独逸より日々愛用しているお気に入りを・・・風の吹くままに、気の赴くままに。
by buckup
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
<   2008年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧
MIT Terminator4 -ケーブルの効能
c0030570_49229.jpg
先日の記事に書いた通りAURAを再び使用する為のバイワイヤリング用のケーブルを物色していました。
当家愛用(?)の某インターネットオークションで掘り出し物は無いかとチェックしていたところ、お目当てのケーブル・Kimber8TCは高値安定で、ショップで購入するのとそれ程大差がない事が判明。第二候補のBlack&White1602もKimber同様ショップ価格とそれ程大差無し。それではと思い、どうせ必要になる事だしとWBTをチェックしたところ、計12個のWBT(アンプ側x2、バイワイヤx8 )付きのMITのケーブルを発見。日本ではオーディオを趣味とする人の間でかなり有名どころのこのケーブル。何故かここドイツではそれ程名の知れていないメーカーで、その所為か無事お買い得価格で入手する事に成功しました(笑)。
c0030570_453293.jpg
落札したケーブルが届いてみてビックリ。なんとメインで使用している自作の8VS+4VS(正味12VS)よりもまだ太いこのケーブル。実はその太さを見ただけで音を出す前から出てくる音に期待が持てました(笑)。
また太めのケーブルの割にとても柔軟で、取り回しは非常に楽です。グレーの皮膜に覆われた太いケーブルは、ブラックボックスを通じて4本のバイワイヤリング接続用にHIghとLowの4つに分かれるます。接続の時に気付いたのですが、Low側のケーブルの方がHIgh側のケーブルよりも若干太いようです。
今回入手したケーブルは接続にも余裕の3.5m。AURAはラックの右側に配置されているので、どうしても右側のケーブルが余ってしまうのですが、ケーブルが柔らかいおかげで奇麗にラックの後方へおさめる事が出来ました。
c0030570_358717.jpg
そしてMITならではのブラックボックス(グレーですが)の大きさに2度ビックリ。どうやらこの箱は「ターミナーターシステム」と呼ばれるMITが特許を所持しているものらしいです。しかしこの箱、かなりの大きさなのですが見た目程は重量は無く一体この大きな箱には何が入っていて何故にこれほど大きな箱が必要なのか非常に気になります。
c0030570_4125450.jpg
AURA VA-40に接続してみると、改めてこのケーブルの太さが分かります。
ちなみにこのAURAのデビュー作であるVA-40ですが、SP接続端子が中々独特です。LR共にマイナス端子が中央に配置され、マイナス端子を挟むようにプラス端子が配置されています。何故プラス端子が二つもあるのかというと、写真の向かって右側がダイレクト端子、そして接続されていない左側がスィッチとなっています。通常はダイレクト端子に繋ぐようです。またこのアンプにはバナナでしか接続が出来ません。

c0030570_472995.jpgAURA VA-40と接続してみると、KIMBER 4VSを繋いだ時よりもさらにもまろやかで中低音域が気持ち良く鳴るリッチな響きがしました。
実は今までケーブルによる音の変化はそれ程劇的ではないだろうと思っていたのですが、実際にMITを鳴らしてみると、Kimber 4VSよりも明らかにまろやかで柔らかな鳴りがするのに驚きました。その癖ピアノのハンマーが弦を叩くタッチの質感や弦の弓のガリッとした感じまで実に旨い具合に鳴るのです。インターネットでは「こもり気味」とか「高音が出ない」などの評判を見かけましたが、我が家のハイパーツィータ付きのXQoneにはとてもピッタリ。KimberではAURAに接続した際にギスギスして耳障りだった硬い高音域が旨い具合に纏まり、上から下まで実に良いバランスで鳴るようになりました。
ちなみにSONY-KIMBER-KEF XQでの接続では、KIMBERは今までどおりとても気持ちよく鳴ってくれています。

AURAともXQとも相性よく鳴ってくれているこのKITのケーブルですが、一つ心配なのが重くは無いとはいえXQからぶら下がっているブラックボックスのスピーカー端子への影響。そもそもトールボーイ型のSPへの想定しているのか、ブックシェルフ型のSPではどうしてもこのブラックボックスをぶら下げる他に方法がありません。XQのスピーカー端子はかなりしっかりと作られていますが、それでも通常の接続よりもかなりの重さが端子にかかる訳で、後々これが端子破損に繋がらないかが心配です。

そんな心配もありますが、僕の人生初めてのMIT体験、とても気に入りました。ケーブルによる音の変化は多少はあるものだと思っていたのですが、ここまで変化するとは正直思っても見ませんでした。最近は我が家のAURAとXQの相性の悪さと、その現実味のある音とマルチ再生の面白さからSACDをメインで聴いていましたが、今回のケーブル入手&AURA復活で以前のようにCDを聴く時間が増えました。古い中古のケーブルながらもとても良い働きをしてくれる我が家の新入りです(笑)。
[PR]
by buckup | 2008-05-23 21:08 | AUDIO。 (69) | Trackback | Comments(0)
THE JOBIM SONGBOOK IN NEW YORK -The David Hazeltine Trio
しっとりと落ち着いた、まさに大人のジャズといえるこのアルバム。小気味の良い転がるようなアドリブのタッチが素晴らしいピアノのD.Hazeltine、とても安定したコントラベースのN.Reeves、そして派手にならな過ぎずにちゃんと自己主張も忘れないドラムのJ.Fransworthの3人が奏でる、非常にベーシック且つ手堅い演奏の非常に聴き易いアルバムです。
c0030570_015537.jpg
このアルバム特筆すべきは、その空間表現の絶妙さ。
すでにCD層を聴いただけでもその空間表現の良さは明らかで、右側にドラム、中央にコントラバス、そして左手にピアノが配置されているのが分かります(但し空間表現的には並列的印象)。
SACD2ch層で再生すると、ピアノのハンマーの打つニュアンスやベースの音がより生々しくなり、CD層の再生よりもドラムが右側後方へ配置されたようになり音に奥行き感がプラスされます。しかしまだピアノがSPに貼り付いているような印象を受けます。
上記のようにSACD2ch再生でもかなり立体感のある空間が表現されますが、マルチ再生では格段に空間表現がアップされ、奥行き間が明らかに増し、明確に各楽器の配置位置が分かるようになります。
右側後方に配置されたドラムセット、そしてそれに並ぶようなベース。そして左側ベースよりも前にグランドピアノが配置されているのが手に取るように分かるのが絶妙です。また多くのポップスのマルチ再生のように360°音が飛び交うサラウンドを効かした再生ではなく、昨今の優秀なクラシックSACDの如く、全面の空間表現を主体としたとてもリアルなステージが再現されるSACDです。

このレヴューを書くにあたりいつもは見ないライナーノーツを見たところ、しっかりとこの配置に関する回答が載っていて、まさにマルチ再生で展開する位置に各楽器が配置されていたのが興味深かったでした。
また通常はスタジオで録音される事の多いジャズのアルバムですが、このアルバムは自然の響きを考慮してか、教会で録音されていたのも非常に僕の興味をそそりました。

初期からのCheskyのマルチ録音の伝統(?)を継いでか、このSACDマルチ層も4chで録音されてます。しかし実際にはまるで5本すべてのSPで再生されているかの錯覚に陥るかのような素晴らしさで、優秀なCheskyならではの(すべてのCheskyの録音がという意味ではなく)とても聴き易い音のアルバムです。
アルバムの豊富な曲構成や演奏のレベルの高さも手伝って、音量を上げてじっくり聴くも良し、BGMとして音量を落としても気持ちよく聴けるとても聴き易い良いアルバムです。
[PR]
by buckup | 2008-05-22 17:15 | SACD。 (63) | Trackback | Comments(0)
Marina Boot -バスタブに浮かぶ折り紙船
人は疲れを癒したい時、どうするだろうか?

完全なる身体的疲労の場合、体は否応無く睡眠を要求するのが普通だと思う。それでは身体的、精神的両面の疲れを同時に癒す為の最良の方法は何だろうと考えてみる。
僕にとって一番の最良の疲れを取る方法、それは熱い風呂に入る事。しかも日本の秘境(なんてまだ存在するのだろうか?)と呼ばれる、山奥の寂れた温泉街の露天風呂なんか最高だ。
熱い風呂に心行くまでゆっくりと入り、入浴後は火照った体を冷ます為にぶらぶらと寂れた温泉街を歩き、昔ながらの旅館に帰れば美味しい地酒と海山の幸が贅沢に使われた夕食を腹一杯に食べちゃったりしたら、もう僕の疲れは一発で飛んでいってしまうだろう(笑)。

しかし僕の住むドイツにはそんな素敵なところ(僕にとって)は無い。ドイツには温泉と呼ばれる保養施設もあるにはあるのだが、いささか日本人の僕には「ぬる過ぎる」水温で、温泉と言うよりは温水プールと読んだ方がふさわしいのが現状だ(勿論水着着用だし)。

さて、温泉に行く事の出来ない僕はどうするのか?残された手段はただ一つ。我が家の湯船につかる事。
しかしドイツの風呂場と言うのは素っ気ない物で、物件によってはバスタブの無い物件も少なくない。基本的にはホテルのバスルームを思い浮かべていただければ良いと思う。
ゆったり浸かれる香りも見栄えも良い檜の風呂なんて豪勢な物は勿論なく、ただただ清潔感漂う面白みの無い真っ白なバスタブに、まるで棺桶に寝るかの如く(勿論そんな経験は無いが)仰向けになって浸かるしか方法は無い(しかもうちのバスルームには「窓」が無い。これもドイツでは良くある事・・・)。
勿論、日本の風呂のように追い炊き機能なんてないから、湯はだんだん冷めて来る。しかも体全体が浸かる程お湯を貯めると、今度はバスタブからお湯が溢れ出そうになるぐらいギリギリまで水位が上がるから、そっと微動だにせず湯に浸かっていなければならない。
そんな事をしていたらリッラックスするどころかストレスが溜まってしまいそうだが、それでも入浴と言う行為は僕にとって心身共にリッラックスできる最良の方法なのだ。


さて、前置きが長くなってしまったが、今日のテーマは「ドイツにおける入浴文化孝」ではなく「Marina Boot」。このMarina Boot、バスタブには欠かせない「栓」である。最近はこのバスタブ栓不要のバスタブなどもあるが、まだまだ一般家庭ではバスタブ栓を使うのが普通。しかし大抵は黒いゴムのバスタブ栓にチェーンがついた素っ気ない物が一般的なのが現状。少しでも至福の入浴タイムを楽しい物にしようと思い僕らが見つけたのが、この折り紙船付きバスタブ栓。
c0030570_18371978.jpg
一見すると、まさに折り紙で作った船に見える。水と紙。決して相容れない二つの素材をあえて使ってしまおうと言うアイディアがとても気に入った。
勿論、折り紙船の素材は紙ではなくPVCと呼ばれる材質を使っている。しかし見た目には、質感的にも紙そっくりで、バスタブに貯めた湯にもちゃんと浮かぶ。
写真には2種類の折り紙バスタブ栓が写っているが、勿論両方使用している訳ではない。カラーの地図が描かれた船が、第一号。しかしこれは僕が不注意で栓を抜く時に、鎖ではなく、折り紙船を引っ張ってしまいチェーンをぶち切ってしまい退役。2代目は一代目とはうってかわって新聞素材の折り紙船。何気にドイツで未だ流行の「SUDOKU(数独)」がプリントしてあったりして、中々チャーミング。

入浴剤の入った泡だらけのバスタブに浮かぶ、折り紙の船。プカプカと不安定に浮かぶ様は、さながら泡の雲間に浮かぶ魔法で出来たおとぎ話の船の様。そんな船に泡をかけたり、さながら子供の頃に見た映画に登場する巨大半魚人の如く波を起こして沈没させたりとくだらない事をしながら今日も僕の入浴タイムは哀れな折り紙船と共に過ぎていく(注。栓を抜く際は、決して船本体を引っ張らないでください)。


c0030570_18591310.jpgMarina Boot -Badewannestöpsel
Design:Funtastic Plastic
Hersteller:Monkey Business
Kettenlänge 40cm
Bootlänge ca.10cm
PVC, Kunstoff, Metall
[PR]
by buckup | 2008-05-11 19:03 | Favorite。(292) | Trackback | Comments(0)


タグ
カテゴリ
最新の記事
iittala -Valkea
at 2018-09-04 17:35
iittala -Trio
at 2018-07-24 14:53
わが家のHerendな朝食#1
at 2018-07-12 05:30
HAY TIME
at 2018-06-15 18:35
プロトタイプ幻想
at 2018-06-08 09:36
わが家の復活祭*2018
at 2018-04-27 05:27
わが家のiittalaな週末..
at 2018-03-07 18:41
以前の記事
2018年 09月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2009年 03月
2009年 02月
2008年 07月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 02月
2007年 10月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 04月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
最新のコメント
検索
記事ランキング
最新のトラックバック
Flowers in a..
from colonne sun
タッツァ・ドーロ(TAZ..
from ◆イタリア料理紀行◆ dal..
Sad song, sa..
from !!!!! 大佐日報 !!!!!
Loop nano (i..
from いいタイトルが決まらない(;..
DMTECH ホームシア..
from ホームシアター
ラヴェルのボレロ考
from 鎌倉スイス日記
ハリー・グレッグソン・ウ..
from - Harry Gregso..
最近のお気に入り♪
from SとMoとLiの関係
Dianne Reeves
from 今日のアルバム(JetCast)
ROMA---コーヒー(..
from たにしの江戸参り
お気に入りブログ
このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。