独逸より日々愛用しているお気に入りを・・・風の吹くままに、気の赴くままに。
by buckup
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
2018年 02月 26日 ( 1 )
iittala Birds by Toikka -Scope Sieppo 2015#2&3
c0030570_09045360.jpg
2015年から1年以上かけてリリースされた全15色にも及ぶ壮大なプロジェクト・スコープシエッポ。その第2弾と第3弾となる、カラーバリエーションに富んだ6色のシエッポズ。
c0030570_09065292.jpg
c0030570_09065967.jpg
クリアxクリア、クリアxセビリアオレンジ、レモンxアメジストという比較的大人し目の色でスタートしたスコープの大シエッポプロジェクト。
その第二弾はグリーンxレモン、ブラウンxクリア、コバルトブルーxグリーンの15色の中でも落ち着いた大人の渋色トリオとして登場。
c0030570_09105961.jpg
当初は特徴的なパウダーイエローを使う配色だったというグリーンxレモン。グリーンのボディーを持つシエッポとしては初となるイエローのクチバシを持つ新作となる。
わが家の個体のクチバシは黄色の筈なんだけど、発色が非常に淡く、ほとんどクリアに見える程薄っすらとレモン色に染まる非常に淡い発色。
c0030570_09131733.jpg
最近かなりの数が日本にも出回っている偽造シエッポのグリーンとは比べものにならない、イッタラならではの深みのある美しいグリーン。
ガラスの厚さによって明るめの個体と暗めの発色の個体があるようだけど、比較的整ったフォルムの個体が多かったカラー。
c0030570_09155039.jpg
オリジナルシエッポの中でも特に入手し難い色だったのがコバルトブルーxグリーン。そんなレアな配色が復刻されると聞いて当時僕はウキウキ。渋色揃いの第2弾の中で一番期待していたのがこのコバルトブルーxグリーン。

独特の深みのある青さを持つコバルトブルーは光の透過具合によって暗めの濃紺から鮮やかなコバルトブルーへと変化。グリーンのクチバシは置く角度&光の透過具合によっては上の写真のように殆ど黒にも見えるけど・・・
c0030570_09194860.jpg
的確な角度で光を透過させるととても鮮やかなグリーンにクチバシが輝く。鮮やかなコバルトブルーのボディーに映えるグリーンのクチバシのカラーコンビネーションは15色の中でもトップクラスのお気に入り。
c0030570_09214328.jpg
実はこの第2弾の三色の中でも、というか実際に現物を手にするまでは15色の中で一番期待していなかったカラーなのがこのブラウンxクリア。
c0030570_09233932.jpg
でも全15色のシエッポが揃った現在僕が一番気に入っているのが、一見すると殆ど黒に見える地味〜なイメージのブラウンxクリア。
c0030570_09245405.jpg
光を透過しないと殆どブラックに見える渋いボディーは、光を透過すると殆ど赤(クランベリーに近いかも)に見える輝きを帯びる。ダークな漆黒のボディーに浮かぶ赤色の輝きのコントラストが本当に美しい。他のバードでは見られない特別な輝き&発色が僕がこのブラウンxクリアを一番気に入っている理由。
c0030570_09270227.jpg
そして何よりも驚いたのが、一見何の変哲も無いクリアのガラスを使用したクチバシの輝き。
うちにも幾つかクリアのクチバシを持つバードは居るけど、このブラウンxクリアの透明なクチバシの輝きはガラスというよりもダイヤのような特殊な輝き。

勿論これは個体差ありありだとは思うけど、こんなにもキラキラと美しく輝くクチバシを持つバードは僕のコレクションの中でもただ一羽この個体だけで、その美しさと輝きは僕にとって非常にスペシャルな存在。
c0030570_09303081.jpg
写真で見たときは地味〜であまり心おどる存在では無かった第2弾。でも実際に手にしてみるとどれも非常に美しく、15色全て揃った今となっては、個体の出来も配色も実は5グループの中でも一番好みのグループだったりする。
c0030570_09343966.jpg
c0030570_09350651.jpg
渋目の落ち着いた印象の第2弾とは一変、カラフルで鮮やかな印象だった第3弾は多くの人にとっておそらく本命だったアメジストxグリーンを含むライトブルーxセビリアオレンジ、セビリアオレンジxクリアの爽やかな初夏のような配色。
c0030570_09374249.jpg
c0030570_09375803.jpg
ヴィンテージシエッポの中でも比較的良く見かける配色のライトブルーxセビリアオレンジ。実はこのライトブルーが僕的には一番シエッポらしいカラーなのではないかと思っている。
ライトブルーのボディーは良く光を透過し、キラキラと実に美しく立体的に輝く。独特な色使いとガラスの質感が魅力のトイッカ氏のファンタジー系バード特有の発色の美しさを一番楽しめるのがライトブルー。
15色ある今回のスコープシエッポの中でも、一番宝石のようにキラキラと輝くシエッポの魅力を引き出してくれているのがこのライトブルーだと僕は思っている。
c0030570_09423590.jpg
当初は初代のヴィンテージシエッポのフォルムを目指して作られていたという今回のスコープシエッポ。それが色を重ね職人さんも作り慣れてきて、ようやく今回の復刻シエッポ特有のフォルムが確立されたんじゃないかと推測できるのがこのセビリアオレンジxクリア。
c0030570_09444759.jpg
初代よりも大きい、巨大とも言えるクチバシ。横長というよりは縦に長いそそり立つような頭部とボディーライン。尾の角度はそれ程跳ね上がっていなくて緩やかに上向きにほぼ平行。見た目も初代のような精悍なシャープさはなく、どちらかというと丸っこくて可愛いコミカルなフォルム。それが僕が今回のスコープシエッポに抱く印象なんだけど、見た感じこのセビリアxクリアあたりからこの独特なフォルムの傾向が強くなってきたような気がする。
c0030570_09484568.jpg
16体居るわが家のスコープシエッポの中で、唯一後ろから頭を見ると頭部にまるで大きな気泡が浮かんでいるように見えるのもこのセビリアxクリアの魅力。
他のシエッポに比べると明らかに大きなボディーを持つセビリアxクリアは見る方向&光の透過具合によって色々な表情を見せてくれる中々見ごたえのある面白い個体。
c0030570_09514151.jpg
おそらく15色の中で一番注目され、イエローxアメジストと並び一番人気だったんじゃないかと思われるのがアメジストxグリーン。
c0030570_09524998.jpg
今やスコープのスペシャルカラーと言っても過言はないんじゃないかと思われる、光源によってその色を変化させる特別なガラス・アメジスト。久しぶりに復刻されたアメジストは以前の色よりも赤みが強く発色も濃いめ。
実際にヴィンテージのアメジスト(写真右)と並べてみると、まるでライラックとライトライラックのように見える程発色の濃さが異なる。
c0030570_09552751.jpg
c0030570_09554079.jpg
渋色揃いだったけど、実際に手にしてみたら凄く良かった第2弾。そしてリリースされた初夏と相成って爽やかな夏のようなカラーコンビネーションで話題となった第3弾。
第3弾にして早々に本命のアメジストが登場しちゃったわけだけど、この後も第4〜5弾と失速する事無くアッと驚くリリースを見せてくれた全15色のスコープシエッポ。次回は残りの第4〜5弾全6色を紹介したいと思う。


[PR]
by buckup | 2018-02-26 10:21 | Trackback | Comments(0)


タグ
カテゴリ
最新の記事
HAY TIME
at 2018-06-15 18:35
プロトタイプ幻想
at 2018-06-08 09:36
わが家の復活祭*2018
at 2018-04-27 05:27
わが家のiittalaな週末..
at 2018-03-07 18:41
iittala Birds ..
at 2018-02-26 10:21
Steiff -TEDDYB..
at 2018-02-25 03:25
わが家のバレンタインデー@2..
at 2018-02-16 07:39
以前の記事
最新のコメント
検索
記事ランキング
最新のトラックバック
Flowers in a..
from colonne sun
タッツァ・ドーロ(TAZ..
from ◆イタリア料理紀行◆ dal..
Sad song, sa..
from !!!!! 大佐日報 !!!!!
Loop nano (i..
from いいタイトルが決まらない(;..
DMTECH ホームシア..
from ホームシアター
ラヴェルのボレロ考
from 鎌倉スイス日記
ハリー・グレッグソン・ウ..
from - Harry Gregso..
最近のお気に入り♪
from SとMoとLiの関係
Dianne Reeves
from 今日のアルバム(JetCast)
ROMA---コーヒー(..
from たにしの江戸参り
お気に入りブログ
このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。