2019年 09月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 09月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2009年 03月
2009年 02月
2008年 07月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 02月
2007年 10月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 04月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
最新のコメント
検索
記事ランキング
最新のトラックバック
Flowers in a..
from colonne sun
タッツァ・ドーロ(TAZ..
from ◆イタリア料理紀行◆ dal..
Sad song, sa..
from !!!!! 大佐日報 !!!!!
Loop nano (i..
from いいタイトルが決まらない(;..
DMTECH ホームシア..
from ホームシアター
ラヴェルのボレロ考
from 鎌倉スイス日記
ハリー・グレッグソン・ウ..
from - Harry Gregso..
最近のお気に入り♪
from SとMoとLiの関係
Dianne Reeves
from 今日のアルバム(JetCast)
ROMA---コーヒー(..
from たにしの江戸参り
お気に入りブログ
このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。