独逸より日々愛用しているお気に入りを・・・風の吹くままに、気の赴くままに。
by buckup
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
<   2008年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧
KEF XQone -傾斜角6°の奇跡
事の発端は今朝ドイツ・アマゾンから以前注文していたCDとSACDが4枚届いた時からだった。
僕は早速そのうちの一枚、Carlos Franzettiの"THE JAZZ KAMERATA"(SACD・4ch)を先日新たに導入したばかりのSONYのSCD-XA3000ESで聴く事にした。さてどんな素晴らしい音が出て来るかと期待に胸を膨らませこのアルバムを聴いてみると、何とそこから出てきた音は完全に僕の期待を裏切った、センターのソロサクソフォーンが滅茶苦茶にうるさい、バランスの崩れた、マルチ再生の統一感など微塵も存在しない酷い音だった。
さてこれは一体どうした事かと冷静にSACDステレオ2chで再生してみると、確かにソロサックスは他に比べワンボリューム上で再生されるものの、丁度ライブなどでソロ楽器がマイクを通して再生されるような臨場感溢れる通常通りのSACDの音だった。では何故マルチ再生ではバランスの崩れた音で再生されるのだろうとじっくりと考えてみた。
c0030570_152242.jpg
まず一番手っ取り早いのはAVアンプで音量のバランスを取るという手段。しかしわざわざこの一枚の為だけに一々バランスをかえるというのはどうも納得がいかないし、そもそもこれでは今回の問題の解決にはならない。そこで思いついたのが、フロントスピーカーの傾斜角度を調整してみるという事。

じつはこのSACDを聴いている時も、僕は先日入手した新XQシリーズのカタログを眺めていたところだった。そして新XQシリーズについてネットで色々と調べてみると、XQを床に対して直角ではなく少々上向きにセッティングしている写真がとても多い事が気になっていた。もしかしてXQは少々上向きのセッティングが良いのかもとそれらの写真やカタログを見て僕は考えていたところだったのだ。
そんな事もありこれはチャンス(?)と思い立ち、早速床とスタンドに対し完全に直角になるようにセッティングされていた我が家のXQoneを上向きにセッティングしてみる事にした。
c0030570_1161016.jpg
まず最初に述べておかなければならないのは、XQシリーズは新旧モデル問わず、すべてのモデルの上面及び底面が緩いカーブを描く実に特殊な形をしたスピーカであるという事。そのためスパイク無しではスピーカーは安定して自立する事も出来ず、僕の所有するXQoneにもオリジナルのスパイクが付属してきた。全面2つ、そして後ろに一つの3点支持のスパイクである。このスパイクはスクリュー式になっていてそれにより高さや角度を容易に調整する事が出来るようになっている。

という訳でまずは後方のスパイクをねじ込み角度を調整する。しかしスピーカーを床に直角にセッティングする為にはこの後方のスパイクはピンヒールのかかとの如く、かなりの長さを稼がなければ直角にはならない。それをグルグルとSP本体にねじ込んでいくうちに段々とSP本体が旨い具合に傾斜してきた。とりあえずは両方のスピーカーを記憶にあるネットで見たXQの写真程に傾斜させてみた。そして改めて"THE JAZZ KAMERATA"を試聴。
するとどうだろう、なんとバランスを崩していたセンターのサックスの音が何故か旨い具合にスッポリと収まった。そして何よりも驚いたのが格段に向上したピアノの存在感とリアリティー。SACDマルチをはじめてから初めて体験したSPがまさに「消えて」部屋全体の空気感が変化したことに僕は心底驚いた。
たった数度だけフロントSPを傾けただけでこの変わり様。それではと思い、調子に乗ってさらにSPを上向きに傾斜させてみた。そうするとフロントの間に旨い具合に収まっていたサックスがまた暴れだし、同時にバスが痩せ細り、高音がキツくなった。これまたたった数度上向きにしただけでこの変わり様。SPの上下角がこれほど繊細で効果絶大だとは思っても見なかった。
c0030570_23224117.jpg
そしてこのXQの傾斜角を調整している時に、以前から疑問に思っていたXQのスパイクに付着した青いマーキングの謎も自然と解けた。
色々とスパイクを調整しているうちに、後方のスパイクを一杯までねじ込み前方スパイクにマーキングされた青い色が丁度見える程度に調整してみると、これまた音も旨い具合に繋がるのだった。こんな簡単な事だったらマニュアルにちゃんと書いてよとも思ったが、XQのマニュアルは図のみの簡単な物だった事を忘れていた(笑)。

それにしてもこの信じられないまでの上下角による音の変化。いままではずっとスピーカのセッティングは開きの角度こそがすべてだと思っていた。確かにフロント2chのステレオ再生ではSPのセッティング角度(正面、内向き、外向き等)で音場の広さや定位等を調整出来、旨い位置を見つけるといわゆる「スピーカーが消える」という事を僕でも体験する事が出来た。
しかしスピーカーを5本使うマルチの場合、いままでも部屋全体を包み込む素晴らしいSACDマルチ再生ならではの響きを楽しみ、その柔らかな響きに身を任す事が出来ていた反面、再生するソフトによっては5本のスピーカーのバランスが旨く取れなかったり、センターSPから出て来る音が不自然に感じた事も稀にあったし(これはセンターSPのみがTVの上という他のスピーカーに対し高い位置にセッティングされている事に起因していると思っていた)、スピーカーの「存在感」を感じずにはいられなかった。
それがちょっとセンターSPの上下角を弄っただけで、マルチ再生でもまさに「スピーカーが消える」という素晴らしい体験が出来てしまったのがまさに奇跡といってもおかしくは無いだろう。
c0030570_23404965.jpg
それでは普通にCDの2ch再生ではどうかというと、これまた以前よりも旨い具合に音が両サイドに展開し上にも音が展開するようになったのが驚きだった。
マルチでも上向きすぎるセッティングは宜しく無かったが、ステレオ再生ではマルチよりも顕著にそのマイナス点が明確になった。
スピーカーを上向き過ぎにセッティングすると、まず正面の音の定位が目の前ではなく情報へ移動してしまう。そうすると丁度オペラハウスのオーケストラピット(奈落)から歌手を聴いているかの如く自分の試聴位置が再生音に対して低過ぎるポジションになってしまう事。それに伴いマルチ同様、バスの量感が薄れ高音過多になり、とんでもなく薄っぺらい安っぽい音になってしまった。


長々となってしまったのでとりあえずここらでまとめてみたいと思うが(笑)、XQoneというスピーカーを使用する際には、水平よりも上向きにセッティングする事により見違える程明確且つ自然な響きが得られ、おそらくこのSPのポテンシャルをより引き出せるのではないかという事をここに記しておきたいと思う。
また純正のスタンドを使用する場合には、中に一杯一杯に「砂」を注入する事をお勧めしたい。これによってバスが引き締まり、量感が格段にアップする筈である(少なくとも僕の場合はそうだった)。

XQoneを使い始めてから3年。KEFらしからぬ音のするスピーカーというのはリリース当時から言われていたが、ここまでセッティングにシビアで激変するスピーカーだったとは思いもしなかった。
しかしこの良い方向への奇跡の激変によって、さらに音楽及びDVDを鑑賞するのが楽しみになる事は間違い無しだろう(笑)。
[PR]
by buckup | 2008-07-31 00:16 | AUDIO。 (69) | Trackback | Comments(4)
Buck`s choice -今夏のお勧めSACD5枚
日本は梅雨も開け毎日暑い日が続いているようですが、ここドイツは例年通り(!?)の肌寒い夏。今日などは最高気温15度という涼しさ。といってもまだ夏は始まったばかりなので、これから少しは夏らしくなる事を期待しています。
c0030570_129388.jpg
さて今回紹介するSACDは5枚。夏という観点から選んでみました。しかし偏に夏といっても人それぞれイメージする事も異なりますし、住む地域の気候や気温によって似合う音楽も変化しますが、ここは一つ僕が住む南西ドイツの肌寒い夏(本州の上高地や北海道の夏を想像して頂ければ)にもうだるように暑〜い日本の夏にも合うであろうアルバムを選んでみました。


c0030570_1365629.jpgまずは一枚目。これは以前のチョイスにも登場しましたがAna Caramの「blue bossa」(CHESKY RECORDS)。以前のレヴューには「夏にこだわりはない」何て書いていますが、しかし暑かろうが寒かろうがやはりこのアルバムなくては夏は語れない(!)といっても良い程夏にぴったりの一枚。マルチ再生が醸し出す抜群の空気感は勿論の事、SACD2ch再生でも柔らかく明るい音でこのアルバムならでは雰囲気を楽しんで頂けると思います。
アルバムの詳細は以前のレヴューを読んで頂くとして、この正統派のボサノヴァのアルバムと同時に聴きたいのがジャズサックスとボサノヴァの巨匠の華麗なる競演「GETZ/GILBERT」(Verve records)。これはSACDレイヤー・2ch再生のみのアルバムですが、1963年に録音された古いアルバムが見事に高音質になって甦っています。オリジナルのアルバムの録音状態を知らないので何とも言えませんが、所々で曲中奏者によって響き(エコー)が異なるのが残念です。しかしこのアルバムを聴くとAna Caramが確実にGILBERTの系譜を継ぐ、実に正統派のボサノヴァ奏者だという事を再認識出来る一枚でもあります。


c0030570_1395015.jpg2枚目はここ数年続々とSACDをリリースしている古楽の先駆・Jordi Savallの「ALTRE FOLLIE 1500-1750」(ALIA VOX)。スペインの3拍子の古いテーマを主題に1500年から1750年までに書かれた「La Follie」を延々と収めたアルバムです。めくるめく各奏者の超絶なインプロビゼーション(即興)に加え、バロックハープやバロックギターの古楽器ならではの独特な響き。また各奏者の弓さばきまでが見えるようなバロックバイオリンやガンベの熱い演奏。スペインの熱い風を感じるような、まさに暑い夏にピッタリの一枚です。
マルチ再生の部屋全体を包み込むミキシングも素晴らしいですが、SACD2chの小気味の良いスピード感あるサウンドもお勧めです。非常に熱い演奏なので、聴く時は要冷房(うだるような暑さの中で聴くと、キラキラとしためくるめくチェンバロの音は少々暑苦しいかも)。
ー後日レヴュー掲載予定


c0030570_140407.jpg3枚目はEDEN ATWOODの「This is Always -The Ballad Session」(Groove Note)。EDEN ATWOODにはすでにレヴューした夏にピッタリのボサノヴァアルバム「WAVE -The Bosa Nova Session」がありますが、今回はあえてこのバラードセッションと副題にあるアルバムをチョイス。イメージ的には暑い一日を終え、ほっと一息。キンキンに冷えたビールや白ワイン片手に涼しい風の吹くバルコニーでリラックスしながら聴くとピッタリの一枚といったところでしょうか(実際にはうちのバルコニーにはSACDを聴ける環境では無いのですが・・・汗)。
副題にバラードセッションとあるように、しっとりとしたとても聴き心地の良いバラードが収録されていて、涼しげな夏の夕べにピッタリのアルバムです。
特筆すべきはATWOODのリアルな伸びのある歌声と、渋くかすれ気味のTom Harrellが演奏するフリューゲルホーンの息づかいまで聴こえて来るような柔らかい音色。素晴らしく柔らかくしっとりとしつつもカチッと纏まった響きが部屋全体を包むマルチ再生が圧倒的にお勧めです。というのもマルチ再生で部屋全体を満たしていた柔らかな音場が、SACD2ch再生では何故か1mほど後方へこじんまりと収まってしまったような感じになってしまうからです(残念)。ミキシングの為か2ch再生ではCDの方が良い感じの一枚です。
ー詳細は後日レヴュー掲載予定


c0030570_1412959.jpg4枚目はsara Kの「HELL OR HIGH WATER」(stockfisch Records)。最近ちらほらとドイツのオーディオ各紙のテストでも使用されている高音質ディスクです。
このsara K。特にこのアルバムは以前から紹介したいと思っていたのですが、僕にはジャンル分けができないアーティストでレヴューせずまいでした。メインはsara Kのヴォーカルとギター。基本的に非常にアコースティックな音を主体とした演奏で、フォーク、R&B、ジャズ、カントリー的要素が複雑に混ざり合ったスタイルです。
夏にお勧めのこのアルバム。しかしこのアルバムは初夏や盛夏ではなく、秋の足音が聴こえてきそうな晩夏にピッタリ。というのも各所に散らばる自然の音(草原の鈴虫の音色や風のようなギターのエフェクト)とこのアルバムのsara Kの風のような歌声。まさに晩夏の夜にピッタリの一枚です。
音質は前述のように素晴らしく、基本的にSACDマルチと2ch共にバスが非常に深く鳴り響く腰の低い音を基本に、生々しいギターやパーッカションの音がsara Kの声質をとても旨く引き立てています。SACD2chもスッキリとした音質で部屋に旨い具合に音が展開するのですが、マルチ再生の方が音圧があり、より重厚な響きで部屋全体を満たしてくれます。


c0030570_20224447.jpg最後の一枚は元気一杯にNatalie Coleの「Ask a Woman Who Knows」(Verve Records)。これは以前のレヴューを読んで頂ければわかって頂けると思いますが、文句無しに夏にお勧めの一枚。さわやかに弾けるColeの清涼飲料水のようなファニーでキュートな歌声が最高です。久しぶりにSACD2chでも聴いてみたのですが、音の展開は素晴らしく、2chながらも音がぐるりとリスナーを包み込むように展開する様は満喫出来るのはオーディオ趣味の醍醐味では無いでしょうか(笑)。勿論マルチ再生ではマルチ再生の面白さを惜しみなく引き出されたミキシングがされている、まさにSACDを語る上で欠かせない一枚では無いでしょうか。


という具合にダラダラと夏に合うと思われるSACDをチョイスしてみました。前回のチョイスの時の感想にも書いていますが、中々ベストなアルバムを選ぶというのは難しいものです。ましてや少ない少ないと巷ではいわれていても、今までにリリースされた膨大なSACDすべて聴いた訳ではないので、あくまでも僕のコレクションの中からのチョイスとなります。
先ほど日本のニュースで見たのですが、今日も日本は暑い一日だったという事。夏らしからぬ涼しさのドイツから「夏にピッタリの」なんてのは非常に滑稽ですが、一応懐かしい日本の暑い夏らしい夏を頭に浮かべながらチョイスしました。皆さんの夏のSACD購入の参考になれば幸いです。
[PR]
by buckup | 2008-07-22 20:54 | SACD。 (63) | Trackback | Comments(8)
我が家のオーディオ定点観測 or 単なる備忘録(2)
2008年7月17日(木曜日)雨のち曇り
c0030570_21403441.jpg
SACD/CDプレーヤーをSONY SCD-XB780からSONY SCD-XA3000ESに変更。

それに伴いOehlbach Blue Magic 5.1をaudioquest G-SNAKE 5.1へ変更。coaxalはStraight Wire Infolinkで接続(SONY DVP-NS92VにはKimber ILLUMINATIONS V 21を使用)

AURAへのアナログ2chは未接続。
[PR]
by buckup | 2008-07-20 21:49 | AUDIO。 (69) | Trackback | Comments(0)
Was ist das? -今日のお持ち帰りの品
昨日(16日)早めに終わった仕事から直行で、先日某ネットオークションで落札した「品」をピックアップしてきました。

たまたま昨日僕が仕事で訪れていた場所と出品者の職場が近かったのが幸いし直接取引(?)となった訳です。
昨日はシトシト雨が降る肌寒い今日と打って変わって、さわやかな風が吹く気持ちの良い初夏の陽気でした。そんな中、普段は決して訪れる事のないであろう、完全に畑違いの職種の出品者の職場に伺ったのが夕方五時半頃。僕を迎えてくれたのは、創業300年近いという会社のスポークスマンを勤めるとても気さくな方でした。

まずはお決まりの握手を交わしお互い自己紹介。既にここから何時もの顔の見えないネットオークションとは手際も雰囲気も違います(笑)。その後取引のため彼の案内で地下の駐車場へと。
そこでまずは僕が落札した「物」を確認。僕は落札した規定の金額を彼に手渡し商談成立となったのでした。このように書いてみると何だか怪しい物の取引のようですが、実際にはとても和やかな雰囲気の元執り行われました(笑)。
その後僕は仕事道具と重さ約9kg近い大きな箱を抱え、えっちらほっちらとメインステーションまで運び帰宅の路へと着いたのでした。

そしてその昨日ピックアップしてきたのが下の写真の品。
c0030570_2261592.jpg
え、今更HD DVD?って思われるかもしれませんがそれはうちの妻も同様。僕を駅まで車で迎えに来てくれた優しい妻の第一声は「oh,Mensch!! Was ist das??? Was hast du wieder gekauft!!!!(オー、マン!!何ですかコレは??? あんたはまた何て物を買ってきたのよ〜!!!!(怒)」でした(汗)。
コンピュター関係の仕事をし、エレクトリックな事に詳しいうちの妻は、僕が抱えて持ってきた大きな箱を見るなり発狂寸前。それもその筈。彼女も百も承知の次世代メディア競争に破れた東芝のHD DVDの箱を抱えて僕はやってきた訳ですから・・・。

とりあえず家までの車の中で僕は形だけ妻をなだめつつ「ホラ、そろそろ次世代メディアプレーヤーが欲しいってこの間話していたでしょう。」とか何とかお茶を濁しているうちに我が家に到着。勿論気嫌の悪いままの妻は「さぁ開けてご覧なさい!あなたが一体何を買ってきたのかこの目でしかと確かめてあげます!(怒)」と言われつつ僕はこの箱を開けたのでした。
c0030570_22182441.jpg
箱から出てきたのは勿論東芝のHD DVDプレーヤーではなく、写真のソニーのSACD/CDプレーヤー・SCD-XA3000ES。
コレには妻も「またあんたはこんな物買ってきて〜。夏のバカンスはどうするのよー!!!」といいつつも、実際にはHD DVDプレーヤーではなかった事にホッと胸を撫で下ろしていました(笑)。

実は予てよりそろそろオーディオ機器のグレードアップを計りたいと思っていた今日此の頃。ドイツ市場で現在普通に入手出来るソニーのSACDはエントリークラスのSCD-XE597と最近発売となったミドルサイズのSCD-X501ESのみ。当初考えていたSCD-1200ESも市場から姿を消してから久しく、ここドイツではソニーの新品SACDプレーヤーを探すのが非常に困難なのが現状です。
そんな事もあり、中古市場にも殆どソニーの中・上級クラスのSACDプレーヤーが出てくる事はないのですが、今回運良く以前より目を付けていたSCD-XA3000ESを入手する事が出来ました。

ちなみにここドイツではソニーのESモデルは非常に人気が高く、ここ数ヶ月ずっとチェックしているソニーの1996年発売のCDプレーヤー・CDP-XA50ESなどは、500ユーロ(約8万4千円!)以上で取引されているのが現状で、たまに出て来るSACDプレーヤーも予想以上の高値で取引されています。
このように中古市場を賑わしている人気のソニーですが、ここ数年新品市場では今ひとつ元気がないのが残念でありません。とはいうものの日本同様にSTR-DA5300ES(今年中に購入予定。笑)やSTR-DGシリーズの評価も高いのですが、メジャーな家電量販店やうちのそばのステレオショップではその現物に殆どお目にかかれないのがとても残念です。

昨晩あ〜だこ〜だと妻と一緒に試行錯誤の挙げ句オーディオ機器の入れ替え、無事接続の済んだ我が家の新人・SCD-XA300ES。期待通りの鳴りっぷりに僕は大満足。SCD-XA3000ESについては後日詳しく書きたいと思っています。
[PR]
by buckup | 2008-07-17 22:47 | AUDIO。 (69) | Trackback | Comments(0)
我が家のオーディオ定点観測 or 単なる備忘録(1)。
我が家のオーディオ機器や配置を変更した時の為の個人的な備忘録。


2008年7月16日(水曜日)晴れ
c0030570_18221415.jpg
*SONY STR-DB895D + Fadel Art Power Cord
*SONY DVP-NS92V >Straight Wire Infolink(coaxal), Oehlbach XXL Series 90(SCART)
*SONY SCD-XB780 > Kimber ILLUMINATIONS V 21(coaxal), Oehlbach Blue Magic 5.1(SACD 5.1), TRANSPARENT The Link 100(analog>Aura)
*TEAC MD-H500i > Oehlbach Opto
*Techni Sat PR-K > Oehlbach XXL Series 80 OPTO, AUDIOBS(SCART)

*SONY KV-32FX66E(TV)

*AURA VA100LS
*SONY CDP-X3000ES > Kimber Silver Streak

*EINSTEIN THE OCTPUS

*FR SP, KEF XQone >Kimber 12VS(SONY), MIT Terminator4(AURA)
*C SP, KEF XQtwo >Kimber 4TC
*SR&SB SP, KEF KHT3005 >Oehlbach Spezial 2x2,5qmm
*SW, KEF PSW2000 > audioquest SUB-1

次回からは変更点のみ記載。
[PR]
by buckup | 2008-07-16 19:46 | AUDIO。 (69) | Trackback | Comments(0)
我が家のバルコニー事情@2008
c0030570_218717.jpg
冬から春にかけて休眠状態だった我が家のバルコニー。勿論冬の間もキッチンの窓辺絡み得る範囲で冬の花などを配していましたが、本格的に僕らがバルコニーに手をかけ始まるのはお日様の日差しが気持ち良くなりはじめる5月中旬。今年も(といっても2年目だけど・・・汗)5月半ばに我が家のバルコニーのデコレーション(?)を始めました。
一枚目の写真は、今が見頃のダリア。まるで大輪の花火ような美しい造形の花がとても奇麗です。
c0030570_2111410.jpg
上の写真はバルコニーの花々に手をかけ始めた5月の終わり頃。今年は妻の大好きなマーガレットの白を基調に、これまた妻の意見で紫色系の花でそろえました。
春先の若草に映える瑞々しい白い花々。それとは対照的な紫色の花々。とても春らしいバルコニーが出来上がりました。
c0030570_2115999.jpg
無事冬を乗りきったクレマチスも4月の終わり頃から花をつけ始め、この写真を撮った5月の終わり頃には早くも満開となりました。
昨年、この写真の小振りの白いクレマチスが一株と「プレジデント」という名の典型的な紫色のクレマチスが2株を植え、無事冬を越したのが2株。春になってからの成長は断然この白いクレマチスの方が良かったのですが、花をつけ終わった後何故か枯れてしまいました。
c0030570_21211523.jpg
今年初挑戦のオールドローズ。「Comtessa」という品種のノスタルジーローズで、とても甘い軽やかな香りのするバラです。色は中心が淡いピンク色の黄色がかったクリーム色。とても柔らかい印象のバラです。このバラの花が咲いている時は、バルコニーに出るとふっとこのバラの何ともいえない良い香りがしました。朝の弱い妻も毎朝このバラの匂いを嗅ぎにバルコニーに出て行く程でした(笑)。現在は花も終わったので刈り込みを終え、成長を促進するために日照時間の少ない我が家のバルコニーから日当りの良い妻の両親の家へと疎開中です。
c0030570_2134462.jpg
c0030570_2135649.jpg
丁度春先のバルコニーが出来上がった頃から、例年では考えられない程の過密スケジュールが7月頭まで続きました(カタナさん、お返事遅くなってしまってスミマせん。謝)。その間に美しかった春のバルコニーの花々も旬を過ぎ、そろそろ次の用意をしなければいけなかったのですが中々その時間を見つける事が出来ませんでした。
先週末にまずは夏のバルコニーの花々第一弾を、そして今週第二弾の買い物へと行き、ようやくバルコニーも居心地の良い空間となりました。
夏のバルコニーのテーマ色は元気な黄色。バルコニーの手すりには黄色い花達が所狭しと咲き誇っています。妻の要望でミニひまわりのはちが二つ現在あります。ひまわりは地植えが一番と思っている僕は当初ミニひまわりの購入に乗り気ではなかったのですが、妻の「これ夏の花の中で私が一番好きな花なの。」の一言で即購入決定。しかし妻がひまわりが好きだった事を今の今まで知らなかったのかが自分自身とても不思議でした。
c0030570_21421131.jpg
そしてこの雑多な花々のチョイスは僕。写真では雑多に見えますが一応「ドイツ風農家の庭先」をイメージしてチョイス。実際には中々良い感じです(自画自賛。汗)
左側手前に見えるかすみ草のような小さな白い花はコリアンダーの花。収穫を忘れていたコリアンダーにいつの間にか花がついていました。コリアンダーの花を見たのは初めてですが、その強烈な香りとは裏腹にとても可憐な花が咲きました。
また冒頭の写真にもあるダリアを二種購入。ダリアは今回初めてですが、その複雑な花の構造といい美しい発色といい、とても見所のある花です。この美しいダリア、妻も大変気に入っています。

本格的な夏に突入の筈のドイツ。しかし例年通りどうも天気の安定しない日々が続いています。それでも毎日の水やりは欠かせませんし、花々の成長を見るのはとても心が和みます。今年は仕事が忙しかったこともあり、僕よりも妻の方がバルコニーで過ごす時間が多いようです(昨年は僕がバルコニーを独占)。
そんな訳で我が家の小さなオアシスを巡って妻と場所の取り合いになるかもしれませんが、夏休みに突入したら僕も思う存分我が家のバルコニーを満喫しようと目論んでいます(笑)。
[PR]
by buckup | 2008-07-12 21:50 | 雑記。 (193) | Trackback | Comments(0)


タグ
カテゴリ
最新の記事
iittala -Valkea
at 2018-09-04 17:35
iittala -Trio
at 2018-07-24 14:53
わが家のHerendな朝食#1
at 2018-07-12 05:30
HAY TIME
at 2018-06-15 18:35
プロトタイプ幻想
at 2018-06-08 09:36
わが家の復活祭*2018
at 2018-04-27 05:27
わが家のiittalaな週末..
at 2018-03-07 18:41
以前の記事
2018年 09月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2009年 03月
2009年 02月
2008年 07月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 02月
2007年 10月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 04月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
最新のコメント
検索
記事ランキング
最新のトラックバック
Flowers in a..
from colonne sun
タッツァ・ドーロ(TAZ..
from ◆イタリア料理紀行◆ dal..
Sad song, sa..
from !!!!! 大佐日報 !!!!!
Loop nano (i..
from いいタイトルが決まらない(;..
DMTECH ホームシア..
from ホームシアター
ラヴェルのボレロ考
from 鎌倉スイス日記
ハリー・グレッグソン・ウ..
from - Harry Gregso..
最近のお気に入り♪
from SとMoとLiの関係
Dianne Reeves
from 今日のアルバム(JetCast)
ROMA---コーヒー(..
from たにしの江戸参り
お気に入りブログ
このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。