独逸より日々愛用しているお気に入りを・・・風の吹くままに、気の赴くままに。
by buckup
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
iittala Wirkkala 2015 -Bottle 117x229 mm turquoise
c0030570_16582211.jpg
2015年にTapio Wirkkalaの生誕100周年を記念してリリースされたWirkkala 2015シリーズから澄んだターコイズのガラスがとても美しいボトル 117x229mm。
c0030570_1713983.jpg
1959〜1968年までつくられていたWirkkalaデザインのボトル。オリジナルとはカラーは異なるものの、ショートサイズのターコイズ&コッパー、ロングサイズのグレー&モスグリーンの4種が2015年に記念限定品として復活。
c0030570_1744472.jpg
ショート&ロングに共通している絶妙な角度のシャープなボトルのライン。シンプルながらもとても特徴的なデザインのこのボトルは、50〜60年代に多くのガラスメーカーから販売されていたボトルの中でも突出して美しいフォルムだと僕は思っている。
c0030570_1782051.jpg
そこそこ厚いボトルの口の直径は50mm。それに対して底は117mmととても安定感のあるドッシリとしたフォルム。
c0030570_17101612.jpg
今ではとてもポピュラーとなったHolmegaardのFloraとの比較。安定感のあるフォルムで一輪挿しや枝モノをいけるのに定評のあるFlora。スモールはテーブルに飾るのに適した大きさ。そしてラージは太くて重い枝ものもしっかりと受け止められる安定のフォルム。
その中間となるような一輪挿しは無いものかと長らく探していてようやく出会えたのがこのWirkkalaのボトル。Flora同様に安定感のあるフォルムなので転倒の心配も無く、安心して花を飾る事が出来る秀逸なデザイン。
c0030570_17142839.jpg
イッタラのロゴシールはトップに貼られている。
実際に手にするまでは、ボトルって事だしどうせ(!?)プレスでつくられている筈なのにどうしてこんなに高価なんだろうと不思議に思っていたこのWirkkalaのボトル。
c0030570_17162560.jpg
店頭では気付かなかったんだけど、家でじっくりとこのボトルを観察してその値段にようやく納得。デザインのアクセントにもなっているボトルトップのリングを見ると、これは確実にプレスではなくマウスブローによってつくられたものだとい事を確信。
HPを今一度じっくりと読んでみると、このボトルはアアルトベース同様に型吹きでつくられているようで、特にガラス職人の手作業によってつくられるこのリングは個体差もあり仕上がりも様々。職人による手作業&型吹きならば納得の価格かもとこのリングの繫ぎ目を見ながら思ってしまった。
c0030570_17214534.jpg
ボトルの底、中央部はこんもりと内側に盛り上がっている。
c0030570_17222770.jpg
この僅かな盛り上がりが茎を安定するのにとても役立っていて、とても使い易い花瓶だと妻に好評。
ちなみにこのボトル、イッタラの公式HPによると花瓶というわけではなく、カラフェやボトルとしても使っても良いし、オブジェとして飾っておくのもあなた次第みたいな特に仕様用途は特定されていないボトルとの事。
c0030570_17251346.jpg
ボトルの底にはWirkkalaのサイン、そして"100 IITTALA 2015 xxxx/2015"の刻印。2015年にWirkkalaの生誕100周年を記念して復刻したこのボトルは2015本限定。ちなみに2015年に2015本つくられたこのボトルの販売は2015年限定というわけではなく、ボトルが売り切れるまで継続して販売される様子。
c0030570_17284078.jpg
c0030570_17284784.jpg
c0030570_17285639.jpg
リビングのテーブルに飾っても邪魔にならない大きさ&とても安定感のあるフォルムが好評でわが家の新定番となりつつあるWirkkalaの復刻ボトル。
花器として使用しない時は、その透き通る鮮やかなブルーが映えるバスルームにオブジェとして飾っても良いなと思っている。
[PR]
by buckup | 2016-02-01 18:19 | Favorite。(292) | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://buckup.exblog.jp/tb/25250525
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< iittala Birds b... iittala Kivi 60... >>


タグ
カテゴリ
最新の記事
iittala -Valkea
at 2018-09-04 17:35
iittala -Trio
at 2018-07-24 14:53
わが家のHerendな朝食#1
at 2018-07-12 05:30
HAY TIME
at 2018-06-15 18:35
プロトタイプ幻想
at 2018-06-08 09:36
わが家の復活祭*2018
at 2018-04-27 05:27
わが家のiittalaな週末..
at 2018-03-07 18:41
以前の記事
2018年 09月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2009年 03月
2009年 02月
2008年 07月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 02月
2007年 10月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 04月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
最新のコメント
検索
記事ランキング
最新のトラックバック
Flowers in a..
from colonne sun
タッツァ・ドーロ(TAZ..
from ◆イタリア料理紀行◆ dal..
Sad song, sa..
from !!!!! 大佐日報 !!!!!
Loop nano (i..
from いいタイトルが決まらない(;..
DMTECH ホームシア..
from ホームシアター
ラヴェルのボレロ考
from 鎌倉スイス日記
ハリー・グレッグソン・ウ..
from - Harry Gregso..
最近のお気に入り♪
from SとMoとLiの関係
Dianne Reeves
from 今日のアルバム(JetCast)
ROMA---コーヒー(..
from たにしの江戸参り
お気に入りブログ
このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。