独逸より日々愛用しているお気に入りを・・・風の吹くままに、気の赴くままに。
by buckup
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
タグ:A&V ( 4 ) タグの人気記事
WIREWORLD Silver Starlight 5-2 HDMI
数年前、Blu-rayをはじめて導入した頃、全くといって良い程HDMIケーブルに対する知識が欠如していた。HDMIケーブルにはバージョンがあってバージョンによって転送能力が異なるという基礎知識しか無く、あとはその頃ネットで大手を振っていた「HDMIケーブルによる画像、音の違いは無い」という論調を信じてアマゾンで一番評価が良かった無名のお手頃HDMIケーブルを入手。その後も何度かドイツ産のブランドHDMIケーブルを試してみたりしてみたけれど、これは高価なくせに無名ブランドのHDMIケーブルよりも画像も色調も荒く、音もこもりがちだったのを経験して「なんだHDMIケーブルでも音や画像はやっぱり変わるんじゃないか」と確信。それではという事で、巷で好評価のWIREWOULDのHDMIケーブルを試してみようと思い立ったのだった。
c0030570_4341416.jpg
入手したのは、ネットでも各AV誌でも中々の高評価だったSilver Starlight 5-2。最新の6がリリースされた後だったのでお買い得価格で入手。高価な最新式よりお買い得な型落ち。こういう買い物の仕方、自分は結構好きである(笑)。
注文して届いたケーブルをはじめて手にした時の印象は「太っ!!!」。それまで使用していたノーブランドのHDMIケーブルもWIREWORLD同様の平らなきしめんタイプだったけれど、届いたSilver Starlight 5-2は厚さが2倍。それに伴いコネクターも実にしっかりとした堅牢な造りに値段の差を実感。外見(実際にはそれ程気にしないけど)は価格に見合う合格点。それでは実際に接続して見ると・・・。
c0030570_4513816.jpg
まず驚いたのはその映像。それまでは暗い場面で波紋のような階調が見られたディスクもすんなり自然な画に。そして色が引き締まったのに鮮やか。「ほーうちのTVってこんなにキレイな画像だったんだ」と感心したのを今でも鮮明に覚えている。
そして気になる音。これも以前に比べて格段に向上。何より興味深かったのがSilver Starlight 5-2を使いはじめてから、低音、特にサブウーハーの働きが明らかに異なった事。それまでは場面によってはいきなりズドーン!と低音が来て焦る事があった我が家のシステム。それがSilver Starlight 5-2を使用しはじめてからは「あれ、サブウーハー壊れた?」ってくらいサブウーハーの存在が消滅。厳密にはサブウーハーが活躍する爆音や重低音炸裂の場面でもサブウーハーが主張する事が無くなり、実に自然に、まさに縁の下の力持ち的存在のなり方に豹変したのには感心。それに加え各チャンネル間の音の繋がりも以前よりもさらに自然に。全体的には下品な音のしない、大人しいけれどとてもエレガント(?)な鳴りになったのが印象的だった。
とりあえずはこのHDMIケーブル、以前使用していたノーブランドのものとは別次元のものだという事を実感。当分はこのケーブルを他のものに交換しようという考えは無い程満足。

しかしHDMIケーブルってのはSPケーブルやインコネよりも評価が厄介なケーブルなのではないかと思う。というのも現在主流のフラット型TVの実力、画像はまさに千差万別。え、そんな汚い画像のTV買っちゃうの?って思うようなモデルが市場の大半を占め、それが現在のメインストリームとなっている現状にも驚きだけど、そんなTVやモニターを使用しながらも高価なHDMIケーブルを繋いで「音も画像も良くならない!サギだ!」と声高らかに主張されてもケーブル会社の方が困ってしまうのではないかと要らない心配をしてしまう。
この先、TVやモニターが何処ヘ向かおうとしているのか僕にはさっぱり解らないけれど、多分我が家は今使用しているTVが壊れてしまったらTV難民となってしまうのは確実ではないかと先日大型電気店のTV売り場に並ぶTVを見ながら憂いてしまったのだった(HDMIケーブルレビューとは異なる〆になってしまった。汗)。
[PR]
by buckup | 2012-04-16 05:18 | AUDIO。 (69) | Trackback | Comments(0)
念願のケーブルカバー。
2009年の11月にパイオニアのプラズマTV・PDP-LX5090H KUROを購入して以来、ずっと剥き出しで壁掛けのKUROからぶら下がっていたケーブル群。結構太いFischerの電源ケーブル、HDMIケーブル2本、Wiiのコンポーネントケーブル3本(音声2本はAVセンターのSTR-DA5500ESに接続)に音声出力ケーブル2本(R+L)とまぁ束ねるとかなりの量になるケーブル群がKUROに接続されている。
c0030570_19452750.jpg
以前から目立たないように束ねてはいたものの、如何せん剥き出しのケーブルの束の見栄えは良く無かった(汗)。という事で今回ようやくアルミ製の壁掛けTV用のケーブルカバーを導入。写真のように見た目にも非常にスッキリ。30cmという長さ、写真で見ても少々短いように感じるけれど、実際にはセンタースピーカーがカバーの真ん中辺りの高さまで設置されるのでノープロブレム。しかしかなりの量のケーブル量なのでカバーの中がキツキツなのがちょっと心配。

ケーブルカバーを設置してから「あっ!電源ケーブルとシグナルケーブルは束ねちゃいけないんじゃなかったっけ!?!?」と思い出しても後の祭り。幸いにも音にも画にも悪影響は出ているように感じられない(若干画像が荒く(ノイズが乗った?)なったような気もするけれど)。
ちなみにこのケーブルカバー。一度設置してしまうと後々のケーブル交換は非常に困難(という事でTV系のケーブルの交換は今後しないと思う←結果、財布に優しい!?)。
[PR]
by buckup | 2011-07-14 20:08 | AUDIO。 (69) | Trackback | Comments(0)
KEF HTS5001.2 -NEWサラウンドバックSP導入
以前から計画していたサラウンドSPの入れ替え。今回はBD鑑賞には欠かせないサラウンドバックSPを買い替え。色々と熟孝した結果、場所をとらずに高さを確保出来るKEFのHTS5001.2を導入。
c0030570_2140753.jpg
7.1ch環境におけるサラウンドバックSPって、普段は鳴っているのかいないのか良くわからない、あってもなくても良いような感じの我が家では非常に存在感の薄い地味な存在。でも実際に5.1chにしてみるとその存在感とありがたさがわかる、サブウーハー同様の縁の下の力持ち的存在のSP。

それでは何故現状の長年愛用のタマゴ型SP・KEF KHT3005の買い替えを考えたのかというと、実は音質的な問題よりも見栄えと場所的(汗)な問題。今まではソファーの後ろにKHT3005(といっても現行タイプではなくてKHT2005にクロームメッキされた限定モデル)にスタンドをつけて使用していた訳だけれど、いかんせん見た目的にスッキリしない。というのも我が家のソファーの後ろには飾り棚があり壁にピッタリとKHT2005を近接してセッティングする事も出来ず、何とも宙ぶらりんな場所に立ち、掃除の時にも邪魔な存在となっていた。そしてその関係からも試聴位置からも今ひとつ距離が取れずにセッティングにも苦労をしていたのが正直なところ。
c0030570_21534493.jpg
そこで目についたのがスリムでスッキリとしたデザインのHTS5001.2。日本ではディスコンとなってしまっているこのモデル。ヨーロッパでは今でもKEFの中核をなすモデルとして人気があり、最近ではスタンドに後付けできるSPケーブル要らずのワイヤレスシステムなんかも発売されている。
c0030570_21562642.jpg
SPの構成はKEFではお馴染みのUni-Qドライバーにダブルウーハーの3ウェイシステム。Uni-Qドライバーはチタンコーティングの施された、僕が愛用しているXQよりも一世代新しいタイプ(といっても今では既に2世代前だけど)。ボディーがアルミダイキャスト製。でもユニットがセットされているフロントはアルミではなくてプラスチック製(!)だった。
c0030570_2211857.jpg
フロントに使用しているXQoneをスタンドからおろしてHTS5001.2をセッティングしてまずは試聴(笑)。
出始めの音は勿論固めだったけれど、中〜高音はさすがUni-Q。ぱっと聴きには「あれ、もしかしてXQと同等?」と感じてしまった。特筆すべきはその音の広がり。この細い筐体を中心に部屋全体に音がちゃんと展開するのには驚いた。ちなみに低音はもともとKHT3005同様サブウーハーにまかせるものと割り切っているようで全然出ない(苦笑)。
c0030570_22133539.jpg
音質、造りともに納得のいく出来のHTS5001.2にも一つだけ不満な点が。それは写真のスピーカーターミナル。KHT3005よりもさらに安っぽく、XQとは比べ物にもならない程お粗末(!)なスピーカーターミナル。何よりも標準的なWBTやCHORDの4mmバナナが刺さらないのには驚いてしまった。
コレは困ったぞと思った僕はターミナルの交換が可能かどうか早速フロントパネルを開けて中を確認。ターミナルの接続と構造は単純で交換は簡単に出来そうだった。しかし設置用の別売り高さ調整機構付きのデスクトップスタンドにセットしてみると結局ターミナルに直刺しは無理な事に気付く。
c0030570_23164690.jpg
実際にセッティングしてみるとかなりスッキリ。いままでのようにサラウンドバックSPの存在を主張しないのがとってもgood。そして距離にしておよそ50cm後方にセッティング出来るのも非常にgood。実際にBDを鑑賞してみるとその差は歴然で、今までよりも数段上の音に包まれる快感(?)を味わう事が出来る。

これで今年のサラウンドSP買い替え計画は50%完了。あとはサイドのサラウンドSPの買い替え。これはSACDに完全対応させる為に50kHz再生が可能なSPという事で選択の余地は殆どないのが実情。そしてやはり気になるのはXQ10。でも価格的にXQはこの時期厳しいので(今年はまだまだ欲しいものが沢山←完全に物欲の虜。大汗)XQの購入は無理だろうなぁというのが正直なところ。という訳でたぶんサラウンドSPはお買い得価格のHTS3001SEで決まりでしょう、きっと(笑)。
[PR]
by buckup | 2011-05-03 23:28 | AUDIO。 (69) | Trackback | Comments(4)
HDMIケーブルの方向性と画質
SONYのSTR-DA5500ESを導入してからはBDの画像はHDMIで5500ES経由で鑑賞。しかし5500ES経由にしてからというもの、画面が明るくなった反面いままでよりも色の深みが浅くなりシャープさが失せ、妙にザラついた、直接kuroにBDを繋いでいた頃と比べるとお世辞にも"キレイ"とはいえない画になってしまった。
これはSONYとPioneerの画に対する『造り』の方向性が異なり、それにより生じる相性の悪さなのかなと思い、色の深みの無いザラつきボケた画をkuroの画質調整でどうにか以前に近いように設定して納得の行かない画をしのいでいた(ちなみにこの時期に鑑賞していたBDはその殆どが画質がイマイチなものだと思っていた。これは後に大間違いだった事に気づく)。
c0030570_1181429.jpg
そんな折、我が家にも遅ればせながらApple TV 2Gを導入。そしてApple TVの接続の為に現在すべてのHDMI機器の接続に使用しているHDMIケーブル・SunshineTronic HDMI Flatcable v1.4を新たに購入。
このケーブルはHDMIケーブルでは定評のあるWire World同様のフラットな構造のケーブルで、それまで使用していたメーター10€以下の安いHDMIケーブルよりも明らかに良い画像が得られ(我が家の機器間で使用した場合よりクッキリ、ハッキリでも柔らかで自然な色再生)たリーズナブルで今一番僕が気に入っているHDMIケーブル。

さてこのケーブルをApple TVに接続してみたところ、HD画質でも最高720pのApple TVの再生にもかかわらず、見るに耐えうる中々良い画質が得られる事にビックリ(ちなみに他の2社の安いHDMIケーブルに差し替えてみると720p相当のぼけぼけな感じの画)。そんなわけで他のHDMIケーブルも早速このケーブルに交換。その際、一番最初に届いていたケーブルを5500ES→kuro間に早速使用してみるも、それまで使用していた安いHDMIケーブルの画とそれ程の差が出ずに思わずガックリ。
数日後に届いたケーブルをApple TVに接続するも、期待を裏切り一番最初に使用した時のクッキリ&深い色の画が出ずにこれまたガックリ。やはりHDMIケーブルによる画質の変化は伝説だったのかと悶々とそれからの日々を過ごす。

その後、ある日たまたまネットでケーブルの方向性についての記事を読む。「これは!」と思い現在接続されているHDMIケーブルの向きを調べてみると、何とすべてが逆に接続。
現在使用しているケーブルには特に方向性を示す矢印も注意書きもなかったけれど、例えば「HDMI ver1,4」とケーブルにプリントされている文字をデーターが流れる方向(BD、AVレシーバー間の場合『HDMI ver1,4』というプリントが『AVレシーバー』←『HDMI ver1,4』←『BD』という感じ)で接続してみると、明らかに画像の変化が!!!
それまでの納得のいかなかった画が信じられない程、鮮明に、そしてクッキリハッキリだけど瑞々しい画に変化。「これだよ、これ!」とまさに狂喜乱舞しかねない、丁度BDプレーヤーから直接接続していた頃のような鮮明で新鮮な画像がkuroに映し出されたのに正直ビックリ。ケーブルの方向性によってこうまでも画質が変化するとは露程も思っていなかったので、この変化にははっきり言ってとっても新鮮な驚きを覚えた。

これはたまたま僕が現在使用しているSunshineTronicのHDMIケーブルだけの効果かもしれないけれど、もし5500ESを使用していてHDMI接続による画質の劣化が感じられる場合、是非今一度ケーブルの方向性をチェックしてみてみてはいかがでしょうか。
[PR]
by buckup | 2011-02-09 02:56 | AUDIO。 (69) | Trackback | Comments(0)


タグ
カテゴリ
最新の記事
HAY TIME
at 2018-06-15 18:35
プロトタイプ幻想
at 2018-06-08 09:36
わが家の復活祭*2018
at 2018-04-27 05:27
わが家のiittalaな週末..
at 2018-03-07 18:41
iittala Birds ..
at 2018-02-26 10:21
Steiff -TEDDYB..
at 2018-02-25 03:25
わが家のバレンタインデー@2..
at 2018-02-16 07:39
以前の記事
最新のコメント
検索
記事ランキング
最新のトラックバック
Flowers in a..
from colonne sun
タッツァ・ドーロ(TAZ..
from ◆イタリア料理紀行◆ dal..
Sad song, sa..
from !!!!! 大佐日報 !!!!!
Loop nano (i..
from いいタイトルが決まらない(;..
DMTECH ホームシア..
from ホームシアター
ラヴェルのボレロ考
from 鎌倉スイス日記
ハリー・グレッグソン・ウ..
from - Harry Gregso..
最近のお気に入り♪
from SとMoとLiの関係
Dianne Reeves
from 今日のアルバム(JetCast)
ROMA---コーヒー(..
from たにしの江戸参り
お気に入りブログ
このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。