人気ブログランキング |

独逸より日々愛用しているお気に入りを・・・風の吹くままに、気の赴くままに。
by buckup
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
両サイド1mの効能 -XQoneの再セッティング
先日紹介したMonty AlexanderのSACD「My America」のうちのオーディオシステムの尋常ではない鳴りっぷりに驚いた僕は考えてみた。
「My America」を聞き込んでいくうちに「うちのシステム、特にスピーカーをもっと厳密にセッティングしてみたらもっと良い音で鳴るのではないのか?」との邪な(?)考えが沸々と沸き上がってきたのでした。
c0030570_1942993.jpg
僕の愛用のフロントスピーカーはKEF社のXQone。 シャキっとした歯切れの良い音で、曇りの無いとても見通しの良い音がするのが特徴で、こちらのオーディオ誌の評価通り「スタジオモニター」のようなニュートラルでクリアな音のするスピーカーです。

今までこれといって特別な不満は無かったものの、欲を言えば「もう少しキレのある濁りのない、それでいて質量のある低音が欲しい」とか「クラシックCD再生時の弦楽器の高音のキツさを和らげたい」とか「ジャズは良く鳴るけれど、今ではあまり聴かない大編成のオーケストラの再現性が今ひとつ・・・」などなどをうっすらと感じていました。
特にCD再生時の高音寄りの角のたったキツい音に馴染めず、今のうちに引っ越してきてからというもの殆どCDを聴かなくなり、うちにある膨大な(?)CDコレクションはまさに「無用の長物」と化していたのでした。

今回の再セッティングの最大のポイントは、はじめに述べた「バスの質の向上」と、「音場のよりリアルな再現性」。これを目標に、XQをあっちこっちに動かしてみました。
c0030570_207264.jpg
まず僕が引っ張りだしてきたのは、XQ購入時に付属してきた、その名もズバリ「installation Manual」。製造元である KEF社直伝のセッティングに関するノウハウが書かれたXQセッティングの基本の書です(笑)。
このマニュアルを見てまず驚いたのは、両脇の壁からのSPの距離。なんと「最低でも1m」と書かれているではないですか!!!

現在のうちに引っ越してきてからは、まずサラウンドセッティングの基本「リスニングポイントから60度でフロントSPを設置」そのままにセッティング(以前の記事参照)。その結果、リスニングポジションからフロントSPまでの距離が2m以上あるうちでは、フロントSP間にかなりの距離を要し、その結果フロントSPは両サイドの壁からLFは90cm、RFに至っては僅か65cmしか離れていなかったのでした。
基本的なサラウンドのセッティングである円状にSPを設置する場合、うちのリスニングポジションからフロントSP間での距離を考えると、実に2倍以上の大きさの部屋が必要となってしまうのでした(涙)。
c0030570_2026750.jpg
という訳で、今回の再セッティングではまず両サイドの距離の確保から始めました。
我が家のセッティングの要であるTVの上にセッティングされたフロントSP・XQtwo。部屋の作りの関係で、部屋の中心より僅かに右寄りにセッティングされています。
そんな訳で今回の再セッティングで一番重要なのは、右側SPの1mという距離の確保。まずは右側SPの中心から1mの位置にRFを設置。その結果、LFは左側の壁から1m10cmの距離に設置となりました。
この1mの確保により、より音の浮遊感が増し、録音によっては以前よりも自然に音が左右に展開するようになりました。う〜む、恐るべしオリジナルセッティングマニュアル。
c0030570_20414611.jpg
左右1mの距離を確保してから次に行ったのが左右のSPの位置(距離)決め。
両サイドに1mという距離を確保したら、必然的にスピーカー間は1m90cmという距離になりました。マニュアルには「2〜3m MAX」と記されているのでこの距離はオッケーでしょう。
そして後方の壁からの距離は「最低で22,5cm」と書かれていますが、うちの場合分厚いブラウン管テレビとHiFiラック及びセンターSPが鎮座しているので、テレビの全面を壁として考えてみました。

まずは大まかにフロントSPを60度にセッティングをし、フローリングに沿ってSPを前後させてみました。絨毯の敷かれているギリギリの位置から、徐々に後方壁側へ。
僕の好みとしてはSPが壁から遠い位置(目の前にふわっと音場が生まれる感じが好み)でしたが、SPから壁から遠過ぎるとバスの量感がへり、高音寄りのバランスとなってしまいました。また不思議な事にフローリングの目を一つ動かす事によって、何故かバスの音が、クリア>濁る>クリア>濁る・・・となり、これはとても興味深かったです。
しかし共振軽減のためにスタンドの中に砂を詰めてあるうちのXQ。重量級のスタンドに載ったXQを落とさないようにそろそろと前後に移動。意外と体力と気を使いましたです(笑)。
c0030570_20353372.jpg
そして次に行ったのが、SPの角度調整。
実際のリスニングポジションから60度にSPを設置した場合、前述の如くSP間は2m10cmを要し、その結果両サイドには1mの余裕が無くなってしまいます。
今回のセッティングのように両サイドに1mの余裕を持った場合、60度の頂点は理想的なリスニングポジションからおよそ80cm手前、ソファーに着席した場合の丁度足の辺りという位置になりましたが、それほどベストな位置から遠い訳でもないし、何よりも先に行ったSPの前後の位置で良好だった位置に60度延長線がぴたりと重なったのがとても興味深かったでした。
c0030570_20553842.jpg
そして決まったのがこの写真の位置。再セッティング前のポイントだった、バスの質も向上。CDでも歯切れの良い、深みのあるバスが出るようになり「ふふ〜ん、まだまだうちの中初級オーディオでも良い鳴りするじゃん!」なんて一人悦に浸っていました。
前述の「My America」もさらに音に磨きがかかり、思わず鳥肌が立つ程に。これは勿論録音状態やCDのクオリティーに関係しますが、状態の良い大半のオーケストラのCDでもよりクリアに、ものによっては明確に楽器の位置関係まで聴こえるようになりました。勿論SACDのマルチ再生でも、以前よりより一体感のある鳴りとなりこれも満足。DVD鑑賞では、何故か以前に比べ音の繋がりが良くなり、まさにリスナーを包み込むサラウンド感が増したようです。
見た目にも以前よりすっきりし(うちのブラックボックス、サブウーハーを全面から左に持っていったのも効果が大きいようです)、出て来る音もとても良い感じ。以前は僕のオーディオで音楽を聞く事無かった妻も、再セッティング後は自分のお気に入りのCDを良く鑑賞するようになりました(笑)。

ただ一つ気になるのは妻が新たなSP設置位置を一瞥した後の発言。「あたしは大丈夫だけれども、きっと彼方かお客さんがSPにつまずくでしょうね・・・。」と不吉な予言をしてくれました。そんなこんなで今の僕のささやかな願いはただ一つ。「どうか誰も(自分も含め)僕の可愛いXQにつまずきませんように。。。」です。本当は「今よりも広い家に引っ越せますように」何て贅沢な願いもあるんですけどね(爆)。
by buckup | 2008-02-17 21:16 | AUDIO。 (69) | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://buckup.exblog.jp/tb/8257128
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< Ray Brown Monty... Baekoff ーアルザス地方... >>


タグ
カテゴリ
最新の記事
新年のバードたち*2019
at 2019-01-06 02:02
クリスマスな食*2018
at 2018-12-31 22:46
クリスマスなリビング*2018
at 2018-12-31 22:20
クリスマス週末小旅行#2
at 2018-12-31 17:56
クリスマス週末小旅行#1
at 2018-12-31 17:11
iittala -Valkea
at 2018-09-04 17:35
iittala -Trio
at 2018-07-24 14:53
以前の記事
2019年 01月
2018年 12月
2018年 09月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2009年 03月
2009年 02月
2008年 07月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 02月
2007年 10月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 04月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
最新のコメント
検索
記事ランキング
最新のトラックバック
Flowers in a..
from colonne sun
タッツァ・ドーロ(TAZ..
from ◆イタリア料理紀行◆ dal..
Sad song, sa..
from !!!!! 大佐日報 !!!!!
Loop nano (i..
from いいタイトルが決まらない(;..
DMTECH ホームシア..
from ホームシアター
ラヴェルのボレロ考
from 鎌倉スイス日記
ハリー・グレッグソン・ウ..
from - Harry Gregso..
最近のお気に入り♪
from SとMoとLiの関係
Dianne Reeves
from 今日のアルバム(JetCast)
ROMA---コーヒー(..
from たにしの江戸参り
お気に入りブログ
このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。