人気ブログランキング |

独逸より日々愛用しているお気に入りを・・・風の吹くままに、気の赴くままに。
by buckup
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
2015年 08月 24日 ( 2 )
はじめてのフィンランド紀行 #11再びヒエタラハティ広場&エテラ港
c0030570_16511594.jpg
ヘルシンキ旅行最終日。気持ちの良い爽やかな朝。
c0030570_16521714.jpg
余裕だと思っていた荷詰め。それが予想外に一杯一杯で、なんとか全てをスーツケースに詰める事に成功。ホテルをチェックアウトしてスーツケースをホテルに預ける。最終日にまず向かったのはホテルから徒歩5分程のヒエタラハティ広場の朝市。
c0030570_165591.jpg
この日も衣類、宗教関係のモノ、ガラクタなんかがメインだったけれど
c0030570_16554732.jpg
見た事の無いフロスト仕上げの赤いマリボウルがあったり
c0030570_16561785.jpg
マリメッコのマグが並んでいたりと地道に探すと幾つかお宝的モノも探し当てる事が出きるんじゃないかと思ったり。
c0030570_1657137.jpg
唯一本気で買おうかどうしようか悩んだのがこの魚のオブジェ。おそらくトナカイの角で作られてあるんじゃないかと思われるこの魚のオブジェ。何とも間の抜けた表情と、動物の角が魚に化けてる当たりがとても気に入ったんだけど、わが家にはしっくりと来る飾る場所が無いだろうと思い断念。
c0030570_16591341.jpg
c0030570_16592885.jpg
c0030570_16593439.jpg
爽やかで気持ちの良いエスプラナーディ通りをぶらぶら歩いて向かった先は
c0030570_1705867.jpg
再びエテラ港のマーケット。多くのツーリストで賑わうマーケットだけど、活気があって今回訪れた3つのマーケットの中では一番好きな雰囲気。
c0030570_1723292.jpg
直接船から美味しそうな魚の薫製を売る人や野菜を売るスタンドに並ぶ人も多く、旅行者だけでなく多くの地元の人たちも利用するエテラ港の市場。
c0030570_1743510.jpg
今回僕がココを再訪した目的がコレ。ヘルシンキ名物(!?)のサーモンスープ。サーモンスープと言えば日本人観光客御用達のマーケットの室内にあるビュフェが有名だけど、青空の広がる気持ちの良い天気だったこの旅だからこそ、活気ある港の屋外マーケットでサーモンスープを味わいたいと思ったのがエテラ港再訪の目的。
そして念願のサーモンスープ。ディルの味が良く効いたとても家庭的な味わい。多くのドイツのスープのようにしょっぱすぎる事も無くとてもホッとする味付けのスープを堪能。ちなみにスープにパン一切れ、コーヒーが付くセットで€7というとてもリーズナブルな値段だった。
c0030570_1791573.jpg
もう一つココで是非とも食べてみたかったのが写真手前の小魚を鉄板でグリルしたもの。これは味見だけさせてみたかったんだけど、丸ごと食べられる小魚はカリカリしていて美味。買おうかどうしようか悩んだけど、朝からスープ食べた上にコレはさすがにキツいので断念。次回のお楽しみに取っておこうと決意(笑)。
c0030570_17113051.jpg
c0030570_17113688.jpg
港を後にしてこの日のメインイベントであるデザインミュージアムと向かう。地図も持たずに当てずっぽうで歩いていたので結構迷ってしまい(汗)エセマダムさんご夫妻との約束の時間ギリギリで到着。
c0030570_17134623.jpg
予想以上に濃い内容となったフィンランド旅行最後のイベント、デザインミュージアム見学へとつづく。
by buckup | 2015-08-24 17:26 | 雑記。 (197) | Trackback | Comments(2)
はじめてのフィンランド紀行 #10 iittala store Esplanadi
c0030570_1553549.jpg
長年是非とも訪れたいと夢見ていた今回の旅のメインイベント(!?)の一つでもあったエスプラナーディ通りにあるイッタラ本店。
c0030570_1571534.jpg
写真でしか見た事無かったヘルシンキのイッタラ本店。
c0030570_158051.jpg
さすが本店。今まで訪れた各国のイッタラショップよりも大きく、展示も美しく。
c0030570_159153.jpg
いつか自分も撮影してみたいと思っていた膨大な数のkiviのディスプレも念願かなって撮影。
c0030570_1510302.jpg
数年前に改装されたイッタラ本店はおおまかに分けると4つの部屋からなり。以前は明確にテーマ毎に部屋分け(食器、デコ、グラスのように)していたそうだけど、最近は改装以前のようにイッタラらしい『コンビネーション』を重視した展示に戻したとの事。
c0030570_15145080.jpg
その中でもやっぱり僕的に一番気になるのは通称『鳥部屋』と呼ばれるトイッカのバードをメインにディスプレイしてある部屋。
c0030570_15155271.jpg
ショーウィンドウにもバランス良くバードたちが配置され
c0030570_15163568.jpg
どのようにしてバードが作られるのかを知る事が出来る展示があったり
c0030570_15171472.jpg
フクロウ専用(!)の飾り棚があったり
c0030570_15175973.jpg
ココで出会った左のフクロウをお持ち帰り(笑)。
c0030570_15184310.jpg
そしてもう一つ、感動したのがArt Worksと呼ばれる毎年各アーティストがつくり出す一点モノや少量限定生産のアートピースが飾られた部屋。

写真は2014年にヌータヤルヴィで製作された11体だけ製作されたKlaus Haapaniemiデザインのユニークピース『Vulpes Vulpes』。写真で見た時は大きさ推定20~30cmのアートピースなのに何故に値段が€5400ととんでもなく高価なんだろうと思ったこのハーパニエミのキツネ。実際に見てみるとかなりの大きさで技巧が凝らされていてとても美しく、写真からは理解出来なかった納得の価格。
ちなみに僕が訪れた丁度その日に写真左の青いキツネがお買い上げされたそう。来店してサラッと€5400のアートピースをお買い上げ出来るってとんでもなくカッコ良いし羨ましい(苦笑)。
c0030570_15282516.jpg
Nathalie Lahdenmäkiデザインの2013年のArt Works。
c0030570_15303858.jpg
そしてイッタラストアと言えばコレ。初期のアアルトベース作成に使われていた木型。さすが本店だけあってカタチや大きさの異なる木型が展示されていて感動。バードと共にコレクションしているアアルトベース。いつかこの木型で作られたベースを入手するのが夢。
c0030570_15333272.jpg
今回の旅で都合3度(!)異なる時間帯にこの本店を訪れたんだけど、何時訪れても凄い人、人、人。勿論日本人も多いけど、アメリカ人、ヨーロッパ各国、アジア各国からのお客さんで店内は大賑わい。
ゆっくりと静かに買い物&見学したいのなら開店直後がオススメ。またこのショップのスタッフさんすべてが英語堪能&フレンドリーなので聞きたい事や購入したいモノがある場合は気軽に話しかけるだけでとても気持ちの良い対応をしてくれる。
c0030570_15331175.jpg
写真右がこのショップのマネージャーのヨハンナさん。実は彼女とは2014年にベルリンのイッタラショプでたまたま出会って話した事があって、なんとその時の事を覚えてくれていたのにビックリ。とてもフレンドリーでやり手(!?)のストアマネージャーさん。
左は今回僕の買い物の相手をしてくれた若くてとてもフレンドリーな店員さん。ココで働きながらデザインの勉強をしているそう。

基本今まで訪れた各国のイッタラショップの店員さんもとてもフレンドリーだったんだけど、この本店の店員さん達はずば抜けてフレンドリーで接客も凄く丁寧。ヘルシンキを訪れた人は必ずと言っても良い程訪れると思うこのイッタラ本店。とてもオススメのショップ。
c0030570_15445072.jpg
c0030570_15591467.jpg
c0030570_15434490.jpg
c0030570_1544217.jpg
c0030570_1546638.jpg
Iittala store Esplanadi
Pohjoisesplanadi 25
00100 Helsinki
Phone: +358 204 39 3501

by buckup | 2015-08-24 16:05 | 雑記。 (197) | Trackback | Comments(0)


タグ
カテゴリ
最新の記事
新年のバードたち*2019
at 2019-01-06 02:02
クリスマスな食*2018
at 2018-12-31 22:46
クリスマスなリビング*2018
at 2018-12-31 22:20
クリスマス週末小旅行#2
at 2018-12-31 17:56
クリスマス週末小旅行#1
at 2018-12-31 17:11
iittala -Valkea
at 2018-09-04 17:35
iittala -Trio
at 2018-07-24 14:53
以前の記事
2019年 01月
2018年 12月
2018年 09月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2009年 03月
2009年 02月
2008年 07月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 02月
2007年 10月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 04月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
最新のコメント
検索
記事ランキング
最新のトラックバック
Flowers in a..
from colonne sun
タッツァ・ドーロ(TAZ..
from ◆イタリア料理紀行◆ dal..
Sad song, sa..
from !!!!! 大佐日報 !!!!!
Loop nano (i..
from いいタイトルが決まらない(;..
DMTECH ホームシア..
from ホームシアター
ラヴェルのボレロ考
from 鎌倉スイス日記
ハリー・グレッグソン・ウ..
from - Harry Gregso..
最近のお気に入り♪
from SとMoとLiの関係
Dianne Reeves
from 今日のアルバム(JetCast)
ROMA---コーヒー(..
from たにしの江戸参り
お気に入りブログ
このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。