人気ブログランキング |

独逸より日々愛用しているお気に入りを・・・風の吹くままに、気の赴くままに。
by buckup
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
iittala Birds by Toikka -Eurasian woodcock
c0030570_1550356.jpg
頭頂部から伸びた長いクチバシが特徴的な Eurasian Woodcock。
c0030570_15512256.jpg
c0030570_15512911.jpg
透明なボディーに茶のラインで緻密に描かれた羽模様。クリアの頭部に特徴的な長いクチバシ。
Eurasian Woodcockで検索してみると、モデルとなった実在のヤマギシの特徴的な長いクチバシや茶色のボディーをとても良く描写した写実的なバードだという事が伺える。
c0030570_15555246.jpg
このバードを見た時にまず一番に目を奪われるのが、他のバードとは異なる頭頂部からスッと長く伸びる特殊な形状のクチバシ。
光りを透過するくすんだ渋い黄色のガラスにうっすらと虹色のラスターが乗っているのはこの時期のバードの特徴。光りのあたり具合によって見た目の印象が変わる非常に美しい特徴的な長いクチバシ。
c0030570_1601833.jpg
丸い頭部はクリアなガラスの塊。ガラスの塊な頭部はルーペ効果によって見る角度によってはボディーに描かれた茶のラインの羽模様が拡大されてとても美しい。
c0030570_1651864.jpg
c0030570_1652518.jpg
クリアなボディーに描かれた緻密な羽模様。羽模様のパターン自体はコレといって特筆する事の無い典型的なトイッカのバードのパターンなんだけど、最近のバードには見られない非常に繊細で緻密な模様が描かれている。
c0030570_1672872.jpg
ボディーを裏返してみると明白なんだけど、一見茶のラインで描かれているように見える羽模様は、実は茶と白の2重のラインで描かれている。おそらく茶のラインだけではなく白のラインが混じる事によって羽模様により立体感が増し、このバードの模様がより緻密で繊細に見え、実在のヤマギシの雰囲気を旨く醸し出しているような気がする。
c0030570_16113288.jpg
ボディーの底にはイッタラのロゴシールとサンドブラストによる"O.Toikka Nuutajärvi"の刻印。
c0030570_16133244.jpg
c0030570_16135241.jpg
キュッと長く伸びる透明な尾もとても繊細な印象でエレガント。このキュッと伸びた尾と尾が持ち上がったような独特なボディーライン。そして特殊な形状を持つクチバシとガラスの塊の透明な頭部。このバードをじっくり観察してみるととても良く似たフォルムのバードが僕の頭に浮かぶ。
c0030570_16162733.jpg
それはEurasian woodcockのリリースから4年後に発表された歌うクチバシを持つFiskariina
FiskariinaとEurasian woodcock。違いは特徴的なクチバシの形状だけで基本のデザインは非常に似通っている。もしかしたらこのEurasian woodcockがFiskariinaに発展していったのかもとか想像したり(笑)。
c0030570_16345131.jpg
某ショップに長年展示されていたこのEurasian woodcock。購入する機会をうかがっていたんだけど、久しぶりに訪れたこのショップで長年狙っていたEurasian woodcockが驚きの50%オフのセール価格になっているのを発見(まぁ来年でリリースから10年経つかなり年季もののバードだし。苦笑)。
たまたま誕生日前で妻から誕生日プレゼントに何が欲しい?と聞かれていたところだったので、迷わず「このバードが欲しい!」と妻に懇願。
c0030570_16352942.jpg
妻は「バードはあなたが好きで集めていてわが家に増殖しまくっているんだから(若干迷惑)ワタシは絶対に買ってあげません!」宣言をしていたので非常〜に購入を渋ったんだけど、50%オフの超お買い得価格と、コレといって他にプレゼントに適した品がその場で見つからなかった事もあり渋々このバードを購入。

妻は「まさかワタシがバードをプレゼントする日が来るとは(落胆)」とかなりショック(!?)を受けていたようだけど、僕にとっては念願の、そして妻からプレゼントしてもらった初めてのバードという事で、とても大事な、そして非常に思い入れのあるお気に入りのバードとなる(写真では地味に見えるけど、実際にはキラキラととても美しいバードだし。笑)。
c0030570_16372421.jpg
Eurasian woodcock/Lehtokurppa
2007-2008
-95x250mm

by buckup | 2015-04-30 17:17 | Favorite。(292) | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://buckup.exblog.jp/tb/24017663
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 肉まん 44th >>


タグ
カテゴリ
最新の記事
新年のバードたち*2019
at 2019-01-06 02:02
クリスマスな食*2018
at 2018-12-31 22:46
クリスマスなリビング*2018
at 2018-12-31 22:20
クリスマス週末小旅行#2
at 2018-12-31 17:56
クリスマス週末小旅行#1
at 2018-12-31 17:11
iittala -Valkea
at 2018-09-04 17:35
iittala -Trio
at 2018-07-24 14:53
以前の記事
2019年 01月
2018年 12月
2018年 09月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2009年 03月
2009年 02月
2008年 07月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 02月
2007年 10月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 04月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
最新のコメント
検索
記事ランキング
最新のトラックバック
Flowers in a..
from colonne sun
タッツァ・ドーロ(TAZ..
from ◆イタリア料理紀行◆ dal..
Sad song, sa..
from !!!!! 大佐日報 !!!!!
Loop nano (i..
from いいタイトルが決まらない(;..
DMTECH ホームシア..
from ホームシアター
ラヴェルのボレロ考
from 鎌倉スイス日記
ハリー・グレッグソン・ウ..
from - Harry Gregso..
最近のお気に入り♪
from SとMoとLiの関係
Dianne Reeves
from 今日のアルバム(JetCast)
ROMA---コーヒー(..
from たにしの江戸参り
お気に入りブログ
このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。