独逸より日々愛用しているお気に入りを・・・風の吹くままに、気の赴くままに。
by buckup
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
タグ:AUDIO ( 57 ) タグの人気記事
Ma Fleur -The Cinematic Orchestra
流行り廃りに左右されずに、たぶん一生の付き合いになるんじゃないかなと思えるお気に入りのアルバムが僕には幾つかある。2007年にリリースされたThe Cinematic OrchestraのMa Fleurもそんなアルバム。
c0030570_0181397.jpg
架空の映画のサウンドトラックというコンセプトで作られたこのアルバム。通しで聞いてみると確かに映画のサウンドトラックのような流れのある、とても纏まりのあるかっちりとした作りとなっている。また生の弦楽器の弓をこする音、コントラバスの弦を弾く音、ピアノのハンマーが弦を叩く音、スティックがシンバルを叩く質感、ギターの美しい余韻。とにかく生楽器の響きがとても心地よく美しいアルバムで、要所要所に絡むエレクトロニクスもとても良い感じ。またオーディオ的にも、しっかりとSPのセッティングが出ていればトラック2ではまるでSACDのマルチ再生のようにリスナーを中心にグルリと音が回転するような面白さもある。

特筆すべきはゲストヴォーカル陣の素晴しさ。基本The Cinematic Orchestraのアルバムのヴォーカルはどれも素晴しいんだけど、僕的にはこのアルバムのヴォーカルはピカイチ。特にトラック1に納められているPatric Watsonの歌うTo Bild a Home(IKEAのCMや映画のトレーラー等にも使用された)は最高でコレだけでも一聴の価値はあると思う。

サウンドトラック調ということもあり、どこか切な気で哀愁感漂うアルバムだけど、僕的には聴く際の自分のメンタルによって印象がとても変わるアルバム。落ち込んでいる時に聴くととんでもなく重く心に響くし、精神的に安定している時に聴くとどこか懐かし気でとても心地よい。そんな僕の聴く時の精神状態によって様々なイメージをつくり出してくれる、それこそが僕がこのアルバムをとても気に入っている理由なのかもしれない。
[PR]
by buckup | 2015-05-15 00:39 | CD。 (36) | Trackback | Comments(0)
クリスマスなCD @2013
c0030570_1950233.jpg
毎年恒例、何故かこの時期になるとついつい購入してしまうクリスマスなCD。昨年はエレクトロクリスマス(これはイマイチだった)。そして今年は直球ど真ん中の正統派クリスマスCDを4枚購入。
c0030570_19523768.jpg
まずは写真右の『Christmas Break』。一見するとチープな安売りクリスマスCDにありがちなジャケット写真にあまり期待は出来なさそうなんだけど、これは今回購入した4枚の中で僕的には一番アタリでオススメな一枚。『relaxing jazz for the holidays』とサブタイトルがついている通り、非常に落ち着いたリラックス度満点のとても聴き易いムーディーなクリスマスジャズアルバム。収録されている楽曲も甘ったるいスローナンバーに偏らずアップテンポの曲も良いバランスで収録されていて最後まで飽きる事なく聴ける。
音質に定評のあるTELARC社のアルバムだけあって非常にクリアでリアルな録音。時が時ならばSACDでも発売されていたのでは?と思う程非常にクリアで自然な音の広がり。

2枚めは写真左、実はカワイイジャケットに釣られてポチってしまった(汗)ジャケット買いの一枚。Pink Martiniのクリスマスアルバム『JOY TO THE WORD』。タイトルの『JOY TO THE WAORD』はとってもポピュラーなクリスマスソングなんだけど実はこのアルバムには収録されていない(笑)。それでは何故にタイトルがJOY TO THE WAORDなのか。それはこのアルバムが日本語をはじめロシア語、中国語、ヘブライ語等々世界各国の言語で歌われた楽曲を収録している故にタイトルは『JOY TO THE WORD』。そんなでお決まりのクリスマス音楽に飽きてしまった人にはオススメの他のクリスマスアルバムとは少々趣の異なるアルバム(ちなみにトラック2のホワイトクリスマスは由紀さおりが日本語で歌っている)。音質も非常に良好で非常にクリアで自然な音の展開のする優秀な録音。
c0030570_17344050.jpg
写真左のクリスマスらしい赤い背景にレトロな三人の女性がジャケットのこのアルバムは、ジャケット写真のとおり非常に古い録音(驚く事にこのアルバムには収録日時をはじめ一切の情報が記載されていない)で、コマーシャルや映画をはじめきっと誰もが何処かで耳にした事があるんじゃないかと思う実にアメリカンなクリスマスソングが収録されたTHE ANDREWS SISTERが歌うクリスマスアルバム。
基本非常に古い録音なので音質に期待してはいけないけれど、ここまで古いんだったらステレオではなくてモノラルだった方がより雰囲気が出たんじゃないかと思う。でもまぁクリスマスパーティーやディナーのBGMに非常にピッタリのクリスマスの愉し気な雰囲気満点の定番クリスマスアルバム。

そして最後は写真右のThe Pupppini Sistersの『Christmas With』。THE ANDREW SISTER同様とってもアメリカンな女性ヴォーカルトリオによるクリスマスアルバム。アップテンポの曲が非常に印象的なとっても元気なアルバム。音質はレトロなイメージを意識したのか少々ディストーション(歪み)気味の音質(とはいうものの決して音質が悪いというわけではなくてとってもこのアルバムにあっている)。妻はとてもこのアルバムを気に入ったそうで、特にトラック4の『Last Christmas』はオリジナルよりも格段に良いとの談(妻はこの時期ラジオからひっきりなしにかかるLast Christmasに毎年辟易していた。苦笑)。トラディショナルからポップソング等々幅の広い選曲のされた聴いていてとても楽しいアルバム。

と今年購入した4枚のクリスマスアルバムを急ぎ足でレビューしてみたわけだけど僕的には今年購入した4枚はどれもアタリ。これらに僕的クリスマスの永久定番アルバムのDianne Reevesの『Christmas Time Is Here』を加えてこの時期クリスマスソングが我が家のBGMとしてひっきりなしにかかっている(正月のおせちと同様3日過ぎると飽きちゃうんだけど。大汗)。
[PR]
by buckup | 2013-12-21 17:56 | CD。 (36) | Trackback | Comments(2)
Post -Björk
1995年(今から17年前!)にリリースされた、Björkファンにとっては既にクラシックともいえるアルバム。当時大ブレイクしたこのアルバムについては既に語り尽くされた感があるのに今更紹介するのは、このアルバムが我が家のオーディオシステム、特に低音域の調整に欠かせない重要な一枚という理由から今回紹介してみる事に。
c0030570_452421.jpg
トラック2に収録されているBjörkを代表するナンバーでもある『Hyper-ballad』。まずはこの曲の冒頭の3つの重低音ともいえるベースラインを均等にならす事が出来るかという事から我が家のオーディオシステムの調整は始まる(ここは無事クリアした我が家のセッティング)。そしてこの楽曲を通して「ズーン」と鳴り続けるベースラインが一音も痩せる事なく、部屋全体を震えるような重低音で満たす事が出来るか?これが我が家のセッティングの到達点。残念ながら今の段階ではベースの最高音が奥に引っ込んでしまうような鳴りで、これをどうにかクリアしたいというのが最近の目標。
そしてトラック4の"It´s Oh So Quiet"のウッドベースの質感を感じさせつつ、しっかりとベースラインが均等に鳴るかというのもセッティングの指針であったりする。この『Post』というアルバム。基本的にアルバム全体を通してバスが旨く鳴っているかどうかが非常にわかり易い貴重な一枚だと今回レビューを書くにあたりじっくりと聴き込んでみてつくづく再確認。

アルバム全体の評価としてはBjörkのアルバムの中でも屈指の出来で、楽曲も音質も非常に良好な一枚。僕にとって大抵Björkのアルバムには1〜2曲非常に難解な曲があってアルバム一枚を通して聞くのが難しかったりするんだけれど、このアルバムははじめから終わりまでスキップする事無く楽しめる貴重な一枚。
はじけるようなパワー溢れる若かりし頃のBjörk(今でも十分パワフルだと思うけれど)を余すところ無くビッチリと詰め込んだ、リリースから17年経った今でもアルバムの内容、音質共に僕にとって非常に重要なアルバムだったりする。
[PR]
by buckup | 2012-08-05 22:26 | CD。 (36) | Trackback | Comments(0)
オーディオ近況
c0030570_2038214.jpg
最近すっかりイッタラ製品&お料理ブログ化してしまっている当ブログ。オーディオ&AV熱は決して冷めてしまったわけではなくて、最近は安定期に突入した我が家のオーディオシステムの近況報告。
c0030570_2041392.jpg
昨年終わりにパワーアンプ&スピーカーを新規導入した我が家。パワーアンプによる音の変化はあったものの、スピーカーはそれまで使用していたKEF XQoneと同シリーズという事もあって、XQの音の傾向はそのままに、低音のさらなる増強とスケール感の拡大といったスタンド型SPならではの恩恵に与り音の満足度は格段にアップ。そしてリアSPに導入したXQ10もとても良い鳴りっぷりで、SACDマルチやブルーレイによる映画鑑賞での音の繋がりやサラウンドによる包容感も申し分無い。
c0030570_20492147.jpg
最近の変更点といえば、ミュージカルフィデリティのM1 DACの電源ケーブルを交換した事くらい。まさかDACの電源ケーブルで音に変化が現れるとは思っていなかったけれど、Fadel ArtのPower Cord(我が家ではこのケーブル完全引退。どうも音が眠くなる傾向になる)をAURAが故障してからずっとお蔵入りしていた自作ケーブルのBelden 83803+Iego Power Plugs(Cu) に変更した途端に、何故かそれまで音量を上げると低音過多でブーミな響きだった音が整理されたように改善。それにくわえてAURAにはあってaudiolab(とても冷静で解像度の高い鳴り)には無かった『聴く楽しみ』というか音の躍動感が戻ってきたのには驚き。それにしてもBelden 83803。安価なのに中々良い仕事をしてくれる。
c0030570_2134045.jpg
片チャンネル、出力250Wという余裕のパワーアンプ・audiolab 8200MBも絶好調。このアンプ、エージングはあまり関係ないようで、半年経っても音の傾向は鳴らしはじめと変わらず。しかしこの歪み率の非常に少なく出力に余裕のあるパワフルなアンプでXQを鳴らすと、何処までも音量を上げれてしまうような錯覚に陥り、ご近所の迷惑にならないように音量を上げすぎないように注意しなければいけないのが玉にキズ(笑)。
とにかく素晴らしいのは、オーケストラや映画鑑賞時に"fff"で音が詰まる事も歪む事も無く朗々と鳴らせる点。これはAURAにはなかった、このアンプを選んで正解だったと心底思う点でもある。
c0030570_205950100.jpg
そして一時期ご無沙汰だったSACDもXQ10とCHORD Epic Twin SP Cableの導入により復活。全SPをXQで統一したのはやはり正解で、マルチ鑑賞ではリスナーを中心にグルリと360°隙の無い音に包まれる幸せに浸る事が出来る(笑)。
c0030570_21133187.jpg
c0030570_21152527.jpg
c0030570_21141918.jpg
c0030570_21143268.jpg
c0030570_2115784.jpg
c0030570_21145365.jpg
c0030570_21144484.jpg
c0030570_21104046.jpg
というわけでこれといった不満点も無く、最近は安定期に突入した感のある我が家のオーディオシステム。たぶんまた夏が過ぎた辺りに壁コンの変更等ちょこちょこと変更はするかもしれないけど、とりあえずはこのままのセッティング&機器でしばらくは楽しむ予定。
[PR]
by buckup | 2012-05-24 21:24 | AUDIO。 (69) | Trackback | Comments(0)
WBT-0710Cu nextgenの行方
c0030570_63776.jpg
かな〜り昔の話しになるけれど、AURAのモディファイに使用しようとして規格が合わず結局使えなかったWBT-0170Cu。何処かに使用出来ないかと悩んだ挙げ句、センタースピーカーのKEF XQtwoに使用する事に。
c0030570_663681.jpg
まずはスピーカー裏側のターミナルプレートを本体から外す。ターミナル自体はネジ式なので簡単にプレートから取り外す事が出来る。プレート本体はプラスティック製。その上に薄いアルミパネルが貼られて(?)いる。
c0030570_6193918.jpg
ドリルでWBTの直径に合わせてターミナルホールを拡張。この作業は至って簡単。
c0030570_6203750.jpg
拡張したターミナルホールにWBT装着の為の爪穴を棒ヤスリで作る。この作業は結構時間を要し、地道にWBTの取り付けプレートがピッタリはまるまで削る(忍耐x4穴)。
c0030570_625236.jpg
4つの穴全てを削り終えたら、写真のような特殊な金属ヤスリで削り面をキレイにする。この作業だけは金属工の妻の弟にお願いした(自分でも挑戦してみたものの旨く削る事が出来ず断念)。
c0030570_62913.jpg
穴さえ空けばあとは簡単。WBT-0710Cuをばらしてターミナルプレートに装着。オリジナルのターミナルよりもかなり立派なWBT-710Cu。中々カッコいい(笑)。
c0030570_633424.jpg
XQの内部配線に使用されているファストン端子はWBTのものよりも幅が狭いので、あらかじめWBTの端子の両端のデッパリ部を削っておく。
c0030570_6361814.jpg
そしてようやくXQの内部配線と接続。プレートから配線を外す際に正しい接続をあらかじめ確認しとくのが重要。間違った配線をしてしまっては折角のモディファイが台無しに。本当なら内部配線もCHORDのものに変えたいけれど、そこまでの技術も知識も無いのでとりあえずXQtwoのモディファイはここまで。
c0030570_6384827.jpg
オリジナルのターミナルでは今ひとつしっかりハマった感の無かったCHORD Signatureのケーブルブリッジもしっかりと固定。

気になる音の変化は、オリジナルのターミナルよりも音がより太く柔らかくなり低音も若干増した感じ。しかし何よりも驚いたのはターミナルを交換しただけだというのに、映画鑑賞時にセリフ前後の距離感が出た事。どういう因果関係でこんな恩恵が得られたのかはわからないけれど、これだけでもこのターミナル換装モディファイをした甲斐があったという感じ。

実はこのモディファイによってセンタースピーカーの音には非常に満足していたので、あえてXQ50c(実はXQ50cはXQtwoよりもサイズダウンされているのも気になった)への変更はせずにXQtwoを使い続けている。後々XQ10&40のターミナル交換もしてみたいとは思っているものの、当分はオリジナルの音を楽しもうと思っている。
[PR]
by buckup | 2012-04-27 07:07 | AUDIO。 (69) | Trackback | Comments(0)
CHORD Signature Digital Audio Cable 0.5m
c0030570_19545696.jpg
1月某日、待望のCOHRDの同軸デジタルケーブル・Signatureが我が家にやって来る。
c0030570_2058391.jpg
以前は紙箱だったCHORD。昨年後半辺り(VEEプラグに変更した頃から)から写真のような立派な木箱に変更。今のところ値段の変更は無いけれど、手の出し易いお買い得価格ケーブルから高級高価ケーブル路線に変更か?とちょっと心配になってしまう貧乏性な僕(苦笑)。
c0030570_2121578.jpg
桐箱のような立派な木箱に収められたコードのシグネチャーデジタル同軸ケーブル。箱の底にはケーブルやプラグにまつわるありがたい(?)お話しがプリント。
c0030570_2141655.jpg
プラグは他のCHORDのケーブルとは異なり金メッキ。金メッキよりも銀プラグの方が何となくデジタル向きかと思っていたのでちょっとビックリ。さてデジタルケーブルによる音の違いはあるのか?というのが一番気になるところだけど、結果から言うと「ある」ということ。
デジタルケーブルやHDMIケーブルはデジタル信号である"0"と"1"を送る為のケーブルだからケーブルによる音の差が無いという説もあるけれど、実際にはデジタルケーブルの違いによる音の違いは結構大きいと僕は思う。

コレ以前に使っていたKIMBERの一番安いデジタル同軸ケーブルに比べ、シグネイチャーの方が断然音数(分解?)が増えたし、それまで感じられなかった録音現場の空気(勿論録音の善し悪しにもよる)まで感じられるようになったし、何より驚いたのは、デジタルケーブルなのに低音の量感が増え、音全体が丸みと太さを帯びるいわゆるCHORDサウンドがこのケーブルに交換する事でも実感できた点。

僕にとってこのCHORDのシグネイチャーデジタルケーブルは、同シグネイチャースピーカーケーブル同様に僕が求めていた音の傾向且つ文句のつけどころの無い、いわゆる『あがり』のケーブルであって、たぶんよほどの事が無い限り他のケーブルに交換を考える事は無いような気がする。
[PR]
by buckup | 2012-04-12 21:18 | AUDIO。 (69) | Trackback | Comments(0)
我が家のオーディオ定点観測 or 単なる備忘録(5)
2011年は我が家のオーディオシステムにとって転換の年となり、上半期はケーブル系を中心に、そして下半期はスピーカーとパワーアンプ等のシステムの中心となる機器を大幅に変更。それに伴い現在の我が家の音も以前に比べ、激変とまではいかないけれどかなり良い方向へとステップアップしたように思える。

というわけでいつもの如く変更or新規導入の機器は太字で記載。2012年4月現在の我が家のシステムをここに記録しようと思う。
c0030570_0201269.jpg
*Pioneer PDP-LX5090H KURO(TV)+Fisch Performance 1(電源ケーブル)-Furutech FI-E11(R)

*SONY STR-DA5500ES +Oyaide Tunami(電源ケーブル)-Oyaide P-079e& C-004
*AURA PA100 Power Amplifier audiolab 8200MB Monoblock Power Amplifier x2+Belden 83803 -Iego Power Plugs(Cu) Fisch Performance 0(電源ケーブル)x2 →CHORD Signet 1m

*Pioneer BDP-320 +Groneberg Serie 3(電源ケーブル)  → Sunshineronic HDMI Flatcable v1.4(1m)Wire World Silver Starlight 5.2 HDMI 1m
*SONY SCD-XA3000ES >CHORD Chameleon Silver Plus 1m x5(SACD Multi5.1)
*SONY CDP-X5000 +Wireworld Aulora5 →Chord Signature Digital Audio Cable 0.5m →MUSICAL FIDELITY m1 DACCHORD Cadenza 1m →MUSICAL FIDELITYX10-D →CHORD Anthem2 1m

*Vantage HD-8000C(ケーブルTVレシーバー) >SunshineTronic HDMI Flatcable v1.4
*Apple TV 2G >SunshineTronic HDMI Flatcable v1.4(2m)
*Wii

*Front SP: KEF XQone KEF XQ40 ←CHORD Signature SP Cable
*Center SP, KEF XQtwo ←Signature SP Cable
*SR SP, KEF KHT3005 KEF XQ10CHORD Epic Twin SP Cable
*SB SP, KEF HTS 5001.2
*SW, KEF PSW3500 + Oehlbach Noise Blocker NB 2000H

*EINSTEIN THE OCTPUS +Fisch Performance 1 -Oyaide P-079e
*Fisch Filterleiste -Standard 8(電源タップ) +Fisch Performance 1
*Fisch Filterleiste -Standard 2(サブウーハー専用電源タップ)

c0030570_0551499.jpg
-Front view-
c0030570_0554767.jpg
c0030570_0553764.jpg
-L+R Side view-
c0030570_0591716.jpg
-Rear view-

音の出口でシステム全体の音にかなりの影響があるパワーアンプとメイン(フロント)スピーカーを入れ替えたのが今回の最大の変更点。
そして地味ながらもかなり影響が大きかったのがサラウンドスピーカー用のケーブルにCHORDのEpic Twinを導入した点。このSPケーブルを導入する前まではメーター100円程の安価なSPケーブル(まぁサラウンドだしそんなにケーブルによる音の影響は無いだろうと思い)を使用していたわけだけれど、Epic Twinに交換してまさに目から鱗。まるで部屋の壁が「パリ〜ン!」と音を立てて割れたかのように、今までに無く音が部屋全体を包み込み部屋という器を越えた広大な音場が展開する感じに感動。その後サラウンドSPをXQ10に変更し、さらに音の繋がり&包容感が向上。サラウンドSP用のケーブルといって手を抜いてはいけないんだなぁと実感した次第。
また電源ケーブル以外のケーブルをCHORDに統一したのも我が家ではかなりのプラス。音全体が以前よりもまろやかに豊満(太く)に鳴り、大音量にしてもイヤな耳に刺さる高音やカサつくヴォーカルの子音が殆ど感じられなくなったのがCHORDに統一した後の利点だろうか。

という感じで我が家のオーディオシステムはようやく安定期に突入。まだまだ電源コンセントの変更等の電源系の強化、そして新しいフロントSPの設置の煮詰めや各SPの位置やバランス等々考慮しなければいけない点はあるけれど、とりあえずは今まで以上の満足のいく鳴りがしているので良い感じ。しかし大型フロントSPの導入によって願わくば部屋が前後左右にあと1m大きければ文句無いんだけどと妄想するものの、こればかりは変更のしようがないので悩んでもしょうがない話しではある(汗)。
[PR]
by buckup | 2012-04-06 01:24 | AUDIO。 (69) | Trackback | Comments(0)
ちょっと実験・ルームアコースティック
某社の拡散型棒状ルームアコースティックアクセサリーが凄いと耳にしたのはかなり前の事。でも悲しいかなドイツでは日本のように某社のショールームも貸し出しも叶わず、商品を実際に目にする事も出来ないのが現状。
c0030570_18172374.jpg
それではという事で、自分なりにネットで情報収集をして実際にどのような効果が得られるのか実験してみる事に。
c0030570_18201886.jpg
いきなり巨大なものを作製するのは敷居が高いので、まずはセンターSPの裏に設置出来るダウンサイズした小型のものを作ってみる。結果からいくと、こんな何の知識も経験の無い僕が適当に作ったものでも効果は絶大。その効果はセンターSPを使用しないステレオ試聴時にも及び、今まで聴いていた音が、実はかなり混沌とした音だという事を思い知らされた次第。
c0030570_18235870.jpg
しかしこの棒状拡散アクセサリー。非常に複雑且つ繊細なシロモノ。我が家には測定器など無いので自分の耳だけが頼りな訳だけれど、棒の並び方や間隔を少々変更するだけで、低音が増加したり、イヤな響きがしたり、音が整頓されたり、低音が締まったりと聞こえて来る音に大きな影響が出るのには本当にビックリ。
これは素人が見よう見まねで作ってみても、きっと本物のような効果は得られないのだろうなぁというのが僕の見解。自分なりに棒の位置や間隔を変更し試聴してを繰り返して一応それなりの整頓された響きになっても、次の音源ではその効果が得られなかったり(汗)。でもその反面、チェスの駒を動かすかのように、時間にまかせて棒の位置を変え、音の響きの変化を体感して楽しめるのも事実。

現在は僕の定番試聴席のリビングのソファーの後ろ。丁度頭の上辺りに位置する場所にこの棒状拡散アクセサリーを設置してある(主にSACDマルチ&Blu-ray鑑賞時のサラウンド効果の向上を狙って)。

次回の一時帰国では、是非とも本家本元の棒状拡散ルームアコースティックの、僕が作った猿真似とは比べ物にならないであろう本物の絶大な効果をこの身でじっくりと体験してみたいと思っている。
[PR]
by buckup | 2012-03-27 18:41 | AUDIO。 (69) | Trackback | Comments(0)
12月某日にピックアップして来たもの。
12月某日我が家を北上する事約100km。完全に予定外の大物(?)をピックアップ。
c0030570_7114013.jpg
そしてこれがピックアップして来たもの。"HIGH GLOSS WHITE"にチェックが入る。
c0030570_71397.jpg
そして我が家の廊下を埋め尽くすように鎮座するのが12月某日に我が家にやって来たモノ。
c0030570_714119.jpg
昨年ディスコンになったXQシリーズ最大のXQ40。色は11月に入手したXQ10同様、限定色のHigh Gloss White。
c0030570_7165040.jpg
オーディオはじめてからずーーーっとコダワリのボックスSP派だった僕の、人生はじめてのスタンド(トールボーイ)型SP。
c0030570_7192373.jpg
先代XQシリーズにはあったチョンマゲ(ハイパーツイター)がUniQに内蔵となり上も下もまったく同じ形状となった2代目XQシリーズ。この写真は下部を上向きにして付属のスパイクを着けるところ。
c0030570_7221168.jpg
付属のスパイクとスパイク受け。これは小型のXQ10同様のもの。どうりでXQ10ではスパイクと本体の見た目のバランスがイマイチだった訳だ(スパイクが妙にデカく見えた)。

出し惜しみする訳ではないけれど今回はここで終了。何故かこの後XQ40を設置したところは撮影しておらず(不思議)。後日改めて写真撮影して現在の我が家のシステムの全容を紹介しようと思う。
[PR]
by buckup | 2012-03-21 07:27 | AUDIO。 (69) | Trackback | Comments(0)
悶々として過ごした11月
c0030570_7545546.jpg
11月某日のXQ10の導入以来、何だかリビングに色が多過ぎるようで悶々とした日々を過ごす。
センターSPのXQoneは鮮やかなレッド。そしてセンターのXQtwoはシルバー。そしてリビングの真横に新たにセッティングされたXQ10はリビングのクリーム色のソファーや白いテーブルにマッチするホワイト。それに加えは旧XQシリーズとは異なるガングロ(!)なスピーカー。何だか前後左右、全然色に統一感の無い落ち着かない部屋になってしっまったなぁ〜と悶々悶々な日々。
c0030570_8115631.jpg
XQoneにこれといった文句は無かったのだけれど、パワーアンプをAURAからaudiolabに変更してからイマイチ低音の量感が出ないなぁと思っていた矢先、いっそフロントスピーカーも買い替えてしまおうかと考えはじめたのもこの頃。仕事は大忙しだったけれど、その分臨時収入もあったので完全に年間オーディオ予算外の支出だったけれど、悶々な日々も相成って結局フロントスピーカーを買い替える事に決定。というわけで次回はいよいよ2011年最大且つ完全に予定外の変更となる新たなフロントスピーカー導入(笑)。
[PR]
by buckup | 2012-03-13 08:17 | AUDIO。 (69) | Trackback | Comments(2)


タグ
カテゴリ
最新の記事
iittala -Valkea
at 2018-09-04 17:35
iittala -Trio
at 2018-07-24 14:53
わが家のHerendな朝食#1
at 2018-07-12 05:30
HAY TIME
at 2018-06-15 18:35
プロトタイプ幻想
at 2018-06-08 09:36
わが家の復活祭*2018
at 2018-04-27 05:27
わが家のiittalaな週末..
at 2018-03-07 18:41
以前の記事
2018年 09月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2009年 03月
2009年 02月
2008年 07月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 02月
2007年 10月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 04月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
最新のコメント
検索
記事ランキング
最新のトラックバック
Flowers in a..
from colonne sun
タッツァ・ドーロ(TAZ..
from ◆イタリア料理紀行◆ dal..
Sad song, sa..
from !!!!! 大佐日報 !!!!!
Loop nano (i..
from いいタイトルが決まらない(;..
DMTECH ホームシア..
from ホームシアター
ラヴェルのボレロ考
from 鎌倉スイス日記
ハリー・グレッグソン・ウ..
from - Harry Gregso..
最近のお気に入り♪
from SとMoとLiの関係
Dianne Reeves
from 今日のアルバム(JetCast)
ROMA---コーヒー(..
from たにしの江戸参り
お気に入りブログ
このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。