独逸より日々愛用しているお気に入りを・・・風の吹くままに、気の赴くままに。
by buckup
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
<   2016年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧
iittala Birds by Toikka -Reed Warbler
c0030570_16133435.jpg
2014年に販売された夏季限定バード・Reed Warbler。
c0030570_16143964.jpg
c0030570_16144655.jpg
透き通るピンクのボディーに殆ど茶に見える青銀系のラスターの羽飾り。クチバシまで一体の頭部はクリア。これといって特筆するところの無い典型的なトイッカバードのデザイン。
c0030570_16593341.jpg
頭部はクチバシ一体成型のクリアガラス。ひゅっと伸びたクチバシの向きや細さや長さでかなり印象が変わる。
c0030570_1704970.jpg
わが家のReed Warblerは首のガラスがとても厚いので・・・
c0030570_1715159.jpg
c0030570_1715749.jpg
首のぶ厚いピンクのガラスがクリアの頭部に映り込み、見る角度によって宝石のようなとても魅惑的な色と輝きを放つ。
c0030570_1732643.jpg
トイッカのバードの中でも珍しいピンクのクリアボディーに光の当たり具合によっては青銀色に見えるラスター斑の羽飾り。しかしながらこのReed Warblerが店頭に並んだ当時物議を醸したのがボディーに散らばる金属的な輝きを帯びるラスターの羽飾り。個体によってはラスターの班がボディーいっぱいに付着してボディーのクリア感が殆ど失われる個体も少なくなく、ラスター多過ぎ!なんて声を当時よく聞いたのを覚えている。

でも僕的にはそんなラスターの班がぎっしりとボディーを覆う個体を見ることによって長年イマイチ疑問だったReed Warblerのようなボディーにラスター斑の散らばるトイッカのバードのデザインをようやく理解することに。
ボディーに付着するラスター斑は鳥の羽一枚一枚を表現していて、クリアなボディーならではのボディー反対側のラスター斑が透けることによって鳥の体を覆う羽を立体的にリアルに表現しているんだと気付き、それ以来Reed Warblerのようなクリアなボディーにラスターの班が散らばるバードはこれでもかって程班がボディーを覆う個体が好みとなっている。
c0030570_17131880.jpg
長くもなく短くもないこれまた典型的なトイッカバードの尾。
c0030570_1714498.jpg
ボディーの底にはお馴染みのイッタラのログシールにサンドブラストによる"O.Toikka IITTALA"の刻印。
c0030570_555446.jpg
基本のデザインはクリアの色ガラスにラスター斑の羽装飾がはじめて施されたバード・Pekkasiiniに準じているんだけど、Reed warblerはPekkasiiniよりもひと回り小さい感じ。わが家の個体はとてもずんぐりむっくりなので、Pekkasiiniと一緒に並べるとかなり丸っこく見える。
c0030570_5573043.jpg
大きさ的にはPekkasiiniよりもひと回り小さいRuby birdに近いけど、クリアの頭を持つReed Warblerはデザイン的にはやっぱりPekkasiiniに近い。
c0030570_624269.jpg
実はこのReed Warblerからバードの新価格がじわじわと上がり始め、Ruby birdとほとんど変わらない大きさだったのに値段はかなり高価だったこのReed Warblerには物欲が沸かず当時は購入を見送り。リリースから一年以上たった昨年の暮れに某ショップで50%引きセール+おまけでLittle Lilac Ternが付くという事でようやく購入。
最近では正直おこづかいでは購入出来る値段ではなくなってきているイッタラのバードの価格に心底辟易。今年も幾つか欲しいバードはあるもののあまりのバカ高価格に全く買う気が起こらず、20~30%オフですら購入意欲がそそられない現状。そんなで現実味の全くないボッタクリ価格とも言える今年のアニュアルバード&エッグはそんな理由から未だ購入していない(毎年アニュアルは楽しみにしていたので本当に残念)。
c0030570_6102342.jpg
丁度日本でバード人気が高まった頃に登場した光を透過する美しいクリアボディーの限定バードということで、このバードからコレクションを始めたなんて人も少なくないんじゃないかと思うReed Warbler。
限定バードやその年にだけ作られるアニュアルバードっていうのはリリースされた時には普通に購入出来るものの、その時期を過ぎると急に入手が難しくなる。このReed Warblerも当時はそこかしこで普通に目にしたバードだったけど、今じゃトンとお目にかからないバードとなってしまった。限定バードや廃盤バードってのは買う時期を旨く見極めるのが肝心なんだという事を再確認させてくれたのがこのReed Wabler。
c0030570_6184213.jpg
わが家のバードコレクションの中で昨年のアニュアルと共にイマイチ思い入れの少ない(多分イッタラの値段急上昇に納得していないのが理由なんじゃないかと思う)Reed Warblerなんだけど、この記事を書くためにじっくりと見直してみると、珍しいピンクのボディーの輝きが美しいバードなんだと再確認。確かに美しいバードなんだけどイマイチ思い入れが乏しい。
どうも昨年から値段爆上げのバードたちには以前程愛着が感じられないようになっているのが本当に残念。且つこのまま値段が上がり続ければ現実的じゃない価格のバードへの興味は薄れ何れバードコレクションからも手を引くような事になるんじゃないかと最近は思ったり。どうかこれ以上バードの価格が爆上げしませんよーに(となんだか最後はReed Wablerとは関係の無い〆となってしまった事に反省)。
c0030570_6414998.jpg
Reed Warbler/Viitakerttu
2014 Summer campaign
-140x210mm

[PR]
by buckup | 2016-08-31 06:48 | Favorite。(292) | Trackback | Comments(0)
わが家のiittalaな週末の朝食#23
c0030570_1571638.jpg
久しぶりのキッチンでの朝食。
c0030570_1575868.jpg
今年ようやく念願のバルコニーのテーブルセットを新調し7~8月はバルコニーでの食事を楽しんでいたんだけど、この週末は8月らしからぬ寒さだったのでバルコニーでの朝食を断念。久しぶりのキッチンでのiittalaな週末の朝食となる。
c0030570_1512182.jpg
この日がデビューとなったTeemaの新色・light blueのマグ。
c0030570_1513670.jpg
8月半ばにして最高気温20℃前後の日々が続き「今年は結局夏は来なかったか」と嘆いていたところ、今週になって気温がようやく上昇。週末にかけて30℃超えの日々となる予想に夏好きの僕は大喜び。というわけでまだもう少し気持ちの良いバルコニーでの朝食&夕食&BBQが楽しめそう(嬉)。
c0030570_1515461.jpg
c0030570_15155738.jpg
c0030570_1516555.jpg
c0030570_15162046.jpg
c0030570_15163266.jpg
c0030570_15163711.jpg
・bodum PAVINA double wall 0.35 l
・Kartio glass 21cl clear
・Teema Mug 0,3 l light blue
・Teema Plate ø 21 cm pearl grey x2
・Kastehelmi Plate 315 mm grey
・Kastehelmi Plate 100 mm
・Kastehelmi Bowl 23 cl grey
・Kastehelmi Votive 64 mm seville orange
・Origo Bowl 0,5 l beige
・bodum POUR OVER Coffee maker with permanent filter, 0.5 l

[PR]
by buckup | 2016-08-25 15:36 | Essen&Trinken。(178) | Trackback | Comments(4)
iittala Teema -light blue
c0030570_14325390.jpg
とても柔らかで淡いTeemaの新色・light blue。
c0030570_1434579.jpg
何の前触れも無くいきなりの登場となった久しぶりのTeemaの新色・light blue。今回リリースされたのは0,3lのマグ、17cm、21cm、26cmのプレート、15cmと21cmのボウル、16x16cmのスクエアとC&Sを除くフルラインナップ。今回その中からコレクションしているマグとわが家で一番使用頻度の高いプレート21cmを購入。
c0030570_14405955.jpg
新色ライトブルー単品で見るとターコイズとそれ程色の差はないように見えるんだけど、実際にこうしてターコイズと並べてみると色の差は明確。新色ライトブルーはとても柔らかで淡いベイビーブルー。
c0030570_14424854.jpg
色の印象としてはセラドングリーンによく似た柔らかなカラーの新色ライトブルー。ターコイズよりも淡く、パールグレー寄りの色。
c0030570_14445873.jpg
ブルーとブラウンのコンビネーションは僕の好きな組み合わせで、ライトブルーのマグにはコーヒーが非常によく合う。
c0030570_1446629.jpg
21cmプレート。主張控えめの柔らかなカラーなので鮮やかな発色のターコイズよりも使い易そう。
c0030570_14471470.jpg
わが家のブルー系の21cmプレート。下からブルー、ペトロール、ターコイズ、新色のライトブルー。
c0030570_14514393.jpg
生産国はタイ。イッタラ&アラビアの陶器はフィンランドでの生産を終え、すべてアジアでの生産に移行。時代の流れとはいえ、な〜んとなく寂しい感じ。
c0030570_14534668.jpg
セラドングリーン、ライトブルー、パールグレーのカラーコンビネーション。この淡い系の組み合わせが中々良い感じ。
c0030570_14545163.jpg
廃盤色のブラウン、ダークイエローとのカラーコンビネーション。濃い色系との組み合わせもバッチリな新色ライトブルー。
c0030570_1456126.jpg
Teema待望の新色はとても柔らかなカラー。濃い色、淡い色問わずとても合わせ易く使い勝手は非常に良さ気。
わが家の秋の定番の鮮やかな黄色のカボチャのスープなんかには濃いめのターコイズがよく合うんだけど、揚げ物系や朝食のトーストには新色のライトブルーが良く合いそう。Kartio同様Teemaの一番の楽しみの食事に合わせて色を選ぶ楽しみの選択肢がさらに増えたとても使い勝手の良さそうな新色ライトブルー。
[PR]
by buckup | 2016-08-25 15:05 | Trackback | Comments(0)
iittala Kivi 60mm -clearのススメ
c0030570_14515198.jpg
シンプルなデザインに映えるガラスの塊感がとても美しいKivi。カラーバリエーションが多く、それがまた魅力のKiviの中でも基本とも言える無色透明のクリア。あまりスポットの当たる事の無いクリアについて書いてみようと思う。
c0030570_14542437.jpg
直径60mm。全高60mm。60mmのガラスの円柱の中心をティーライトが入る大きさにくり抜いたかのようなシンプルなデザインのKivi。
c0030570_145632.jpg
Kiviの魅力はなんといっても、分厚いリムと
c0030570_14564473.jpg
分厚い底部のガラスの塊感。
c0030570_14571886.jpg
そして何といっても一番の魅力なのが宝石のように輝く色とりどりのカラーバリーエーション。そんな中、クリアはクリア故についつい後回しになってしまうちょっと不遇(?)のカラー。
ちなみにクリアはフロスト、グリーンと並んで1988年のkiviの誕生以来続く一番古いカラーでもある。
c0030570_1501199.jpg
そんな不遇のクリアは、実は僕がカラーバリエーション豊富なkiviの中でも一番美しいと思っているカラー。しかしながら主張控えめ(?)なクリアは一つだけではその美しさはイマイチ発揮されないように思うのが正直なところ。
c0030570_1543011.jpg
クリアがその美しさをより発揮するには複数個のクリアが必須だと思っている。クリアのKiviを集めて火を灯すと個々の炎が隣のkiviをより美しく照らし出し輝き倍増。一つだと少々物足りない感じは否めないクリアも集合することによって色ガラスのkiviに負けない美しさを醸し出す。
c0030570_1511382.jpg
暗闇でKiviに火を灯す。すると明るい場所ではとても美しい渋色系のカラーのkiviは残念ながらその美しさを発揮する事なく、どれも殆ど識別がつかないダークな色に見えてしまうのが実情(ライト系のKiviは火を灯してもそれなりに色を識別することが可能)。
c0030570_15131214.jpg
そんな渋色系のカラーのKiviにクリアを混ぜるとクリアの灯火に照らし出されて若干色が識別できるようになるので、わが家では無くてはならない非常に貴重な存在。
c0030570_15143233.jpg
またクリアの中に火を灯さないカラーのKiviを置くと、クリアの明るい灯火に色ガラスが照らし出されてキラキラと美しい輝きを放つ(写真はクリアとウォーターグリーン)。
c0030570_15153931.jpg
この置き方は分厚いガラスの塊の小物入れVitriiniにも有効で、こんな感じにクリアの中にVitriiniを混ぜて飾るとVitriiniのガラスの美しさがよりひき立つ(写真はスイートピンクのVitriini)。
c0030570_1517112.jpg
勿論クリアの中に混ぜたカラーのKiviに火を灯してもとても美しい。クリアと混ぜることによって色ガラスの本来の色が照らし出されるので、ダークな渋色系のKiviの美しい発色をより楽しむことができる(写真はレッドのKivi)。
c0030570_15213799.jpg
アアルトのスチールボウル358mmに80mmのkivi bigと60mmのKivi2つ。緩やかなカーブを描く鏡面仕上げのスチールに反射するクリアのkiviの灯火と自らの炎に照らし出され氷のように輝くKiviが非常に魅力的で、これだけでも夜のリビングの主役となれる美しさ。
c0030570_15261047.jpg
そこに小さな透明系のバードを加えるとまた違う雰囲気となる(写真はアメジストのシエッポを追加)。
c0030570_15271011.jpg
クリアのkiviにクリアのバード。とても地味な印象だけど、実際にはとても清楚で落ち着いた雰囲気となるのでとても好み。
c0030570_15285645.jpg
カラーのkiviの色合わせをしていて意外に難しいのが、濃い色の渋色系とクリアなライト系を合わせる時。ただ普通に濃い渋色系と同型のライト系を合わせても、なんとなライト系が浮いてしまうことが殆ど(写真は向かって左よりターコイズ、レイン、ウルトラマリンブルー、スカイブルーのKivi)。
c0030570_15321873.jpg
そこにクリアのkiviを2つ追加するだけで渋色系とライト系がうまい具合に繋がる印象に。
c0030570_15333011.jpg
これだけでも超渋なカラーコンビネーションのブラウン、オリーブ、ウルトラマリン。そこにクリアを加えると・・・
c0030570_15343838.jpg
見た目の重さが軽減され軽めの爽やかな印象に。
c0030570_15352858.jpg
僕の好きな渋色コンビネーション。オリーブにフォレストグリーン。
c0030570_15361647.jpg
そこにクリアを加えるとより軽やかな印象に。前述したようにクリアを加えることによって実際に火を灯した際にオリーブとフォレストグリーンの色ガラスがより際立つのもとてもGood。
c0030570_15375797.jpg
単体ではとても美しい輝きを放つアメジスト。でも意外に他の色と合わせるのが難しい上級カラーのアメジストも・・・
c0030570_15393430.jpg
クリアと合わせることによってどんなカラーとでも合わせ易くなる。
c0030570_15434171.jpg
kiviの一番の楽しみといっても過言がないのが色合わせ。人それぞれ好みと感性が異なるのでコレといった決まりはないんだけど、行き詰まった時(!?)になにかと重宝するのがクリア。
イマイチなんだか色あわ絵がパッとしないないう時にクリアを混ぜるとモヤモヤ感が解消すること多々アリ。
c0030570_15413797.jpg
また何といってもクリア特有の涼しげで氷のような輝きが美しいので、Kiviは沢山持っているけどクリアは未経験、そんな人に是非オススメしたい。
またクリアはkiviの中でも安価なので複数個所有がオススメ。っていうかクリアの美しさに気付いちゃうと不思議と増殖していってしまうのがクリアなんだけど(笑)。
[PR]
by buckup | 2016-08-15 16:00 | Trackback | Comments(8)
iittala Birds by Toikka -Puffball #3 cranberry
c0030570_15584415.jpg
2014年に真紅のレッドから落ち着いた暗めの赤のクランベリーへと色変更になった丸っこくて小さな可愛らしいバード・Puffball。
c0030570_1604753.jpg
以前はパステル系の明るめのカラーを中心に様々な色のバリエーションがあったPuffball。しかしながらそのカラフルなカラーバリエーションの殆どは廃盤となってしまい、残念ながら現在はホワイトとクランベリーを残すのみとなってしまった。
c0030570_1642466.jpg
c0030570_1643013.jpg
今までに全8色リリースされたPuffballの中でも一番新しい色がこのクランベリー。不透明の鮮やかな発色の丸っこいボディーにクチバシがシュッと伸びたクリアな頭部と基本のデザインはPuffballそのまま。
c0030570_167063.jpg
ヌータヤルヴィの工房が閉鎖となりイッタラの工場と併合となった際に、それまでの鮮やかな赤もクランベリーへと変更。これぞ赤という発色だったレッドに比べ、クランベリーは落ち着いた印象の暗めの赤。しかしながらこのクランベリー、レッド以上に発色の差がかなりあるようで、暗めの発色だと殆ど黒に近い非常にダークな色に。そして薄めの明るい発色だと朱色というかとても明るいオレンジ系の発色となるので購入の際には見比べて好みの発色の個体を見つけるのがとても大事だと思う。
c0030570_16121256.jpg
今回紹介しているクランベリーは、たまたまネットショップで50%オフとなっていたセール品を購入。ネットショップでの購入だったので、どんな個体が来るのかちょっとドキドキだったけど(在庫の個別写真を撮影してHPに掲載して売っているスコープのような親切ショップは世界広しといえどあのスコープだけの特別サービス。通常ネットショップでのバードの購入はくじ引きのようなリスクを伴う)届いた個体は程良い発色の個体でホッと一息。
箱から出して手の上に乗っけてみるとデカイし重いしなんだか見た目もわが家の他のパフたちよりも精悍でカッコイイ印象。というわけでわが家のパフたちの中でも一番大きなグレーと一緒に並べてみるとクランベリーの方が明らかに大きい。
c0030570_1617075.jpg
一番小さなライラックが全長64mm。それに対してクランベリーは驚きの95mm。こうして最小のライラック、クランベリー、パフよりも一回り大きな兄貴分のKuulas、そして本来ならこの場所には今年のアニュアルバードのHarvest Puffball(あまりの値上げに馬鹿らしくなってしまい未だに購入していない)が来るべき場所にはほぼ同じ大きさのWillow Grouse。
こうして並べてみると進化の過程というか小さなパフたちが成長していくようにも見えてとても愛らしい。
c0030570_16251896.jpg
クランベリーというよりもちょっと和のテイストが漂う渋い海老茶色のような発色のボディーと相成って、この個体の大きな特徴とも言えるのがシュッと非常に長いクチバシを持つ潰れた頭部。
c0030570_16252456.jpg
昔から潰れた平らな頭はカモ系と相場(!?)が決まっているトイッカのバード。というわけでパフボールってのはカモ系なのかな?とずっと思っていたんだけど、ここまで見事に平に潰された頭部を持つバードを見るのは本当に久しぶり。
横から見ると真っ平らな頭部だけど他の角度からは極普通の柔らかな丸い頭に見えるのが不思議。レッドよりも暗いクランベリーボディーに被さった頭部は殆ど黒に見え、またシュッとスポーツカーのように細長いクチバシはクリアに見えるので全体的にはとても精悍な印象を受ける。
c0030570_18472599.jpg
キュッと短い平らな半円形の尾はクランベリー色のクリアガラス。ボディーはオパールホワイトにクランベリーの色ガラスを被せているので全く光は通さないんだけど、尾だけはこんな感じで光を透過して美しい光と影を生み出す。
c0030570_18491579.jpg
小さなボディーの底にはお馴染みのイッタラのロゴシールにサンドブラストで刻印された"O.Toikka IITTALA"。
c0030570_18502228.jpg
我が家のパフ、大集合。12時の方向より時計回りに、ブラック、グレー、ホワイト、イエロー、ライラック、ピンク(厳密にはこのピンクはパフボールではない)、レッド、クランベリーの順。
c0030570_18514688.jpg
ホワイト、イエロー、ライラック、ピンクのパステル系とレッド、クランベリー、ブラック、グレーの渋系に分ける事の出来るパフ。パフは一羽より二羽。二羽より三羽と数が増えれば増えるほどカワイさ倍増。ただ決して安いバードではないので一気に集めるのはお財布に厳しい。なのでセールや廃盤決定後なんかを狙ってコツコツ集めるのがオススメ。
c0030570_18544430.jpg
オパールホワイトのガラスに発色の良い色ガラスを被せたのが一番の特徴のパフボール。明るい場所ではより鮮やかに。光の当たらない場所でもそれなりにボディーの色が見えるのが被せ(合わせ)ガラスの利点。
c0030570_18562152.jpg
トイッカのバードの中でも一番安価でバードの魅力をギュッと凝縮した入門バードのLittle tern。多くの人はパフボールの方が小さいのにどうして値段が高いのだろうと疑問に思うんじゃないかと思うけど答えは簡単。
赤い色ガラスを膨らませただけのLittle ternに対しパフボールは先にも述べたようにホワイトの地ガラスにクリアの色ガラスを被せているのでガラスの量も仕事量も倍なのがそのまま価格に反映。
c0030570_191383.jpg
日本では光を透過すると美しく輝くクリアなバードが人気のようだけど、光を透過しないバードもまた違う趣で美しいと思う(ちなみに光を透過しないバードは光が当たると光を反射して輝く)。
c0030570_1934471.jpg
ちょっとダークな渋い発色のクランベリーのパフボール。パステル系のパフたちとは異なる渋くてとてもカッコイイ印象の小さなバード。
店頭で幾つものクランベリーのパフを見てきた感じ、クランベリーは発色の違いがとても大きいので色味の異なるクランベリーのパフだけ3~5羽集めても面白いかもとか思っている。
c0030570_1955549.jpg
Puffball/Kuukunen
cranberry
2014~
-50x95mm

[PR]
by buckup | 2016-08-07 19:28 | Favorite。(292) | Trackback | Comments(0)
iittala Aroma i-102 -180ml clear
c0030570_21334556.jpg
コロっと丸いフォルムが可愛らしいTimo Sarpanevaによってデザインされた古いイッタラのグラス"Aroma i-102"。
c0030570_21324811.jpg
kaj Franck、Tapio Wirkkalaと並ぶフィンランドガラス界の巨匠・Timo Sarpenevaによってデザインされたグラス・Aroma。1956年にデザインされ、1983年までの長い間製造されていたこのグラスはヘルシンキのデザインミュージアムにも展示されているイッタラを代表するグラス。
c0030570_2142105.jpg
見た目に反して異様なまでに軽いこのグラス。手に持った感じはグラスというよりはビーカーという感じの軽さ。
c0030570_21443098.jpg
我が家に一脚だけあるラフラログのウイスキーテイスティング(試飲)用グラス。このグラスを見るとわかるようにグラスに対して飲み口が窄まっているチューリップ形状のグラスはその大きさに関わらず、注いだお酒の香りをより引き出す効果がある。
c0030570_21464695.jpg
このAromaもグラスよりも飲み口が狭まっているのでストレートな筒型のウイスキーグラスよりも香りがより引き立つ。
c0030570_2148419.jpg
ウイスキーを注ぎそのままテーブルに5分程置くとグラスからウイスキーの香りが開き部屋中にとても良い香りが漂う。さすが"Aroma"と命名されたグラスだけはあると感心するほどに香りがとても豊かに広がるのがこのグラスの特徴。
c0030570_21502515.jpg
またグラスのフォルムがほぼ球体なので注いだ琥珀色のウイスキーの光を乱反射してとても美しく見える。
c0030570_21513368.jpg
スタッキングを考慮してデザインされたのかどうかは不明だけど、写真のようにスタッキング可能なので収納に場所は取らない。
またスタッキングしたその姿は50~60年代のガラスオブジェやベースのようにも見えるのでこのままテーブルの上に飾っても悪くないとか思ったり。
c0030570_21545065.jpg
Aromaの名の通りウイスキーの持つ香りを堪能するのに最適なグラス。新しいウイスキーやお気に入りのウイスキーの持つ香りをより楽しみたい時には迷わずこのグラスを選んでウイスキーの複雑な香りを楽しんでいる。
[PR]
by buckup | 2016-08-03 03:38 | Essen&Trinken。(178) | Trackback | Comments(2)


タグ
カテゴリ
最新の記事
iittala -Valkea
at 2018-09-04 17:35
iittala -Trio
at 2018-07-24 14:53
わが家のHerendな朝食#1
at 2018-07-12 05:30
HAY TIME
at 2018-06-15 18:35
プロトタイプ幻想
at 2018-06-08 09:36
わが家の復活祭*2018
at 2018-04-27 05:27
わが家のiittalaな週末..
at 2018-03-07 18:41
以前の記事
2018年 09月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2009年 03月
2009年 02月
2008年 07月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 02月
2007年 10月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 04月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
最新のコメント
検索
記事ランキング
最新のトラックバック
Flowers in a..
from colonne sun
タッツァ・ドーロ(TAZ..
from ◆イタリア料理紀行◆ dal..
Sad song, sa..
from !!!!! 大佐日報 !!!!!
Loop nano (i..
from いいタイトルが決まらない(;..
DMTECH ホームシア..
from ホームシアター
ラヴェルのボレロ考
from 鎌倉スイス日記
ハリー・グレッグソン・ウ..
from - Harry Gregso..
最近のお気に入り♪
from SとMoとLiの関係
Dianne Reeves
from 今日のアルバム(JetCast)
ROMA---コーヒー(..
from たにしの江戸参り
お気に入りブログ
このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。