独逸より日々愛用しているお気に入りを・・・風の吹くままに、気の赴くままに。
by buckup
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ:雑記。 (193)( 193 )
プロトタイプ幻想
c0030570_07241937.jpg
KOKEILU。グーグル翻訳してみるとフィンランド語で「試す」。最近のイッタラのアート作品の中でも試しに作られたプロトタイプにだけ彫られるのがこの刻印。
c0030570_07283379.jpg
アートの世界において、作品を世に出す前に試験的に作ってみたものを試作品と呼ぶ。試作品はあくまで習作であって作品では無い。
そんなで以前はトイッカデザインのバードやアートピースの試作品が極稀に中古市場に出回っても、一般的なカタログモデルよりも高く取引される事は無く、寧ろ価値の無い作品以前の習作として一般取引価格の半額以下で扱われていた。
c0030570_07341642.jpg
今からさかのぼる事3~4年前。一部の熱狂的なKiviコレクターたちが凄い勢いと価格でフィンランドのネットオークションから様々なカラーを買い集めていた頃、以前からイッタラのアウトレットのみで扱われていた一般的に「中間色」と呼ばれるイレギュラーなカラーに稀少性を見出し、ブログでその存在をアピールし始め「レア」と煽り高値で転売を始めた頃から日本では試験的に作られた色やB級品の中間色、プロトタイプの価格が信じられない勢いで高騰し始める。
c0030570_07390053.jpg
今では10万越えなんて信じられないトンデモ価格で取引される事もある中間色も、本国フィンランドに行けばアウトレットの片隅でひっそりと売られている超お買い得低価格のB級品。それが何故か日本ではレアで希少なモノとして扱われてしまうのが不思議。
c0030570_07412599.jpg
バードやアートピースの試作品も日本では同様に「激レア」とか「超希少」とかもて囃されトンデモ価格で売られていたりするから驚き。

欧州では習作として全く価値のないモノとされてきたプロトタイプが、何故か日本ではレアで希少価値のある特別なものになってしまうのか正直僕には理解出来ない。
アートにしろ音楽にしろ車にしても試作品はあくまで(試)作品であって作品ではない。試作品が優れている、もしくはレアで希少なんて価値観は僕が子供の頃に夢中になったガンダムの世界ぐらいじゃないだろうか?
c0030570_07453866.jpg
また最近とても気になるのが、バードコレクションの指針となる通称「バード本」に掲載されていないモデルを即プロトタイプと認定しちゃう傾向。

よくよく調べてみれば、バード本に記載されていないアメリカ限定やフィンランド限定は幾つか実在するし、そもそも試作品には基本ヌータヤルヴィやイッタラのロゴシールは貼られない。
バード本に載っていないモデルでも、画像検索してみて幾つも同じモデルが見つかるものはまずプロトタイプじゃないし、プロトタイプと呼ばれる試作品は通常一つしか作られない。

例えば上の写真のアメジスト色のペンギン、通称「ピンクペンギン」(正式名称不詳)もバード本には掲載されていないモデルの一つだけど、バードコレクターたちの間ではおそらくアメリカで限定販売されたものだろうと推測されていて決してプロトタイプなどではない(その反対にバード本に掲載されている"Bird of Passage"シリーズのPingviini/Penguinをパープルペンギンとか勝手に命名しちゃっているショップを見たことある。困)。
c0030570_08231329.jpg
O.T.IIと刻印された個体をこれまたレアと煽る転売屋を見たことあるけど、O.T.IIはB級品の証。2012年以降は殆ど見なくなったけど、それ以前の一定期間B級品にはこの刻印が彫られていた。
c0030570_08251323.jpg
また通常フロスト仕上げのボディーを持つKotka/Eagleもたま〜につや消しが施されていない個体を見かけるけど、これも基本B級品。
フロスト仕上げのバードがツヤツヤのまま世に出るのはB級品あるあるだし、逆に通常はツヤツヤなバードがつや消しになっているのもB級品あるあるだったりする(中には限定モデルとしてつや消しが施されていたりしなかったりするモノも勿論ある)。
最近のバードではあまり見かけないけど、同じバードでも作られた時期によって全く異なる色味だったり模様だったりするなんて事もトイッカバードの面白みの一つだと僕は思うんだけど、それをまたレアだ希少だと思い込んじゃうショップや転売屋も少なくない。
c0030570_08312543.jpg
特に初期のバードは大きさも形も柄もかなり自由に作られていたのが特徴。話に聞く初代キーックリのようにその日の工房で使われていたガラスによって色決めがされたり、同じバードでも形や仕上がりにかなりバラツキというか幅があったり。
自由でラフで大胆なのが初期のトイッカバードの面白さなのに、それすらも日本ではレアだ希少だ試作品だとなってしまうから困りもの。
c0030570_08462300.jpg
人と違うものを持っているという優越感に浸りたいからのか、はたまたそれを自慢したい人たちのためなのか欧州では価値無しとされるプロトタイプをレアと称してトンデモ価格で売る知識乏しいショップや転売屋たち。
勿論試作品の中にはレギュラーラインナップには無い面白さや美しさを持つバードも少なく無いし、人によって気にいるポイントや価値観は様々。僕のバードコレクションの中にも幾つか試作品があるけど、それらすべては希少性を求めての購入ではなく、美しいなと思い是非手元に置きたいと思ったのが一番の理由だし、日本で売られているような法外な値段だったら絶対に購入はしていない。

ただ「レア」だという観点だけでプロトタイプを入手しても、日本はともかく世界基準では決して価値(価格)が上がるということはまず無いので、バード購入の際にはレアや希少という甘い言葉に踊らされる事の無いよう願うばかり。またこれからブームが収束していざ手放そうとしても、日本以外では基本正規の刻印の無い試作品には価値は全く無いという事実を頭の片隅に留めておいてもこの先損は無いんじゃ無いかと思う。


[PR]
by buckup | 2018-06-08 09:36 | 雑記。 (193) | Trackback | Comments(0)
わが家の復活祭*2018
c0030570_04410280.jpg
もうかなり前になっちゃったけど、わが家の復活祭の記録2018。
c0030570_04420110.jpg
今年の復活祭は冬から春へと徐々に移りゆく季節にやってくる。写真は復活祭の前、週末に格安でGETした大量のチューリップを真っ赤なトイッカ氏のアートピースにドサっと飾った時のもの。
c0030570_04435537.jpg
復活祭の前に大寒波が訪れ3月なのに雪が降る。結構マイルドな冬だったので、冬の終わりの大寒波にびーっくり。バルコニーで春を待っていたクレマチスやチューリップも、この大寒波を乗り切れずに残念ながら枯れてしまったのが残念。
c0030570_04455143.jpg
復活祭の時期のリビングの窓辺。僕のバードコレクションの中でも特に気に入っている思い出深い黄色いバード・Herokki。春の窓辺に飾ることの多いこのバードにパステル系のパフボールを合わせる。春の明るいパステルカラーのバードたちが親ガモ&子ガモのように見えてとても可愛らしかった。
c0030570_04485126.jpg
復活祭休暇に入ると急に春めいて気温も上昇。今年初のバルコニーでお茶を楽しんだのも丁度この時期。
c0030570_04494117.jpg
復活祭の時期にリビングに飾られていた桜の枝。残念ながら満開にはならなかったものの、幾つかは花開き春の雰囲気をリビングに連れてきてくれた。合わせたバードは2010年のアニュアルバード&エッグ・Rosebud。何故かこのバード、毎年復活祭に選ぶことが多い(理由は不明)。
c0030570_04531914.jpg
復活祭に欠かせないエッグのデコ。リビング後方コーナーにクリスマスの時期からずーっと飾ってあったリンゴの木の枝にエッグを飾る。
c0030570_04543584.jpg
透明な黄色とグレーのガラスのエッグと本物の卵の殻に着色した黄色系のエッグがわが家の復活祭の定番エッグ。
c0030570_04561312.jpg
復活祭休暇が始まった頃、リビングのテーブルの上には大輪のチューリップと復活祭の時期にぴったりなお気に入りバード、Scope限定のRooster2017を飾る。
c0030570_04574906.jpg
一見シンプルなRooster2017。ロウソクのやわらかな炎の灯火に照らし出されると、オパールホワイトのボディーがぽわっと発光しているように見えるのがお気に入りの理由の一つ。
c0030570_04592199.jpg
リビングの正面には今年はトイッカ氏のバードじゃなくてヘレンドのウサギのフィギュリン。ボディーに緻密に手書きで描かれたフィッシュネットとまるで生きているかのような躍動感あふれるフォルムが美しい。
c0030570_05011166.jpg
ドイツのスーパーでよく見かけるカラフルな色付けされた茹で卵。一年中売っているカラフルな茹で卵だけど、復活祭の時期は多くの家庭で見かける。そして復活祭の時期にはこの茹で卵をヘビの如く食すのもドイツ風(ちなみに謝肉祭の時期にはベルリナーと呼ばれるパンケーキを食す)。
c0030570_05033992.jpg
今年はクリア1937のアアルトベース140mmにトイッカ氏のカラフルなエッグを入れて飾る。アアルトベース140mmは木型モールドならではの柔らかなフォルムとガラスの薄さが特徴。
c0030570_05062443.jpg
復活祭の祝日のリビングのテーブル。にわかにサイズの異なるアアルトベース3つが立ち並び森のような雰囲気となる。
c0030570_05075746.jpg
勿論ココにもエッグ。クリアなターコイズブルーのAnoエッグx3。当時コレがScope限定バード購入のサプライズおまけだったって本当に太っ腹。キーックリ、ラカッティ、ウグラの3羽と一緒にやって来た美しい3つのエッグ。
c0030570_05111292.jpg
こんな感じでデコられた2018年のわが家の復活祭。ドイツではクリスマスと並び非常に大切な祝日でクリスマス同様に多くのデコが施される。ブログにこうして記録するってのは来年以降デコする際に結構参考になるのが復活祭はすーっかり過ぎてしまった今頃UPした理由(忘れないうちに。苦笑)。
c0030570_05160460.jpg
c0030570_05162032.jpg
c0030570_05164029.jpg
c0030570_05165577.jpg
c0030570_05172230.jpg
c0030570_05173465.jpg
c0030570_05174527.jpg
c0030570_05175591.jpg


[PR]
by buckup | 2018-04-27 05:27 | 雑記。 (193) | Trackback | Comments(6)
わが家のバレンタインデー@2018
c0030570_06500249.jpg
今年のバレンタインデーも毎年恒例のバラの花束を妻に贈る。
c0030570_06505864.jpg
毎朝歩く定番の朝の散歩コース。今年のバレンタインデーの朝はかなり冷え込み久しぶりの−7℃。水しぶきのかかる枯れ木や枯れ草がキレイに凍っていた。
この寒さがもう数日続くと石の周りのしぶきも凍りイッタラのガラス器カステヘルミのような氷が連なりとても美しい。
c0030570_06541922.jpg
凍てつくバレンタインデーの朝に撮影したバード写真。情熱の赤いボディーを持つRuby birdと淡い桜色の小鳥・Valentine´s day bird。 
c0030570_06525125.jpg
Puffball pinkじゃなくてValentine´s days bird。2010年のバレンタインデーのために作られた限定バードで、まさにこの日のためのバード。
トイッカバードにしては珍しい淡いパステルカラーのバードで、今は廃盤となってしまった同じくパステルカラーのライラックやイエローのPuffballとの相性も抜群の愛らしい小さなバード。
c0030570_07013830.jpg
バレンタインデーとその前日は、記録的に日照時間の短かかった今年の1月(総日照時間は驚きの35時間!)に引き続きドンヨリ真っ暗だった2月にしては珍しく、雲一つない青空の広がる最高に気持ちのよい1日となる。
丁度一週間の休暇中の僕は本当に久しぶりに青空のもと、妻と愛犬と共に午後の散歩をゆーっくりと堪能する。
c0030570_07040167.jpg
ちなみに快晴だったバレンタインデーの次の朝は写真のように薄っすらと雪の降る真っ白な朝。2018年になってからというもの、本当に天気が安定しなくて真っ暗鬱々真っ白な毎日に正直辟易。明るくて暖かな春がとても待ち遠しい(今年の冬は真っ白な雪原と青空も期待できなさそうだし)。
c0030570_07055819.jpg
バレンタインデーに合わせて真っ赤なフレミングレッドのアアルトベース160mm。光を透過すると美しい赤色に輝くフレミングレッドのアアルトベースはダークライラックと並び僕のお気に入りのアアルトベース。
c0030570_07074492.jpg
リビングのテーブルの上も真っ赤なバードにペールピンクのカステヘルミを合わせてバレンタイン感を演出。
c0030570_07093728.jpg
わが家のバレンタインデーの主役、バラの花束。今年は真紅のバラをメインに妻の好きな良い香りのするユーカリとバジルをトッピング。真紅のカルティオベースに飾る。
フローリストさんが妻好みに仕上げてくれたバレンタインの花束に近づくとフワリとユーカリ独特のフレッシュな良い香りが漂う。
c0030570_07113641.jpg
今年のバレンタインの夫婦バードとしてチョイスしたのはCapercaillieとWood grouse。
c0030570_07153251.jpg
金属的な輝きを放つダークなラスターの羽模様の間から輝くブラウンの地ガラス。羽間から除くブラウンのガラスの輝きがとても美しいとても落ち着いた雰囲気の渋美しい写実的なバード。
c0030570_07171051.jpg
ダークなラスターのボディーを持つ渋美しい雄と対を為す雌のWood grouseは一見すると石のような質感のボディー。光を全く透過しなさそうな石っぽい質感のボディーだけど、実は柔らかく光を透過。
ライトキューブのように下から光を透過すると雄のブラウンガラス同様、ボディー全体が柔らかく光を透過して実在する鳥の羽のような質感を醸し出す。
c0030570_07202506.jpg
日本では女性から男性へチョコを贈るのが習慣となっているバレンタイン(最近は変わってきてるのかな?)。ドイツでは男性から女性へ花を贈るのが普通。とは言うもののバレンタインもハロウィン同様ドイツでは比較的新しめの行事だそうで、ここ数年でようやく花を贈る習慣が定着してきたと行きつけの花屋さんが話してくれた。



[PR]
by buckup | 2018-02-16 07:39 | 雑記。 (193) | Trackback | Comments(2)
新年のバードたち*2018
c0030570_07330710.jpg
FROHES NEUES JAHR 2018!!
 
あけましておめでとうございます

今年もどうぞ宜しくお願い致します
皆様にとって健やかで実り多き平和な一年となりますよーに

buck
c0030570_07365242.jpg
2017年大晦日。妻の家族との年越し夕食会は20時集合。が、17時過ぎに腹が減ったので年越し蕎麦をつくり妻と半分づつ食す。勿論ドイツでは年越し蕎麦を食す風習なんてないんだけど、僕なりのせめてもの懐かしい日本の大晦日的行事の一つ。
c0030570_07401609.jpg
予定通りに20時過ぎに妻の実家に家族全員集合。夜はクリスマスに引き続きまたもオイルフォンデュ。熱々に熱したオイルに豚、牛、鳥の肉をくぐらせ食す、ドイツにおける日本の鍋的料理。大いに食し大いに喋り大いに飲んで迎える新年。
新年のカウントダウンで乾杯し、一同外へ出て花火。特に義父のシルベスターの花火にかける熱意は毎年凄いもので、なんでも2017年は仕事がかなり上手くいったそうで、この夜のためにおよそバード一羽分相当の花火を購入(驚)。そんなで今年の花火はかなり豪勢なものとなる。
c0030570_07462361.jpg
元日。日本同様ドイツも祝日だけど、日本のような厳かさは無い。シルベスターの夜通しパーティーに疲れ、昼近くまでベッドでまったり過ごすのがドイツ的元日。
わが家は僕が御節料理は作れないので、極々普通の休日(駐在さんの家庭や日本人を奥さんに持つ家庭などでは気合いの入った手作り御節をよく目にした)。朝起きて愛犬と散歩に行き、普通に朝食をし、午後にまた愛犬と散歩に行く。そんないつもの日曜日と代わり映えのしない1月1日を過ごす。今年は例年よりもかなり暖かい年の始まり。
c0030570_07515522.jpg
1月6日の三賢者の祝日まではツリーもそのままでまだまだクリスマスの雰囲気漂うわが家のリビングだけど、リビングの正面とテーブルの上のクリスマスデコは片付け、気持ちスッキリ日本の正月風にアレンジ。
c0030570_07533418.jpg
今年の正月のメインは昨年同様カイ・フランク作のサルガッソのガラスバスケットに妻のお気に入りの花屋で活けてもらった紅白の花。
c0030570_07552855.jpg
c0030570_07552167.jpg
白のアマリリスと真紅のカーネーション(?)。まるで流れる川のように結われた青緑のグリーンの草のアレンジがとても良い雰囲気。
特徴的なガラスの取っ手のついたサルガッソのバスケットはこんな感じに和風に花を活けるのにはピッタリのガラス器。
c0030570_07575897.jpg
合わせたバードは大きな白いアマリリスとのバランスを考え、今年は真紅のRed ibis&白いMibis。今年は他の赤いバードも合わせてみたんだけど、何だかしっくりこない。やはり正月には縁起物の鶴に見た目の近いIbis(トキだけど)が良い感じ。
c0030570_08042176.jpg
クリスマスの雰囲気たっぷりだったリビング正面もすーっきり和風に。正月風と言われれば「否」だけど、なんとなく今年はこんな感じに和の雰囲気漂う感じにまとまる。
c0030570_08060110.jpg
落ち着いた気品溢れる美しさのCurlew(ダイシャクシギ)は僕のコレクションの中でもトップクラスの美しさの超お気に入りのバードの一つ。合わせた新作のアアルトベース220mmレインをメインに同じくレインのbowl 75mmをキャンドルホルダーとして使用。クリアのUltima Thuleが和の雰囲気を際立たせる。
新作のアアルトのBowl 75mmはボウルとしての使い勝手は勿論、キャンドルホルダーとしてもかなり美しく、アアルト特有の複雑なカーブにティーライトの炎が反射してとても美しい。
c0030570_08134961.jpg
アドヴェント〜クリスマス期間はゴチャッと賑やかだったテーブルもスッキリいつもの日常使用に。
c0030570_08150537.jpg
昨年末からハマっている(?)HolmegaardのCocoonのキャンドルホルダー。そして同じくCocoonの紫のミニ花瓶には純白のクリスマスローズ。
c0030570_08183459.jpg
そして真紅のパフ。コロンと可愛いパフボールは、ファンタジー系のフォルムのシエッポと異なる写実系のフォルム。そのフォルムのおかげでどんな場所にでも合うし一羽でも独特の雰囲気をつくり出してくれる使い易い(飾り易い)バード。特にわが家のレッドはパフズの中でも一番の容姿とバランスの良さで非常に使用頻度の高いバードでもある。
c0030570_08223261.jpg
とまぁこんな感じの新年を迎えているわが家のリビング。クリスマス後のスッキリ感が結構気持ちよかったりする反面、あと数日で温かな雰囲気に包まれたクリスマスのリビングともお別れで、本格的な長い冬がやってくるかと思うと結構憂鬱。
どんなに寒くても絶望的にドンヨリしても街中が賑やかな雰囲気に包まれるクリスマスの時期はそれ程気分的に落ち込むことはないんだけど、クリスマスが終わり街中の照明が取り払われる1月から明るい本格的な春がやってくる5月迄のこれからの4ヶ月間が一年の中で一番精神的ダメージが大きく、この鬱々な時期を乗り越えるためにはロウソクの灯火と居心地の良いリビングは必須となる。
c0030570_08261707.jpg
でも長い冬が終われば美しい春が来て、また上の写真(2017年の夏の休暇旅行での一枚)のような気持ちの良い夏がやってくる。

というわけで何だか例年以上に新年感の無い年初めだけど(しかもこの記事をUPした3日は強風&大雨の荒れ荒れの嵐の朝)ぼちぼちゆっくり気合いを入れ始め、のんびり気ままに自分のペースを守り今年もまた平穏な一年にしたいと思っている(写真の愛犬のようにカッコよくバシッと飛躍できればより良いんだけど。夢)。


[PR]
by buckup | 2018-01-03 17:05 | 雑記。 (193) | Trackback | Comments(2)
iittala 2018
c0030570_08123584.jpg
今年も年末恒例、気になるiittalaの2018年新作情報。

※最近、掲示板やブログでの新作ネタバレに苦言を呈する方々が多いように見受けられるようなので、ネタバレされたくない、見たくない人はくれぐれも"More"をクリックされませんよーに(こんな注意書きを書かなければいけないなんて何だかとても悲しい)


More
[PR]
by buckup | 2017-12-31 09:55 | 雑記。 (193) | Trackback | Comments(4)
iittala Christmas glass ball 80mm
c0030570_22013429.jpg
今年はツリーを赤いグラスボールで飾り付けたので、お気に入りのイッタラのクリスマスボールはリビングのコーナーのリンゴの木の枝に飾る。
c0030570_22032030.jpg
毎年、夏が終わりイッタラの下半期の新製品のリリースと共に発表されるガラス製のクリスマスボール。今年はアアルトの特徴的な緩やかなカーブを金色であしらったデザイン。
c0030570_22064922.jpg
イッタラ的にはアアルトのスチールプレートに今年のクリスマスバードのラスターのPuffballと一緒に飾るの推奨(っていうかこういうイメージフォトだった)だったんだけど、やっぱりオーナメントボールはツリーに飾りたいという事で・・・
c0030570_22084088.jpg
歴代のイッタラのガラスボールと共にリビング後方のリンゴの木に飾り付ける。
c0030570_22093777.jpg
2011年"Taika"。今年10周年を迎えたKlaus Haapaniemiデザインの人気シリーズタイカのオーナメントボール。2個セットだったけど一つは数年前に破損(悲)。ガラスの表面にフクロウとキツネ(らしき空想上の動物)がプリントされている。
c0030570_22152976.jpg
2012年はSarjatonシリーズから針葉樹をデザインした"Metsä"。コレも2個セットだったんだけど、一つはボールを吊るすS字部分がポキっと折れてしまい破損(残念)。翌年の同じくサルヤトンシリーズから登場の"Tikki"のオーナメントボールは購入しなかった。
c0030570_22205341.jpg
2016年、待望のトイッカ氏のバードが遂にオーナメントボールに。3種の銀色の鳥たちがボールに舞うとてもステキなデザイン。僕的イッタラグラスボールの最高傑作。
c0030570_22324132.jpg
昨年バードのオーナメントボールと共に登場した、バードを象ったセラミック製のオーナメント。トイッカ氏のバードを象徴するIbis、Uhuu、Little barn owlの3つセット。今年2セット追加で全9羽のバードたちがリンゴの木に飾られている。
そして2017年のオーナメントボール"Aalto"。実はコレ、写真で見たときは良いなぁと思ったんだけど、実物は金色がな〜んとなく安っぽいのに加え、デザイン的にも何だかAaltoとはわかり辛くて僕的にはイマイチ。僕の中ではイッタラグラスボール中最下位な位置づけ(残念)。
c0030570_22355885.jpg
グラスボールだけじゃちょっと寂しいので、シルバーとホワイトの松ぼっくりのオーナメントも吊るし・・・
c0030570_22365762.jpg
昨年入手した可愛らしいBING&GRØNDALのガラスの小鳥も参加
c0030570_22391477.jpg
リンゴの枝の下には氷柱のような美しいガラスのキャンドルスタンド・Festivoとグリーンとイエローのシエッポを配置。
今年のクリスマスは各所でScopシエッポが大活躍。購入当初は15色は多すぎるとか思ったけど、実際には15色もあるおかげでデコレーションの幅が広がり非常に重宝している。
c0030570_22441315.jpg
妻には"ittalaツリー"と呼ばれている今年のリビング後方コーナーに飾られたリンゴの木の枝。
クリスマスツリーの他にもう一つグラスオーナメントをぶら下げるツリーがあるのはくど過ぎるんじゃないかと危惧したんだけど、実際にはリビングのクリスマスの雰囲気演出に非常に貢献してくれている。


[PR]
by buckup | 2017-12-25 22:54 | 雑記。 (193) | Trackback | Comments(0)
わが家の鉄とガラスとキャンドルのクリスマスツリー*2017
c0030570_06431958.jpg
早いもので今年で既に6年目となるわが家のクリスマスの定番・鉄とガラスとキャンドルのクリスマスツリー。今年は妻の希望で赤いオーナメントボールを飾り付ける。
c0030570_06471945.jpg
マットな表面に描かれた金色の唐草模様が美しいオーナメントボール。
c0030570_06482390.jpg
典型的なクリスマスツリーを飾る鏡面仕上げ。室内の光やティーライトの炎を反射してとても美しい。
c0030570_06493604.jpg
華やかな鏡面仕上げのボールと対をなす、落ち着いた渋い雰囲気のマットなボール
c0030570_06502104.jpg
光を受けるとキラキラと美しく輝くスターダスト。粉雪がオーナメントボールに積もったような雰囲気。
c0030570_06533122.jpg
そして何と言っても外せないのがクリアなボール。色は落ち着いたちょっと暗めのボルドー。6cmと8cmの2種類の大きさで、ツリーのティーライトに火を灯すと揺れる炎がクリアな赤いボールに透過してとても美しい。
c0030570_06560138.jpg
見る角度によってはこの写真のようにまるで赤いガラスのボールの中に炎が宿っているかのように見える。
c0030570_06572155.jpg
今年のクリスマスマーケットでたまたま見つけた新入りが上の写真中央の、まるでレース編みのような装飾のボール。ボール自体はボルドーのクリアでその上のレース編みのような装飾が光に反射してキラキラと美しい。
c0030570_07031308.jpg
うちに2セット(4個)あるイッタラの2012年のガラスオーナメントボールのヒンメリ。最近はお値段据え置きで一個販売となっているクリスマスボール。以前は2個セットだったんだよなぁと冬らしいヒンメリのボールを飾りながらしみじみ(しかも最近のはメインドインチャイナだし。悲)。
c0030570_07062291.jpg
ツリーの足元には、毎年恒例となりつつあるBullfinchを飾っていたんだけど、色的に赤いオーナメントボールに埋もれてしまう感じがしたので変更。
c0030570_07111605.jpg
そんなでツリーの足元には真っ白な2016年のクリスマスバード・Snow doveとKuulas。アクセントに赤いLittle ternと最近入手した小さいけど繊細な2006年のEnso shop限定のTipitiiを。
c0030570_07155680.jpg
ツリートップには今年も「偽造シエッポがこれ以上拡散しませんよーに」の願いを込めて串刺しの偽造シエッポ。
バードに詳しくないショップや転売ヤーたちが安いからと飛びついて、結構な数が既に日本へと拡散してしまった偽造シエッポ。イエローや現代的なレッド、ライトライラック等々の当時ありえない色でつくられる憎き偽造シエッポ。
ショップやネットオークションなんかでは「レアカラー」として紹介しているけど、十分な知識がなく確証が持てないなら当時のアラビア&ヌータヤルヴィシールのない個体には手を出さないことをオススメ。
あ〜偽造シエッポ、どうしてこんなものが世に蔓延るようになっちゃったのかなぁ〜。本当に残念(串刺しにしてもまだ足りない気分)。
c0030570_07234152.jpg
このブログでは赤いオーナメントボールよりも断然クリアボールの方が人気みたいだけど、実際には赤のボールで飾り付られたツリーも写真以上にとーっても良い感じ。

今年のわが家のクリスマスは、赤いツリーを中心にアドヴェントキャンドルをはじめ赤を主体とした飾り付けとなっている。




[PR]
by buckup | 2017-12-24 07:32 | 雑記。 (193) | Trackback | Comments(6)
erster & zweiter Advent 2017
c0030570_19293927.jpg
12月3日。暦の上でもっとも遅い今年の第一アドヴェントを12月に入りようやく迎える。そしてわが家のアドヴェントキャンドルにも一つ目の炎が灯る。
c0030570_19335287.jpg
12月10日。久しぶりの12月なのに横殴りの激しい雪が降った第二アドヴェント。雪景色を背景に2つ目のロウソクにも炎が灯る。
c0030570_19362104.jpg
玄関には毎年恒例のヤドリギを吊るす。切り取っても長い間瑞々しく青い生命力溢れるヤドリギ。吊るしたヤドリギの下で意中の人とキスすると結ばれるなんて甘い言い伝えもあったりする。
c0030570_19383258.jpg
キッチンの窓辺にはキリストの生誕を示す真っ赤なベツレヘムの星。旧東ドイツの小さな町Herrnhutで作られる伝統的なクリスマスの飾り。僕たちが住む南西ドイツではあまり見かけないけど、ドレスデン等の旧東ドイツの街をこの時期訪れると、多くの家の軒先やバルコニーにこの星が輝き、非常に幻想的(僕の好きなドイツのクリスマスの情景)。
c0030570_19433145.jpg
リビングの窓辺にも毎年定番のネオンツリー。クリスマス直前までは色とりどりのシエッポを配置。クリスマス直前にこの窓辺にはわが家のクリスマス定番の木製サンタを飾る予定。
c0030570_19450633.jpg
今年は新装開店した妻の馴染みの花屋でアドヴェントクランツを購入しようと決定。沢山の素敵なアドヴェントクランツが店頭に並ぶ中でも妻が特に気に入ったのがこのクランツ。
c0030570_19471941.jpg
毎年わが家ではロウソクが4本配置されたアドヴェントクランツを用意するんだけど、この素敵なクランツには中心に大きなロウソクが一本。
c0030570_19490059.jpg
そんなで急遽妻のお気に入りのBengt&Lottaの鉄製のキャンドルスタンドに4本のロウソクを立ててアドヴェントキャンドルとする。
c0030570_19505532.jpg
普通にキャンドルスタンドとして使用していた鹿と鳥たちが遊ぶこの鉄製のキャンドルスタンド。もしかしたらアドヴェントキャンドルスタンドとして使うのが本来の用途なのかもとか思ったり。
c0030570_19523231.jpg
アドヴェントキャンドルの後方には数年前に一目惚れして購入したRosenthal傘下のHutschenreuter製のガラスの鹿。日中は背中に乗る小鳥と琥珀色の角が光に透過して輝きとても美しい。
c0030570_19572628.jpg
iittalaの唖然としてしまう程の常軌を逸した価格の急騰。それに伴う取扱店の激減に落胆してすっかりブログの更新の熱意を失ってしまった2017年。
でも、やっぱり、ブログに記事として僕たちの生活を記録しておくと後々便利でしょうと妻に背中を押されようやく今回の更新に至る。本当はクリスマスの記事の前に夏の休暇旅行の記事を書こうと思っていたんだけど、師走の忙しさで中々ブログを書く時間が取れず。
写真を投稿して一言添えるだけのお気軽Twitterはわずかな時間でUP出来るんだけど、ブログはそれなりの時間が必要(写真を吟味したり読み直したり)。そして久しぶりに更新しようと思ったらエキサイトブログの入力ページが一新されていて戸惑ったり。でも、どうにか久しぶりの記事を書き上げホッと一息。
iittalaの件は、ドイツ全国で取り扱い店激減でバードを実際に目にして選ぶことはできなくなってしまったけど、わずかに残ったiittala取扱店でもやっぱり売れないのか常時20~40%の大セール状態なのが救い。そんなで結局は以前の正規価格でGET出来る事が叶いこれまたホッと一息。

そして一時は消えそうになったiittala&バードに対する情熱も、僕はやっぱりバードとiittalaのガラスが好きなんだと夏過ぎ頃に再確認。そんなでブログの方もぼちぼち復活しようかと思っている。








[PR]
by buckup | 2017-12-11 20:15 | 雑記。 (193) | Trackback | Comments(22)
iittala Birds by Toikka -イースターのバードたち*2017
c0030570_6103786.jpg
2017年のわが家のイースター。今年は昨年よりもさらに控えめ(!?)なトイッカのバードとエッグ。
c0030570_527854.jpg
今年のイースター休暇のはじまった週は最高気温20℃超えなんていう信じられない程気持ちの良いポカポカ陽気だったんだけど、復活祭本番の金曜日になった途端に天気は崩れ氷雨の降る寒い寒い復活祭となる。
c0030570_5291627.jpg
今年のイースターの飾り付けは例年に比べかなーりシンプル。
c0030570_531338.jpg
クリスマス前アドヴェントの頃からリビングのコーナーに飾られてある枯れ木にガラス製のエッグと僕の大好きな飛騨高山の新工芸の鳥を飾る。
c0030570_5324413.jpg
ガラス製のイースターエッグの下には美しいロリポップと白いフクロウ夫妻。
c0030570_5333484.jpg
丁度イースター直前に新たに入手した横置き型のエッグ。ラスターのスポット&半透明な卵。今までに見たことのないタイプのエッグ。横置きエッグは知られている以上にたくさんのバリエーションがあるので集めてみると中々面白いカテゴリー。
c0030570_5353994.jpg
新たに入手したエッグはカササギと共にライトキューブの上へ。
c0030570_5362333.jpg
今年の復活祭の花はシンプルにワックスフラワー。日持ちも良く香りも良いワックスフラワー。妻も僕も好きな花なんだけど、なぜか今回のワックスフラワーはそれほど日持ちせずに枯れてしまったのが残念だった。
c0030570_5374878.jpg
リビング中央の一番目立つ場所。今年のイースターなテーブル。
c0030570_5385265.jpg
パープル、オリーブ、ブラウンなスコープ復刻Kiviと同じカラーコンビネーション。
c0030570_5394063.jpg
2017年酉年にちなんでつくられたスコープ別注のバード・Rooster2017&コバルトブルーのシエッポ&ホワイトエッグx2。
最近バカ高い割に魅力の無いバードばかりリリースしている本家イッタラと異なり、とてもユニークで魅力たっぷりな別注品を世に送り出しているスコープ。そんなスコープがリリースしたRoosterも今までのバードに無いとてもユニークなフォルムで、じわじわとその良さに気付く非常〜に魅力溢れるステキなバード。
c0030570_54249100.jpg
イースターの飾り付けのメインはアアルトのスティールプレートに並んだトイッカデザインの横置きエッグ。色とりどり、装飾様々なガラス製のエッグがとても美しかった。
c0030570_5441459.jpg
ペールピンクのカステヘルミのボウルには色鮮やかに着色されたわが家の復活祭の定番になりつつあるカラフルなゆで卵。
c0030570_546306.jpg
殻は派手派手にカラフルだけど、殻を剥けば普通のゆで卵(笑)。
c0030570_5451090.jpg
レッドガーネットのマリボウルにはチョコ製エッグ。
c0030570_5471760.jpg
今年初めてのチョコエッグは中々面白い食感。外側は卵の殻のごとく硬くて、齧るとたまごの殻が割れたような感じになるのがとてもカワイかった。
c0030570_549975.jpg
今シーズン初咲きの鉢植えのオールドイングリッシュローズをサーモンピンクのアアルトベースに。

毎年トイッカのバード&エッグが大活躍なわが家のイースターなんだけど、今年は若干少なめ。というのも幾度となくブログにも書いている昨年からのバカらしくなっちゃうようなイッタラの価格高騰に呆れ果てバードに対する情熱というか興味が薄れつつある現状がかなり影響。
最近はイッタラのあまりに酷すぎる経営方針に呆れ果て、最高の癒しだった筈のリビングに飾るバードも以前に比べ減りつつある。
そんなで最近は大好きだったトイッカのバードも当分お休み&バードから少し離れてみようかなぁ〜なんて気分(ドイツでは最近イッタラの取扱店自体も激減してるし。残念)。
[PR]
by buckup | 2017-04-26 05:57 | 雑記。 (193) | Trackback | Comments(0)
ドイツでお花見*2017
c0030570_432852.jpg
ほぼ毎年行っている、わが家の春の定番行事・ドイツでお花見。今年は天気も開花時期もバッチリ最高な花見となる。
c0030570_4332981.jpg
3月26日(日)朝6時過ぎに起床。写真は26日朝6時半に撮影した写真。気持ちの良い快晴を予感させるとても清々しい朝だった。
c0030570_4351138.jpg
朝、妻が起床すると普通に愛犬の散歩に行き、普通の週末のイッタラな朝食。
c0030570_43824100.jpg
c0030570_4383489.jpg
c0030570_4362263.jpg
この日の朝食はホットサンドイッチメインだったのでいつもの週末朝食よりもテーブルの上に並ぶ皿は少なめ。
c0030570_4373610.jpg
コーヒーセットは最近ハマっている(!?)ヘレンドのアポニーシリーズ。
c0030570_4392860.jpg
遅い朝食を終え正午過ぎに遅めな出発。春の陽光がリビングに燦々と降り注ぐ最高の天気。
c0030570_4411462.jpg
気持ちの良い青空の下、桜咲く庭園のある城へとウキウキドライブ。
c0030570_4422628.jpg
桜の庭のある城に着くと今まで見たことないような人の列。日本では結構普通に見かける行列だけど、ドイツでは中々珍しい光景。
最高の天気だった事もあって多くの人がこの日このお城を訪れる。入場券売り場までの行列の待ち時間約20分。ドイツでこんなに並んだのって本当に久しぶり。
c0030570_4484626.jpg
日本人観光客にも人気のあるドイツでも指折りの観光スポット・ハイデルベルグより南西に約15kmの地点にある小さな町・Schwetzingenにあるプファルツ選帝侯の夏の宮殿。ココの広大な庭はとても美しく、趣向の凝らされた広大な庭の一角に桜の咲く庭がある。
c0030570_4502026.jpg
桜の咲く庭は白壁に囲まれちょっと日本風。毎年ココに辿り着くと桜の咲き具合がとても気になりドキドキ。
c0030570_4513696.jpg
c0030570_4514868.jpg
c0030570_452480.jpg
今年は珍しく東京の桜開花よりもかなり早く満開となったドイツの桜。この日はまさに満開ドンピシャという感じで青空に映える桜がとても美しかった。今まで訪れた中でも最高の満開具合だった。
c0030570_4562639.jpg
毎年日本風な弁当を作って持参したり、ドイツ風にサンドイッチを持ってきたりして楽しむお花見。今年はがっつり朝食をとってからの出発だったので軽めにお花見カフェタイム。
c0030570_4565339.jpg
今年初の試み。割れちゃう可能性のある食器持参でのお花見。紙やプラスチックの食器と違いやっぱり使い慣れたお気に入りの食器でのカフェタイムは気持ち良い。満開の桜の下、暖かなポカポカな陽光&美味しいケーキ&コーヒーを満喫。
c0030570_512493.jpg
愛犬もおやつを貰いお花見を満喫。
c0030570_522912.jpg
愛犬と一緒にTシャツでも寒くなかったポカポカ陽気の花見を満喫。とーってもリラックスした気分に。お花見ってやっぱり最高!
c0030570_534748.jpg
2時間以上お花見を満喫してから広大な宮殿庭園を散歩。
c0030570_545270.jpg
お花見&庭園散歩の後はこれまた恒例のアイスカフェへ。そこでコレまた恒例のパフェを食したんだけど、僕の好きなイチゴもキウイのパフェは既に売り切れ(悲)。そんなでこんな感じのフルーツパフェを注文したんだけど、生のリンゴが入っていて僕はアウト。何故かドイツのリンゴにはアレルギー反応が出てしまい残念ながら僕はリンゴを生で食べる事が出来ないので妻が注文したアイスコーヒーと交換。そういえばこの日が今年初のアイスだったかも。
c0030570_57446.jpg
丁度日が沈む頃に帰宅。サマータイムとなりだいぶ日が長くなる。
c0030570_585556.jpg
今まで訪れた中で最高な花見となった今年のドイツで楽しむお花見。食器持参ってのも悪くないねと妻と話し、今年の夏はバスケットに愛用の食器と食材詰めてピクニックなんてのもいいねなんて話をしている。
[PR]
by buckup | 2017-04-26 05:21 | 雑記。 (193) | Trackback | Comments(2)


タグ
カテゴリ
最新の記事
iittala -Valkea
at 2018-09-04 17:35
iittala -Trio
at 2018-07-24 14:53
わが家のHerendな朝食#1
at 2018-07-12 05:30
HAY TIME
at 2018-06-15 18:35
プロトタイプ幻想
at 2018-06-08 09:36
わが家の復活祭*2018
at 2018-04-27 05:27
わが家のiittalaな週末..
at 2018-03-07 18:41
以前の記事
2018年 09月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2009年 03月
2009年 02月
2008年 07月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 02月
2007年 10月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 04月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
最新のコメント
検索
記事ランキング
最新のトラックバック
Flowers in a..
from colonne sun
タッツァ・ドーロ(TAZ..
from ◆イタリア料理紀行◆ dal..
Sad song, sa..
from !!!!! 大佐日報 !!!!!
Loop nano (i..
from いいタイトルが決まらない(;..
DMTECH ホームシア..
from ホームシアター
ラヴェルのボレロ考
from 鎌倉スイス日記
ハリー・グレッグソン・ウ..
from - Harry Gregso..
最近のお気に入り♪
from SとMoとLiの関係
Dianne Reeves
from 今日のアルバム(JetCast)
ROMA---コーヒー(..
from たにしの江戸参り
お気に入りブログ
このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。