独逸より日々愛用しているお気に入りを・・・風の吹くままに、気の赴くままに。
by buckup
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
カテゴリ:Favorite。(290)( 283 )
新カテゴリー x2
c0030570_20550223.jpg
世界でも指折りのハンガリーの磁器メーカー・ヘレンドとドイツを代表する世界でもトップクラスの老舗玩具メーカー・シュタイフ社をテーマに6年ぶりの新カテゴリー追加。
c0030570_20583271.jpg
今から約4~5年前に日本でイッタラのバード人気が急沸騰。それに伴い多くのヴィンテージショップや個人が世界中のバードを買い漁り日本で転売を開始。今では世界のバードの80%が日本にあるんじゃないかと思う程数多くのバードがヤフオクやショップで扱われ、ちょっとレアなバードが海外のネットオークションに登場すると、それ以前のコレクター達には考えられない値段で落札。その数週間後にはヤフオクやネットショップに数々のバードたちが並ぶようになって早数年。
世界中のあまりに馬鹿馬鹿しいバードの中古価格の沸騰、そして本家本元のイッタラの暴虐的とも言える価格急上昇によりとどめを受けた多くのコア&古株のバードコレクターたちが現状に呆れ果てコレクションを手放したり、他のコレクションへと移行(悲)。

そして僕も2年前からあまりに高くなってしまったバードは小遣いの範疇では購入が難しくなってしまったので、バードコレクションと並行して新たなコレクションを開始。
その一つが僕が住むドイツ(地の利を生かして)を代表する老舗玩具メーカー・シュタイフがつくる、一般的にテディベアとして認識されるクマのぬいぐるみ。そして学生時代からの夢だったけどずーっと高嶺の花だと思っていたハンガリーの磁器ヘレンドの蒐集。
c0030570_05575507.jpg
Steiff(シュタイフ)。1880年創業の世界で初めてぬいぐるみを作ったとされるドイツの由緒ある老舗玩具メーカー。主力商品は世界中で愛され知名度も高いクマのぬいぐるみ・テディベアと子供服。特にテディベアは世界中にコレクターが沢山いるコレクターアイテム。
80年代に世界的にヴィンテージのテディベアが人気急騰した際に当時の価格で2000万円近い最高値でシュタイフのクマを落札したのは日本人だったというのはドイツでは非常に有名な話(コレは現在のトイッカ氏のバード人気同様。レアバードを信じられない価格で落札していくのはいつも日本人)。
c0030570_06091618.jpg
現在は日本でのテディベア人気も一段落したようで、世界的にベアの価格は比較的入手しやすい価格で安定。そんなでトイッカ氏のバードよりもかなり求めやすい価格でコレクションできるのが魅力。
基本的に僕がコレクションしているのは『白いタグ』の限定ベア。その中でもタグに黒字で印刷されている『レプリカ』と呼ばれる、昔のベアの復刻モデルがお気に入り。お気に入りの理由は各クマそれぞれにあるストーリー。ただ可愛いクマのぬいぐるみというだけではなく、レプリカとして復刻されるクマたちには背景となるストーリーがあるのが僕的シュタイフのクマたちの魅力だったりする。
c0030570_06150432.jpg
基本僕のシュタイフのコレクションは、テディベアと上の写真右に写っている現在は作られていない復刻のフェルト人形。そして同じく復刻のぬいぐるみの下に小さな車輪のついた「オン・ホイール」と呼ばれるシリーズの3種。

新たなカテゴリー「Steiff」ではそんな僕の集め始めたばっかりの僅かなコレクションの備忘録を兼ねてレビューしていこうと思っている。
c0030570_06301887.jpg
そしてもう一つの新たなカテゴリー「Herend」。ヘレンドは知る人ぞ知るハンガリーの名釜。古くは奥州の覇者ハプスブルグ家御用達として。またイギリスのヴィクトリア王女にも見初められた長い歴史を持つ磁器工房。多くの磁器が味気の無いプリントになってしまった現在も一つ一つ手描きで絵付け。そんなでよ〜く見比べてみると一つ一つ微妙に柄の配置や色の濃さタッチ等異なるのが僕的最大の魅力。
c0030570_06345539.jpg
海外留学先で初めて出会ったヘレンド。特に写実的な動物のフィギュアにフィッシュネットと呼ばれる独特の模様が施された動物たちは当時の憧れだったんだけど、学生の身には手の出ない高嶺の花。そんなで「ヘレンド=超高級高嶺の花」と僕の頭にインプットされていたんだけど、丁度昨年の今頃、たまたまヘレンドのフィギュリンの価格を目にしてびーっくり。
当時手の出ない超高嶺の花と思っていたヘレンドのフィギュリン。しかしながらココ2〜3年で以前の価格の2~3倍へと跳ね上がった現在のイッタラのバードの価格とそれ程変わりないことに気づきその後直ぐに初ヘレンド。
c0030570_06402971.jpg
夢だったフィギュリンを入手したのと時を同じくして、ヘレンドのC&Sもデビュー。基本イッタラ、そして数々の北欧食器を愛用している中、どうしても納得のいかなかったのが北欧デザインのティーポットとカップの飲み心地。
どんなに素敵でシンプルなデザインのティーポットも何故か北欧ものは盛大に液だれしてしまう。使い始めてからはそんなものかと思い諦めつつ使っていたんだけど、妻に「こんなに液ダレするポット見たことない!」と苦言を呈され液ダレしないティーポット探しの旅へ。北欧ブランドの中にも液ダレしないデザインのものもあるんだけど、女性には重すぎるものが殆ど。

見た目は良い北欧食器(ティーセット)なんだけど使い勝手はイマイチなのが悩みの種だったところでヘレンドのティーセット入手。実際に使ってみると全く液ダレしない素晴らしい使い心地と、繊細な絵付けと高貴な白磁の美しさに一発で参ってしまい一気にヘレンドの虜に。
c0030570_06465774.jpg
マスターピースと呼ぶにふさわしい緻密で繊細な手描きによる絵付け。
c0030570_06474132.jpg
レトロでクラシックなんだけど、磁器の王様と呼ばれるマイセンほどコテコテじゃない。100年以上も変わらず受け継がれる絵柄は現代的な家具や部屋にもよくマッチ。寧ろクラシックで高貴な落ち着いた雰囲気のヘレンドがリビングのテーブルに並ぶだけで部屋の雰囲気までも一新。
c0030570_06493318.jpg
普段使い食器は相変わらずわが家の揺るぎない定番食器・iittalaのTeemaだけど、ティータイムの際に使用する茶器は殆どヘレンドへ移行ってくらいお気に入りなヘレンド。種類もカラーバリエーションも非常に豊富なのも魅力。

そんなで昨年からじわじわと増殖中のヘレンドも新カテゴリーに。シュタイフは完全にコレクションだけど、ヘレンドは実用。観賞用ではなく普段使いの高級食器としてのレビューも兼ねてお気に入りのヘレンドを紹介していこうと思っている。


[PR]
by buckup | 2018-02-10 07:14 | Favorite。(290) | Trackback | Comments(0)
iittala Birds by Toikka -Scope Sieppo 2015#1
c0030570_18431997.jpg
2015年から1年以上かけてScopeからリリースされた、4度目の生産となるSieppoは驚異の15色にも及ぶ壮大なるカラーバリエーション。そのScope Sieppoの記念すべき第一弾。
c0030570_18504733.jpg
c0030570_18533869.jpg
クリアxクリア、イエローxアメジスト、クリアxセビリアオレンジの明るい3色が1年以上にも及んだ15色のシエッポズマラソンのはじまりの色。その中でも特に注目だったのが、復刻ではなく完全オリジナル配色となったイエローxアメジスト。
c0030570_18554814.jpg
前例の無い15色にも及ぶカラーバリエーションを誇るScope Sieppoは売り方も非常にユニークで、希望者に3色づつ5度に渡るリリースをナンバー固定。その恩恵として特別価格&嬉しい特製おまけが付くという前例の無い驚きの販売方法だった。
というわけで、自分のナンバーが固定される運命のトリオを見つけるために、夏の休暇旅行中の車中で妻から見たらどれも同じに見える見本写真を穴のあくほど見比べていて呆れられたのを今でもはっきり覚えている(汗)。
c0030570_19015350.jpg
僕的ナンバー選択の一番の要となったのがイエローのシエッポ。今までにない特別なカラー。そして見比べてみると今までのシエッポとはちょっと異なる独特なフォルム。そんなでこだわったのが、今までのシエッポとは異なる、写実的な小鳥のようなフォルム。
そんな個体をまず選び、あとはクリアxクリアとクリアxセビリアが良い感じの自分好みの個体の揃ったナンバーを厳選して決まったのがこの3羽のシエッポズ。
c0030570_19044061.jpg
光源によって紫色から青へと変化するアメジストのクチバシは見る方向、光の透過の仕方によっても様々な色を見せてくれる。
c0030570_07024920.jpg
シエッポの大きな魅力の一つが、光を透過すると宝石のように美しくキラキラと輝くクチバシ。
c0030570_07061022.jpg
15色のシエッポの中でも、どうしてももう一羽欲しかったのがクリアxクリアのシエッポ。写真右がナンバーズ。左のふっくら大柄なのが僕がチョイスして後から追加購入したクリアシエッポ。
c0030570_07074957.jpg
おそらく15色の中でも一番目立たない存在なのがクリアxクリア。なんだけど、僕的にはKivi同様、クリアならではの透明なガラス本来の美しさと輝きに惹かれ追加購入。無色透明なクリアは光の透過具合によってはクリスタルの七色の光の輝きが美しいのに加え、どんな場所でも、また如何なるバードとも自然に馴染むのがgood。
c0030570_07121098.jpg
実はクリアを追加購入したのはクリア3体で飾りたかったってのが一番の大きな理由。わが家ではクリアはこんな感じにゴチャッとまとまって居ることが多い。
c0030570_07132785.jpg
ではイエローは?というと、イエローは単独、もしくは上の写真のようにキューヒューと一緒に居ることが多い。僕的にキューヒューとイエローのシエッポのコンビネーションは結構ツボで、密かにキューヒューの最高パートナーはイエローシエッポだと思っている(笑)。
c0030570_07424342.jpg
ボディーの底には手彫りで"O.Toikka IITTALA 2015 SCOPE xxx/1000"の刻印。限定モデルもそのほとんどがサンドブラストによる刻印となってしまった今となっては非常に貴重な手彫りの刻印。
残念なことに日本にも出回り始めている偽造シエッポの刻印なんかを見ると、誰でも削る事の出来る手彫りよりもサンドブラストの方が安全&確実かもとか思ったり。まぁ偽造シエッポの刻印って本物を真似てはいるものの、本物の刻印を知っている人なら一発で見分けがつく非常に稚拙なレベルなんだけど。
c0030570_07494640.jpg
最後に第一弾のシエッポと同じカラーのクリア、レモン、セビリアオレンジのKiviと。15色にも及ぶカラーバリエーションの殆どがKiviのカラーと同調。そんなでKiviと一緒に色を合わせて飾るなんて事も出来るのがスコープシエッポズ。たまにはこんな感じでKiviと一緒に飾るのも悪くない。
c0030570_07523745.jpg
一年以上かけて、ゆっくりとリリースされたスコープシエッポ。その第一弾となった3色。ナンバー登録した時は「やっちまったか?15羽ものシエッポ、要るのか???」と懐疑的だったんだけど、結果15色が全て揃うと後悔は一切無く、寧ろ全色コンプしておいて良かったという気持ちの方が強く。今では僕のトイッカバーズコレクションに無くてはならない存在となっている。
次回は第二弾のグリーンxイエロー、ブラウンxクリア、コバルトxグリーンの渋系シエッポズのレビューを書こうと思っている。
c0030570_08004422.jpg
Sieppo : ClxCl, ClxSo, LmxAt
Scope 2015
Numbered 239/1000
-ca.100x65mm


[PR]
by buckup | 2018-01-19 08:15 | Favorite。(290) | Trackback | Comments(2)
iittala Kastehelmi -tumbler 30cl & vase 154mm aqua
c0030570_18312152.jpg
2018年のイッタラのニューカラー。復刻のアクア。限りなくクリアに近い薄いブルーのアクア色のガラスでつくられたカステヘルミのタンブラー30clと完全新作のvase 154mm。
c0030570_18333740.jpg
ガラスの厚い底とふちが薄い透明感のあるブルーに色付くアクアのカステヘルミタンブラー。
c0030570_18343460.jpg
底にはお馴染みのイッタラのロゴと大小様々な朝露の粒々。
c0030570_18353646.jpg
今年アクアとして復刻した旧名アクアブルー(ウォーターブルー)。ガラスの厚い底やふち以外は殆どクリアに見える上品なカラーで、バリエーション豊富なイッタラのガラスの色の中でも実は僕が一番好きなカラー。
そんなアクアブルーが今年復刻。そして今までに無い様々なアイテムにもこの色が使われるとあっては買わないわけにはいられない(苦笑)。ということで一番気になっていたカステヘルミのタンブラーと完全新作の花瓶を早速購入。
c0030570_18391672.jpg
c0030570_18392410.jpg
アクアのカステヘルミタンブラーに水を入れてみると、殆どクリアな水に見えるんだけど、上から覗いた時にだけ薄っすらとちょっとメタリックな美しいアクアのガラス色に水が染まるのはカルティオ同様。
c0030570_18411905.jpg
c0030570_18412621.jpg
ちなみに復刻じゃない古いカルティオのアクアブルーと今年のアクアのカステヘルミを並べても色的違いは僕的には確認出来ず。復刻すると微妙に色のニュアンスが異なるイッタラにしては珍しく色のバラつきは少ないよう。アクアというカラーはもしかしたら安定した発色の色なのかもしれない。
c0030570_18435477.jpg
わが家のブルー系カステヘルミタンブラー揃い踏み。写真向かって左から、アクア、ライトブルー、ウルトラマリンブルー、レイン。こうして並べてみると、色の薄さ(クリアさ)的にはアクアの方がライトブルーよりも薄いのに、色的にはライトブルーの方が明るい。そしてレインの方が色は暗いのにウルトラマリンブルーの方が透明度が低く濃く見えるのが興味深い。
c0030570_18462539.jpg
c0030570_18463027.jpg
ライトブルーとアクアの比較。どちらも明るい発色の薄めの色なんだけど、アクアの方がより水が美味しく見えるのは僕がアクアを好きだからかもしれない(笑)。どちらのカラーも似た方向性の色なんだけど、アクアかライトブルーどちらを選ぶ?と聞かれれば断然アクア。
ちなみにアクアは結構新しめの色のように思うかもしれないけど、実はイッタラ的には結構昔からある色で、アクアよりも若干暗めの発色のアズールブルーというカラーは初期の木製モールド製のアアルトベースに使われていた程古い。
c0030570_18510308.jpg
今年アクアのカステヘルミのタンブラーと同時にリリースされたのが、タンブラーをそのままスケールアップしたようなフォルムのvase 154mm。
タンブラーに比べると大きい分、三分割された型のつなぎ目の線が目立つけど、カステヘルミ特有の粒々模様のおかげで、実際にはそれほど気にならない。
c0030570_18523032.jpg
マウスブローのカルティオのシャープなフォルムを受け継ぐカステヘルミのタンブラーをそのままスケールアップした感じのvase 154mm。カステヘルミの特徴である朝露を模した粒々模様はスケールアップされておらず、タンブラーと同様の大きさなのでかなり細かい粒々な印象を受ける。その為光を透過すると美しく粒々が輝き、また実際に花を飾っても中が丁度良い具合に透けるのではないかと推測。実際にこの花瓶に花を飾るのが楽しみ。
c0030570_18584126.jpg
また花瓶としてではなく、夏の大容量コップとしてももちろん使用可能だとは思うけど、この花瓶に水をいっぱいに入れるとかなりの重さになるので片手飲みは厳しそう。
c0030570_18591694.jpg
大好きなアクアの復刻とあってとりあえず入手してみたカルティオのタンブラーとベース。その美しさは予想通り。

カステヘルミのアクアはタンブラー&ベースの他に、plate170mm、bowl23clに加え、キャンドルホルダーも同時リリース。

限定カラーでは無く、定番カラーとしての登場なので、即購入しなきゃ入手困難になるってわけでも無いので、他のアクアの商品も後々入手したいと思っている(アクア好きとしては外せない!苦笑)。


[PR]
by buckup | 2018-01-12 19:12 | Favorite。(290) | Trackback | Comments(2)
Holmegaard -DESIGN WITH LIGHT oil lantern
c0030570_21185421.jpg
Maria BerntsenデザインのHolmegarrd・DESIGN WITH LIGHT(DWL)のオイルランタン。
c0030570_21235261.jpg
独特なフォルムのガラスシェードと牛革ハンドルが特徴的なDWLシリーズ。日本ではキャンドルホルダーが有名だけど、僕がずーっと狙っていたのがこのオイルランタン。
c0030570_21274505.jpg
円錐形のオイルタンク、ガラス製のシェード、スティール製の蓋に牛革ハンドルの4つの部品で構成されるオイルランタン。
c0030570_21312846.jpg
既に使用しているのでちょっと焦げちゃってる円形の部分を回すとオイルを注入する事ができる。タンクの容量が大きいのか燃焼効率が良いのか、タンクを満タンにすると24時間以上連続燃焼もノープロブレム。ちゃんと実測はしていないんだけど、冬の屋外(気温5℃前後)で1日半は燃え続けていた驚異の低燃費(驚)。
ちなみに火を灯す『芯』の長さには注意が必要で、購入した時のままだと長すぎて、火を灯して1時間もすると本体全てが素手では触れない程熱くなり大変なことになってしまう(経験済み)。
使うオイルのメーカーや種類によって異なるのかもしれないけど、僕的芯の長さの推奨は1mm。上の写真のように極々僅かな長さでも十分美しい炎が灯る。
c0030570_21384610.jpg
スティール製の蓋を載せる台座(リング)と革のハンドルを固定する金具が付いたガラス製のシェード。火を灯すとこの金具もガラスシェードも素手では触れない程熱くなるので注意。
耐熱ガラス故なのか、ガラスの手触りと質感は通常のHolmegaardとは若干異なる(ガラスというよりはプラスチックっぽい質感)んだけど、遠目には全然問題無い。牛革製のハンドルを固定する金具はグラグラと緩くなるので、回転させて締める必要がある。
c0030570_21425286.jpg
美しく赤黄金色に焼けたスティール製の蓋。この蓋のおかげでかなり激しく降る雨の日でも問題なく屋外でランタンの炎を楽しむ事が出来る。先にも書いたけど、火を灯ししばらくすると、この蓋は素手では触れない程熱くなるので注意が必要。火を消す際はロウソク専用の長い火消し器推奨。
ちなみにオイルランプ特有の黒煙は芯を短くして灯すと殆ど出ることはない(購入時のままの芯の長さだと炎が大き過ぎで黒煙がモクモクと上がり、この蓋にも真っ黒なススが付着してしまうけど、通常の使用ではススが付いたり黒煙があがる事は無い)。
c0030570_21490555.jpg
DWLの一番の特徴とも言える牛革製のハンドル。この写真では濡れているので、中々良い感じの色に写っているけど、新品のハンドルはかなり明るめ。この先使用と共にこの牛革ハンドルがどんな風に成長(変化)していくのかとても楽しみ。
ちなみにこのハンドルはグルッとランタンを包む感じに装着。オイルタンクの底には溝があるのでそこに合わせてハンドルを装着する(初めて使った時にはその溝に気づかず、グラグラと安定しなくて結構危ないかもとか思ってしまった)。
c0030570_21545431.jpg
本体にガラスシェードを載せ、牛革ハンドルを固定した状態で火を灯す。
c0030570_21560508.jpg
そして蓋を閉めれば準備完了。
c0030570_21565865.jpg
シエッポと並べるとこんな感じの大きさ。大きさ的にはDWLのLサイズよりも若干小さく、ランタンの名の通り、これを灯りにぶら下げて夜中に散歩に行く際にも程良い大きさと重さ。
c0030570_22070367.jpg
屋外の気温が0℃以下になるとシェード内の気温と外気温の差によりガラスが曇り、まるでフロスト仕上げのように見えるのもまた乙。
c0030570_22003895.jpg
現在の定位置はバルコニーの扉の真ん中。ガラス窓越しの本物の炎とバルコニーの奥に置かれた揺れるLEDキャンドルの炎の対比がとても美しい。
c0030570_22023264.jpg
美しい炎のDWLのランタンを左手に、正面にはお気に入りのバードとiittalaのLantern。
c0030570_22035197.jpg
右手にはStool60の上に用意された紅茶とティーライトの灯り。
c0030570_22044629.jpg
左右前後をお気に入りの揺れる炎の灯火に囲まれたこの位置でのんびりと読書するのが最近のお気に入り。
c0030570_22100215.jpg
結構長い間、欲しいなぁと思いつつも中々入手に至らなかったDWLのオイルランタン。実際に使ってみるととても良い雰囲気のランタンで今では卓上暖炉のKaasaと並ぶお気に入りの一つに。
幸い黒煙は派手に上がらないものの、オイルランプ特有の匂いがあるのでうちでは屋外で使用(あの匂いが非常に苦手な妻)。構造上、横殴りの雨が吹き荒れる嵐の日でも炎は消えることなく安定。火を灯すと本体は素手では触れない程熱くなるので注意は必要だけど、年間通して屋外で常用愛用間違い無しの、安定した炎がとても美しいわが家のお気に入りの新入りランタン。

[PR]
by buckup | 2018-01-06 06:40 | Favorite。(290) | Trackback | Comments(0)
Marimekko -Hortensie table cloth & Spaljé runner
c0030570_08544294.jpg
マリメッコの2017年のウインターコレクション。2015年にCarina Seth-AnderssonがデザインしたHortensieのテーブルクロスとSpalijéのテーブルランナー。
c0030570_08575698.jpg
毎年一度だけ。クリスマスの時期にキッチンの食卓を覆うテーブルクロス。今年はたまたま目に留まったマリメッコの真っ赤なテーブルクロスに一目惚れして新調。
c0030570_09000579.jpg
まるで日本の伝統的な赤。ヨーロッパの明るくハッキリした赤とはちょっと色味の異なるとても和な雰囲気の落ち着いた赤に一目惚れ。柄はクリスマスの時期にありがちなベリー柄かな?と思ったら紫陽花だったのにちょっとビックリ。
c0030570_09025883.jpg
c0030570_09030522.jpg
普段使用しないテーブルクロスの上でバードその他を撮影してみると、いつもとは異なる雰囲気の写真が撮れる。なんだかカタログ写真みたいだと自画自賛して妻に呆れられる愚かな僕(汗)。
c0030570_09045737.jpg
クリスマス当日まではテーブルクロス&ランナーを汚さないように(苦笑)普段愛用している妻の大のお気に入り・KlippanのBengt&Lottaのテーブルランナーを合わせたり。
c0030570_09080257.jpg
テーブルの一角でカフェタイムしたり。いつもとは異なる雰囲気の赤いテーブルクロスの敷かれた食卓を楽しむ。
c0030570_09094286.jpg
そしてクリスマス当日。真っ赤なHoltensieのテーブルクロスにさらに深い赤のSpaljéのランナーを合わせる。今年のマリメッコの広告写真で見たまんま。テーブルクロスにランナーを合わせるのが新鮮で、こんな使い方もあるんだと目から鱗。
c0030570_09165757.jpg
クリスマスディナー準備中の25日の食卓。テーブルのセンターには僕のお気に入りの花瓶・HolmegaardのSimplicity vaseに飾られたクリスマスらしい赤い実のなる枝。
c0030570_09211173.jpg
白い大皿に26cmのTeemaのドッテドグレー&ブルーのボウル21cmのコンビーネーション。
c0030570_09240982.jpg
食前酒のポルトワインにはトイッカ氏デザインのヴィンテージグラス・Iglu。
c0030570_09260272.jpg
白ワイン用のグラスはHolmegaardのPerfection。水用グラスにマリメッコのSukatサンド。
c0030570_09315584.jpg
前菜にブルーのTeemaのボウルに盛り付けたサラダ。
c0030570_09323432.jpg
c0030570_09324556.jpg
メインには鴨のオレンジソース&茹でジャガイモと人参、いんげんのバター炒め&赤キャベツ添え。妻が初挑戦したオレンジソースが絶妙に鴨に合いとても美味しかったクリスマスディナー。
c0030570_09371533.jpg
日本の友人、似非子さんがクリスマスプレゼントに贈ってくれたArabiaのキャンドルホルダー・Fireや
c0030570_09382792.jpg
iittalaのキャンドルホルダー・BalloやKastehelmiに彩られたいつものわが家の食卓とは異なるゴージャスな雰囲気(!?)のクリスマスディナーを堪能。
c0030570_09432242.jpg
クリスマスの前にたまたま目に止まり一目惚れしたHortensieのテーブルクロスとSpaljéのランナーは今年のクリスマスの食卓をとても良い雰囲気に盛り上げてくれる。

ちなみに真っ赤なHortensie。何だかとても気に入ってしまい、クリスマス後のウインターセールで値引きされていたベッドカバーも追加注文。Hortensieの落ち着いた深い赤色に恋した2017年のクリスマスとなる。


[PR]
by buckup | 2017-12-30 09:56 | Favorite。(290) | Trackback | Comments(2)
KNUTH NEUBER SEIDENER KUNSTGEWERBE -Teelichtpyramide Treppe mit Seiffener Kirche, natur
c0030570_06125773.jpg
ドイツのクリスマスの伝統的な木製玩具。昨年のクリスマス後のセールで入手した、ちょっとだけ特殊なスタイルのニューなクリスマスピラミッド。
c0030570_06164801.jpg
わが家の一つ目のクリスマスピラミッドとなるULMIK工房製のピラミッド。クリスマスピラミッドとしては古い伝統的な3つの柱によって構成されるモダンなデザイン。
c0030570_06191303.jpg
c0030570_06192029.jpg
c0030570_06192689.jpg
最上階に天使。そしてロウソクの上昇気流によって回転するプロペラと共に回転する各階には上から羊飼い、三賢者、そしてマリアとヨーゼフと生まれたばかりのキリストが静かに眠る、クリッペと呼ばれるキリスト生誕の様子をモチーフにした回転する3階のステージと天使が鎮座する最上階を合わせた4階建ての典型的なピラミッド(装飾やデザインはモダンだけど)。
c0030570_06262415.jpg
それに対し、ニューなクリスマスピラミッドは、クリスマス木工民芸品制作の中心地・エルツ山脈地方の小さな町ザイフェン(Seiffen)の象徴的な六角形の教会を中心としたクリスマスの情景。
そして何よりもこのクリスマスピラミッドが特殊なのが、Treppen Pyramideと呼ばれる螺旋の階段状に各階が連なるデザイン。
c0030570_06361343.jpg
c0030570_06363625.jpg
ベースとなる階にはザイフェンのシンボルに教会と棒状(円錐形)の木製のスティックを彫刻刀で薄く削りカールしたエルツ地方の典型的な、非常に手の込んだ細工の木製モミの木。
c0030570_06392457.jpg
そして沢山のプレゼントをソリに乗せ、忙しそうに回転する、とても可愛らしいサンタクロース。
らせん状に連なる階段の一段目には、ランタンを掲げる3人の子供たち。
c0030570_06414360.jpg
その上、二段目にはお手製の木工民芸品を売る父と母。最上階となる三段目にはエルツ地方の森を散策する鹿と黄金色に輝くベツレヘムの星。
c0030570_06435150.jpg
そして緩いカーブを描く4本のアーチ状の支柱の中心には、六芒星がくり貫かれた木製のプロペラ。



4つのティーライトに火を灯すと、静かに、でも中々のスピードで滑るように回転するクリスマスピラミッド。スルスルと回転する楽し気なザイフェンのクリスマスの情景を眺めているだけでかなり癒される。
c0030570_07204425.jpg
実はドイツに来て、クリスマスの時期にTVではじめて見て是非欲しいと思ったピラミッドが、大きなガラスの瓶の中に螺旋の階段状に連なるエルツ地方の兵隊さんが並ぶピラミッド。
まるでDNAモデルのような螺旋を描く幾重にも連なるピラミッドに一目惚れ。しかしながら階段状のピラミッドってのは実はそれ程ポピュラーではなく、探してみると中々見つからない。

そんな中ようやく見つけて良いなと思ったのがこのナチュラルな木の色と質感を生かしたザイフェンのクリスマスの情景をモチーフとしたピラミッド。

クリスマスらしいキリスト生誕の様子をモチーフにしたモダンな、僕の大切な宝物と言っても過言は無い人生初のピラミッド。一年中使える、モダンなウォールナッツ製の壁掛けピラミッド。それに続くわが家の3つ目となったのが、ちょっと特殊な階段式のピラミッド。
3つのピラミッドが出揃うクリスマスの時季。3つのプロペラがリビングで回る様は中々良い感じで、回転するピラミッドをぼーっと眺めているだけでかなり癒され、クリスマスならではの暖かな気分に浸れる。



[PR]
by buckup | 2017-12-20 07:49 | Favorite。(290) | Trackback | Comments(10)
iittala Birds by Toikka -Rooster 2017
c0030570_07381331.jpg
酉年の2017年にちなんで干支バードとして日本の現在のバードフィーバーを牽引するネットショップScopeが300体限定で別注したとても特殊なフォルムを持つスペシャルなニワトリ・Rooster 2017。
c0030570_06463158.jpg
ScopeのHPによると、干支モノを作りたいと思っていたScopeのシャチョウの元にたまたまやって来たとても特殊なフォルムをした試作バード。それを酉年の2017年に干支バードとして新たに300体作成。
オリジナルの試作バードは真っ赤なボディーを持つ特殊なニワトリだったけど、Scope限定として作られたRooster 2017は真っ白なボディーを持つとてもニワトリらしい仕上がり。
c0030570_06515220.jpg
c0030570_06520256.jpg
400種以上作られているトイッカバードの中でも、これ程特殊でユニークなデザインのバードは他にないんじゃないかと思える程スペシャルで斬新なデザインのRooster 2017。
逆三角形のボディーにパウダーレッドの鶏冠&肉垂れ。円形の尾は半透明にラスターのスポット。ボディーの特徴を書き出してみると、通常のトイッカデザインのバードと変わらないけど、このバード程ユニークで特殊なデザインは非常に稀。
c0030570_06572216.jpg
何と言ってもこのRooster 2017の一番斬新で特殊な部位が頭部。っていうかこのRooster 2017には他のバードには欠かせない頭部が無い。
逆三角形のボディーの一角に鶏冠、クチバシ、肉垂れが直接付けられた非常に特殊でユニークなデザイン。ある筈の頭部が無いのに、ちゃんと頭があるように見えるのだから、この特殊&シンプルなRooster 2017のデザインには本当に驚かされる。
c0030570_07073084.jpg
流れるような粒子が時が止まったように透けるレッドパウダーを使用した円形の鶏冠と肉垂れ。光が透過するととても美しく輝く。
c0030570_07022435.jpg
ブルー(おそらくウルトラマリンブルー)のクチバシは横から見ると平らに見えるけど、クチバシの形状から円錐形のガラスをボディーに接着しペンチでギュッと平らにして形を整えたのではないのかと推測。
バードの細部を観察して、どのように作られたかを想像するのも僕的バードの楽しみ方の一つ。
c0030570_07102948.jpg
c0030570_07103440.jpg
Rooster 2017のもう一つのデザイン的特徴が逆三角形のボディーと非常に珍しい短い脚。
300体つくられたRooster。僕的には大きく3種に分別。ScopeのHPの写真にあるような、そして一番人気だったであろう背中がほぼ直線の鋭角な逆三角形を持つ個体。そしてもう一つが背中が緩いカーブを描き逆三角形というよりは扇型の流線型のラインを持つ個体。そしてその中間とも言えるうちにやって来たような個体。
c0030570_07152325.jpg
うちにやって来た個体は、第8希望(確かではない)だったように記憶。僕が第一希望に選んだ個体も一番人気だったであろう背中が直線的な鋭角な逆三角形のシルエットを持つ個体。
今手元にあるこの個体はキュッと尻上がりなのととぼけたような雰囲気の頭部が気に入ってチョイス。トイッカのバードあるあるなんだけど、一度手にするとそれが自分的お気に入りバードに。この背中が緩いカーブを描く尻上がりの個体はわが家のバードコレクションの中でも僕的超お気に入りの一羽となっている。
c0030570_07280410.jpg
c0030570_07274265.jpg
逆三角形のボディーは前や上から見るとかなり平ら。横から見るのと前や上から見るのとではかなり印象が異なる。
c0030570_07355063.jpg
ちなみに暗い部屋でRooster 2017の近くでロウソクを灯すと、写真のようにポワッとオパールホワイトのボディーが内側から輝くのがとてもキレイ。
c0030570_07212256.jpg
半透明の白い尾には金属的な輝きのラスターのスポットが散らばる。この半透明な尾に光が透過すると、うっすらと茜色のラインが浮かぶのが美しい(僕の大好きな半透明仕上げ)。
c0030570_07230318.jpg
丸い台座の底にはお馴染みのイッタラのロゴシールと手彫りによる"O.Toikka IITTALA 2017 SCOPE XXX/300"の刻印。
c0030570_07245923.jpg
丸い台座の大きさは一般的な中型の脚付きバードと同じ大きさなのだけれど、Rooster 2017は他の一般的な脚付きバードよりもかなり小さい印象。これは短い脚と頭部が無い事に起因する。
c0030570_07295395.jpg
代表的なトイッカのニワトリデザインの1998年のアニュアルバード・Roosterとの比較。台座の大きさは変わらないけどRooster 2017はかなりコンパクトな印象。
c0030570_07325965.jpg
トイッカバードの中でも凄いなぁと思っていたRoosterの頭部デザイン。円錐と半円でニワトリの顔が出来てしまう不思議。そしてRooster 2017は頭部までもを省略しているにもかかわらず、それでも尚ちゃんとニワトリに見えるのが僕がこのバードをとても気に入っている一番の理由。
c0030570_07411830.jpg
c0030570_07415077.jpg
c0030570_07415973.jpg
白いボディーのバードなので、どんな場所でもどんなバードとも相性が良い。僕的にはKuulasやPuffballと合わせるのが好み。
c0030570_07443123.jpg
最近リリースされるバードは、日本で人気の透明な色ガラスを膨らませたシンプルなものばかりで新鮮さに欠けイマイチだと思っていたところに登場した、非常にユニークで特殊なデザインのRooster 2017。
頭部が無いという非常に特殊で他に無いオリジナルなデザイン。そして不透明な白いボディーのバードということで飾る場所や合わすバードを選ばない、僕的今年一番&非常に気に入っているのががこのRooster 2017。
c0030570_06414780.jpg
Rooster 2017
2017
Scope
Numbered 72/300
-165x140mm



[PR]
by buckup | 2017-12-14 08:39 | Favorite。(290) | Trackback | Comments(0)
Alvar Aalto Collection -Vase 201mm dark grey
c0030570_14204013.jpg
2016年の下半期にアアルトベースの生誕80周年を記念してリリースされた新色dark greyのアアルトベース・201mm。
c0030570_14233285.jpg
とても使い易い縦型のアアルトベース。その中でも201mm&251mmはフィンランディアという特別な名前が付いていたんだけど、最近はフィンランディアという名前は外され他のアアルトベース同様縦型のアアルトベースも高さだけで呼ばれるように。
c0030570_14254335.jpg
以前のグレーよりもかなりダークで渋カッコ良い発色のダークグレー。
c0030570_14262177.jpg
光が直接透過しなければ殆ど黒にも見える程暗い発色のダークグレー。そのダークさを出すためにはかなりの厚みが必要なようで、他のアアルトベースよりも厚めのガラスが使用されている。
c0030570_14283528.jpg
以前のグレーとの比較。
c0030570_14285717.jpg
こうして並べてみると新色ダークグレーの色の濃さがより際立つ。
c0030570_14294118.jpg
ちなみにダークグレーと呼ばれるイッタラのガラスは以前にもあって、1960年代のグレーもダークグレーと呼ばれていたのが興味深い。今回リリースされたグレーも以前のダークグレーも若干これまでのグレーとは異なる発色。以前のグレーがブルー系なのに対し、ダークグレーはグリーン系というか。ツイッターのフォロワーさんがとても解りやすい言い得て妙なコメントをしてくれたんだけど、その色の違いは丁度サングラスの色の違いによく似ている。
c0030570_14331597.jpg
アアルトベースにはダークグレーよりもさらにダークな殆ど光を透過しないブラック(写真右)とマリン(この名称は定かでは無い。写真左)というコバルトブルーをさらに濃くしたようなカラーが存在する。
c0030570_14353538.jpg
ベースの底にはお馴染みのイッタラのロゴの刻印。以前はフィンランディアと呼ばれていた縦型のアアルトベースの底にはiittalaの社名ロゴが刻印されているだけでALVAR AALTOの刻印は無い。
c0030570_14374623.jpg
ダークライラック以来、久しぶりにトキメイテしまった(!?)アアルトベースに良く合う濃い色系で渋い色のダークグレー。実際に花を生けてもかなり使いやすい色で、ダークな発色のガラスはグリーンを良く引き立たせどんな花もキリリとカッコよく色鮮やかに見せてくれる。
c0030570_14404356.jpg
c0030570_1441045.jpg
c0030570_1441617.jpg
c0030570_14411771.jpg
c0030570_14412625.jpg
c0030570_14422111.jpg

[PR]
by buckup | 2017-04-30 14:50 | Favorite。(290) | Trackback | Comments(3)
BANANA THINGS -OSTRICH PILLOW LIGHT
c0030570_20405236.jpg
一見すると何だかわからない、僕の長距離移動時に欠かせない存在となったアイマスク兼寝枕・OSTRICH PILOW LIGHT。
c0030570_20425146.jpg
スペイン発の異様な形をした寝枕OSTRICH PILLOWを知ったのは今から数年前。画像検索すると出てくると思うんだけど、まるで宇宙人のような頭をすっぽり覆うタイプの当時としては斬新で新しいOSTRICH PILLOW。その数年後に知ったのが今回紹介するLIGHT。
LIGHTはその名の通り、オリジナルのOSTRICH PILLOWよりも軽くまた携帯性も遥かに向上。飛行機を12時間乗っての帰郷となる一時帰国の際によさ気だったので今回購入。
c0030570_20474610.jpg
c0030570_20475826.jpg
被るとぐるっと頭を覆う、アイマスクとしてはいささか大きなOSTRICH PILLOW LIGHT。色は数種類バリエーションがあり、表と裏リバーシブルで使う事が出来る。
c0030570_20493723.jpg
材質は外カバー(取り外し不可)が95%ビスコース&収縮性のあるポリウレタンが5%。手触り&肌触りはとても柔らかく気持ち良い。中身は綿系や低反発素材じゃなくて、一時巷でかなり有名になった「人をダメにするソファー」とも呼ばれ有名になった無印良品の「体にフィットするソファ」のようなマイクロビーズ。
c0030570_20571466.jpg
最近のコレ系グッズにしては珍しく、中華&東南アジア製ではなくスペイン製。ちなみにオリジナルのOSTRICH PILLOWは粗悪な中華製のフェイクがネットショップを中心に出回っているらしいので、値段に惑わされる事無く信頼できるショップでの購入をオススメ。
c0030570_21166.jpg
それではこのOSTRICH PILLOW LIGHT、どのようにして使うかといえば見た目そのまま。頭に被る。売りとしてはアイマスク兼枕としてはもちろん、寒い時にはネックウォーマとしても使用可能。そして頭にずらしてターバンのように使えばそのまんま座り寝の際の心地よい枕に。
実際に今回の一時帰国の際、アイマスク兼枕としては勿論、頭から外して頭の後ろに敷く枕的使い心地がとても良かった(マイクロビーズのおかげでどんな場所&形にもフィット)。
c0030570_2151447.jpg
写真下は今まで愛用していたTempurのスリープマスク。こうして並べてみるとOSTRICH PILLOW LIGHTはかなり大きく携帯性に劣るように見えるけど、実際にはリング型なので腕に通したりキャリーのグリフに通したり、それこそ機乗寸前にネックウォーマの如く首に巻いたり(って表現は正しくないんだけど)でもオッケーなので僕的にはあまりその大きさは気にならなかった。
c0030570_219276.jpg
アイマスクとしてはトップレベルの装着感だと思っているTempurのスリープマスク。材質はTempurお得意の低反発素材。ただ他のアイマスク同様僕的にはベルトの締め付け感がイマイチで熟睡には至らない事が多かった。
c0030570_21102595.jpg
その点、このLIGHTは頭をぐるっと覆うタイプなので締め付け感は非常に低く装着感は僕的には合格点。
耳も覆うという事で遮音性も期待してしまうけど、残念ながら遮音性はそれ程高くない。僕は機内で殆ど付けっぱなしの密閉型のヘッドホンをした上でこのOP LIGHTを装着。遮音と共に飛行機の機内で久しぶりに心地よい眠りにつく事が出来た。
c0030570_21142927.jpg
ただ一つ、寝心地&装着感&使い勝手の良いこのOP LIGHTで気になったのが、その頭をグルリと覆うタイプなならではの密閉感。長時間しているコレが意外に暑い。結構汗っかきな僕はこのOP LIGHTを装着して起きるとかなりの寝汗をかいていた。
しかしながらこのOP LIGHT、裏表リバーシブルなので寝汗もノープロブレム。汗をかいた方を外側にすればそのまんま再び心地よく装着する事が出来たのが僕的にはgoodなポイント。
c0030570_21172338.jpg
長距離移動には決して欠かす事の出来ない長年愛用のTempurの首枕・トランジットピローと今回新導入のOP LIGHT。どちらも携帯性は良いとは言い難く、寧ろかさばるといった表現が合う大きさ&重さだけど僕的にはこれからの長旅の必需品。
特に長年締め付け感が嫌いで納得のいかなかったアイマスク問題がこのOP LIGHTによって解決。長距離移動の際にはこの2グッズは絶対に欠かせないと言っても過言はないだろう(ただし他から見たらかなり異様に見えるかもしれないけど背に腹は変えられない。他人の目よりも自らの快適性を長時間を過ごさなければいけない飛行機内では優先したいと思っている)。
[PR]
by buckup | 2017-04-14 21:38 | Favorite。(290) | Trackback | Comments(0)
iittala Birds by Toikka -Blue stint
c0030570_16171595.jpg
親鳥譲りの優雅な流線型のボディーが美しい、青くて小さなベイビーバード・Blue stint。
c0030570_16195828.jpg
c0030570_162061.jpg
芯(?)となるオパールホワイトのガラスに鮮やかなウルトラマリンブルーのガラスを被せたBlue stint。ちょこんと可愛らしい丸い頭はクリア。基本のデザイン&色使いは親鳥のSummer stintに準じたもの。
c0030570_16231551.jpg
Blue stintの印象を一番大きく左右するのが、クリアガラスで成形された頭部。ぷっくり丸い頭部から短く突き出たクチバシ。その奥に顔を覗かせる本体のオパールホワイトのガラスの丸みのあるやわらかなフォルムと色が良いアクセントとなっている。
c0030570_1626599.jpg
c0030570_1627554.jpg
見る角度や光の加減によって色の陰影が変化するのも魅力。
c0030570_16283980.jpg
基本となるボディーのデザインは親鳥のSummer stintそのまんま。
c0030570_16292463.jpg
頭部の形状は異なるものの、基本Summer stintの脚無し&一回りスケールダウンバージョンってのが子鳥のBlue stintのイメージ。
c0030570_16312062.jpg
ある一定の光のあたり加減によって確認することのできるボディー表面のガラスの揺らぎ。ボディーをぐるりと回り込むような横線のガラス表面の揺らぎ。このラインを見ると、芯となるホワイトのガラスの上に表面の青い色ガラスを「巻いた」のがよくわかる。
以前はガラスを巻くっていう表現がよくわからなかったんだけど、バードのこういう表面の揺らぎを見つける事が出来ると、昔は想像出来なかったガラスを巻きつけるっていう言葉と作業のイメージがより明確になる。
c0030570_16374096.jpg
キュッと短く跳ね上がるキュートなBlue stintの尾。この尾も勿論親譲りなんだけど、基本のデザインとなったのはおそらく1999〜2003年までつくられていたRingedplover/Tylli。この流線型のキュッと短いキュートな特徴的な尾はStint親子を経て、日本のイッタラショップで未だに購入可能のDynniaへと受け継がれる。
c0030570_16434783.jpg
光を殆ど透過しないボディの良いアクセントにもなっている跳ね上がったキュートな短い透明な尾。光の加減によってとても美しいブルーに輝く。
c0030570_16451316.jpg
ちょっと雑な仕上げの底部にはお馴染みのイッタラのロゴシールとサンドブラストによる"O.Toikka Nuutajärvi"の刻印が所狭しと刻まれている。
c0030570_164712100.jpg
全長12,5cm、全高6cmと小ぶりなBlue stint。大きさ的にはSieppoとそれほど変わらないんだけど、ぷっくり丸い太っちょなボディーとあわせガラスの影響か、手にするとまるで吹きガラスのバードじゃないみたいにずっしり重い。
c0030570_1650306.jpg
親鳥のSummer stintが生まれたのは今から丁度10年前。フィンランド建国90周年を記念する特別なバードとして、現在も毎年アメリカで開催されアニュアルバードが作られているFinnFest用のバードとして誕生。
当時かなりの人気バードだったようで、その後一般用にFinnFest 2007の刻印の無いバードが追加でつくられる(わが家のSummer stintはその追加作成の一般刻印のもの)。
c0030570_16534668.jpg
その翌年、2008年に登場したのがSummer stintの脚無しバージョンの子鳥・Blue stint。以前は結構多くのバードのベイビーバードが作られたんだけど、このBlue stintもその流れでつくられた一つ。
そして他のベイビーバード同様、つくられた期間は短く(通常一年)また数量限定では無いんだけどつくられた数はそれほど多く無いのも他のベイビーバード同様。
c0030570_16593792.jpg
そんな理由からBlue stintはSummer stintに比べると中々見つからない。
僕のバードコレクションの中でもかなり初期にわが家にやって来たSummer stintの相棒となるBlue stintが現れるまで結構な月日を要した&フォルム的には気に入っているけど、Summer stintに比べるとかなり発色の濃い個体だけど、中々出て来ないBlue stintの中からパーフェクトマッチングする個体を選ぶのはかなりの至難の技。
そんなでボディーの色は若干濃いけど、フォルム的には相性の良いこのコロッと可愛いBlue stintは結構良いSummer stintの相棒なんじゃないかと思っている。
c0030570_17143251.jpg
そんなで僕的にはBlue stintは子バードというよりは、生涯を共にするSummer stintのパートナー的夫婦バードな位置付け(←そんな事は他の人にとってはきっと知ったこっちゃ無いどうでも良い案件。汗)。
c0030570_17152034.jpg
Blue stint/Sinisirri
2008
-60x125mm

[PR]
by buckup | 2017-01-22 17:28 | Favorite。(290) | Trackback | Comments(0)


タグ
カテゴリ
最新の記事
わが家のバレンタインデー@2..
at 2018-02-16 07:39
新カテゴリー x2
at 2018-02-10 07:14
iittala Birds ..
at 2018-01-19 08:15
iittala Kasteh..
at 2018-01-12 19:12
Holmegaard -DE..
at 2018-01-06 06:40
新年のバードたち*2018
at 2018-01-03 17:05
iittala 2018
at 2017-12-31 09:55
以前の記事
最新のコメント
検索
記事ランキング
最新のトラックバック
Flowers in a..
from colonne sun
タッツァ・ドーロ(TAZ..
from ◆イタリア料理紀行◆ dal..
Sad song, sa..
from !!!!! 大佐日報 !!!!!
Loop nano (i..
from いいタイトルが決まらない(;..
DMTECH ホームシア..
from ホームシアター
ラヴェルのボレロ考
from 鎌倉スイス日記
ハリー・グレッグソン・ウ..
from - Harry Gregso..
最近のお気に入り♪
from SとMoとLiの関係
Dianne Reeves
from 今日のアルバム(JetCast)
ROMA---コーヒー(..
from たにしの江戸参り
お気に入りブログ
このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。